内定取消!! 親の許可がなければ就活が終わらない実態

シェアする

内定を辞退させる親

近年の就活では親の干渉により自分の意志で就活が出来ない人がいます。しかし周囲は

「親なんか無視すればいいだろ!!

就活は普通、就活生自身がやり遂げるモノだ」

と親の意見に振り回されている就活生の方が問題だと言う人がいると思います。

しかし就活では、

保護者同意書の提出を求められたり、

●親が企業に電話し内定が取り消されたり、

●企業が親に子供の内定先を認めているのか確認したり、

 と就活を終わらせる為には親の許可が無ければいけない場面が多くあり、無視すれば解決する話ではなりません。その為、無視すれば済むという話を鵜呑みにすると折角内定を取っても内定が取り消しになり、そのツケを子供が払うようになってしまいます。

 それ故、就活では過干渉の親をどのように説得するかが就活を円満に終わらせる為のカギとなるのです。

スポンサーリンク

何故親は内定を取り消そうとするのか?

何故親は内定を取り消そうとするのか?

子供が一生懸命厳しい選考の中で勝ち取った内定。

本来であればその努力と結果に喜んで祝福すると思いますが、実際は逆の反応をしてしまうケースが多いです。

 親の中には自分が今まで一生懸命育てたのだから、それなりの企業に行ってほしい。 という気持ちが強くて折角取った内定が中小企業からのモノであれば、それを受け入れたくないと思ってしまう人がいます。

”志望先が気に入らない”、

”ウチの子なら大丈夫だろう”、

”反対すれば考えを変えてくれるかもしれない”

 など安易な気持ちで「内定を取り消して」と言ってしまったり、親が志望先に電話して内定を取り消したり、保護者同意書にサインしなかったりしてしまうのです。

「あなたの為を思って内定を取り消しに・・・」

あなたの為を思って内定を取り消しに・・・

 こういう行動を取ったのであれば、じゃあ大手から内定が取れなかった場合、親は反省したり、責任を取ったりしてくれるのか?というとその期待も薄いです。

 何故なら親としては自分の子供が悪い企業に入らないようにしたと思っており、内定取り消しもその一環だと考えているのです。つまり内定を取り消されたという事態になっても

「内定を取り消したのはあなたの将来の為、つまり自分は悪い事をしていない。」

と自分の正当性を主張してくるのです。

 そして就活では大手を取る事を目標としているのが普通なのに中小企業を狙うのはあなた自身何かしらの落ち度があるからと指摘して、内定を取り消した事よりも子供の方に何か問題があるのではと責任転換してしまうのです。

 そして就活終盤時、何処からも内定が貰えていない状態となり、初めてそこで後悔するか、もしくは内定を取り消しておきながら「まだ就職先が見つからないの!!」と無責任な事を言われてしまうのです。

親によって取り消された内定を撤回する事は難しい

親によって取り消された内定を撤回する事は難しい

 内定を取り消されたのであれば、就活生本人がその企業に電話し、辞退を撤回するよう頼めば良いのではと思うかもしれませんが、そう簡単な話ではありません。

 企業から見れば、子供の就活に内定辞退の電話を入れる親の就活生を採用したくない思いがあります。仮に就活生に内定取消の意志がない事が分かっても、親をコントロール出来ない就活生であれば、今後仕事について口出しして業務に支障をきたす可能性があると考えています。

 例えば、息子の取引先に菓子折りを持っていき、現場の人に迷惑かけたり、息子の仕事を詮索して、内部情報を外部に漏らし、取引先との信用問題にまで発展したりするケースもあります。親自身に警戒心を持っている企業もありますが、別の意味ではその就活生にある懸念を抱いています。

 過保護に育てられた子供は小さいころから親のいう事を聞いて育ってきた人が多く、自分一人で考えられない人が多いです。その為、上司の指示がなければ動かなかったり、問題が起こっても深刻に思わず、そのまま放置という場合も少なくありません。

 このように親が子供の就活に干渉している事実は先の内定取消を撤回する理由を阻む理由になってしまうのです。

内定取消に責任を感じない親

親によって取り消された内定を撤回する事は難しい

 ここで悲しいのは親が内定を取り消したからと言って、親を責めても事態が好転するわけではない事です。

 子供から見れば、親が勝手に内定を取り消したのだからその責任を取ってほしいと思います。しかし一度撤回した内定を親と一緒に頼んだとしても企業側が撤回を取り消す可能性は低いです。つまりいくら親を責めても内定が戻ってくる可能性は低いというわけです。

今後の流れとしては親は

 「親を責めても仕方ないでしょ。企業が内定を取り消した以上、また新しい所から内定を取るしか方法はない。だから親を責めている暇があったら、これから就活を再開してもっと良い企業から内定を取らないと何も解決しないわよ。」

と尤もだが納得しない流れになってしまいます。

 この事から親の中には内定取消を些細な過ち、またはそれほど気にする問題ではないとして片づけられてしまい、問題行動として記憶に残らない場合があります。

何が言いたいかと言いますと、また同じ過ちを繰り返す可能性があるという事です。

今後の親への対策

親によって取り消された内定を撤回する事は難しい

 再度内定を取っても、それに責任を感じていなければ、再度電話をかけ内定を取り消してくる可能性があります。つまり内定を取り消す親の就活には内定を貰う以外に親を説得する課題も課せられているのです。

 もしこれが就活の序盤であれば、就活仲間を家に呼んで、就活の大変さを親の耳に届く所で議論したり、模擬面接や面接を受けて、企業が求める人材を吹聴したり、自分が就活で必要な内容を親にさりげなく伝えていけば、親も内定が取りづらい現状を感覚的に分かってくれたかもしれません。

 しかし内定を取り消す、想定外な事は就活終盤に起こり、そこから就活を再スタートしなければならないと思います。

 今後親がまた内定取消をしてくるかは分かりませんが、親の考えを変える為にもまずは就活を始める事が大切です。今の残っているイベントにできる限り参加し、その間、選考で依然親に言った事を言ったら、こう言われた。あの企業から内定を取った人はこんな事をしていたなど親に沢山言いましょう。

 親の間違っている指摘をあたかも成功者や面接官から間違っていると指摘された風に言えば、親も相手に合わせるしかないと考えを改めるかもしれません。もしそれでも改善しなければ就活終盤で内定を取り、もうそこしか入社するしかないと感じさせて保護者同意書にサインさせましょう。

 そしてある程度、業務の知識を得たら、転職や転勤などして親元から離れ、そこから人生設計を立てる事をしましょう。それが過干渉の親から解放され、自分の人生を歩む形へとつながるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする