早期退職なのに転職に成功している人の例

シェアする

tensyoku 

 

早期退職なのに転職で成功している人はどんな人か?

自分が早期退職なので出来ればその方法について知りたい。そんな気持ちの人がいると思います。実際、早期退職となると「なぜ、こんなに早く早期退職したの?」と訊かれます。もしそれが面接官の納得いく退職理由でなければ、採用しても直ぐ退職するリスクがあるという事で面接で撥ねられてしまいます。

例えそれが前職でのサービス残業や求人広告とは違う労働条件が本当の理由であっても、1ヶ月、2か月程度で辞めてしまうと「この人の忍耐力の無さが原因なのでは?」と勘繰られ、前職の不正な内容であっても納得いく理由と見てくれない場合があります。それなのに、長期労働によりうつ病や体を壊した話になれば、採用しても同じ理由で辞めてしまう。そしてもう一つ正当な理由として親の介護による退職理由もありますが、親の介護がまだ必要であれば、介護離職の危険性があるという事でこれも撥ねられてしまいます。その為、早期退職でも最適な退職理由は何なのか?それを考えないといけないと思います。

そしてもう1つの懸念として、志望先が前職に電話して退職理由を聞いた場合の対応です。 近年、雇用に関する問題が話題となっており、何が何でも採用してやろうと嘘の退職理由を言っている人が増えており、入社後にトラブルが発生する事が良くあります。その為、早期退職した場合の理由については

”志望先が納得いく退職理由”

”前職に問い合わせても問題ない退職理由”

を述べないといけません。

ここではそんなノウハウについて、実際に軽い気持ちで辞めた後輩と、中途採用の面接経験のある先輩との会話形式で早期退職に向けての対策について述べております。

スポンサーリンク

面接官が納得する早期退職の理由とは?

agreement

先輩、仕事が思ったより大変だったので、すぐ辞めてしまったんですけど、金が無くなったので働きたいと思っています。ただ「早期退職した理由は何ですか?」って訊かれたらまずいので、早期退職しても大丈夫な理由って何かありませんか?

俺だったら、「これから軌道に乗り始めようとしていた時に、会社の都合で、それが出来なくなり、辞めました。」って言うね。早期退職でも向こうに「それは仕方がないね」と思われる為には、自分よりも会社に何かしらの問題が起こって、「このままいるより、別の会社で働いた方が良いな。」と、自分の非より勤め先の方に問題があるような話し方をするのがポイントで俺が面接官だった時、そういう人でないと採用しなかったね。

ちなみに最近では前職の重労働に追い込まれてうつ病や体を壊した為と退職理由として述べているけど、実際にそうなのかなんて面接官側からでは分からないじゃん。こういう場合、前職の企業に問い合わせて、本当にそうなんですかって問い合わせるんだけど、まぁ、「そんな事あるはずがないじゃないですか!!」と言われてお終いだ。最悪の場合、名誉棄損で訴えられるリスクがあるしな。だから会社の都合だと言いつつ、前職の人が否定しないような退職理由を述べたいのであれば、前職が不快にならず、かつ自分には非の無い言い分を考えた方が良いぞ。

でも、何故さっきの言い分が”前職が不快にならず、かつ自分には非の無い言い分”になるのでしょうか?

例えば、「採用時はOJTや試用期間を経て、専門の部署に就くと聞いていたですが、会社の業績向上に伴い、急きょ人員配置を見直す事になったんです。採用してくれた方の上司の方が別枠でその新しい経営方針に貢献できる人を採用してしまった為、自分が採用枠が無くなってしまった。」と言えば、お前だけでなく、前の会社の面目も保てるような退職理由になるだろう。

もしお前が契約社員やアルバイトなど試用期間を経て、採用される立場だったら尚の事良い。本当ならこのまま順調に正社員になる予定だったのが、会社の方針が変わり、新しい専門的な人を中途採用してしまった為に、自分が採用されなくなった。と言えば、採用されなかったのは向こうの責任だし、何が何でも正社員になろうとすれば、会社に逆らう事になって首を絞める事になる。と感じさせる言い方をすれば危険視する理由にはならない。

実際、会社の経営の為に、本来予定していた採用を見送るという事は多くの企業でもしている為、そうなった場合、採用された側には非がない。あと前職の人が電話で退職理由について訊いてきたとしても、それほど心象的に悪くはない。だからもし早期退職したのであれば、会社の業績向上に伴い人員配置が原因で自分の居場所がなくなってしまったという言い方が一番無難なんだ。「この話を聞かされた時に、私を採用してくれた方が言っていました。こんな形になって済まないと」と当初の予定が狂ったと現実味のある話を言えれば、信ぴょう性が増すだろう。

もし前職が退職理由を確認、または志望先が退職理由について前職に訊いてきた場合の対応

confirm

でも先輩、それでもまだ前の会社が私の退職理由について答えた場合、「理由は分かりませんが、すぐ辞めました。」と言ったらどうしますか?向こうもこちらの採用の為にかなりの金を使っていたと思いますし、それに対し、寛大な対応をしてくれるとは思わないのですが?

もし前の会社がお前の退職理由に意を唱えるのならば、パワハラに追い込まれた、残業代が出ないなど経営や会社の品格に反するような内容だった場合だ。そんな事を言えば、当然、「それは違います。」って言われて、お前の気力の無さを理由に自主退職したとはっきり言われるだろう。ただ俺がさっき言った例は業績向上に伴う・・・という本当は業績向上なんてしてないけど、そんな噂になれば良い方向に向くだろうし、仮に「違う」と話そうとすれば「本当は業績なんて向上していない」と思われるとそんな欲が出て、お前の転職に対して不利になるような事を言わないと思うぞ。まぁ、そうしない企業もあるかもしれないが・・・

先輩、確かにもう無関係の人である以上、私の為に不利になるような事を言わないのが人情だというのは分かりますが、そうではない会社だったらどうします?さっきも言いましたが、早期退職して、採用の費用と時間を無駄にしたという事で、こちらに不利になるような退職理由を言う企業もあると思いますが・・・。

まぁ、俺の場合、上司から「退職理由を訊かれたら、めちゃめちゃ不利になる事を言ってやる」と言われたから、「じゃあ、私の仲間に掛け合って、あんたの会社の一番忙しい時間帯に「退職理由は何ですか?」って言う電話を何度も入れてやる」って言ったら、黙ったけどな。

先輩とんでもない事を言いますね。

確かに早期退職したお前にも落ち度はあるけど、そんな転職を不利にするような事を言っていれば、また別の会社から退職理由について訊かれる電話が来るため、業務に支障をきたす事になるんだ。だから3回くらい前の会社に電話が来れば、「もうこれ以上、退職理由で不利になるなら、時間の無駄だし、不利になる事は言わない方が良い」と考えてくれるわけだから、回数を重ねていけばいずれなくなると思うぞ。

もしそれでも相変わらず、転職が不利になるような事を言うのであれば、「採用時の雇用内容が求人広告の内容と異なるモノだった。」とブラック企業だと思わせる退職理由を言ってやれ。お前だって生活がかかっているわけだし、そんなその人を死地に追い込んでまで正論を貫くような企業であれば、容赦する必要はない。求人内容と契約時の雇用内容が異なっているやり方はブラック企業が良く使っている手だ。社員を安く働かせる為に求人広告では正社員と書かれていたのに、採用されると「先ずは契約社員として」と、試用期間の具体的な日数を告げず、永遠に契約社員として働かせる方法がある。そんな労働環境で働かせているのであれば、早期退職するのは自然な流れだし、そんな企業であれば、確認をしても嘘をつかれるのが目に見えているし、逆に前職の人が確認をしてきても、「言っていることは本当なのかな」と半信半疑の状態になるから、バレナイ退職理由になるんだよ。

で、でも先輩。それは前の会社を怒らせる事に繋がるのではないでしょうか?

お前の言い分は分かる。誰かを陥れてまで、志望先に嘘をついてまで転職しても良いモノかという良心にかられたり、倫理に反していたり、そんな罪を背負っていかないといけないのか?という不安を感じているんだろ。でもさ、お前の転職を不利にさせる程の退職理由を向こうが言う理由って何?お前は折角、早期退職した事を反省し、次の職場ではそうならないように頑張ろうとしているんだよ。それなのにたった1つの過ち、特に犯罪行為ではない事で人生を不利にさせるって正直俺は理解できない。

もしお前がさっき言ったようにパワハラ、求人詐欺など会社のブランドイメージを傷つけるような事をわざと言って、転職しようとしたのなら分かる。でも俺がお前に勧めたのは、業績向上に伴う人員配置、つまり誰も悪くない退職理由なんだよ。採用っていうのは早期退職する方も悪いけど、そんな早期退職する人を採用してしまった企業側にも一応責任があるんだよ。そんな辞める権利がある状況下で早期退職する事を何時までも引きずっているような会社の面目を立てる為に、何時までの収入のない生活なんて送れるわけがない。

だから転職で志望先を5回くらいやって、上手くいかないのであれば、犯罪行為でなければ、どんな手を使ってでも転職に成功してやるという気持ちでやれ。そうしないとお前の将来は貧乏な生活しか待っていないぞ。

スポンサーリンク

シェアする