「就活中にバイトを両立する方法」を大手内定者に相談する就活生

シェアする

「金が無いから就活中にバイトをしないといけない」

「就活中のバイトを辞める事が出来ない」

「就活とバイトを両立する方法とは?」

 就活中にバイトをしても大丈夫なのだろうか?と就活する上で必要な金を稼ぐために就活中であるにもかかわらずバイトを続けたいと考える人は大勢いると思います。

 しかしその手の話題となるとブラックバイトに捕まり、辞めさせてくれない、休ませてくれない、勝手にシフトを入れられるなど就活に悪影響を及ぼし、バイトが原因で就活に失敗する話をよく聞きます。

 ただだからと言ってバイトをしないと今度は就活をする上で必要な資金を稼げず、結局悪い結果に終わってしまう場合もある為、この板挟みの状態をどのように乗り切れば良いのか?と考える人は大勢いると思います。

 ここでは実際に就活中にバイトをして大手から内定を取った就活生と、その後輩でこれから就活をする就活生2人の会話形式で就活中にバイトを両立させるコツについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

就活中にバイトをするのが大変な理由

 先輩、今年から就職活動を始めるのですが、お金がないので就活中もバイトをしないといけないと思います。てっきり就活中でもバイトは出来るかなと思っていたのですが、ネットで検索してみると「就活とバイトの両立はキツイ」という内容が多くてびっくりしています。そんなに就活中にバイトをする事は大変な事なのでしょうか?

 確かに大変だろうな。俺の知る限り、就活中にバイトをする事が出来ず、結局大手の選考を諦め、入りやすい企業に就職した話をよく聞いたよ。就活というのはお金がかかるし、バイトだけでなく、講義にも出席しないといけないから、就活中にバイトをする事は就活とバイトと学業の3つを両立させると言っても過言ではない。

 でも先輩、確かにいきなり3つの事を同時並行で行うのは大変かと思いますが、例えば朝の早い時間帯、新聞配達や駅員のバイトをして就活と講義が重ならない時間帯でバイトをするのは出来ないのでしょうか?

 確かに俺も当初、朝の早い時間帯でバイトをして就活資金を稼ごうと思ったよ。しかしな、例えば新聞配達の募集要項を見てみると、週5で、更によく見てみると朝だけでなく、夕方の時間帯も含まれている事も多いから、拘束時間が思ったより長い問題がある。実際、俺のダチも新聞配達で就活資金を稼ごうとしたけど、2時半に家を出て3時半に販売店で配達する新聞にチラシを入れる作業を1時間して、そして6時半まで配達する。いつもなら寝ている時間帯に暗い中、3時間くらい歩き回るわけだから、そいつは午前の講義では寝てしまい、更に午後からの会社説明会でも眠気に勝てず、筆記試験で落ちる。しかもそれを週5日、そして就活中だから3月から6月末まで行うとして4か月分になるから、そいつは途中でギブアップしたよ。この手の朝からのバイトをこなせる人と言えば、小中高と朝練の経験を積んできた体育会系の人くらいなのでは?と思っていて、それだけ大変な事と言っても良いかもしれないな。

 あと、早朝のバイトとしてもう1つ、駅員のバイトがあるけど、このバイトは就活の時期になると新聞配達と並行して一気に募集してくるバイトだから、競争率が高くて、就活の時期になると採用されないケースが多いんだ。俺の別のダチのケースだけど、近くの駅の早朝のバイトに応募しようとしたけど、訊かれるのは朝だけでなく、夕方からの勤務も可能か?など、朝勤務する人は十分だからそれ以上の人が欲しいという印象だったそうだ。

 先輩、そういう風に体力的に難しい、競争率が激しいから採用されづらいというは分かりましたが、でも運よく採用されて、やっているうちに慣れるという事にはありませんか?

 いや、肝心なのは就活にかける時間を如何に確保するか?それが一番難しいと俺は思っている。というのも朝の時間で稼いで、日中は講義と会社説明会、となると空いている時間は比較的夜しかない。ただ朝の時間バイトをするって事は睡眠時間もそれだけ短い。じゃあ、いつ会社にアピールする内容を考えるんだ?みたいな話になる。

 俺は当初、アピール内容なんて「御社が第一志望です。」「働きたいです。」なんて言えば良くて直ぐ終わるかと思ったけど、例えば大手の場合、多くて300人くらい採用するけど、応募してくるのは約4万人。だから誰でも言えそうな「御社が第一志望です」なんて言っても採用されないわけだから他の誰にも負けない強みというモノを見つけないといけない。その為には志望先の業務の正しい知識、そしてそこで働いていける人はどんな事をしているのかを把握した上で、その成果を上げる上で必要なスキルを自分の学生時代の経験と結びつけてアピールしなければいけない。その辺を考えるのが面倒で、実際、ネットで調べても志望先の業務について詳しい内容なんて載っていないし、仕事で成功する方法なんて人によって答えが違うし、でも面接では面接官が納得しそうな言い方をしないといけない。つまり調べないといけない事が山ほどあるから、とても短い時間で割り出せるモノではないんだ。

 だから就活とバイトを両立する上で難しいのは作業時間の確保。睡眠時間を削っても体力的にはもたないし、アピールする内容を練る時間も確保しないといけない。だから就活中にバイトをする事は時間があまりない就活生にとって更に自分の首を絞める事になるから、やむを得ないとは言え、就活で不利になると言われているんだ。

就活中にバイトをしないといけない理由

 でも先輩、確かに朝早くからバイトをする事は体力的に難しくても、土日にいっきに働いて資金を貯めるなんて方法は出来ないのでしょうか?

 確かにそうだけど、問題なのは土日のバイトだけで就活費用を稼げるか?という点だ。仮に9時から22時、昼休憩を1時間、時給1000円と考えて、12時間働いたとしよう。となると土日合わせて24000円だから、1ヶ月で96000円入るという計算になる。これだけあれば十分なのでは?と思うかもしれないが、今度は就活でかかる費用について考えたい。

 先ず就活をする為には、リクルートスーツを確保しないといけない。価格は約3万円。そして革靴も2万くらいするからこの時点で5万円の出費だ。まぁ、この辺の服の調達は安い所では安く買えるのだろうけど、問題なのは交通費だ。就活というのは1社から内定を取る為には、会社説明会、筆記試験、グループディスカッション、面接3回。つまり6回くらい会社を行き来するわけだから、志望する企業数が多ければ多いほど金がかかる。仮に合同説明会が多く開催される新宿と大手町の2つを経由する形で考えてみるけど、安い金額で約200円ほどかかる。これを6回、往復で考えると6×2×200で、2400円かかる計算だ。就活の平均志望社数は20社ほどだと言われているから、まぁ交通費だけで48000円くらいかかると考えても良いかもしれないな。

 ただ就活というのはまだお金がかかる部分がある。その内の1つが通信費だ。就活では学生とやり取りする方法としてスマホに説明会や面接の案内や、採用結果の通知をする。つまりスマホやパソコンなどの通信機器は必要不可欠な状態だ。挙句の果て、会社の中には会社説明会に参加する条件として予約した際に表示される参加通知書をコピーして持ってくる方式を取っている所もあるから、プリンターの確保まで考える必要がある。更に選考に参加する為に履歴書や成績証明書などを郵送するよう求めてくるところも多いから郵送費についても考えないといけない。

 通信費を1ヶ月5000円。コンビニなどの印刷サービスを1回50円。そして郵送費を150円と考えると20社受けるとして、5000+20(50+150)で9000円かかる。スーツ代、交通費、そしてその他経費もろとも合わせて、50000+48000+9000=107000円。10万7000円、就活でかかると考えても良いと思う。

 それを先の土日のバイト月収96000円を3月から6月末までの4か月間行った場合、38万4000円確保出来、差額の27万7000円が手元に残る。まぁ、そのくらい金額なら何とか4か月分の生活費を確保出来るだろうけど、家賃とか、地方出身となると出費がかさんで不利になるだろうし、それにこれは4か月間、ずっと土日12時間もバイトをした前提で考えているから、それが実現出来るかどうかも不安に残る。

 更にこれらはあくまでの机上の空論で、さっきも言ったけど就活とバイトを同時並行で行うとアピールする内容が練りづらくなるから、良い結果を出しづらく、20社以上の選考に参加しないといけない場合も出てくる。つまりもっとお金がかかるかもしれなくて、他の懸念材料以外にもリクルートスーツが汚れた、クリーニング代が思ったよりかかる、パソコンが壊れた、スマホが壊れたなど就活必需品の欠如の対策で想定外の出費が出る可能性だってある。もうこうなると就活そのものが出来なくなってくるから、少なからず土日のバイトをフルでやっても万全な体制で就活に臨めるわけではないという事だ。だから急な出費に関して、親や友人から金を工面させてもらえるようにするなど対策を打っておく必要があるから、まぁ、いくら金があっても足りないって事だね。

就活とバイトを両立させる人の例

 でも先輩、そんな環境の中、無事大手から内定を取ったんですよね。ですので出来れば先輩のバイト術と就活術について教えてほしいのですが、具体的にどうやったのでしょうか?

 俺がやったのは土日のバイトもしたけど、主にまかないが出るバイトを探したよ。バイトで資金を稼ぐのも良いけど、やっぱりバイトで稼げる額には限界があって、となると別の方法、つまりまかないなどで1日の食費を抑える節約方法に転じる必要がある。

 あと就活をする上で会社説明会や面接など忙しい時期にバイトを辞める方法も心得ておかないといけない。この手の場合、バイトというのは2週間から1か月前に辞める意思表示をすれば辞められるし、代わりの人員を見つけてこいと言われても無視して辞める事が出来るという話になるけど、円満な解決策として、事前にバイト先の責任者と3つの事をついて相談しておく。

1. 就活の時期が3月から6月に代わっている事

2. ESや履歴書を書く大変さを伝えておく事

3. 1か月後の予定を事前に伝えておく事

 これは俺の経験談なんだが、バイト先の別のアルバイターが「こんな忙しい時期に自分の都合で辞めても良いのか?」と突っかかってくる人がいてな。んで詳しく話した結果、バイト先の店長が就活が3月から6月の時期になっている事を知らずに採用する時期を間違えてしまったのが原因だというのが分かった。就活の時期なんて店長から言わせれば「自分には何の関係もなし事だし、飲食店の仕事となると逐一テレビを見る暇なんてないから、就活の時期が変わっているニュースなんて見た事がない」と言っていたんだ。まぁ、ブラックと言われている飲食業界の仕事ぶりを見れば毎日テレビを見るなんて難しいだろうから、見る習慣がないのは納得したけど、おかげで旧体制の12月から4月という感覚で採用したようで、俺は辞めずにずっと働いてくれるのだろうと勘違いしたらしいんだ。まぁ、こんな経験をした事からバイト先の責任者には就活が3月から6月に代わっている事を知っているかどうかを確認しておく。

 またもう1つ必要な事だけど、店長の中には「ESや履歴書なんて帰ってからやればいいじゃないか」と言ってくる人がいる。さっきも言ったけど採用されるESを書く為には、自分が他の人より何が優れているのかを考えないといけないし、何故自分が御社で働く事が出来るのか?その辺について考えないといけない。だからこんな事を言ってきた店長には

「では店長、明日までに自分が大手で働ける理由を考えてきてください」

「そして自分が何故大手で働きたいのか?その辺の理由について考えてきてください。」

「そして、自分の経験がどのように志望先の業務に役立つのか?その辺を書いてみてください。それらがあれば私もそれを参考に今日中に終わらせる事が出来ますから」

 と言って如何にESと履歴書を書くのが大変かを伝えたよ。だって大手で成果を上げるコツなんて常人の人では考えられないからな。このように会社説明会、講義、バイト以外の時間でESを書くのがどれだけ難しい事なのか?その辺が伝わるような言い方をしないといけない。

 ただこれらの2つは結局のところ、こちらの都合を優先しろと言っているようなものだから、こちらの要望を通す為にも通りやすいように対策を打っておく必要がある。その方法は効果的な方法はないけれど、1か月後、どうなっているのかを出来る限り説明しておく。

 当たり前だがお前は人員採用などした事がないから分からないと思うけど、大抵店舗が人を採用する為には1ヶ月ほどかかるとされている。その内訳は、先ず最初の1週間はリクルートに広告掲載の手続きを取る事から始める。大抵、求人広告を作る為には1週間、時給、採用人数、福利厚生などを決めて、その内容を広告代理店が代筆して週明けに掲載する方法になっている。そして2週目は求人が載り、その後、来た応募者に対し、面接を行い、多分3週目に来てもらう事になるんだろうな。そして1週間の研修を受け、本採用という事になる。

 ただこの求人掲載というのは採用して20万円ではなく、1週間掲載して20万という事になるから、広告を1週間掲載しても誰も応募が来なかったら20万円の損という事になる。だから出来る限り何時バイトとして出られなくなるのか?その辺の期間をはっきりしておく必要があるから、せめて日中の時間を採用する求人広告を出すべきなのでは?と1か月前に店長が考えられるよう配慮しておく必要がある。

 このように融通の利くバイト先というのは色々と条件が大変なんだけど、有力なバイト先の候補としては先輩が就活中に利用した事があるバイト先が良い。というのも一度就活生をバイトとして雇った事があれば、どの時期にどんな行事があるのか心得ているから、何時人員が減るのかある程度見越せてるから、事前に人員を採用する事が出来る。今はブラックバイトなどと言われ、就活する上で苦労すると言われているけど、以前は10月から就活が始まり、4月ごろに内定が出る仕組みになっていたけど、今では3月解禁、6月に内定が出る仕組みになっているから、時期的にずれてその対応が遅れたのが「就活生だけど辞めないでくれ」って言われる原因なのではないか?とバイト先の店長から訊かれた事がある。

 前体制の就活では主に就活生は2月~5月にバイトを辞めたいと申し出る事になっていた。しかしそれが3月~6月に変わり、昔なら育児を終えた主婦層を中心に採用できたけど、時期的にずれてしまい、本来辞めない時期に辞めると言い出す学生が増えたから、どのように採用する人を増やせば良いのかと迷った話があった。まぁ、何が言いたいかというとバイト先として有力なのはそんな時期的な変化があったにもかかわらず、再び大学4年生の人を採用する所こそが就活生でも店舗を経営出来る方法を心得ているバイト先であり、つまり昨年先輩などがバイトとしてやっていた所が一番の働きやすいバイト先と言えるんだ。

 だからこそ就活中にバイトを成功させる方法として就活仲間を組む事も必要になってくる。先のバイト先を見つけるという意味でもそうだけど、就活では他にもESや履歴書を書いたり、講義にも出席しないといけない。だから俺の場合、就活仲間と一緒に時間の空いているモノはESや履歴書の代筆、講義に代わりに出席してノートや資料、そして出席を取ってもらう事もしてもらったよ。後は就活情報の共有、例えば自動車業界なら彼が、金融業界なら彼が、など各業界ごとに役割を決めて、どんな風に選考が進むのか?その辺について情報共有したね。

 先輩、確かにそれも良いと思いますが、ウチの周りにはそんな俺の役に立ちそうな頭の良い仲間なんていないと思いますので、正直そのアドバイスは空振りに終わっちゃうと思います。ですので先輩は具体的にどんな”就活を攻略する情報”を手に入れたのですか?その辺について教えて下さい。

 俺の場合は大手ビールメーカーから内定を取ったけど、具体的な内容については、

居酒屋のアルバイト経験を自己PRにして面接に受かる就活生
「学生時代に頑張った事が居酒屋のアルバイト」「居酒屋のアルバイト経験を自己PRとして書きたい」「外食業界以外の所から内定が欲しい」 就活で居...

に書いてあるから、それを見てね。

 まぁ、とりあえず就活とバイトを両立させる為には、バイト先の責任者の理解が何よりも必要になってくる。だから先輩が就活中にやっていたバイト先が有力候補なんだけど、個人的にやっていた方が良いモノとして、1か月前に休む段取りを言えるようになる事だ。3月からは募集が開始され、会社説明会が行われるからその月からは夜の時間帯しかシフトを入れない事を事前に言っておく。またバイト先の店長の中には10月から就活をすると昔の体制で考えている人が多いから3月から解禁、そして6月あたりから一般的に内定が出始めると言っておいた良いぞ。

 そして反則技かもしれないけど会社説明会や講義などで履歴書やESを作成し時間を見繕う事もやったよ。正直な所、時間というのは有限だから、その時々に関して本当にやらなければいけない事は何か?と優先順位をつけておく必要があると思っている。それ故に結果を出す為にどんな事をするべきなのか?そういう風に就活では過ごしといた方が良いぞ。

スポンサーリンク

シェアする