2014年度、平均ES提出数11.8、平均費用12万5701円

シェアする

平均エントリー数
出典:3月1日現在の就職活動状況-2015年度 日経就職ナビ 学生モニター調査結果(2014年3月発行)
http://www.disc.co.jp/column/?p=1642


株式会社ディスコが2014年3月20日に発表した15卒学生モニター調査によると、2015年3月卒業予定の大学3年生、1428人を対象に実施した報告書によれば、企業への平均エントリー社数は73.5社と発表した。


ここで言うエントリー数とは、就活生がエントリーシートを提出した企業数という事ではなく、就活支援サイトなどに登録したエントリー社数を指します。

スポンサーリンク

2014年4月までの平均ES提出数は11.8

ES提出数
出典:3月1日現在の就職活動状況-2015年度 日経就職ナビ 学生モニター調査結果(2014年3月発行)
http://www.disc.co.jp/column/?p=1642


上記のエントリー社数の平均が73.5社だったのに対し、実際に選考に参加されるのは11.8と7分の1にまで落ち込んでいます。


ただし上記のデータは2014年4月までのデータであり、5月以降のエントリーシートを換算していません
その為、5月から募集を始める中堅中小企業の数は入っていない為、この11.8が2014年度の平均ES提出数というわけではありません。


4月までに募集する企業においては大手や知名度のある企業を重点的に受けている就活生が多い為、5月以降を換算すれば平均ES提出数は更に大きくなると思います。

就活でかかる費用は12万5701円

就活費用
出典:10月1日現在の就職活動状況-2015年度 日経就職ナビ 学生モニター調査結果(2014年10月発行)
http://www.disc.co.jp/pressrelease/detail/201410_15monitor-2226.html


株式会社ディスコが発表した日経就職ナビ2015 就職活動モニターの調査によると2014年度、就活で掛かる平均費用は12万5701円だと発表されました。


上記の図を見た通り、就活ではリクルートスーツが必要である為、その購入費が就活において大きな出費になると考えられます。しかし、そのリクルートスーツの費用より高い出費を出しているのは交通費であり、これが4万6390円と高い数値を出しています。


就活では1社の選考に参加する際には、会社説明会、筆記試験、グループ面接、1次面接、2次面接、最終面接と約6回、会社に訪問する必要があります。1社の選考だけで6往復もの交通費が出る為、10社の選考を参加するだけでも多大な費用が出ると予想されます。


また、この調査は2014年に行われておりますが、2014年は4月より消費税が8%になった為、説明会や面接などは大抵4月までに行われるモノである為、来年以降就活を行う人からすると更に交通費が高くなると予想されます。


更にこれは関東圏内のデータを抽出したものであり、北海道や九州など地方から来る人のデータは含まれておりません。別データによれば、九州から関東に来る人の平均就活費用は20万を超えており、地方によって就活にかかる費用が大きくなります。

大手志望の割合は44%

大手志望意欲
出典:3月1日現在の就職活動状況-2015年度 日経就職ナビ 学生モニター調査結果(2014年3月発行)
http://www.disc.co.jp/column/?p=1642


就活の意識調査では、業界トップ並びに大手を志望する就活生は合わせて44%いる事が分かりました。


就活ではよく規模にこだわらず志望先を決めた方が良いと言われていますが、大手を意識した就職活動は半分近くの人達が行っています。この為、大手への競争が変わらず激しいとされ、大手を志望するのであれば、それなりの準備をする必要があると予想されます。

即日内定イベント MeetsCompany

スポンサーリンク

シェアする