親の干渉で失敗する就活生の例

シェアする

就活に干渉してくる親

「親が就活で色々と口出しされてうるさい!!」

「就活についてわかっていない・・・ストレスがたまる」

「腹がたつし、嫌味ばかり言うし、うざい」

 など就活では親から色々と口出しされ、かえって就活を悪化させてしまう就活生は沢山いると思います。単純に口出しする程度なら良いですが、中には志望先やら、志望動機の内容まで決めてきて、逆らえばお金を援助しなかったり、また忙しいにもかかわらず口出しされて、精神的にまいってしまう人も大勢いると思います。

 この手の問題に対し、「話せば分かってくれる」「親に黙って就活をすれば良い」など考えている人もいると思いますが、就活というのは学業とは違い、答えが無い為、「何故それが良いの?」と断言する事が出来ません。その為、親を最後まで納得させる事が出来ず、結局のところ親の指示に従わざる得ない人もいると思います。

 ここでは実際に就活生が体験した親の干渉によって就活が上手くいかなく例を載せ、親の言うとおりに従ったら、就活がどのように失敗するのか?を載せております。

スポンサーリンク

親に内緒で就活しようと思う瞬間

「不安だ・・・」

 就活が始まる直前、俺は本当に内定が取れるのか心配していた。それは俺が大学時代バイトやサークルなどをせず就活でアピール出来るモノがないというのもあるが、一番の懸念材料として俺の父と母が就活に対し口出ししてきて、上手く就活する事が出来ないのではないのか?とそんな不安を抱えていたのだ。

 俺の母親は世間でいう過保護な存在。学校の行事や勉強の内容などすべて口出しし、親の思い通りに行動しないと気が済まない性格である。一方父親は世間でいう亭主関白。自分の意見は絶対だという考え方で、世間ずれしていても根性や正当法でどうにかなると思っていて、他人にそれを強要してくる。

 親と衝突した例として、俺が大学時代、アルバイトしようと思ったいた時もそうだった。母は「そんなどこの誰とも分からない人たちと一緒に仕事ができるの?」と心配しアルバイトをすることに反対し、父は「バイトする暇があったら勉強しろ」と言ってくる。正直なところ、二人の意見には違和感を感じていた。まずどこの誰とも分からない人たちと母は言ったが、大学、または社会に出れば否が応でも見知らぬ人たちと一緒に働くことになる。それなのに見知らぬ人たちと一緒にいる事を理由にアルバイトを反対する理由が分からない。

 勿論そのことについて言及したが、「あなたはまだ若いし、それはあなたが会社に入社して働いてから考えれば良い。」と言ってくる。ウチの母親はそう言って僅かながらの不安要素や不備を指摘し、改善策を要求して、先延ばし状態に追い込むのである。母親からしてみれば子供の為と思っているらしいが、就活という答えのない取り組みに対し、事前に絶対安心だと言えるような事なんて学生の立場からではとても出来ないし、事実上永遠と先延ばしされる状態になってしまうのである。母親との話が平行線をたどる中、父は「なぜバイトをするんだ」と根幹的なことを聞いてくる。

 俺の父は懐疑主義な部分があり、全ての物事に対し、本当にプラスになるのかどうかを問いただしてくる傾向がある。今回の場合、勉学を差し置いて本当にバイトをする必要性があるのかとその辺を問いただしてきているのだが、このやり方に関しては一定の理解をしている。というのもこの手の手法はロジカルシンキングと言って、グループディスカッションでも使われる手法である為、本質的な部分をつく為には有効な方法だと言われている。個人的にもし父が的を得た質問をして、そして正しく指摘してくれるのであれば、これほど心強い味方はいない。ただし本当に正しく考えてくれるのならではの話だが。というのも先のアルバイトの件についての話し合いについてだが、細かくかみ砕くと以下のようになる。

「なぜバイトをするんだ?」

「今後就活するための資金稼ぎ、そして社会勉強だ。」

 「そんなの足りなくなればうちらが払ってやる。バイトで身に着けられる教訓などたかが知れている。学生の本分は勉強だ。何を考えているんだ。」

 「俺の先輩に就活で苦労した人がいて、その人は学生時代、何もやっていない事が原因でエントリーシートの「学生時代に頑張った事」が何も書けず、苦労したと経験していた。確かに勉強は大事だけど、勉強だけだと、何のために勉強しているんだと面接で必ず、聞かれる。もし俺が論文やビジネスコンテストなどで結果を出していれば良いが、そんなのは簡単に出せるモノではない。だからバイトなどをしてせめて金を貰うというのはどんな事なのかを知り、そして自分がどんな勉強をしたいのかを見極める。そういう目的で俺はアルバイトしたんだ。」

「意味が分からん。そんな先輩の失敗例を参考に本筋を見失うな。失敗例を見るよりも成功例を見続けて考えれば、自ずと答えが出るんじゃないのか?そんな視野の狭い段階で結論を急ぐから、今みたいに責められる事になる。もっとちゃんと考えてから発言しろ」

 「父さん。結果を出せと言っているが、成功している先輩たちの例で言うなら、先輩たちは学生時代、サークルやアルバイトなどで、そこにあった問題を解決し、そしてそれをどのように解決したのかを面接で説明できるようになっている。その先輩たちは企業が欲しい人材とは、勉強も出来る人もそうだが、勉強で得た知識を社会的な活動か何かに役立てる事をしている。学生の立場からだとアルバイトやサークル、部活程度しかないが、親父が問題だと言われている活動をどの面接でも聞かれていて、学業の事に関する質問はほんの僅かだと言われている。つまり勉強だけでなく、勉強で得た知識を何かに使った経験を就活では求められる。だからこそ勉強だけでなくアルバイトなどでプラスになるような経験を作り、親父が望むような企業に就職しようと心がけているんだ。」

 「・・・一応、成功例を踏まえて考えているようだな。そこは見直そう。しかしビジネスを成功させるノウハウなんて決まっているわけではないんだから、たかが1つの成功例をあげたところで評価してくれるわけないだろ。やっぱり、アルバイトなんかせず、勉強で勝負する必要があるんじゃないのか?」

 「勉強だけでは不十分だ。ビジネスに答えが無いと言っている以上、勉強しても同じように必ず結果が伴うわけではない。勉強で理屈を理解しても実際に行動しないと評価しない人も世の中には大勢いるし、勉強だけの頭だけの人だと行動力が無いと思われて、それだけでマイナス評価につながる。だからアルバイトやサークルでも何でも自分で考えたPDCAなどを磨いてそしてそれを元に自分の武器に変えていく。就活というのはそういう学業で学んだ知識を活かした経験を言うべきだと思っているから、だから俺はアルバイトをしたいんだ。」

「一体誰のおかげで飯が食えると思っている。

毎日の食事、学費、そしてお前が今着ている服。全てが俺の財布から出ている。就活でも交通費やスーツも俺の財布から出すのだろ。結果を出す前に立派な口をきいても、誰も耳を貸さない。アルバイトがそんなにしたいのなら、今すぐ家から出ていくんだな。」

 そう、つまりウチの父の説得の仕方は最終的に「親に逆らうな」「誰のおかげで飯が食えると思っている。」「じゃあ、出ていけ」など金でモノを言わす態度に出てくるのだ。これじゃあロジカルシンキングというよりも相手を一方的にねじ伏せる強要技じゃないか。更にやっかいなのは、その点について指摘すると「もうお前と話す事はない。頭を冷やせ」と言って、先の資金援助を打ち切る事を言ってくる。そしてバイトを密かにしようとすると、また「何でバイトをしようとした」と言って、先の話の繰り返しになってしまうのだ。

 親父は自分の言っている発言の意味を正しく把握していない点が目立つ。政治家が不祥事を起こした際も、「俺達の税金を無駄に使いやがって」と愚痴をこぼすも、俺が就活を間際になったら「給料の安定している公務員になりなさい」と、自分達の都合で税金を使えと言ってくる。今のアルバイトでのやり取りも同様で、アルバイトを許可しないからお金がないのに、「誰のおかげで飯が食える」と経済的に不利な部分を指摘して自分の言い分を通そうとする。言わば自分が招いた結果なのにそれも自分のせいではないかの如く言ってくるのがウチの親父なのである。多分議論を始める前に「子供にアルバイトをさせない」とそう頭で決めており、そして自分に都合の良い強い言葉を並べているだけなのだろうとそう思っている。

 こういう親である以上、意見を述べてもこちらにとってプラスになるような働きかけをするとは到底考えられない。だからこの就活においては親に内緒で就活をするべきだとそう思ったのである。ただこの時の俺は親に内緒で就活をする事が如何に難しいかを後に知る事になる。

予定やES内容も勝手に決められ大手病になる

  俺は就活を始める前、先輩から内定が取れるまでの就活のやり方について具体的に教えてもらった。だから例え親の支援が無くても、必要な知識は十分に手に入ったし、どちらかと言えば親の思いつきで語るアイデアよりも、実際に成功している先輩方の意見の方が説得力あるし、選考になる。だから本心で言えば、親なんかに頼らず、自分一人の力でやった方が成功するのではとそう確信していた。

 ただ内緒で就活をしても直ぐバレる。

 事のきっかけは俺が就活サイトで募集企業について検索している時、母親が勝手にパソコン画面を覗き込んだのが始まりだった。母親いわく、どんな企業を募集しているか確認してきて、その時、食品だったり、化学だったり、自分達があまり知らない所を志望していたら、何故そんな所を志望するのかなど、早速、就活に干渉してきたのだ。

 当時の俺からすればその2つの業界が具体的にどんな仕事をしているかはあまり知らなかった。その為、この時私は「どんな企業が募集しているのか見てみる」と答えたのだが、どういう基準で企業を探しているの?、どんな仕事に興味があるの?、今後40年間の人生が決まるかもしれないのに安易に決めて考えてない?、これの給与や福利厚生はどうなっている?など矢継ぎ早に質問してきたのだ。

 つまり志望先の規模や給与などに目が行って、大手に入る事を目標に就活の方針を決めてしまうわけである。この方針が非常に厄介でいざ業界の話をしようとしても、志望先の福利厚生や給与などの話になり、業界の話をする事を中々しない。それどころか短期間で多くの企業が受付を済ませる為、如何に多くの企業にESを提出するかの話になって来る。それ故、志望動機は企業理念をコピペしたようなものとなり、学生時代に頑張った事や自己PRにおいても何故私は優秀なのかと、学業の成績や資格を如何に取得したかの話にしてくるのである。友達に見せた所、自慢話で上から目線と評判が悪かった。

 だから親に内緒で就活しようと思ったが、そう上手くいかなかった。親の行動力は異常であり、ネット上に大手のES締め切り一覧が載っているサイトを見つけ、そこに全て提出するように言ってきたのだ。その数は文系だけに絞っても100社。正直そんな数を提出する事は出来ないと言ったが、やってみなきゃ分からないと聞く耳持たない。更には募集が締め切られる2ヶ月間の間に大学と会社説明会に行きながら1日に2つ以上ESを書くよう要求してきたのだ。勿論、会社説明会と講義で夜しか時間が取れない為、事実上、帰宅から就寝までの4時間の間に2社分の業界分析、自己分析、そしてESを書き上げる事をしないといけないのである。そのような状況下だったので書く内容も纏まらない。親はスムーズにESが書けるよう、次第に「御社の理念に感銘を受け」という大手病特有の感銘志望で書くように要求してきたのだ。

 簡易的に書けるとはいえ、夜の時間帯で全部毎日書くのは体力的にもきつく、書くスピードや書き間違いも増え、結局のところ目標の1日2つのスタイルは成立しなくなっていった。こちらは心身疲れているのに親は何で間違えたの、アンタ馬鹿?とスケジュール通りにいかない苛立ちを自分にぶつけ、計画的に破綻している事に気付かない。ただこれで諦めてくれるかと願ったが、「しょうがないわね。私も書くわ」と言って、ESを勝手に書いて提出する反則技に打って出たのだ。

 これには腹が立って、もう自分一人でやると啖呵を切ったのだが、「じゃあ、もう私達お金の支援もしないし、親の期待に応えない子を育てるつもりはないから出て行ってもらう」と言ってきた。

 卑怯な手を使うと思った。これじゃあ、就活をする為に必要な電話代や交通費も手に入らない為、満足に就活出来ない。バイトも過去に何度もやろうとしていたのに、その度に口座を持たせなかったり、そんな事している暇があるなら勉強しろと言われておしまいだったから、経済面の支援を断ってくる暴挙に出てくるとはとても信じられなかった。挙句の果て家から出て行けとお決まりパターンに出るため、改めて親に逆らうことが就活では逆に不利なることを実感する。

 その後、母は「これはあなただけの問題ではない、家族みんな一丸となってやるべきことなの。だから親である私が子供を危ない企業に入社させないようにする為にも私がキチンと管理しないといけないね。」と変な使命感を持って何が何でも自分で志望先を決めると譲らなくなった。そして御社の企業理念に感銘を受けという志望動機、私はこんな資格を持っています。など大手に入りたい下心が見え見えの履歴書とESを書くように強要され、先の大手100社に提出した。密かに選考していた企業も、親が勝手にスケジュールを満遍なく入れた為、その選考と重なり、ウソをついて目的の企業に行ったことがあるが、会社説明会では必ずパンフレットが支給されるため、それを出すよう強要されバレる。その為、中々内密に行動出来ない状態が続いた。

就活仲間ともやり取りができなくなり孤立化

 志望先を諦める事も辛かったが、ただもっと辛かったのはスケジュールを勝手に組まれた事で今まで一緒に就活をやって来た仲間と別行動を取らざる得なくなった事である。

 はっきり言って私の友達は常識人で人との繋がりも強い。私が親の干渉を受けながらも就活において正しい知識を身につけられたのもその友達におかげだと心底思っている。しかし今回の親の干渉で会う機会を作れず、結果的に自分ひとりで就活を行わなければならなくなった。これで私は完全に孤立化し、就活で有力とされる生の情報が入って来なくなった。

 そして2ヶ月の時が過ぎ、ESの結果が来た。本来大手病が前面に押し出している内容である為、不採用になる可能性が高いと思っていたが、幸い自分の通っている大学がそんなに低い所ではなかった為、約6割の企業からグループ面接、ならびに面接の案内が来ていた。この結果により自分達が正しかったと誇らしげに喜ぶ親。その一方で面接では具体的にどんな事を話すべきなのか、私達と一緒に考えようと言ってきたのだ。

 そして親の模擬面接が行われ、主に尋ねられる質問は「何故御社を志望するのですか?」「学生時代に頑張った事は何ですか?」とありきたりな質問だったが、他の質問に「社長の名前はなんですか?」「自社の主力商品名を5つ言ってください。」「企業理念を言ってください。」「自社の社員数と資本金を言ってください。」など志望先の企業理念や規模などを覚えるよう強要してきたのである。

 100社のうち6割、つまり60社の企業名、社長、資本金、企業理念などをこれから覚えるなど人の枠を超えている。勿論、親は「頑張れば出来る」と言って聞かない。

 そしてその会社情報を覚えるだけでなく、志望動機における質問にも答えないといけない。しかし親が提案する回答は「御社の企業理念に共感し、だから私は御社の企業理念に書かれている○○のような人材になりたいと思います。」というモノでESに書いた志望動機そのままの回答だったのだ。正直面接で再び質問されているのだから、せめてそんなマニュアル的な回答ではなく、自分の個性やかつての経験がこんなんだから御社を志望しました。自分と志望先を結び付ける口語で言うべきなのでは?と思ったのだが、「そんな時間はない」と一蹴される。

 そして自己PRや学生時代に頑張った事においては「私はTOEIC700点以上取っております。それを取る為にこんな事をして、そしてこういう事をしました。」と努力した過程だけを述べるだけで終わっていた。就活というのは高い点数をアピールすれば内定が取れるほど甘くない。通常こういう資格の場合、資格マニアというただ取るだけの学生がいる為、入社後の資格の活用術について述べなければ悪い印象に見られるので「では入社した場合、どんな風にそれを生かすのか」という質問に答えられるようにしておく必要がある。だからその点について親に指摘したのだが、「そんな事は聞かれないよ。だって入社後の取り組みなんて学生の立場からすれば理解できないことだし、そんな詳細な部分まで聞かれないよ。」と言ってきたのだ。「それに実際あなたくらいの得点を取っている人なんて少ないだろうし、グローバル化と言われる時代、英語力があるだけで働ける人間として見てくれるわよ。」と更に楽観的な事を言ってきた。それでもそれが違うと言い張ったのだが、「じゃあ、どういえばいいのよ?」と食って掛かってきた。それをこれから考えるべきなのにと思ったが、時間がつぶれるの一点張りで結局親の指示に従ってこの日を終えた。

結果、面接では惨敗。

 面接では「では具体的にどんな事をしたいのですか?」「あなたウチがどんな仕事をしているか分かってる?」と口では言っていないが、「ちゃんと調べていないだろ」と思われるような口調で面接で質問されるようになっていた。それもこれは親に強要されて言った質問なのに対し、あたかも自分がやったかのように言われているのは非常に辛い。ただこの辛さは今回で最後にしたいと思い、密かにこの面接のやり取りを録音していた。帰宅後、親に面接の結果を伝え、なんでもっと具体的に言わなかったのと責められたが、録音した内容を聞かせると「ウソでしょ・・・」と絶句したのだ。

 これで如何に親の内容が抽象的で評価されない内容なのかと知る良いきっかけになって改善に向かうのかなと期待したのだが、「で、でも今回が偶々だったかもしれないでしょ。」と自分の考えを改めず、また同じような事をしてと言ってきたのだ。これには腹が立ったが、2回目、3回目も同じような事を面接で言われた為、これで親もやっと今までのやり方ではいけないと思えるようになったのだ。

就活で結果が出ないのは子供の責任と言う

 ただ今までのやり方が変わっただけで、本質的な部分は何も変わらなかった。というのも例えば食品業界を志望する際は「私は食べる事が好きな為、御社を志望しました。」と言いなさいと言い、JR関連の会社に関しては車掌さんが小さい頃からの夢でした。と特に学生時代に車掌になる為に頑張った事が微塵もないのに、この就活で受かる為にその場で取り繕ったのがバレバレな内容を勧めてきたのだ。

 一向に改善にしない母の提案により不採用結果が続き、あまり結果が芳しくないため、今度は父も就活に口出してきた。

 ただ父が私の書いたESを見ると「なんだこの入社目的の志望動機は!!」と母が提案した志望動機を一蹴し、採用者側の気持ちにたって考えろと言ってきたのだ。叱られるのは嫌だったが、これで母親もやっと自分の考えを改めるのではと期待したのだが、始終、ずっと黙ったままで、「何でこんな事を書いたのか?」と問い詰められた際、「母親が考えた」と言った瞬間「親に就活の手伝いをしているじゃない」と咎められたのだ。「自分の息子ながら情けない」と言いつつ、横で聞いていた母親は「最後には子供も納得してこの内容にした」と言ってきたため、更に追い打ちを掛けるかの如く「お前に自分の意志で就活する意欲というのが無いのか?」と怒ってきたのだ。今まで就活で結果を出せなかったのは私が入社してから何をしたいのか考えていなかったのが原因だと片づけられた。

 就活は本来就活生自身が取り組むものであり、責任はすべて就活生にある。それは分かるが、この場合本当に就活生(私)の問題として片づけて良いものなのかと疑問に感じる。その後、父からは自分が入社後何をしたいのかを考えろと就活の方針の見直される。これはある意味好機であり、やっとまともに考えて就活ができるとそれに了承した。ただ事はそううまく運ばなかった。

 なんと翌日、父がいない平日だと母が「これはこう言いなさい、ああ言いなさい」と昨日言っていた事がまるでなかったかのように当初のやり方を提案してきたのである。母に昨日父が言ったことについて指摘したが、「父さんの言い分は理想論」などと言って、結局自分の言い分を通す形になってしまう。そして最終的には「じゃあ、あなた一人でやってあたしもう就活の手伝いしないから」とお金の支援を打ち切ることを言ってきたのだ。そういう態度に出たため、父に相談した結果、母におかしいと言ってくれて、やっとお金に関する問題が解決できるのだと思った。ただ父が直接お金を渡してくれるわけではなく、翌日また衝突があれば、お金を渡さないという態度に出るというイタチレースが起こった。

 受からないと思える志望動機を覚えさせられ、そして面接では理解していないと咎められ、そして家では何で受からないんだと怒られる。正直この悪循環をどのように抜け出せば良いのか分からなかった。次第に志望出来る企業がなくなり、親も焦り始めたのだが、方針は変わらず、沈んだ顔をしているから良い印象に見られないなど、本心とは逆の笑顔でハキハキと答えるよう言わされ精神的に苦しく、そして相変わらず的外れな志望動機やアピール内容を言えと言い、志望する度に社長の名前、資本金額、企業理念、従業員数などを覚えさせられたのだ。

親世代のバブル時期の就活はどういうモノだったのか?

 こんなやり取りを長く続けていると次第に何故親は今の就活の深刻さを理解出来ないのだろうか?とそんな疑問を嫌でも考えてしまう。その為、親が気分が落ち込んでいる時、つまり話し相手が欲しい時にさりげなく、親の就活の状況について聞いてみた。

 俺の親は1980年代に就職活動をしていた人で正にバブルの時期に就職活動をしていた人と言っても過言ではない。その時の話を聞くと、先ずウチらが当たり前のようにやってESによる書類選考が無かったと言っている。俺が就活で沢山あるエントリーシートを提出しようとしていた中、親父が「そんなに書類を出したら相手に失礼だろ」と怒った事があった。父が就活をしていた時、数多くある企業を受けようとしていた学生がいて、その人はその各会社のOBから「どの企業を選ぶんだ」と差し迫った事があったらしい。その為、親は俺に対し、志望する企業を絞り込めと言ってきたのだが、後に書類で審査される事を知り、そして「落ちるかどうか分からないから、出来る限り出しておきなさい」と方針転換してきたのだ。

 更に合同説明会の時には多くの学生を採用する為、なんと各ベースに弁当を配布している企業が大勢あったらしく、俺の友達の中には就活中アルバイト出来ないから、食費を節約する為に1日1食、就活が終わる6か月の間は我慢する人もいるのに、俺の親世代の連中は昼飯にも困らない就活をしていたらしい。

 挙句の果て、バブルの時代、商品を作るだけで売れた時代だから、人が沢山いるだけで売上が上がった時代の為、誰でも良いから人を多く確保しようと採用側は力を入れていたらしい。その為、今のようにグループディスカッションや幾多の面接を受けずともOBと会って飲み会や麻雀などに誘われて他の会社に取られないように頑張る事に力を入れていたらしく、こちらが行かずとも向こうから来た就活をウチの親はしていたのだ。確か何処かで研修はハワイ旅行、すし屋やステーキをごちそうするなど豪華な商品で就活生を確保しようと躍起になっていた企業があったと聞いていたが、あながち嘘ではないと俺はそう思った。俺達就活生の中には少し距離のある企業に行くにも交通費などで苦労しているのに、親世代の場合、企業の人事がわざわざ大学にやってきて、採用活動をしていたらしい。

 もうこうなってくると、ウチの親の世代は無条件で採用される時代だったせいで今のようにESの内容を練ったり、交通費などを心配してアルバイトを事前にする苦労など分かるはずがない。ただもう1つ気になる点として、何故親は今の就活の実態を知らないのか?親は今も会社勤めていて、少なからず面接で実際に就活生を採用した経験もあるはずだ。その為、就活生の現状をある程度垣間見えても良いと思っていたのだが、話を聞く限り、どうやら親は面接だけは担当し、残りの細かい業務は部下や人事の人達に丸投げしていたのである。しかも親父は学業で学んだ研究で社会的評価を受けた学生や、スポーツなどで成果を上げた経験者ばかりを中心に評価していた為、アルバイトやサークルの価値がつかめず、どうやら俺だけでなく、親父と面接をする事になった就活生に対しても似たような事をしていたらしい。んでそのおかしさも親父は上司だから誰も指摘しない。だからここまで勉強しろと何の疑いもせずに言ってくるんだ。

 さて続いては母親のケースだが、ウチの母は父と結婚する前、一時期、貿易会社で働いていた。母親の話によると仕事の内容は取引先から運搬する品の伝票を整理し、その運搬額を算出、そしてそれを銀行手形として書き出し、運搬費を貰う事務作業を行っていたらしい。その際の男性社員の働きぶりを見ていたのだが、運搬する品の数を集める度に、それが給料の額に反映されるシステムになっていたらしく、世に言う歩合制だ。母はその額が大手と中小とではあまりにも大きな開きがあり、更に中小企業の場合、大手より取引される数が違う上、対応されないケースがある為、大手でないと理不尽な対応を受けるとそんな危機感に常に募らせてしたのである。

 なるほど大手と中小企業では歩合制による給料の額が違ってくるし、更に取引先の態度にも大きな影響が出てくる為、自分の子供には何が何でも大手に入ってほしいという気持ちが強いのか。だがそんな理不尽な光景を見たからと言って、願望そのものが現実になるわけではない。本当にその問題を回避したいのであればそれを回避する、今回の場合、大手に入社する就活生の例を沢山集め、出来る限り現実的な手段を踏むしかない。しかし母親は相変わらず大手、大手としか言わない為、気持ちが空振りしているとしか言いようがない。

 もはや父と母が就活に対して適切な対応が出来ないのは親世代のぬるま湯で、今の深刻な状況が呑み込めないからだというのが見てわかった。だからこそやはり説得ではなく、親の目を盗んで内定が取れるように頑張るしかないと改めて思った。

内定取消と保護者同意書の存在

 こんな就活が当分続くのかと思ったが、ただやっと解放される時がきた。そう、内定を取ったのだ。親の干渉が強かったが、親が就活鬱状態になっていた間、親の知らない就活マッチングサイトキミスカ に登録したり、内定直結型就活イベント に参加したりして駒を稼ぎ、友達と会い、ノウハウを学び、そして大手ではないが親に内緒で中小企業から内定を取る事に成功したのである。

 ただ問題はこの後に起きた。本当はこのまま親に内緒で入社したかったのだが、内定先から保護者同意書を提出するよう求められたのだ。その為、止むを得ず親に内定を取った事を知らせたのだ。就活もほぼ終盤、いくらなんでも反対するとは思わなかったので、これでやっと就活が終わるのかなとその時は思っていた。

 しかしなんと親はその企業に入社する事を反対してきたのだ。その理由は「中小企業はいつ潰れるか分からないから、入らない方が良い」「何でこんな企業に入るんだ。特に主力となる商品は扱っていないみたいだが」と入社する事に対して愚痴をこぼし始めたのだ。ただ就活は終盤である為、これが最後のチャンスかもしれないといったのだが、「今までの苦労が積み重なって中小企業ではあるが、やっと内定が取れたんだ。さぁ、次は大手を目指す番だ。」となんと楽観的な事を言ってきたのだ。

 本当に無神経な発言に腹を立てたが、いざとなれば自分で保護者同意書にサインすればと思い込んでいたが、その次の日、何と親が勝手に内定先に電話して内定辞退の旨を電話で伝えたのだ。それを聞いて直ぐ内定取り消しを撤回してもらおうと電話したのだが、「親が反対している学生を採用しようとは思わない」と撤回さなかったのだ。

 その夜はすごく落ち込み泣いていたが、それを見かねた母が「何時まで泣いているの。確かに勝手に電話したのは悪かったと思うわよ。でも今まで内定が取れなかったのに今回取れたって事はやっとあなたも成長して、大手も取れる可能性が出てきたってことじゃないの。私、ニートを育てる気は無いから、大学卒業して何処からも内定が取れていなければ出て行っていただきますからね。」と言い放って、親は自分がまとめたリストを机の上において、部屋から去って行った。

ブラック企業に入れさせられる

ここまで来ると、もはや就活終盤まで内定が取れない事は確実だ。

 だからもうここは入りたい企業を探すのではなく、いったん何処かの企業に入社して、口座を手に入れ、ある程度の資金を貯めた後、転職して親から離れて生活できる事を目標に頑張った方が良い。

 俺が親のいう事をばかり聞かないといけないのは、親が俺の生活費や資金を握っているからであり、一度入社して自分専用の口座を手に入れる事が出来れば、そんな金による力関係から解放されるはずだ。

となるとここで考えないといけないのは、ブラック企業への入社を回避する事だ。

 就活終盤まで人員採用しているという事はそれだけ人で出入りが激しい企業の可能性が高く、入社したが最後、長時間労働、低収入、パワハラなどのトラブルを受けるかもしれない。それを回避する為にも、ブラック企業の特徴について心得ておかないといけない。

 ブラック企業は人員を安く働かせる傾向がある為、求人票には残業費込み、休日日数を書いていないなどの特徴がある。その為、その辺の特徴を見逃さないよう、志望先を絞っていこうとそう思っていた。

「ねぇ、もうここにしたら?」

就活終盤近く、母親が俺にそう言ってきた。

 志望できる先も少なくなり、親もなりふり構っていられなくなり、面接回数が少なく、かつ給料の高い所を中心に志望先をピックアップしてきたのである。もちろん、残業費込みや休日日数も書いてなく、ネットで調べてみたが、ブラック企業と名高い企業だった。

 ただ正直なところ、断る事が出来なかった。ここで断っても「えり好みしてる場合じゃないでしょ。」と言い、また同じ特徴の企業を受けるよう言われ、就活の志望先について干渉してくる。いくら大手への就職が叶わなくても、子供の就活を手伝う事をやめない親。その為、結局、絞ろうとしても、いつもと同じように、親の前で志望動機やアピール内容を言わされ、そして面接で怒られる。そんな繰り返しをして、最早俺もブラックではない企業に絞り込むのをいつの間にかやめてしまっていた。

 結局のところ、俺の就活は、そんなブラック企業に名高いところに入社し、そこで親から独立した口座を作り、そしてクレジットカードも作成し、家から出る準備をした。しかし流石ブラック企業。給料は低いし、休む時間も社員に与えない。その為、転職も出来ないし、親からは「どうしてこんなに遅いの?」愚痴をこぼし、家から準備を一刻も早く進めているのだが、明らかに1人で生活出来るほどの給料額ではない事に気づく。つまり今度は就活ではなく、ブラック企業の仕事に関して親から口出しされるようになり、逃げ出したくても実家から離れる為のお金がなく、更に親は「家にちゃんとお金を収めなさい」と、高い金額を要求してくる。給料明細を見せて、給料が少ないと言っているけど、「あなたが頑張って出世すれば給料は上がる」と言い、減額してくれない。つまり俺は当分、親のいる家から離れられず、会社では上司に罵倒され、家では家族から愚痴られる。そんな人生を今後長い間続けないといけないという運命を悟り、徐々に生きる気力を無くしていった。

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. […] 勿論そのことについて言及したが、「あなたはまだ若いし、それはあなたが会社に入社して働いてから考えれば良い。」と言ってくる。ああ言えばこう言う、こう言えばああ言うとは正にこの事だと思った。母親との話が平行線をたどる中、父は「なぜバイトをするんだ」と根幹的なことを言ってくる。 引用元-親の干渉で失敗する就活生の例 […]