悪い転職コンサルタントとは?

シェアする

badcompany

転職する場合、転職先の情報を提供する転職エージェントに会う事があると思います。ただ転職エージェントの中には信用できる人や信用できない人と二手に分かれており、一概に大手だからと信用できる話ではないと言われています。

なぜ信用できない転職エージェントがいるのか?

その1つの背景に、利益を優先し、求職者の意見よりも報酬の高い企業を紹介して、マッチングに合わないサービスを提供している場合があるのです。

では具体的に意見に合わない企業を紹介されているのに、何故その企業に転職しようと思ってしまうのか?

ここでは、そんなあくどい手法をこれから転職活動をする弟さん広告代理店で人材紹介を行っている兄さんによる会話形式で説明しております。

スポンサーリンク

悪徳人材会社がやっている誘導方法

兄さん、これから転職活動をしようと思っているんだけど、転職サイトからのメールでキャリアコンサルタントに会う事になったんだけど、この人達って信用できるの?

一括りで信用できるとは言えないね。求職者の意見を聞いて、その人にあった企業を紹介する人もいれば、利益を優先し、報酬の高い企業を紹介して、あたかも求職者がその企業に向いていると話を誘導する人もいる。だから専属の担当者が信用できるか否かっていうのは正直運次第って事になるね。

信用できない転職エージェントはどんな方法で中小企業に志望させる方法

報酬の高い企業に誘導って言うけど、具体的にどんな事をしてくるの?

advicer例えば、大手志望の転職者であれば、

「先ずは小さい会社で実績をあげてから、大手に行った方が良いです。」

と言うね。大手ほどの会社になると、自分で採用する事になるから、転職コンサルタントが紹介できる企業は人材の出入りが激しい大手か、中小企業のどちらかになる。

そんな大手志望の人を中小企業に入った方が良いと納得させる為には如何に大手に入る事が難しいか、そして中小企業に入った方が良いメリットについて説明した方が良い。

そんなにうまく良くもんなの?

転職コンサルタントに相談するって事は一応ある程度転職サイトで良い物件が見つからず、仕方なく誰かに助言を仰いでもらおうというパターンが多い。

だから、そんな検索に疲れた人が、何故希望の会社が見つからないのか?そして希望の会社に行けない人はどうやって、その企業を目指せば良いのか?とかそんな話をすれば耳を傾けてくれるようになる。向こうだって転職する以上、出来るだけ早く良い企業に転職したい気持ちで一杯だろうから、今の自分と同じ境遇の人が成功する話は嫌でも興味が出てくる。んでもって経験豊富な転職コンサルタントという肩書が更にその信ぴょう性を強くさせて、求職者を納得させるんだ。

転職コンサルタントはどのように紹介する企業を見つけるのか?

えっと・・・兄貴、転職コンサルタントって企業を紹介する以上、

紹介先の労働環境とか調べて紹介してくれるんですよね?

searchんなわけないだろ。

転職コンサルタントには、転職エージェント専用のサイトがあって、そのサイトに載っている企業を紹介する方法を主体としてやっている。

紹介先の調査なんて、人事にあったり、社員に話を聞いたり、んで労働環境に問題がないかなど、納得いくまでやるとしたら膨大な時間と費用がかかる。1,2社ならまだしも、法人企業だけで170万社もあるんだから、そんなのいちいち全部調べる事なんて出来ないし、急激な景気の変化で労働環境も大きく変わるんだ。調べた時には既に別の労働環境になっているのは当たり前だし、そんな納得いく調査なんてしているわけがねぇ。だから俺のような転職コンサルタントは、そんなコンサルタント専用のサイトを使って、紹介する企業を見つける方法をとっているんだよ。

んで、その採用の内容は大まかに言うと、

求人企業 職種 必要年数 転職回数 成功報酬
ABC株式会社 営業 5年以上 2回以下 30万

上記のように企業名、職種、年数や転職回数、そして採用に至った場合、いくらコンサルタントに報酬が支払われるのか、そんな一覧がずらりと並んでいる。

俺のような転職コンサルタントは、この一覧を参考に、求職者の要望に沿った企業を探す。んで該当する業界や職種があれば、その企業の求人内容を取り出し、求職者に見せる方法を取っている。

その企業から報酬の高い企業、または求職者の要望に合う業界や勤務地などを入力してその候補先を見つけて、紹介する。そんなやり方を取っているんだ。ただその求人サイト、勤務地や職種、業界などの大まかな検索しか出来ないから、志望先の労働環境や過去の不祥事などを調べる事が出来ないんだ。だから、転職エージェントの中には希望にあった企業がなかった場合、自分が紹介できる企業を何とか紹介しようと、あたかも魅力のある企業だと言って紹介する人達がいる。さっきの俺みたいに「大手ではなくて、まずは中小から」とかそんなもっともな事を言ってな。

転職コンサルタントがカモにする求職者とは?

転職コンサルタントがカモにする求職者大きく分けて2つある。

1つは早期退職して、ただ単に転職、働きたいと思っている人。もう2つ目は大手からリストラに合った人だ。何でこの2種類かと言うと、1つ目は「若さ」、2つ目は「経験」という売りを持っている。だから企業にもそれなりに紹介しやすいし、紹介先によっては経験がなくても採用してくれるところもあるから、採用されやすい人材ってわけさ。

んで働く意欲を出させる為に、早期退職した若手に対しては、面接でどのようにすれば受かるのか?その辺について説明していれば大丈夫だ。早期退職した人ほど、仕事の辛さに耐えられず、辞めている人が多いから、仕事の厳しさについては語らず、かつこんな自分でも面接で受かる事が出来るのだろうかという不安を払しょくさせる方法を説けば案外うまく良く。

早期退職したのに、採用されるって・・・どんな事を言うの?

network

「今は少子高齢化で、売り手市場だから」

「君は若いし、前の業務の問題点を掘り起こしていこう」

「紹介先の業界の仕事ぶりっていうのは・・・」

など、転職市場の状態、前職の労働環境の不備、紹介先の労働環境など、そんな良い話をいっぱいして、悪い点があったとしても、何とか取り超えられるアイデアを提供していく方法を取っている。例えば不当な労働が行われいても、労働基準監督署に言えばとか言ってな・・・

大手リストラ社員をカモにする方法

ちなみに2番目の大手リストラ社員もカモにするって話を聞きましたけど、

具体的にどんな事をしているの?

大手に勤めていた社員の話を聞くと、

「大手に勤めていたんだから、同じ年収の所でないと嫌だ。」

「大手でもクビなる事を痛感した。今後は雇用されない自営業に近い事をしたい」

と言ってくる人たちが多い。まぁ、大手に勤めていたプライドっていうのがあるんだろうな。ただクビになった以上、今の時代に生き残れる人材とは言い難い。それなのに前職と同じ年収を要求するって事は自分の力量について正しく把握していない可能性が高いって事だ。

中小企業もそんな実力のないのにコストのかかる人なんて採用したくないし、大手並みの給料で転職する厳しさについて一通りに説明しても納得しなければ、こちらとしても見切り人材としてみるだろうね。

大手リストラ社員には自営業関連のチェーン店舗が紹介する

convinienceんで、リストラ社員でも転職する確率が高いのは、2番目の自営業に近い事をしたいって言う人だ。リストラや希望退職で辞めさせられる人の中には「会社に雇われる雇用形態ではなく、自分で判断して経営できる自営業な仕事をしたい」って言う人が多いから、コンビニや居酒屋など大手チェーン店を紹介するようにしている。

チェーン店っていうのは確かに大手企業が運営している加盟店だけど、現場の裁量については現場の店長に任される事が多い。その為、商品をどのくらい受注しようか、どんなサービスを展開しようかなどそんな事を自分で決められる事が出来る。仮にコンビニや居酒屋をずっと続けるつもりがなくても、「今後の自営業の運営の為、下積みとして入社してみるのも良いですよ。」と言って、2,3年働かせる動機を作ろうするね。

ちなみに裏は何ですか?

大型チェーン店で働いた事のある人の話だと、コンビニや居酒屋の裁量権ってあまりないんだ。コンビニの場合、確かに商品の発注率は店長が決められるけど、発注する商品は本部が用意した商品から選ばれる場合が多いし、売れ残りに関しても加盟店が負担するから、運営がしづらい。最近では売り上げの71%が本部に送らないといけないし、人材不足の影響で24時間店長がいないと機能しない経営店が71%もあると言われているから、24時間休まず働かないといけない状態になっているから、早期退職者を生む業界と言っても過言ではない状態だね。もちろん、そんな事は俺の口からは絶対に出ない。

不当な企業を紹介した場合のクレームについて

兄貴、そんな紹介先に問題があると分かっているなら、紹介された人から

クレームが沢山来るでしょう。どのように対応しているんだ?

crameお前の推察通り、クレーム確かに毎回来ているよ。「お前が紹介した会社が残業が未払いで、不当な労働を強いらせる。どうしてくれるんだ!!」ってな。

でもな、2013年に厚生労働省が発表した調査によると違法で働かせていたとされる5111社のうち82%が労働基準関係法違反をしていたと判明したんだ。

つまり紹介する企業のほとんどが労働基準法に反する労働を行っているから、俺が紹介した企業も高い確率で不当な労働をしている可能性が高く、俺が問題というよりも、紹介先の問題だから、俺を責めても改善されるわけでもないのになぁ。

まぁ、そんな事を言っても向こうが納得するわけがないから、色々とクレームをつけてくる人に対しては、それなりの対処をしている。例えば、転職先が決まった際に、「これから新しい職場で大変だろうけど、どんな事があっても負けずに頑張ってくれ、応援しているよ。」ってな具合にな。

うわぁ~、って事はクレームが来た際に「あの時、どんな事があっても負けずに頑張ってくれって言ったじゃないですか」と言って、紹介した私も悪いですけど、覚悟の足りないあなたにも落ち度があるんですよ。みたいに言うんですね。

その通りだ。さっきも言ったけど、不当な労働は紹介した俺というよりも紹介先の労働環境に問題がある。だから俺を責めたところで事態が変わるわけでもないし、「だったらまた転職しますか?」と言えば、向こうもどうしようもないと悟って、後は文句だけを聞き流しているだけで、これ以上の追及は辞めてくる。

ブラック企業を紹介して罪悪感とかないのか?

酷いやり方ですね。罪悪感とかないのですか?

確かにブラック企業や、その可能性のある企業を紹介する事は俺への信用問題にもなるし、将来性のない商法だと思っている。このビジネスにはペナルティーってモノがあって、もし紹介した人が6か月以内で退職したら、紹介料の1部を返金しないといけないルールがある。

1週間以内 1ヶ月以内 2か月以内 3ヶ月以内 6か月以内
90% 80% 70% 50% 30%

例えば紹介料が50万だったとして、1週間以内に辞めれば50万円の9割、45万円を返金しないといけない。つまり紹介料は5万円程度だって事だ。

それが6か月目だと3割に減って、15万円程度の返金で済むが、早期退職を繰り返す人だとこっちの利益が得られないわけだから、こちらのビジネスも成り立たなくなるから、改善しないといけない。だから俺はちゃんと悪い企業を紹介した罪を償っているんだよ。それに俺も転職する連中に言いたい事がある。

仕事が辛いから、リストラされたから、など逃げで転職するな!!

上記のようなペナルティがある以上、俺だって出来れば、求職者に良い企業を紹介して、長く働けるように頑張ろうと思うさ。でも俺の所に来る連中の大半が、

irritate「パワハラにあったんで、職場環境の良い企業なんてありませんか?」

「大手で働いてきたので、それなりのスキルはあります。ですのでその実力に合う企業を紹介してください。」

「ホワイト企業であれば、どこでも」

など、俺はお前らの尻拭いの為に、仕事をしているんじゃないんだぞ。紹介される企業だって活躍できる、またはお客様にとって良いサービスを提供できる人が欲しいのに、「労働環境が良い」「実力があるから、働かせろ」なんてそんな横柄な態度で来たら、実力があったとしても紹介したくなくなる。

最近は、「俺は客だぞ」と言ってくる人がいるけど、転職コンサルタントにとってお客は紹介料を払ってくれる企業の方で、無料で企業を紹介される求職者の意見はあまり重要ではない。俺から言わせれば、転職で長続きする人っていうのは、前職では自分の仕事をある程度、こなしたからもっとキャリアアップする為にこんな仕事をしてみたいと、自信があって、かつ自分のスキルをどのように活かそうか、ある程度キャリアプランを構築している。

つまりだ。俺がブラック企業を紹介するって事は、仕事が辛くてすぐ辞める根性なしか、大手に勤めておきながら、話を聞いてみると、部下に任せていたり、全部人のせいにしたりなど、その人に実力が感じられない場合だ。

こういう話をすると、ふてくされて別の転職コンサルタントに足を運ぶか、プライドを傷つけられたと言って、自分のキャリアを糧に俺を誹謗中傷する。つまり水掛け論になるって事だ。だから、俺はそんな連中の意見をあたかも尊重した振りをして、社会の厳しさを痛感しろとブラック企業のようなところに送り込む。

ちなみに最近ではブラック企業も、法律で訴えたり、「折角採用してやったのに」と情で訴えるなど、辞めさせないノウハウを蓄積しているから、1週間で辞めるペナルティーって言うのもそうそう発生しない。どちらかと言えば人の出入りが激しい企業に人をどんどん紹介して、報酬は低いけど、量で利益を上げていく方法だってあるから、ブラック企業は紹介されないだろうと思っていたら大間違いだ。

人材紹介サービスでは社員一人に何人、企業に採用されたか、とノルマを課している場合が多い。だから、例え紹介先がブラック企業でもノルマを達成するためにはやむを得ないという行動に出る人もいるし、求職者の意見ばかり優先したら、自分達の生活も成り立たない場合だってあるんだよ。それなのに、実力がさほどないのに「良い企業を紹介しろ」なんて虫が良い話さ。つまり求職者の要望は成果をあげる上では足かせになり、時間節約や報酬という意味でもブラック企業を紹介してとっとと別の求職者に良い案件を紹介する方法を取った方が効率がよい。例え、それでクレームが来たとしても、俺を責めても何も変わらないし、法律で罰せられるわけでもないから、俺を責めるのは筋違いだと気づく。つまりに転職コンサルタントを怒らせるとこういう仕打ちが返ってくるし、実力がないと結局捨てられるわけだから、良い企業を紹介されたいのであれば、「紹介しても大丈夫だ。」「働く目的意識をちゃんと持っている。」などそういう風に思わせる事をしないといけないぞ。

スポンサーリンク

シェアする