文系なのにIT企業から採用され、働けるようになる就活生ってどんな人?

シェアする

「どうしてIT企業は文系の人も募集するの?」

「IT未経験の文系出身者でも仕事が務まるの?」

「文系の人でもプログラムを身に着け、働けるようになるの?」

 IT業界と言えば理数系の人たちが働いているイメージがありますが、就職活動をしているとIT企業のほとんどが理系だけでなく文系の人にも募集をかけている事を知り「IT企業って文系の人でも働ける事ができるの?」と思ってしまうかもしれません。

 実際、試しに会社説明会に参加してみると、人事担当者に「文系である自分たちがIT業界で働ける事はできるのでしょうか?」と質問しても、「はい、可能です。実際のところ、文系出身者のほとんどがITの現場で働いており、実績を出しております。だから皆さんも現場でITの勉強しながら進めていけばきっと出来ると思っております。」と答えており、実績があるとは言え、なぜ文系の人がIT業界で働けるのか不思議に思うかもしれません。

 その為、ここでは本当に自分たち文系出身者がIT業界で働けることができるのか?実際に文系出身でIT業界を志望している後輩就活生と、文系で現在IT業界で働いている先輩社員の2人の会話形式で、文系でもIT企業で働ける理由について説明したいと思います。

スポンサーリンク

なぜIT企業は理系ではなく、文系の人も採用するのか?

 先輩、お久しぶりです。実は今、就職活動をしているのですが、IT業界の募集要項を見てみると、文系の人でも参加可となっていたので、ちょっと興味本位で行ってみようと思っているます。ただなぜIT企業は文系の人も採用しているのか?不思議で一杯です。だってITって数学系の知識が求められるのでしょう?だったら数学的センスが高そうな理系の人達を中心に採用すれば良いのと思うのですが、なぜ文系の人も採用するのでしょうか?

 理系、文系、とお前は言っているが、はっきり言って理系出身の人達を採用しても、正直文系とあまり大差ない働き方をすると思っている。というのも理系出身者というのは、工業系、電子系、薬品系、医療系など数学というより科学系のスキルを中心に学んでいる。しかしIT業界が求める内容というのはそんな科学系のスキルというよりも、プログラムを実際に組んだ事がある経験になる。つまり理系の人達でもあまり習った事がない部分になるから、正直なところ、理系の人を採用しても文系の人と同様にプログラムの研修を組んだり、現場で身に着けたりするのだから、文系とあまり大差ないって事になるだろ?

 しかし先輩、プログラムの文面をテレビなどでチラッと見たのですが、英語やら数式やら沢山並んでいて、正直、理系の専門学校に通っている人達が学ぶ内容と重なるのでは?と思っています。つまり仮に理系の人達がITに関して詳しくなくても、採用してから成長するのでは?と思うので、やっぱり文系より理系の方が有利であり、文系の居場所がなくなるみたいな事なんてないのでしょうか?

 確かに数学的センスというのであれば理系の方が圧倒的に強いだろう。しかし実際にIT現場で働いた事がある俺から言わせればITで求められる数学的センスは四則演算、比較演算、連立方程式など、ん?分からない?要は「+-×÷」「=><」などもうこれが分かれば十分にプログラムに必要な処理をイメージする事が出来る。お前は恐らくIT業界ではsin、con、tanなど難しい数学記号や、微分積分などを現場で求められると思っているかもしれないが、実際は中学高校で習うような簡単な数学レベルを持っていれば十分なんだ。

 先輩、正直先輩の話が信じられません。だってテレビなどで

 こんな訳の分からない英単語を並べて、恐らく何かしらの処理をしているのでしょ?正直これを見る限り、とても中高で習うような数式レベルだけで十分とはとても信じられないのですが?

 じゃあ、この下の問題分かる?

 X = 10

 Y = 20

 Z = X + Y  ※Zの値は?

 先輩、バカにしないでください。これは中学で習う連立方程式、言わば代入問題です。言わばXが10で、Yが20なんですから、Zは10足す20で30。「30」になります。

 その通りだ。では今度はこの問題は分かるか?

 X = 田中太郎

 Y = 様、ご登録ありがとうございました。

 Z = X + Y  ※Zの値は?

 ・・・もしかして「田中太郎様、ご登録ありがとうございました。」ですか?

 その通りだ。今ので分かったかもしれないが、ITシステムにおいては文章や数値の組み合わせの設定を中心に行ったりする。例えばお前が今就職活動で使っている就職サイトについては名前だけでなく、住所やメール、そして電話番号なども登録する。そうする事でそのシステムの裏では、登録した住所を組み込んで、会社説明会の案内や結果内容を送付したりする。要は当てはめる設定を中心に行っていくんだ。

 あと沢山英語があると言っている件だけど

 Name = 田中太郎

 Sentence = 様、ご登録ありがとうございました。

 Message = Name + Sentence

 などさっきのX、Y、ZをName、Sentence、Messageの文言を変えただけで、この名前というのは自分で好きに変えられるんだ。だから沢山英単語があるけれど、結局のところ、中高で覚えるような英単語さえ理解していれば大丈夫だし、働きながら覚えていけば良いわけだから、まぁ、何とかなるだろうな。

 具体的な処理の仕方について今は割愛させてもらうが、要はそんな単純な数式レベル程度であれば理系の人達からすれば「もっと研究に専念したい」など不満を漏らし、もっと難易度の高い、例えば病気の原因究明や、宇宙の誕生の秘密、そしてロボットの組み立て系の開発に力を入れる事を目指すだろう。そしてそういう理系の人達以外にもIT現場ではプログラムを組む以外にシステム開発を依頼している取引先が満足いくシステムを作る必要がある。つまり相手のニーズをくみ取れるコミュニケーション能力も求められるから、まぁ、これは理系というより文系向きの仕事かもしれないし、だから文系も必要とされる職場なのではと思っている。

 とまぁ、そういうわけだから、人事担当者から言わせれば、「必要なのは中高の数学レベル程度。まぁ、プログラムは英語で書くけど、これも中高で習うような簡単な英語が大半だし、別に話せる必要はない。大学生レベルであれば、必要な数学レベルは持っているだろうし、英語の件も現場でたたき上げれば、半年程度で覚えるだろう」とそう考えるわけだ。

 まぁ、今はビッグデータや、税務、経理、経営分析など難しい数学知識もシステムで求められるけど、正直そういう分野に関しては会社がその手の専門家を雇えば良いわけだし、仮にお前がその現場で働く事になっても「君!、このシステムが、このようにちゃんと正しく動くかどうかテストして」など、中身を知らずとも渡された資料を基にシステムを動かして、その内容を写し取る作業を中心にするだろうから、そんな専門的な知識は必要とされない。

 だからそんな高い知識が求められる事はないし、始めのうちは既存のシステム、俺の場合、保険の保険金の算出金額の処理についてのシステム開発チームに入ったんだけど、俺達が普通に入っている保険がどんな風に計算処理されて、そして消費税増税や、法改正に伴う修正をどうすれば良いのか?既存のプログラムを見ながら判断出来るようになるから、まぁ、教科書身ながらやっていいわだし、他人の書いたプログラムを見るのも良いし、いや、むしろそうやって身につけろというのが答えだから、まぁ、仮にお前が滅茶苦茶バカだったとしてもテストで教科書と他人の書いたモノを見ながらやって良いという風になれば良い点は取れるだろうし、大学卒業出来る実力があるのなら、文系でも十分に働ける職業だと思うぞ。

IT業界の知識は文系でも覚えられるのか?

 先輩、先輩のお話のおかげでIT業界は難しい数学レベルを求めていないというのは何となく分かりましたが、たださっきの話だと、もしITスキルに向いていない性格だったら、私はずっと下働きで、使えない人材として将来捨てられる可能性だってありますよ。やっぱり文系の自分がIT業界に向いているかどうか?その辺を見極められるようになりたいのですが?

 ではこれから仮に簡単な就活サイトの1画面を作ってみるとしよう。まず下のを見てくれ、

登録画面

名前:
電話番号:
メールアドレス:
文理: 文系 理系
志望業界: メーカー IT 金融
 

 上記の「名前」「電話番号」「メールアドレス」のように文字を入れたり、「文理」のようにどちらか選択したり、「志望業界」のように✔を入れたり、また最後の部分では「送信」「リセット」などボタンが押せるようになっている。上のは試作品でリセットボタンは機能するけど、送信ボタンを押してもこの画面に戻ってくるだけだから、押さないでね。

 んで、この「名前」「電話番号」「メールアドレス」など文字を入力する部分についてなんだけど下のように書いている。

input type="text" name="name" placeholder="田中太郎"
input type="text" name="telnum" placeholder="080-1234-5678"
input type="text" name="mail" placeholder="xxxx@mail.com"

 一体何をやっているんだ?なんて思うかもしれないが、実は上の田中太郎やメールアドレスを記載するこの白い入力部分をテキストボックスって言うんだけど、上の赤い「input type=”text”」と入れる事で出てくるようになっている。

 

 まぁ、簡単に言えば

input type="text"

 と入れれば、

と上記のように打ち込める白いボックスが出てくる。

そして他の

name="" placeholder=""

の「name」「placeholder」の部分についてだけど、仮に赤くしている「placeholder=””」の部分を下記のように「placeholder=”田中太郎”」とすると

name="" placeholder="田中太郎"

と薄ら文字で田中太郎と出てきただろ。

このようにプログラムの中には上記のように自動的に入力するボックスを表示してくれたり、そしてそれに対して、長さや初期に表示する文字など決める事ができ、IT業界ではこの手の要素を沢山書いていって、必要な処理内容を作り上げていくんだ。

 ほほう、なるほど先輩、何となくですが、IT業界ではどうやって画面を作っているのか分かりました。では先輩、最後の「name」ってなんですか?

 それがIT業界の主要部分。このnameが分かっていないとデータの受け渡しが出来ないし、そしてプログラムを作る事もままならないだろう。そこで分かりやすいように下記のような文系か理系かを選ぶラジオボタンを用意した。

文系 理系

んで上記のプログラム文は以下のようになっている。

input type="radio" name="gakumon" value="文系" 文系
input type="radio" name="gakumon" value="理系" 理系

 まぁ、見て分かるように「文系」「理系」どちらかを選ぶラジオボタンになっているのだけれど、ではどうやって「文系」「理系」の判断をコンピューターはしているのか?

 緑のvalueを見てほしいんだけど、これにも「文系」「理系」と書いていて、そして赤のnameを見てみると「gakumon」(学問)と書いてあるだろ。実はこれは分かりやすく書くとこういう意味なんだ。

 Name = 田中太郎

 Sentence = の学問は

 Message = Name + Sentence + gakumon

 つまりnameでプログラム上の変数を指定して、そしてvalueの値で変数の値を入れる方法を取っているんだ。仮に下記のように「文系」の部分に点をつけた状態にすると

文系 理系
name="gakumon" value="文系"

 この「gakumon」の変数にvalueの「文系」が代入され、

 Name = 田中太郎

 Sentence = の学問は

 Message = Name + Sentence + gakumon

 ※Messageの値は「田中太郎の学問は文系」

 という事になる。

 なるほど、つまりnameが変数を指定して、そしてその中の値をvalueで決める事をコンピューター上でしているんですね。

 その通りだ。とまぁ、今回は画面上の値をどのように処理しているのかについて話したけど、IT業界には他にもループや、メソッド、インターフェース等などテキストボックスやラジオボタン以外のオブジェクト処理について知らないといけないし、またデータベースの出し入れの仕方や、セキュリティーの対策、そしてこの手のプログラムを動かすのにどんな環境設定をしないといけないのかなど様々な覚える事がある。ただ今の話をある程度理解できたのであれば、そんなに使えない人材とまでにはいかないだろうし、恐らく現場で鍛え上げれば理解出来るようになると思うぞ。

文系の人がIT業界でアピールするべき内容とは?

 先輩、ありがとうございます。これでなんとなくですが、どんな風にIT業界では仕事をするのか見えてきたので、それを踏まえて今後就職活動を行いたいと思います。ただ正直IT業界に就職したい場合どんなことをアピールすればいいのかまだわかりません。ですので出来るのであればどのようにアピールすれば文系でもIT業界に入りやすくなるのか?その点について教えていただけないでしょうか?

 もしIT業界を志望したいのであれば、まず志望先が作っているシステムがどういうシステムなのか、志望先の得意分野について詳しく知るべきだ。就活生の中には面接で、「自分のホームページを作りたい」などと言って、志望動機をアピールする人がいるけど、はっきりって自分のホームページを作るなんて、独学で半年程度で作ることも十分可能だから、半年程度の努力で叶う夢を面接で語られても面接官は関心を抱かないし、それどころか今の時代、AIによってホームページすらコンピューターで作れるようになっているわけだから、ホームページを作るだけの志望動機なんて、ウチらの間ではそれを死亡動機と言って、絶対に受からない志望動機と言われているんだぞ。

 仮にホームページの技術を身に着けたいのなら、ウェブデザイン系の仕事を扱っているIT企業がいいと思っている。しかし世の中にはそういうホームページを作るだけではなく、例えばゲーム業界だとキャラクターを動かしたり、実際にグラフィックを動かす画像操作処理系の専門会社があったりする。他にも銀行のような金融業界だと1億人規模のデータを扱うようになるから、大量データを処理するデータベースや情報流出を抑えるセキュリティ関連を専門に扱うIT企業もある。だから志望先のIT企業の得意分野を調べず、「ホームページを作りたい」なんてウェブデザイン系以外のIT企業に言えば、「この子は全然ウチの仕事について分かっていない」と思われるから、IT業界を志望するのであれば、自分がこれから志望するIT企業がどんなIT企業なのかを事前に調べておくべきだと思っている。

 他にも志望先のIT業界がどういう取引先と業務を組んでいるかについても心得ておく必要がある。例えば志望先のIT企業の提携先が銀行であれば、銀行業務を中心とした理解力も必要になってくる。金融系以外にも公務員系の公共施設、例えば市役所、学校、病院となってくれば生活保護支給、学費、医療費などの業務理解力も必要になってくるわけだから、入社後に学ぶ知識が大きく変わってくるし、興味がないと恐らくやっていけないだろう。だから志望先を選定する上でも、自分が学んできた、または自分の興味のある業務分野に絞って、志望先を決めていくのも重要になってくる。

 仮にお前の出身学部が経済学部であれば、公共施設の行政関連系の事務処理システムを専門に扱う企業が向いているかもしれないし、金融業界の金融システムの開発を担っている企業も良いかもしれない。また経営学部出身であれば、業務効率化を図るシステム開発もいいかもしれないし、法律だったら税、医療も良いかもしれない。結局のところ、今まで自分が踏んできた経歴によって志望先のIT企業を決める方法とったほうがいいと思っているから、IT企業を選別する上で自分の経歴と照らし合わせて選別するのも良いぞ。

 あと他にアピールするべき点と言えばパソコンが使えるかどうかも1つの判断基準にもなるだろう。例えばキーボードを見ないですらすらと打てるブラインドタッチができるかどうか、さらに自分1人で動かせるパソコンを持っているかどうか、もし親と共有しているのであれば自分1人でパソコンを動かしてそしてさっき学んだプログラムについての動作確認もしづらいだろうし、やはり自分個人で所有しているパソコンがあるかどうかも1つの売りだと思っているよ。

 まぁ、色々と難しい事を言ったかもしれないが、1番確実な方法としては実際に自分でプログラムでゲームや、またはホームページなどを作成して「自分はこういうものを作ったことがあります」と面接で実物を見せるのが1番だな。俺がさっき話したHTMLの知識の勉強に関してはYouTubeなどで「HTML 初心者」など入れればそれなりの解説動画が出てきてくれるし、自分1人でIT技術を身につける事は可能だ。実際に俺はそれで簡単なゲームも作ったし、どうやってそれを画面上に載せれば良いのか、その辺の知識がある事を見せて、何とかしたよ。

 IT業界で必要な知識はHTMLだけではない。ホームページの画面のプログラムを組んでも、今度はそれをどうやってネット上に上げて、そして表示させれば良いのか?環境設定の知識も必要になってくる。またJavaなどの画面を動かすプログラムについては、どんなテキストツールに書き、どのツールをどのように取得し、そしてどのように設定すれば良いのか?その辺の知識も求められるようになってくる。

 まぁ、実際に動かした経験がなくても、せめて動画を見て、どのようにHTMLを組み立てて、そしてネット上にアップロードすれば良いのか?その辺の知識は知っておくべきだろう。またITにはそんなHTMLだけでなく、実際に画面の数字や文字を修正する為にはJavaやC言語などの知識が必要になってくるから、その辺の動きも事前に見ておいた方が良いし、データベースのデータを取ってくる際も、SQLというプログラミング言語が必要となってくるから、そういうプログラミング言語がある事も心得ておいた方が良い。

 最初は大変かもしれないが、ITというのは同じ業種であれば、似たような作りになっている事が多いからIT知識の経験を併用する事が出来る。つまり金融系のシステムの作りを一度把握すると、他の金融システムも似たような作りになっている事が多いから、その手の分野から頼られるようになる。

 他にも今後潰れない職業としてITも含まれているのも1つの魅力だ。昔であれば税理士も絶対に潰れない職業だと言われていたけど、納税のような難しい計算をコンピューターが代わりに受けようになってしまったから、税理士は今、ただ単純に計算出来るだけでなく、その計算処理を把握した上で、如何に納税額を少なくする事が出来るのか、コンピューターが考える事が出来ない提案型の営業にシフトしなければいけないなど潰れない職業とは言えなくなっている。銀行業務も今やクラウドファンディングやビットコインの登場によって銀行を通さずともお金を使う事が出来る時代になっているわけだから、銀行も潰れるかもしれない時代となっていて、ITは様々な職業を奪う事にもなるし、逆に言えば、IT分野が今後様々な業界に進出する事になりえるから身に着けておいた方が良い職業と言える。

 だからプログラムの知識は今後生きていく上で重要な知識になると思っているし、理解力が上がれば様々な業界の仕事を垣間見えるようになるから、社会の動きについても把握する事が出来るようになるし、自分で実際に作る事だって出来るかもしれない。それ故、まぁ、もし時間的に余裕があるのなら、自分の家でプログラムなどをいじって、実際に何か作成するなど経験を積んでおいた方が良いぞ。

スポンサーリンク

シェアする