履歴書・ESの「短所」をアピールし、内定を取る就活生

シェアする

「長所・短所の書き方が分からない」

「短所を聞かれた際の模範解答例ってどういうモノ?」

「何故、短所を聞くのか?」

 就活では履歴書やエントリーシートの欄に「あなたの長所・短所を答えてください」という設問を目にすると思います。長所ならまだしも何故短所まで書かないといけないのか?と頭を抱えてる質問だと思うかもしれません。

 実際、自分の良さをアピールするべきなのに、あえて自分の悪い所をアピールすれば、マイナス評価に繋がり、面接ではそこを叩かれ、内定が遠のくと思う人もいるかもしれません。しかし就活ではそんな質問を受けながらも大手から内定を取る人もおり、例え短所という質問があっても、それを乗り越える術というのが就活では存在します。

 では具体的に彼らはどうやって短所を言いながら大手から内定を取る事に成功しているのか?ここでは実際に短所の質問の答え方に悩んでいる後輩就活生と、短所を答えつつ大手から内定を取った先輩就活生、2人の会話形式で、短所を述べながら、プラス評価に変える方法について述べたいと思います。

スポンサーリンク

企業は何故、就活生の短所を聞いてくるのか?

 先輩、短所って就活ではどのようにアピールすれば良いのですか?エントリーシートに「あなたの長所と短所を書いてください」という質問があったので、長所ならまだしも短所まで書くと、絶対悪い印象しか受けません。何で就活では短所を聞いてくるのでしょうか?

 恐らくだが2つの理由があると思われる。1つは

「学生の精神面を見る為」、もう1つは

「学生の短所を活かす発想力があるかどうかを見る為」だと思っている。

 俺に内定を出してくれた人事から聞いた話だが、就活で短所を聞く理由として「就活生の短所を聞いて、その学生の思考を見ている」と言っていた。お前の言うとおり、確かに短所とは本来悪い側面を持って人から評価されないが、完璧な人間がこの世に存在しない以上、皆、誰もが何かしらの悪い面を抱えながら仕事をこなす事になる。その辺について心得ず、「自分には悪い所なんてありません。」と言うモノなら、「この子は悪い部分が見えないのかな?」、または「現状で満足しているのかな?」など善悪の区別がつかない、成長が見込めない人などと、そういうマイナス評価へと捉えかねない。つまり本来短所がある事が当たり前で、どんなに完璧な結果を出しても「ではそれ以上の結果を出す為にはどうすれば良い?」と考えるのがビジネスの世界だから、常に悪い面、不足している面を見つけて仕事をしていく必要がある。短所を就活で聞く理由としては、そんな就活生の短所に対する捉え方を見る為にやっているんだ。

 他にも実際に短所を持っていた場合、それをきちんと対処出来ているのか?それも見ている。例えばお前が「地頭が悪くて、周囲の人と劣っている。」と頭の悪さにコンプレックスを持っていたとしよう。実際に働く人の中には自分の頭の悪さを嘆いて、「もうダメだ」と言って仕事に力を入れなかったり、逆に直ぐ辞めたりする場合がある。一方で頭の悪さをコンプレックスを抱えている人の中には、「だから自分は頭の良さではなく、別の面で役に立つ人間になろう」と悪い面を克服せず、別の部分に力を注いで、必要とされる人間へと成長しようと意気込む人もいる。つまり短所の質問を就活で聞く別の理由として、実際に試練や問題が生じた場合、どのようにこの子は取り組むのか?。その辺を見ているんだよ。

 短所とは本来悪いモノだが、ただ単に悪いと思って改善しなかったり、自分の限界を感じて諦めてしまったりする人がいる。正直そんな人はデメリット抱えている以前に人として問題だから企業のお荷物にしかならない。これを聞いて一種の差別的な考えと思うかもしれないが、例えお前が頭の悪さや見た目などの悪い面を今持っていなくても、社会で働いていればいずれ差が出て、短所を持つ事になる。例えば出世競争に負けて同僚や後輩が上司になるとか、病気やケガで一時期職場を離れる事となり、職場に復帰しても仕事が追いつかなくなるとか、ありきたりな例として一度のミスで差別を受けたり、マタハラ、パワハラなどの上司や取引先からの理不尽な対応を受け続けるなど、そういう不当な評価を受ける状態になる事も大きなデメリットになる。失敗、挫折、差別など、本人に問題が無くても仕事をしていく上でも一種のディスアドバンテージになるから、それを乗り越える思考や実力を持っているかどうか?、就活で自分の短所を聞いて、それに対し、正しい対処が出来ているかどうかで判断する。

 そしてこの思考はお前自身、つまり本人だけでなく、ビジネスにおいても重要な思考になってくる。今の日本は少子高齢化に伴い、少ない人員で業務をこなす事が求められている。つまり元々ニートだったり、高齢者だったり、育児に励む女性社員だったり、そういう方々と仕事をこなす事になってくる。言わばお前とは違い、ハンディキャップを抱えている人達と一緒に仕事をする事になるから、その人達をどう活かすのか?その辺の思考力が将来求められる。

 他にも日本は島国だから輸入で物資を共有する形になっているけど、大抵は予算を抑える為、今ある資源を有効活用する事が求められる。しかし大抵こういう仕事というのは、古くなって使い物にならなかったり、人口減少で魅力がない場所だったり、知名度がないなど、何かしらのデメリットを持っている場合があるから、短所を活かす取り組みが必要になってくる。

 今までの内容をまとめると、仕事では短所を短所と思わず、それを活かす戦略が求められる。それ故、就活では短所を聞いて、それを乗り越える術をこの子はちゃんと身に着けているのか?そんな視点で就活生を見てくるわけだから、「短所があるから使えない」とか、「失敗は仕方がない」と諦めたりせず、不利な状態であっても、それを乗り越える力があるのか?その辺を見る為に尋ねられている可能性がある。

 先輩、言っている事は分かりますが、短所を長所に変えるなんてそんな便利な事なんてありますか?確かにピンチはチャンスという言葉を良く耳にしますが、運要素や実力のある人がそれを乗り越えるなど都合の良い言葉で置き換えている事もしばしばあります。具体的に短所を活かす例ってどんなモノがあるでしょうか?

 例えば教育面においても、「私はズボラです。」という人がいれば、まぁ、仕事に手を抜いたり、またサボったりしては困るよな。しかしITの業務においては本来、何時もの事務作業を機械に任せて自動化させるのが主な役割だから、「機械に仕事を任せて楽したいという欲求があったので、IT分野で働き、プログラミングの知識を身に着けてみたいと思いました。」という考えも1つの短所を意欲に変える手法だ。

 こういう言い方は何だけど、コンピュータの知識を身に着けたいという気持ちは純粋に知識を身に着けたいという気持ちよりもアダルトサイトや金を稼ぐとか、そんなやましい気持ちの方が効果が出る場合ある。無論、就活ではそんな事は言ってはいけないが、マイナス要素であっても、それが本音である場合があるから、一種の納得感というモノが生まれてくる。だから俺のさっき言った例とまでは言わないが、「ズボラで楽したい」という気持ちが「手間を省きたい」という意欲に繋がり、ITスキルを身に着けました。みたいな言い分を面接でアピール出来るように言いかえれば、短所がプラス評価として変わる可能性がある。

 またビジネスにおいても、例えば旅行の企画を立てる仕事だった場合、「本島から離れた島で民泊も少なく観光地もない島である為、観光客を呼ぶ目玉がない。」と嘆いていた場合、とある旅行会社の人が「ここは本当に何もないから、明かりもない。そして夜空が綺麗に見えるから星を売ろう」とそういう風に考えた人がいた。実際、本島だと建物の明かりで星空が見えないし、消す事も良いではない。しかしここは本島から離れている島で光が届かず、かつ簡単に夜空を見る事が出来る。

 結局のところ、ビジネスというのは逆転の発想というのが必要なんだ。「使えないから使えない」というままでは何時まで経っても使えないままだし、自分が同じような境遇になった場合、乗り越える為のアドバイスが出来ない。酷い場合、「お前は使えない」「これでは無理だ」など差別して、放置、または誰かに丸投げしたりして、当事者意識が欠如した対応をしてしまう人もいる。短所を納得いくよう就活で答えられるという事は、そんな問題のある人と思われない為にもなるし、または短所のアピールは就活だけでなく、今後の仕事においても役立つ知識になってくる。だから短所をプラス要素に変えるという一見矛盾した作業だが、実際にそれをアピールして結果を出している人もいるし、将来の役に立つ場合があるから、まぁ、面倒かもしれないが、頑張って自分の短所をプラス要素としてアピール出来るようになる事が今後の為になると思うぞ。

具体的にどんな短所を就活でアピールすれば良いのか?

 先輩、短所を就活でアピールする上では、短所をプラスに転じるような言い方をしないといけないというのは分かりましたが、では自分の場合、具体的にどんな短所を挙げれば良いですか?正直、自分に似合う短所はどのように見つけ方が分からないのですが、どうすれば良いですか?

 それはお前の長所によって決まってくる。これも短所を答える上で重要なポイントなんだが、長所と短所をアピールする以上、それら2つが矛盾しないように説明しないといけない。例えば就活生の中には、「人を牽引するリーダシップがあります。」とアピールしながら、短所を「発想力です。」と言って、話を具体的に聞いてみると、実力のある先輩の顔を借りて、部員たちに「先輩が言っているのだから大丈夫だろ」とそんな風に企画内容を練っている事が分かって「人を牽引ではなく、虎の威を借る狐でやっていただけじゃないか」と、長所と短所が矛盾しているアピールをする人がいる。

 他にも「責任力があります。」とアピールしながら、短所を「思いつきで行動するところです」と無責任みたいなアピールを言ったり、「向上心」をアピールしておきながら、「辛抱強くない」と、一見矛盾したアピールを言ってしまう人が結構目立つ。就活では長所や短所もそうだが、自分の良さを伝える以上、全てのアピールする内容が理に適っていなければ、それは一種の嘘と捉えかねないから、短所を述べるだけでなく、全てのアピール内容に辻褄を合わせないといけない。それ故、短所は何かしら長所に繋がっていないといけない。

 先輩、長所や短所の内容を矛盾しないように構築しないといけない事は分かりますが、例えばリーダーシップを長所としてアピールする場合、どんな短所を挙げれば良いのですか?

 例えばもし俺がリーダーシップを長所としてあげるのであれば、短所は「独断専行」をあげる。学生時代に何かしらのイベントでリーダ―を務めたのであれば、部員の意見を訊いたり、または指導したりする段取りがあったはずだから、皆の意見をまとめる事に苦労した話で、自分の努力が至らなかった点を短所として述べれば説得力が増す。そしてその後、その問題に対しどのように取り組んだのか?その辺について話せれば短所における悪い点を対処したどころか、長所を活かす上で必要な処置を取っているか?そういう目で見られるようになる。

 実際、イベント企画の内容をまとめる上でも、部員から反対意見が出たり、または部員の数が多すぎて意見がまとまらなかったり、更には一部の人には報告せず、勝手に進めたりする場合があるから、部員をまとめて牽引するのはそう簡単な事ではない。皆の意見をまとめるという事は組織をまとめ上では避けては通れない問題だし、誰もが共通の悩みと言える。それ故、面接官の中には「リーダーシップ=まとめ上げる力を持っているのか?」と捉える人もいるから、まぁ、独断専行、勝手に突っ走ってしまうなど、皆との足並みが揃わない短所を挙げて対応した話の流れにすれば筋は通ると思っている。

 このように短所をあげつつ、かつ他のアピールと辻褄を合わせたいのであれば、その長所を生かす上でぶち当たるであろう壁。まぁ、リーダシップの場合、統率性や皆を引っ張っていく牽引力だと俺は上げたけど、どういう問題にぶち当たるかは人それぞれだから、それはお前自身分析しないといけない。つまり長所を活かす上での疑惑。想定内の問題に対し、「ちゃんと対処していますよ。」と言えるのが短所をアピールしつつ、内定を取れる就活生なんだ。

 先輩、リーダーシップを長所として挙げた場合、まぁ、業務上で無視する事が出来ない「皆とまとめる力」が必要で、その悪い言葉として「独断専行」「統率力が欠ける」などを短所として挙げるのは何となくイメージ出来ましたが、ではその短所に対し、どういう対処をアピールすれば良いのですか?

 集団の意見をまとめる1つのアイデアとしてブレインストーミングという手法がある。これは就活でのグループディスカッションでもよく用いられる方法なんだが、一度皆が1つの課題に対し、意見を反対せずに自分の意見を全部出しあい、そして出し尽くした後、内容を絞り込んでいく手法だ。この方法だと、まぁ初めの段階で自分の意見を言ったわけだから暫くの間、反対意見は出ない。そして皆の意見をまとめていくと類似した意見や、各意見の繋がりなどが見えてくる。つまり皆の意見が整理されるわけだから、その経過を見守る為に、そこでも反対意見は言わなくなる。つまり皆の出し尽くした意見が結論が出るまでまとまる流れになるってわけだ。

 まぁ、勿論このブレインストーミングを必ず使えば面接官も納得してくれるわけではないが、この手法は会社でも使われているし、実際にグループディスカッションでも使われているわけだから、知名度は高い。それ故、俺は独断専行の問題を食い止める為、ブレインストーミングという手法をアピールしたけど、事前に自分のアピール内容で挙がるだろう問題に対し、どのような方法を社会は対処しているのか?それを調べてアピールするのが、短所の質問に答える肝となる。

 先輩、リーダーシップの短所を言うだけでもかなり計算されてアピール内容が構築されているのは分かったのですが、正直私の長所としてリーダーシップは不向きだと思います。他に参考となる長所と短所は何かないでしょうか?

 他に参考となる長所と短所の組み合わせと言えば、例えば「チャレンジ精神」や「多様性」の場合、短所として良いのは「自分に軸が無い」などのアピールだ。色んな事にチャレンジするのであれば、まぁ、自分がやりたい事が定まっていないのだろう。だが人はそんな様々な知識を組み合わせてイノベーションを起こしたり、他の人には負けない強みというモノを得る。だからそんな形でアピール出来るのも良いかもしれない。

 後は、「責任感」であれば、まぁ、精神的に辛い事があっても逃げ出さない精神力をアピールしたいわけだから、「疲れやすい」「逃げ出したい気持ちになる」という言葉を短所にあげて、しかし気持ちを切り替えて臨んだり、一度寝れば忘れるなど、そんな精神面の強さをアピールするよう流れを作れば印象が変わる。

 など一度自分の経験を振り返り、何が大変だったか、そしてその課題に対し、どういう事をしたのか?再度振り返ってみるのも良いかもしれない。そしてその壁に対し、どのような言葉で言いかえて発言すれば良いのか考えれば自ずとアピールするべき長所と短所が絞り込まれてくるだろうから、自分の経験を振り返ってみる事をお勧めする。

短所どころか長所も決まっていない場合

 先輩、長所と短所を矛盾しないようにする為に、長所をもとに短所を決める理由は分かりましたけど、実はまだ長所すら決まっていないんですよ。その為、出来れば私でも簡単に作れそうな長所と短所で何か良いモノ無いでしょうか?

 人事の人達が食いつきそうなアピールとして、「忍耐力」や「継続力」というモノがある。最近の就活生は入社3年目で早期退職する人は3割に上るとされている。しかし人手不足で深刻となっている今、「せっかく育てたのに、直ぐ辞めてしまう」となってしまう為、出来ればそんな人材を採用したくないと思っている。その為、忍耐力や継続力など、多少の試練や挫折があっても長く続けてくれる人材が欲しいと企業側は思っている。

 そんなわけでは評価されそうな長所として「忍耐力」・「継続力」。そして挙げる短所としては「楽観的」が最適だと俺個人思っている。まぁ、プロジェクトが進行して締切に間に合わない。客から怒られるなど、そんな窮地に追い込まれた場合、「何となるだろう」と少なからず気持ちを落ち着かせて、冷静に状況を判断する事が求められる。その為、「楽観的」と安易に物事を考える事を短所として述べたが、追い込まれた際に自分を追い詰めない手法としては、この楽観的思考は大いに役立つ。

 他には言い方を変えて「試練を楽しむ力がある」とか「一度走り出すと止まらない」など、そういうアピールするのも良いかもしれない。先ほどの早期退職する就活生が転職を決める理由としては「想定していた仕事内容とは違った」「もっと給料の高い所に行こう」など挫折や利己的な理由で辞める人が多い。その為、想定外な事でも楽しんだり、または一度やり始めた事を、まぁ、利害関係なしで最後までやりきるなど、そんな人を欲しいと人事は思っている。

 忍耐力や継続力であれば、どんな自己PRや学生時代に頑張った事にも結びつけられるし、短所もアピールする事も可能だと思っている。ただ忍耐力や継続力はどんなアピール内容にも結び付けやすい分、他のライバルも使っている可能性がある。その為、長所・短所の整合性よりもアピールする内容によって、優位性が生まれる可能性があるから、あまりライバルが多い長所と短所を使わない方が良いのではという事を予め言っておく。

 この手の短所の場合、やっぱり大人がどう感じているか、理論上筋道が通っていても、話の持っていき方によっては単なる悪い印象しか抱かない場合がある。それ故、やっぱりその手の人に見てもらうのが一番良い。実際、スポーツしかやっていなくて、コミュニケーションや事務作業の経験がないからどうしようと迷っていた学生がいたんだが、相手に勝つ為に相手の弱点を探って対策を練る分析力が長所なのか?それともチームの団結力を高める牽引力なのか、それともただ単に何の取り柄もないけど練習は頑張っていたから向上心なのか?などスポーツの経験が如何に仕事上で役立つのか?その辺のアドバイスもしてくれる。人や経験によってアピールする内容も変わってくるから、自分の複数の経験をもとにどのようにアピールすれば良いのかを判断する上でも先のような無料サービスを利用してアドバイスを貰いつつ、もしかしたら自分の見合った求人を紹介してもらうのも良いのかもしれないな。

スポンサーリンク

シェアする