医療機器を販売する人の話

シェアする

医療機器メーカーの仕事

自社製品を医療法人に販売する上で行っている事を教えて下さい。

弊社の場合は自社で製造している医療機器を医療法人などの医療機関に対して提案し販売する業務を行っています。
医療機関には様々な領域があり「医療」といっても範囲は非常に多種多様にあります。
弊社では主に心臓血管外科や循環器内科などの領域に関わる製品を開発、製造しております。
また、必要に応じて手術現場に立ち会いを行うことも多くあります。
医療機関は1つの大きな組織ですので、事務方や現場の医師等の医療従事者の対して医療機器の提案を各々に行っています。

入社してから新人が行っている仕事内容について教えて下さい。

新人の社員に対しては会社としては先ず製品に関する知識と医療における基本的な知識を学んでもらっています。
弊社で扱う領域のみならず医療全般における知識や医療機関の仕組みについて研修や現場での実習などを行っています。
医療機関には様々なセクションがあり、弊社の業務が医療機関という組織においてどのような役割を担っているのかを知ることを実地の研修で行っていきます。
そして、新人が配属される役割に応じた個別の研修や指導を行っています。

新人が将来行う仕事について教えて下さい。

新人は先ず先輩の社員と共に行動することで業務な流れを把握していきます。
新人が新規の顧客開拓をすることはありません。
先ずは既存の顧客に対して随意的に納入が決まっている製品の納品や製品の説明、アフターフォローなどの一連の流れを経験してもらいます。
そういった業務を繰り返し行っていくことで、顧客である医療機関の組織体制や購買を決定するまでのプロセスを知っていきます。
こういった業務全般の流れを把握するには1、2年は時間が必要です。
そして経験を積んだら新規の顧客開拓などの提案営業や代理店との連携やフォローなどの業務を行うようになっていきます。

上記の話を踏まえますと、医療機器を販売する仕事は

    • 医療と製品知識を習得し、医師だけなく、事務方の人にも説明出来る様にする。

    • 当初は製品の説明やアフターフォローを行い、各業務において繰り返し覚えていく。

    • 1,2年後には新規開拓も行い、提案営業や代理店と連携して業務を行っていく。

この仕事内容から難しい医学知識を覚えるスキルだけなく、それを説明出来る程にまで成長しないといけません。勉学におけるスキルも求められ、恐らく面接では、

    • 難しい学問をこの子はどうやって覚えるのか?

    • 色んな人達と仲良くコミュニケーションが取れるか?

    • 製品開発や新規開拓など新しい事に挑戦する器量はあるのか?

に関する質問が出てくる可能性があります。

即日内定イベント MeetsCompany

スポンサーリンク

シェアする