簿記試験の資格取得に失敗したのに面接に受かる就活生

シェアする

bookkeeping

「簿記の結果が不合格。何もアピールするモノがない」

「簿記って就活に有利な資格なの?」

「簿記の試験に落ちた事は言わない方が良いの?」

 就活では面接でアピールする内容として簿記やTOEICなど資格の取得を目指す人がいます。しかし資格取得に励んだ人の中には試験に落ち、就活を有利に進めるはずが、逆に自分を追いつめてしまったケースもあると思います。

 本来なら大手の志望を諦め、着実な中小企業に的を絞り、就活に臨むべきですが、無資格の人の中にはそんな状態でも大手から内定を取る人がいます。

彼らは具体的にどうやって簿記試験に落ちた状態から

大手の内定を取る事に成功したのか?

 ここでは実際に簿記2級に挑戦したが試験に落ちた就活生と、その人の先輩で同じく学生時代、試験で落ち、なのに大手から内定を取る事に成功した先輩の2人の会話を通して、無資格で内定を取る方法について説明したいと思います。

スポンサーリンク

無資格が資格持ちより優位に立つ為の方法

refuse3

 先輩、助けてください。僕、この半年間簿記2級の勉強をしていたんですが、試験結果が不合格で、このままだと無資格の状態で就活に臨まなければなりません。先輩は僕と同様、試験に落ちたにもかかわらず、大手メガバンクから内定を取ったと訊きました。先輩はどうやって無資格であるにもかかわらず、大手から内定を取る事に成功したんですか?

 俺も当時、試験に落ちた時はまずいって思ったけど、俺の場合、他の就活生とは違ってちゃんと資格を取る理由を持っていたから、それが評価されてメガバンクから内定を取る事に成功したんだと思う。そもそも資格というのは、取ってから何をするかを決めるのではなくて、志望先の業務に興味があって、簿記の資格を取るモノだから、志望先の銀行ではこんな風に働いてみたくて、その上で簿記の資格が必要だと思いましたと面接で言うのが筋ってもんだ。

 就活生の中にはただ就活でアピールする目的で簿記を取る人が大勢いる。その為「何でこの資格を取ろうとしたの?」と聞かれても全然質問に答えられない。このように資格持ちでも内定が取れない人がいる背景には簿記の活用法における知識不足があって上辺だけアピールにしかなっていないからだと思っている。それ故、無資格の人が資格持ちより良い印象を出す為には、如何に自分が簿記の資格を活かせるのかをアピールするかが焦点になる。

 でも先輩。確かに私の先輩にもアピール目的で資格を取って、失敗している人が多い為、資格の有無よりも資格の活用法を語れれば打開策へとつながるという先輩の意見も分かります。ただ試験に落ちた以上、如何に知識があっても評価の対象にならないんじゃないのですか?

 確かに資格の有無は採用されるかされないかでの重要な判断になるだろう。ただもしこれが建設業界で働く上で必須な宅建とか、運送業界を志望しているのに運転免許がないなど、業務上で必要不可欠な資格がないという話であれば分かるが、不幸中の幸い、銀行員は簿記の資格を持っていなくても業務をする事が出来る。その為、結局は資格の有無よりも資格の活用法が焦点になるわけだから、就活で企業から内定を取る為には、簿記の知識が如何に業務において必要なのかその点を語れるようになる事が焦点になるだろう。

簿記は仕事でどんな風に役立つのか?

bookkeepingknowleadge

 でも先輩。確かに入社後の資格の活用術について語れれば有利になると思いますが、今から調べても間に合うとはとても思いません。銀行業務って金融の知識が物凄く多いと思いますので、そんな簿記の知識を活かした業務のやり方なんて今から簡単に手に入るわけないし、こんな直ぐに身につくのであれば誰も苦労しないと思いますよ。

 確かに俺の場合、昔から銀行員の仕事をやってみたいと思って、時間があれば調べていたから他の人より知識は長けていたと思う。だからこれからお前に簿記の知識がどんな形で銀行業務に役立つのか説明しようと思うから、面接ではそれをアピールして言えれば良いと思うぞ。

 実際銀行の業務というのは他の金融業界、例えば保険や証券の場合、個人や企業に金融商品を売ればそれで収益をあげられるのに対し、銀行は融資して、そして相手のビジネスを成功させないと利益が回収できない仕組みになっているから、押し売りだけでに留まらず相手のビジネスを成功させる事を前提としているんだ。例えば俺が新しい機材を欲しがっている企業に対し、購入金額1000万円分融資してほしいと頼まれたとする。そして俺は1000万円をその企業に貸し出して、後に利子を乗せた1100万円分返してもらう。ここで俺は貸し出した金額より100万円分多く手に入れるわけだから、100万円儲けたという事になる。銀行というのはこうやって貸し出した金より少し上乗せした金額を返してもらい利益を上げる商売をしている。

 そして融資した金を返してもらう以上、返済能力が融資先にあるかどうかを調べないといけない。だから銀行員は融資先の今後のビジネスで得られるであろう利益率や、設備投資における生産能力増加の見込み、そして融資先は何年で返済できるのかを判定し、返済能力を見極めないといけない。これらを判断する上ではバランスシートや損益計算表などを見て判断する必要があるから簿記の知識が必要になってくる。

 なるほど、じゃあ、融資先の返済能力を見極める上で簿記の知識が必要だと言えれば良いわけですね。

 いや、それだけでは弱すぎる。何故ならこの程度の知識なら簿記の資格を取っていなくも入行後、ある程度仕事をこなせれば自然と身につくから、わざわざ勉強する事ではない。簿記の知識が必要とされるのはその後の話で、例えば簿記2級で出てきたと思うのだけど、減価償却と法人税の仕組みを理解していると、納税額を抑える提案が出来る。

 企業の法人税って言うのは簿記2級の場合、利益の半分が取られるように計算されている。そして減価償却費は耐用年数ごとに減っていく定額率を取っている場合が多いけど、現実では耐用年数以上の期間を使用している場合が多い。つまり減価償却が終わった場合、今までの費用が加算されなくなるわけだから、会計上、コストを削減した形で計上するわけだから、それだけ多くの利益を出した形で計算されてしまう。つまりその分多く税金を払わないといけなくなるってわけだ。それを回避する方法として新しく機材を購入し、減価償却費を新しく作って、納税額を抑える方法がある。この手の提案は法人税率や減価償却などの簿記の知識がないと判断出来ないし、簿記の知識が必要になってくるというわけだ。

 先輩、言っている事が専門的過ぎて分かりづらかったのですが、つまり減価償却費の耐用年数が過ぎた後の対応の事を言っているんですね。例えば、耐用年数20年の機械を2000万円で仕入れた場合、今までは減価償却費100万円と書いていればよかったのですが、21年目になると減価償却が終わっているわけだから、減価償却費を計上しなくても良いけど費用が100万円分減ったって事になる為、利益が100万円分プラスされてしまう。そうなると経常利益に100万円分が加算されて、売上が上がっていないのに100万円増加した分の法人税を支払わないといけなくなる。つまり利益の半分なんだから50万円分余計に国に払わないといけない。そんな事をするくらいなら、せめて新しい資産を買って、減価償却費を計上し、経常利益を下げれば、無駄な出費を抑えられる。一見、高い資材を買って損をしたみたいだけど、税金の場合、手元に残らない事と、資産購入の場合、金ではないが資産として自分の手元に残る為、新しく資材を買った方が得をするというわけですね。

 まぁね。お前の計算だと減価償却費は100万だから、経常利益が100万円分加算されて、純利益の半分が法人税として取られるから、50万円分多く国に税金を払わないといけなくなる。お前の言うとおり、そんな金を払うくらいなら、また耐用年数20年の2000万円もする高い機械でも買って、減価償却費にあげれば、50万円分の税金を出さなくて済む。それに減価償却費による問題はその後も年々続いていくわけだから、資材を買った方が得ですよと融資先に説得出来るし、この手の提案は減価償却費と法人税の仕組みについて理解していないとやっぱり分からないわけだから、簿記の知識を先方に説明する必要があるという意味で、簿記の知識が必要になってくる。

簿記だけの知識が問われた場合

analystic

 先輩。今の例は簿記がどんな形で銀行業務に役立つのか?その1つの例だと思いますが、流石にその提案だけで食べていけるわけではないので、正直小手先感がぬぐえません。個人的には簿記の知識を学びつつも、それ以外の銀行で成果をあげる為のノウハウについてまで言えないと評価されないと思います。ですので出来れば銀行は社会からどんな形で求められていて、そしてその解決策として簿記はどんな形で役立つのか説明して頂けないでしょうか?

 銀行というのは融資をしてその利益で儲けるビジネスを行っているけど、本来は社会に資金を循環させて景気を良くする役割を持っている。最近話題になっていると思うが、高度経済成長期に建てられた建物やインフラ設備などが老朽化して、建て直しが余儀なくされている。しかしそんな資金は建設業界にはないし、資金繰りとして銀行に頼る形になる。しかし銀行側も返せる見込みが無いのに金を貸すわけにもいかないし、だからと言って貸し渋りが起これば銀行に対する信頼も揺らぐし、貸さなかった事で連鎖倒産が起こる可能性もある。だから金を貸す以外にもさっき言った減価償却費による節税方法や、融資先の売上を上げる提案、店舗出店の際の不動産情報を提供したり、または新しい取引先を紹介したり仲介したりする役目も負う必要がある。つまり融資以外にも経営コンサルトのような仕事が出来ないと務まらないから、経営ノウハウを熟知していく必要があると頭に入れておかないといけない。

 銀行員を志望する就活生の中には簿記の知識を持っているから銀行業務も上手くやれると勘違いしている人が多い。確かに融資するかどうかの判断については、決算書や試算表を見て判断する場合が多いが、必ずしもそれらが経営状態を正確に表しているとは言い難い。つまり簿記などの書面上の判断だけでなく、実際の経営情報をこの目で確かめる事もする必要がある。

 例えば書類には売上が好調となっているのに、企業を訪問してみると倉庫に箱が積み重なっていたり、止まっている機械が多ければ理屈に合わなくなる。だから訪問時は在庫や機械の稼働状況を調べたりする必要がある。他にも経営者の性格や、経営の決定権が社長じゃなくて奥さんや側近の場合もあるから、その辺の見分け方も重要だし、他行の動向もチェックし、書類以外の部分にも目を光らせる必要がある。

 もし簿記などの書類上の注意を払うのであれば、経営状況と融資額の整合性についてまで調べるべきだ。例えば融資依頼が来ても前年度より融資額が上がっていて、更に売り上げも下がっているとしたら本来なら融資額を下げるべきだよな。だから前年度の売上が悪かった分、新しい取引先を見つけて生産拡大の為の運転資金が欲しいのか、それとも別の方法で収益を上げる方法があるのか?その辺について確認しないといけない。

 つまり単なる表面上の数値ではなく、数値の流れまで把握して、融資先に最適な提案が出来るようになる必要があるから、簿記の知識も重要だが、それも踏まえた上で節税や、融資制度、または返済能力がある事を上司や融資課に説明する上での勉強という形で簿記を勉強していましたという言い方をすれば悪い印象ではなくなると思うぞ。

簿記試験に落ちた言い訳の仕方

speedstudy

 今までの話を振り返りますと、簿記の資格が取れなかった場合の打開策としては、簿記の活用法をアピールしつつも、書面上の判断だけでなく、実際に現場を見て判断するようなやり方も身に着ける必要があると面接官に思わせる必要があるという事ですね。ただ先輩、1つ気になるのですが、そんなに簿記の活用法について把握しているのであれば、面接官からすれば「この子は何故簿記試験に落ちたんだろう?」とそう思われてしまいますよね。試験に落ちた言い訳として何か良い方法はありませんか?

 簿記試験に落ちた言い訳としては「数値のカンマをピリオドとして書くと0点になる。」「枠からはみ出て書いても0点になる。」「簡略漢字を使ってしまい点が貰えなかった」などそんな簿記の知識による問題よりも、簿記試験の隠れたルールを把握していなかったのが原因だとアピールした方が良いだろう。

 簿記は他の試験とは違って各設問の点数は商工会議所に問い合わせれば分かるようになっているから、「何で落ちたのか分かりません」では通じない。更に試験速報というモノがあるから自分はどのように答えるべきだったのかも調べれば分かるようになっている。だから記憶が曖昧という理由で逃げれば、印象が悪くなるし、自分で問題解決が出来ない人と思われてしまうから、上記のような隠れたルールを使って点数を落としたと言った方が良い。

 先輩。確かにそれだと今回の簿記試験に落ちた言い訳としては通じるかもしれませんが、「今後試験に落ちないようにする為に、どんな対策を取るべきだと思う?」と再発防止に関する質問をされたらどう答えれば良いでしょうか?

 確かに今後銀行に勤める事になれば、融資管理や投資信託、またはフィナンシャルアドバイザーなど様々な試験を受ける必要が出てくる。試験を落ちた以上、再発防止について言えるようになる事は必要だな。この手に関しては「資格取得に失敗した原因」、そして「その原因に対する再発防止策」まで語れるようになれば問題はないだろう。

 資格取得に失敗した原因については、先の隠れたルールを把握してないかったという言い訳で良いと思う。そして再発防止については、隠れたルールを把握する為にネットで「絶対試験に受かったと思うのに不合格でした」と実力があるのに落ちた人の体験談を探して、隠れたルールがないかを検索する。後は、まぁ、実力で落ちた場合もあるから、勉強を怠った事を仮定し、もっと勉強する時間を増やす為に電車やバスなどで勉強出来るようメモを作ったりして時間をねん出するアイデアも語れるようにしといても良いだろう。

 就活生の中には試験に落ちた悪い印象を払拭しようと苦し紛れの言い訳する人がいる。例えば解答欄がひとつづつズレて書いたとか、知っている問題が出て慢心してしまい、妄想にふけっていたら残り時間が僅かになっていたとかだ。中には親が病気で倒れて試験に行けなかったと言う人もいるけど、子供の大事な試験日に親の面倒を見るよう強要してくるような家庭って、入社後、仕事より家庭の方を優先させてしまいかねないか?とそう思われて採用を控えられる懸念がある。だから試験に落ちた原因を問われた場合、実力はあるのに些細な行き違いで合格に至らなかったと、合格する実力はある事をアピールした方が良いぞ。

仕事と資格取得の両立について

study

 簿記の資格をアピールするだけで、入行後の活用法や、落ちた言い訳について考えないといけないなんて今の就活で求められる内容って多いんですね。後、先輩、資格で自分の強みをアピールする以上、入行後も別の資格を取って更にスキルアップを目指すと思うのですが、その辺について訊かれたりするのでしょうか?

 確かに銀行の場合、融資管理や投資信託、またはフィナンシャルアドバイザーなどの資格取得が必要になってくるわけだから、「今後、どんなキャリアを積んでいく予定なの?」って訊かれる事もある。ただお前の場合、試験に落ちた前提で面接に臨むわけだから、面接官としては入行後も仕事と資格取得の勉強を両立出来るのか?その辺が問われてくると思うぞ。

 さっきは試験に落ちた原因として試験の隠れたルールを把握していなかったという言い訳をアドバイスしたけど、入行後に資格取得を目指す話となると、仕事の合間に試験勉強をしてそして資格を取得するスタイルを取らないといけない。これは精神的にかなりきつい。何故なら仕事の合間に勉強するという事はほぼ休みのない人生を送る事と同じだ。だから「試験勉強中は休みがあんまりなくてきついですけど、将来の必要とされる資格なんで頑張っています」と勉強の辛さより、将来の為に勉強する意欲の方が上みたいな言い方をしないといけない。

 さっきの簿記の資格の説明で触れたけど、さっきの減価償却費と法人税による節税方法を提案する為には会計処理の仕組みを理解していないといけないし、日本は借金1000兆円を抱えている国だから、国民から高い税金を課せられる時代が来るとされている。つまり資産管理の需要が今後増えてくると予想されるから、フィナンシャルプランナーの知識も身に着けておいた方が良いとされている。また資産を増やす方法としては投資信託による方法もあるわけだからその辺の知識について身に着けてみたいと思い、資格取得に頑張ろうと思っていますというのも1つの手なのかもしれない。結局のところ、今後日本の将来の先行きが不透明である以上、その中で自分はどんな形で人の役に立てる人間になりたいのか?その辺を語れるようにしておかないとキャリアプランについては語れないぞ。

 補足として、後は具体的な勉強のやり方について言えると良い。いくら勉強が得意な人でも仕事の合間をぬって勉強する事は簡単な事ではない。実際、繁忙期、勉強する時間が割り出せず途中で辞めてしまう人や、何時までに資格を取ると目標を決めていなかった為に、何時まで経っても資格が取れない人も大勢いる。だからそんな人だと思わせない為にも、仕事で忙しくなるから、どうやって勉強する時間を割り出すのか?取得にどのくらい時間がかかり、どんな風に勉強しないといけないのか述べられないと絵に描いた餅みたいに思われて、印象が悪くなる。俺ならさっき言ったようにバスや電車の中で専門的な言葉を覚えて、折角銀行で働いているのだから実際にその知識がどんな風に使われているのかを探り、知識を身に着けていきたいです。と言えれば良いかもしれないな。

何故簿記2級の資格を取ろうとしたのか訊かれたら

soroban

 先輩、色々と詳しい内容を説明して頂いてありがたいのですが、最後にもし面接で「何故簿記1級ではなく、簿記2級を選んだの?」と階級の違いについて問われるような質問が来た場合、どう答えればよろしいでしょうか?

 この手に関しては例えば簿記1級には工事契約がある、子会社、関連会社の資産についても計算する必要があるなど2級にはない内容を言う人がいるけど、面接官が求めている答えは、何故挑戦したのが簿記2級で、一番良い簿記1級を目指さなかったのか?そんな疑問に対する答えだ。

 確かに志望先の仕事に活かしたいのであれば、簿記2級より簿記1級の方が良いけど、簿記1級は取得する勉強量として半年くらいかかり、一方簿記2級は約2,3ヶ月と簿記1級の半分程度の時間で取得出来ると言われている。こっちは資格取得以外にも大学の勉強やアルバイトなどもする必要があるし、時間の関係や、生活費などの経済的な事情を踏まえた上で簿記1級ではなく、簿記2級の取得を目指したと答えたられれば良いかもな。実際、今は奨学金を借りて返すのに苦労する時代なんだから、金に困っている人は大勢いるし実際にお金に困っていなくても隠れ蓑にするのにはちょうど良いかもしれない。それ故、親の援助が当てにできず、アルバイトをしないといけなかったので、時間もなく、かつお金もあまりなかったので、簿記2級にしました。と言い、そして入行後、実際に現場の知識を学んで1級を取る事に頑張りたいと思いますと言えれば尚も良いかもしれないな。

スポンサーリンク

シェアする