内定が取れない就活生がブラック企業以外から内定を取る例

シェアする

goal

アピール出来るモノがないから内定が取れない

働きたい理由がないが無いから内定が取れない

内定が取れない状態から取れるようになるにはどうしたら良いのか?

 ESは通り、GDも通る。しかし面接になると何回やっても通らない。正直何でこんなに内定が取れないのかが分からない。いや、本当は分かっている。というのも俺には働きたいという気持ちがない。だからそれが態度に出て内定が取れないんだというのは分かってる。しかし本来仕事というのは辛いモノ。働きたいなんて言えるわけがなく、なのに他の就活生は面接ではそれが言えて、内定を取っている。彼らは一体どうやって内定を取っているのか不思議でしょうがない。

 と考えている就活生はいると思います。内定が取れない現実に悩みつつも、就活後半になると今度は大手以外の場所に志望しなければならず、中小企業の中から優良企業を見つけないといけない課題も発生します。内定が取れない問題を克服しつつも、ブラック企業以外の所から内定を取る方法について見出さないといけない。

 果たしてそうなってしまった場合、具体的にどんな事をすれば良いのか?ここでは内定が取れなくて悩んでいる学生の視点から、悩みを克服し、そしてブラック以外の所から内定を取る方法について説明したいと思います。

スポンサーリンク

何故俺は内定が取れないのか?

nayami2

「内定を取って早く就活を終わらせたい!!」

 内定が取れない理由は色々とあるのだろうが、もう自分でも何故取れないのか薄々勘付いている。そう俺は働きたくないという気持ちがあり、だから面接で答える内容にどことなく中途半端感が出ていて、結果何処からも内定が取れない状態が続いてしまっているのだろう。もう就活終盤である為、どの大手も選考が終わり、もはや中小企業を志望するしかない。なのに中小企業ならいくつか受ければ内定が出るだろうと踏んでいたのに、いまだに何処からも内定が取れない。もうとっとと就活なんか終わらせて、何処でも良いから内定が欲しい、俺はもう心底就活に関しては諦めムードだ。

 しかしそもそも何で働きたいなんて気持ちが起こるんだ?内定が取れない人間の言い訳かもしれないが、仕事というのは本来辛いモノ。なのに就活では「働きたいです」なんて言って志望動機や働ける理由について述べないといけない。はっきり言ってそんなのウソ以外あり得ないし、なのに他の就活生はそれを乗り越え、そして面接官はそんな嘘つきの可能性が高い学生に内定を出している。一体就活では何が起こっているんだ?

 だから俺は内定が取れる就活生になりたいと思っているが、もう1つ問題が起こっている。それは俺は大手より魅力に欠ける中小企業を志望しないといけない事だ。就活での失敗続きで俺はもう大手以外の所から内定を取るしかない。しかし中小企業は大手より給料が低いし、大手より情報が少ないから一体何を理由に志望し、そしてアピールすれば良いのか分からない。だからますますどうやって内定を取れば良いのか分からない状態になっている。

 いろいろグダグダになったが、要は俺がやらないといけない事は

・ 働きたいと言えるようにならないといけない

・ ブラック以外の企業を見つけないといけない

・ 自分を採用したい何かをアピールしないといけない

 この3つの課題を乗り越えないといけない。しかし思いつかない。ああ・・・誰か、この状況から抜け出す方法を教えてくれ。一体どうすれば内定が取れない俺が内定を取れるようになるのか?そんな打開策を誰でも良いから教えてほしい、とそんないるはずもない誰かに助けを求める状態になっていた。

内定が取れない状態から抜け出すヒント

Getout

 ただそんな沈んだ状態から抜け出すチャンスは意外にもすぐやってきた。

 俺が落ち込んで就活を諦めかけていた時、俺の親友が内定を取ったという知らせを受け、気分転換に会いに行ったのだ。彼は俺と同じく、働きたくないの本心で、どちらかと言えば給料が高ければどこでも良いと考えている同志であった。そんな彼は俺と同じように行きあたりばったりの就活をしていて内定が取れず、あまりの苦しさから俺よりも早くギブアップしていた。しかし無い内定の状態で卒業するわけにもいかず、ブラック濃厚の企業から内定を取って就活を終えていた。だがそんな彼もしばらく休んだ後、やっぱりブラック企業で働きたくないという気持ちが強くなり、ブラックでは無い企業を模索する就活を始めたのだ。

 つまり悩んでいても何も始まらないから、一度冷静になる為にも一旦就活を止めてみるのも1つの手だと彼は言っていた。そしたらブラック企業以外の所で働きたくないと真剣に考えるようになるし、今までのような投げやりな就活方法を考え直せるようになるというらしい。

 まぁ、言っている事は分からなくはない。ただ俺の場合、一度休んで冷静に判断出来るかどうか疑わしい。どちらかと言えば何もかも嫌になって就活する気が起きず、このまま内定が取れずに卒業してしまう人間だ。だからせめてあともう一歩、成功する秘訣が欲しいと思い、俺は彼に一体どうやったらブラックだと思えない企業から内定を取る事に成功したのか?その方法を訊く事にした。

内定が取れない人がブラックでは無い企業を見つける方法

teamwork

 ブラック企業でなければどこでも良い。

 そう彼が考え出した時、ブラック企業では無い企業とはどういう所なのか調べたようだ。ブラック企業というのはサービス残業、長時間労働、福利厚生が整っていないなど社員に対する恩恵が少ない企業をイメージする。更にもっと酷い所ではパワハラや社員に無理難題を押し付け、利益は自分のところにと不当な事を考える会社もある。ただ彼はこれについて「ブラック企業というのは人件費を削減する事で儲ける会社だと思っている」と言っていた。

 言い方を変えればブラック企業は社員の給料を差し引いたり、ただ働かせたり、無理やり罰を与えて賠償金という名目で社員に払う給料を奪い取る経営をしている。その為、ブラックではない企業というのは人件費の削減で経営をしている企業では無い為、では人件費の削減以外で収益を上げる会社はどういうモノなのか調べたようだ。その結果、売れている商品を持っている企業がブラック企業では無い企業なのではと結論付けた。

 何故売れている商品を持っている企業がブラック企業の可能性が低いのか?それは売れている商品を持っていれば、人件費を削減して社員のやる気を削ぐより、その商品が売れるように社員のやる気を起こさせる経営をする可能性が高い。実際、売れる商品というのは、会社の開発力や企画力、アイデアなどがモノを言うから、社員が会社の為に何かしたいと思えるような働き方をしないといけない為、比較的ホワイトの可能性があると彼は予想した。

 だから志望先を選定する上では主力商品を紹介しているホームページを持っている企業があるかどうか調べてみたようだ。実際、就活サイトでは化粧品、キャビネット、中にはガスマスクなど1社に主力商品を言えるモノを紹介しているところも多くあり、彼はその企業を中心に志望する事にしたのだ。

 なるほど確かにそれならブラックではない企業に入る可能性は低い。ただだからと言って確実ではない。会社の事を紹介している企業なんてザラにあるし、ホームページでは売れているように書かれていても、でまかせを言っている可能性もあるから、ブラックではないと否定できない。だから彼のやり方では不十分だと指摘したのだが、彼はもう1つアイデアがあるようなのだ。

 売れている商品かどうか判断する為にも彼は会社説明会の質問で「御社の商品はどんな風に支持されているのでしょうか?」とか、「御社の他社に負けない強みは何ですか?」などそういう質問を積極的にしたようなのだ。要は客のニーズについて詳しく言えたり、他の類似商品との違いが言えると、何となくそれが売れている商品なのかどうか分かるらしい。というよりありきたりな回答をしたら中々芳しくない状態と判断した方が良いらしい。

 あとは面接などで「何か質問は?」と訊かれた場合、その質問でブラックかどうか判断出来るらしい。例えば「休みの日は皆さん、どんな事をしていますか?」という質問をしてみると何故か皆の休日内容を把握していたり、色んなスポーツや旅行の話を沢山してくる。それは逆に会社が社員の休みにまで介入している可能性があり、ある意味、社員は会社から切り離して休みを取れていない可能性がある。他にも「憧れの先輩はいますか?」と質問すると、社長や役員の話しかしない場合もある。ブラック企業だと離職率が高い為、目上の先輩が直ぐに辞める事から憧れの先輩はなく、逆に長年居座っている社長や役員の話しか出てこないので、それもブラックの可能性が高いと彼は判断したようなのだ。

 ブラック企業の場合、休みが取れない、安月給、研修が酷いなどの特徴がある為、休みや、社員の生活、そして教育の大切さについて欠如している場合がある。だから面接でその手の質問をすればブラックさながらの印象が僅かながら見えてくるため、そういう雰囲気が出ない所がホワイトの可能性が高いと彼は踏み、それで選考先を絞っていったようなのだ。

 実際試してみたが、休みの質問をしたら、やたらと社員旅行や社員全員でスポーツをする話をして「どのくらいの頻度でやっているのですか?」と訊くと口を濁すか、毎月必ずやっているよ。言う会社もあった。更に商品の魅力について訊くと「お客様目線」「真摯に対応」と精神論ばかりで具体的な例を言わない。正直根性論でやっている印象が見てくる。試しに新人の研修でそれをどうやって教えているのですか?と訊くと、何故かずっと考え込んだままだったり、ウチは研修なんて無いよ。自分で何とかするしかないと言って、まぁ、正直に言ってくれるけど、正直怪しい印象がある。

 主力商品があるか、ブラックに触れる質問を面接でしてみるなど、彼はこの手の方法でブラックではない企業を見つけていったようなのだ。実際、俺も売れていそうな商品を持っている企業を中心に志望し、面接でその手の質問をすると、「客がどんな風な仕事や生活をしているから自分達の商品はそれを支えられて売れる」と自信を持って応えたり、研修では取引先の仕事について勉強もさせていると客のニーズに応える為の研修をしている企業もあった。俺は出来る限り、そういう返答をする企業を志望し、内定が取れるように頑張る事にした。

内定が取れない就活生の志望動機の作り方

puzzle2

 こういう就活ノウハウを訊くと以前と比べてやる気が出てくる。ただ俺の場合「働きたい理由」が言えない為、いつまで経っても内定が取れない。正直なところ俺は未だに働きたくないと思っている市、出来る事ならこのまま働かず、呑気に過ごしていきたいと思っている。だから面接で「どうしてウチを志望したの?」と訊かれても、あからさまな回答しか出来ないからその辺をどう乗り越えるかが課題だ。その事を俺は彼に訊いてみたのだが、面接官が採用したいと思える志望動機の作り方について教えると言ってくれた。

 そもそも人が働く理由というのは大きく分けて3つある。1つは金の為、2つ目は家族の為、そして3つ目は人を喜ばせる為に働く事だ。ビジネスというのは確かにお金目的ではあるけれど、根本的な部分として、自分が欲しい、または役に立ったから感謝の気持ちとしてお金を払う互恵関係が存在する。だからさっき言った3つ目の動機のように人を喜ばせて、それで喜んだ人はお礼として金を貰う、そんな事が出来るかどうかを面接官は見てくる。

 まぁ、つまり俺の本心がどうであれ、それを抑えて、仕事で結果を出せればそれで良いというわけだ。だから建前として「私はこんな事ができる人になってみたいです」と言い、では具体的に入社後、どんな風に結果を出そうとしているのか?そんな言い回しが出来るかどうかが内定が取れるかどうかの焦点となってくる。

 なるほど!と思いつつも、それってかなり難しい事なんじゃないのか?と思ってしまう。というのも「私はこんな事が出来るようになりたい」なんてまるで志望先の仕事についてある程度心得ているみたいじゃないか。そう言って次の質問で「では具体的にどんな風に」なんて訊かれたら、俺の場合、仕事の詳細について言えず、面接官への失望を買い、内定が取れない、そんなパターンが出来てしまう。だから内定を取る為には「ではどんな風に?」と訊かれて、具体的に述べられるようにならないといけない。

 彼はその辺についても色々調べたらしい。例えばIT業界であれば、プログラムを駆使して仕事の負担を減らす何かを開発してみたいだったり、食品業界であれば健康や栄養、アレルギーなど食で生活をサポート出来るようになりたいなど、各業界ごとの特徴をもとに言い方を変えていた。しかしそれをどうやって身に着けたのか?俺はそれが知りたいのだ!と彼に言った。すると彼はその手の業界の資格について調べてみるとイメージしやすいと言ってくれた。というのも資格にはその手の業界に特化した資格があり、何故それを学ぶのかを、資格の本の序盤の方に書かれている場合が多い。彼が言った先のIT業界や食品業界の志望動機の内容はその資格の本に書かれていた内容をそのまま引用したらしく、実際、俺が本屋をのぞくと、その手の言い方が書かれている本がたくさんあり「これは使える」と思った。

 彼は更に信ぴょう性を上げるため、「そんな風に働いていた人が身近にいたのでそんな人になってみたい」と言って、志望するきっかけについて語ったようなのだ。面接では「どうしてウチの会社に志望したの?」と訊かれても、大手の就職に失敗したからなのが本音だし、中小企業となれば、会社で選らんだのではなく、仕事で選んだ言い方をした方が無難だ。だから一番無難な言い方として「憧れている人がいる」そして「だからそんな人のようになってみたい」と言って、「だからその仕事が出来る御社を志望した」と言うのが一番安全だと分かり、実際に色々な言い回しをネットや本屋で調べる事にした。

内定が取れない就活生の面接突破法

onhand

 とまぁ、彼は志望動機の作り方について色々アドバイスしてくれただが、俺にはまだ不安要素が残っていた。それは面接でどんな風に話せば良いのか分からないという問題だ。

 確かに志望動機であれば、その手の言い回しをすれば何とかなるのだろう?しかしそれ以外の質問や、志望動機について訊かれなかった場合、どうすれば良いのか分からない。というのも俺は学生時代、大した事をしていない。さえない話をして、面接官に「で?」と思わせるような話しか出来なくて、だからいつまで経っても内定が取れない状態が続くお決まりのパターンを俺は盛っていた。だから内定を取る為にも面接の15分から30分もの時間を潰せるような夢中になりつつ、かつ評価されるような話し方を見出さないといけない。俺は試しにどんな方法があるのかを彼に訊いてみた。

 すると彼は面接で盛り上がり、かつ評価される話をする為には仕事が出来そうな雰囲気を感じさせるネタを言うのを用意した方が良いと言ってくれた。というのも面接官というのは「この子はちゃんとウチで働いてくれるのだろうか?」と仕事ができるのかどうかを心配している。ならちゃんと仕事が出来る雰囲気というモノを感じさせる話をすれば向こうは安心するし、学生時代に大した事をしていない人でも何とか乗り越える事が出来る。

 彼の場合、取引先との交渉ごとや、売れる商品の話、そして会社の同僚との付き合い方について面接で話し、印象を良くしていたそうだ。例えば彼がアルバイトをやっていた時、店長から伝授されたと言って、取引しようとする人の中には自分の商品を選んでもらう為にライバルより安い値段で取引しようとする人がいる。確かに値段が安い分にこちらにとって見ては魅力的だが、そういうのは長続きしない。何故なら値段を安くした分、利益は稼げないし、そうなってくると売上が下がってくるから、経営に支障が出る。そうなってくると生き残る為に安価な部品に代えたり、また不当な方法で入手したりして不良品が出て、自分達のお客さんに迷惑をかけたり、その商品を使っている店として風評被害に巻き込まれたりするから、値段が安いだけでは取引してくれない所が増えている。

 逆に言えば、それは自分達にも同じ事が言え、値段を安くする交渉だけでなく、高くても取引したいと思わせる提案が出来るようなビジネスマンにならないといけない。それが例えば労働時間の短縮に繋がったり、ミスの発生率が減ったり、また客先のビジネスに新しい客が来るチャンスを増やしそうなど、そんな付加価値について説明出来るようにならないといけない。

 彼はバイト先の店長がそんな事を言っていた事にして、面接で入社後どんな風に働いてみたいのか?と問われた質問が来た場合「お客様の仕事に食い込むような提案が出来るようになりたいですね。何故なら・・・値引き交渉だと最終的にこうなって・・・だから私は将来お客様にとって魅力的な提案が出来る人になりたいのです」と言って面接を乗り越えたらしい。

 彼はそんな一例を俺に紹介した後、「もし自分にアピール出来る経験が無い場合、将来こんな風に働いてみたいと将来の話をした方が違和感がない」と言ってくれた。

 この手の交渉ごとについての豆知識の披露もあるけど、交渉以外でもクレームの対処法や、同僚との付き合い方など、仕事をする上で欠かせない事が多くある。その手に関して新人はどうすれば良いのか?その辺の豆知識を言えると面接官は安心し、内定が取れる確率があがる。新人の中には取引先に対し「これは売れます」「これは便利です」と売り文句以上の事をしなかったり、自信をなくして辞めてしまったりする人もいる。そういうワンパターンな発想ではなく、結果を出す為に何をしないといけないのか?その辺を理解している学生が就活では重宝される。

 よく考えれば俺はいつも会社はブラックとか働き方について批判しているけど、会社に入社したら今度は批判される側に回ってしまう。将来の俺は過去の俺を説得させる為にどんな事をしないといけないのか?そんな事を真剣に考えないといけない。

 その点に関し、俺は及第点だったのかは知らないが、その時の面接は無事通り、何とか事を終えた。そして肝心の志望動機だが、「仕事だけでなく家庭を支えられるようになりたい」と自分でも大丈夫かという事を言っていたが、実際に高圧的に言ってきた面接官もいた為、商品開発に力を入れているのに、仕事中心の企業がどういうモノなのか判別できる良いきっかけになった。

 ただやっぱり志望動機を訊いてこない事が良い為、それに賭けた方が良いと思われる。志望動機を聞く確率を極力下げる為、最初の質問で学生時代、または自己PRに関する事を訊かれたら、その話だけで乗り越えるような話し方を用意した良く、その方法で面接を徐々に乗り越えていった。

 結果的に10社ほど受けてやっと内定を獲得し、やっとブラック企業では無い企業から内定を取る事に成功したのだ。

内定が取れない場合、何から始めれば良いのか?

avoidobstacle

 そんなこんなでやっと内定を獲得した俺だが、実際は上のように順風満帆に上手くいったわけではない。親友から聞いたアイデアを真似して就活に臨んでも2,3社目は上手くいかず内定が取れないと落ち込み、2日ほど就活をしなかった。しかし親友が内定を取ったの理由の1つにブラック企業に入りたくないという気持ちがあり、既にブラック企業から内定を取っていた事で、その恐怖が辛い就活でもやるしかないと後押ししてくれた。

 ただパチンコ、介護、飲食などそんな業界に志望するのもありだが、内定直結型就活イベント などに参加し、直ぐに内定が取れなそうなイベントに参加するのも良いかもしれない。実際に参加すると意外と早く内定が出るモノだ。怖いくらいに・・・その為、気持ちを改める上でも内定を持っている事は意外と効果を発揮する。

 更には内定がない場合、親から未だに内定が取れていない事を責められ、内定があるのと無いのとではその責め苦による苦痛は大きく異なってくる。ブラックだろうと直ぐに内定を取る事を目標に力を入れて、冷静に判断出来る環境を作った方が良い。

スポンサーリンク

シェアする