働きたくないのに内定を取る就活生

シェアする

働きたくない就活生はどのように内定を取れば良いのか?

 労働自体、苦痛のモノである為、出来る事なら働かないで人生を謳歌したい!と思うのが自然だと思われます。しかし就活では”働きたい”とアピールしなければなりません。そして志望動機では熱意を感じさせ、そしてガクチカや自己PRでは面接官が『働ける』と思えるようなモノを書かないといけません。

 果たして本心に反して働きたいと思えるアピールをする為には具体的にどんな事をしないといけないのか?ここでは働きたくない後輩就活生と、働きたくない上で内定を取った先輩社会人の2人の会話形式で働きたくない気持ちのまま内定を取る方法について述べております。

働きたくないのは当たり前

「先輩、実は今就職活動をしているのですが、正直やる気が出ません。というのも就活って志望動機やら、仕事に対する熱意やらで『働きたい』とアピールしないといけないのですね。ただ仕事って本来辛いモノですよね?なのに”働きたい”なんて矛盾しているじゃないですか?ただ周囲の人達は内定を取っています。恐らく働きたい何かを持っていると思われるのですが、一体、他の就活生達はどうやって働きたい気持ちを持っているのでしょうか?

「そんなの持っているわけないだろ!?」

 いいか?そもそも就活生っていう大半が働いた事がない人達で、入社後にその仕事の大変さを理解する。だからお前が望む働きたい気持ちというのは入社後『このまま今の仕事をやり続けて良いのだろうか?』と自問自答し、そして自分の働き方を見出していくしかないんだ。なのにお前は”働きたい理由”を入社前に見つけようとしているし、そんな何時まで経っても見つけられるわけがない。だから働きたいと思える正しい理由を見つけるのは止めて、どちらかと言えば就活で内定を取る為には先ず働きたくないという気持ちを認める。それをしないと『俺はダメな人間なんだ』と思ってしまい、就活鬱の原因になってしまうぞ」

「しかし先輩、働きたくない気持ちを認めるって、就活って言うのは志望動機やら、面接で熱意をアピールするなど”働きたい意欲”というモノをアピールしないといけないのですよ。なら働きたいという気持ちがないと内定どころか、働いていけないなんて思うのですが、それは違うのでしょうか?」

「そんな事はない。どちらかと言えば就職後も働きたくない気持ちを持ちながら働いている人が多い。何故ならビジネスというのは顧客至上主義であれど、利益を出す事が前提になっていて本人の気持ちなど二の次になっているからだ。つまりお前は仕事で結果を出す為にクレーマーのようなお客様に頭を下げたり、上司の無茶ぶりに応えたり、理不尽な状況下の中、笑顔で対応しないといけなかったり、自分の気持ちを抑えて成果を出す事が優先される。つまり本心を隠して働かないといけないわけだ。

 それに働きたくない理由は他にもある。例えば日本の給料。利益が給料に還元されないし、借金1000兆円のせいで税金が年々増加傾向。つまり今の人達よりお金が手に入りづらくなっているってわけだ。会社もリーマンショックの影響で内部留保と、まぁ、会社を潰れないようにする為に金を貯める方針を取っているから、利益を出しても社員の給料アップにつながらなくなっている。

 他にも長時間労働。前、電通で長時間労働による過労死事件が起こったけど、それで長時間による労働ではなく、短い時間帯で生産性を上げる方式に変えようとする動きになった。しかし残業出来なくなった事で、その分お金が入らなくなって生活出来ない、生活残業の問題が表面化した。つまり過労死は避けられても、餓死や生活難という問題に直面するわけだ。

 だから今の世の中は、そんな理不尽な労働環境下で働く事が求められ、しかし生きて行く為には働けるようにならないといけない。だから就活においてもそうだが、働きたくない気持ちをどうにかするのでなく、本心はどうあれ結果を出す。そんな生き方が今の時代、求められているってわけだ」

働きたくない就活生が向いている仕事とは?

「確かにそんな世の中じゃ働く気力なんて起きませんね。なら先輩は一体どうやって就職活動では結果を出したんですか?今の話が本当ならもう働きたくない気持ちでいっぱいですよ」

「まずやる気の問題だけど、逆に言えば将来働かなくても大丈夫のような人生を送る為にはどうするべきか?それを考えてみると良い。例えば俺の場合、出来る事なら働きもせず、家でゴロゴロ、そして自動でお金が入って生活をして、不安のない人生を送りたいと思っている。となるとその手のスキルが身につく仕事はどれか?と思えるようになって俺が働いてみたい志望先が見えてきたんだ。

 そして思いつくのはアフィリエイトやユーチューバーなどサイトや動画を放置して稼ぐタイプだ。となると個人サイトを運営するお客さん相手にノウハウを盗んだり、個人サイトのPVを上げるSEOを上げたりする技術が身につく業務が望ましいという事になり、調べてみたところASPプロバイダーWebコンサルタント業務を請け負っている会社が望ましいという事になった」

「なるほど確かに働きたくないって思っていましたけど、将来の自分に対する投資経験を積むという意味でならわかりますね」

「他にも最近ではRPAと言って、人が今まで手作業をやっていた作業を、機械による完全自動化させて負担を軽減する仕事が目立っている。つまり事務作業などを完全自動化させるITスキルを身につけ、ソフトウェアを作って売ったり、またはネットから情報を自動で取得し、個人サイトで売買する生き方も良いと思った」

自作商品を売るってやつですね」

「まぁ、後は面白いストーリーを書いて小説家デビューという手もあるけど、少なからず俺が望む事はWebスキルや自動化スキルを身に着けて自動でお金が入るサイトを作りたいというのが望みだったから、志望先としては個人サイト運営者を相手にする仕事や業務の作業効率化で商売をする企業が良いという事になり、俺はやる気が出た」

「なるほど取り敢えず先輩は『働きたくない気持ちが強いのであれば将来働かなくても良いスキルを身につけるべき為、就職して経験を積もう』というのがやる気の根源になるわけですね。確かにこのまま何もせずニートになって孤立しなんてごめんですからね。なら先輩の言うとおりせめて自分のネットからはデータでもソフトウェアでも作って販売するか、広告収入などで稼ぐスキルを身に着けて就職するのも良いかもしれませんね」

「働く気が少しでも出てくれると説明した甲斐があるよ。となると志望先の候補としてWeb広告サービス、Web・オープン系システム開発という事になるかな。『インターネット広告』と検索して出てくる企業を志望しているにも良いだろう。

 就活サービスの中にはキャリアチケット ジョブスプリング のような自分に見合った企業を紹介してくれるサービスというのも存在する。実際俺も似たようなサービスで『ネット広告関連のビジネスで開発、またはお客様のサイト運営に貢献する仕事をしてみたいです』と言って、インターネット関連会社を紹介されて、アピール内容を練ったよ。その結果、2社から内定をもらったね」

働きたくない就活生のアピールの作り方

「先輩、とりあえず自分に向いていそうな企業を見つける方法はその手のサービスを利用して、ただやっぱり面談する以上、志望動機やアピール内容を練らないといけません。特に働きたくない気持ちが本心である以上、志望動機は一体どう答えれば良いのですか?

「志望動機を言う場合、大変な仕事の中で『ああ、お客さんの希望通りに出来て良かった』とか『スキルが身についた、大きい仕事を任されるようになった、作業効率が上がった』など苦労しながらも楽しいと思える素養があるかどうか見てくる。だからWeb業界やインターネット業界での決まり文句だけど『お客様に情報をお届けしていく仕事をしたい。沢山の人に見てくれるように頑張る仕事をしたい』というのが理に適った言い方だ。

 そしてガクチカや自己PRについてだが、俺が就活で念頭にアピールは作業効率営業力のネタだ。営業と作業効率はどの企業でも必要とされるスキルだし、どの業界を志望する上でも役に立つネタだったから志望先ごとに変える必要はなく面倒ではなかった。

作業効率系のネタ話

 んでアピールした内容だけどな、俺の場合、居酒屋のアルバイトの話をしたんだ。主に作業効率で言うのであれば朝型タイプの働き方、時間を計る、ToDoリスト、スキマ時間の活用。この4つのアピールをした。

 具体的には俺が飲食店でアルバイトをしていた時、俺は夜より朝のバイトを念頭にやっていた。その理由は朝型の方が頭がハッキリするし、作業効率が夜と比べて格段に速いんだ。なぜなら夕方以降の作業と言うのは、大抵大学や他の作業などでヘトヘトで、もう何も考えずとも普通に手を動かして終わりにする仕事になっていく。しかしその問題点は、いつまでたっても業務が改善しないとこだ。

 その一例として朝の仕込み。団体客が来た場合、すぐに鍋に入れて料理が出来るように、事前に野菜や肉などを切っておくんだけど、これを夜じゃなくて、朝やるようにしているんだ。何故かと言うと、夜だともうくたくたな状態で、いざ仕込みをやろうとすると普通だったら2時間で終わるはずが、3時間位かかってしまい、更に『睡眠時間を削ってもう1時間頑張ろう』といくらでも先延ばしが出来るから、ダラダラした仕事が身についてしまうんだ。これだと永遠に仕事なんて改善されないし、ダメな人間になってしまう。だから朝早い時間帯に来て『この時間帯に終わらせないといけない』と気持ちを引き締め、決められた時間内に終わらせる、という話は結構就活では興味深く聞いてくれた。

 他にも作業効率を上げるために、ToDoリストと言って、自分がやらないといけないリストを自分でとって自分のタスクの優先順位を決める習慣も、面接でウケる話題の1つだ。社会人の中には割り当てられた仕事を、さも重要ではない仕事を最初にやってしまい、後に重要な仕事が終わらないなんてある。事の重大さを正しく判断し、そして自分のやらないといけないタスクを時間内に終わらせるスタイルは重宝される。

 更にもう1つの利点として各タスクでどのくらいの時間がかかったのか?と記載しておくんだ。すると後で振り返るにあたり『ここの部分をもうちょっと早くできないか?』『なんでこの時こんなに時間がかかってしまったんだろう?』と色々と課題が見え、改善点が見つかる。俺の場合、トイレやスマホの閲覧、そして疲れた場合の息抜き時間が異様に長いなど細かい点が見えてくる。無論、それで改善されれば良いだろうけれど、逆に改善されないのであれば”なぜ改善できないのか?”その理由を知ることができる。どんな人間でも気落ちするから長続きしないし、自分にとっての向き不向きというのがある。だから計画を立てる上での自分の”できる・できない”が正しく判断出来るようになるってわけだ。

 これが出来るようになると今度はスキマ時間の活用法。つまり電車の移動中5分、10分の時間が出来れば『大学の資料半ページ分見られるな」と時間を無駄にしない習慣ができる。この手の1秒1秒時間を大切にする姿勢と言うのは、どの業界でも求められるし、先の働き方改革に結びつく内容でもあるから、面接で受ける1つのネタと言えるんだ。

 だから今のは飲食店の仕込みの話だったけど、他にはコンビニの棚卸しの話だったり、新聞配達の段取りだったり、または帳簿や掃除等の管理など色々とある。だからバイトでもサークル活動でも結び付ける事は可能だし、アピールするネタに困っている時に使えるネタだと思っている。就活というのは面接30分も話さないといけないわけだからな。だからこの手の作業効率系のネタを言って、印象を悪くしないのも1つの手だと思うぞ」

営業系のネタ話

「なるほど。あと作業効率は分かりましたが、営業系のネタで受けるものって何かあるんですか?」

「商品を売り込むと言うスキルと言うのはな、ただ自分の商品の良いところを説明するだけでは足りなくて、その商品と、お客さんの生活やビジネスにどんなふうに役立つのか?そのストーリーを伝えることが大事だと言われている。

 例えば俺がワークマンって言う所で働いていたんだが、そこで滑らないサンダルと言うものが売られていて、主婦層の間で人気が高かったんだ。その理由と言うのは、育児に励む母親の場合、外に出る時は買い物袋を両手につかんで、さらに子供を抱えたまま運ばないといけない。だからもし出かける日が雨で階段が滑りやすくなっていたら、恐らく転べば赤ちゃんは母親の下敷きになってしまうかもしれない。妊婦さんであるならなおさらだし、だから雨の日でも滑らない高機能なサンダルと言うのは、お腹の赤ちゃんや子供を守る上で必要なものなんだ。みたいにストーリー形式で伝えることができれば、売れる商品へと変貌する。

 営業の中には、商品を押し付けて売ったり、また他のライバルの商品の悪口を言って自分の商品をよく見せようとする人がいるけど、そういう悪口や、知識だけのアピールと言うのは、お客様を不快にさせる。だからこそお客さんが喜び、かつその喜びの中に自分たちの商品が使われているようなイメージを提示する事が大事なんだって、面接でアピールしたら『その通りだ』と言ってくれたよ。だから面接でアピールする上でも、もうバイト先の店長から教えてもらったでも良いから、営業のノウハウを如何に自分は心得ているのか?それをアピールする事が重要だと言える。

 では具体的にどんな営業力が求められるのか?俺のバイト先の店長の話では『聞き上手』が1番良いと言っていた。なぜなら普通営業担当者と言うのは、本来自社の商品の魅力について伝えないといけないのだから、話上手でないといけないと思っていたが、さっきの話でも出たけど、結局のところお客さんの悩みを解決するのにこの商品は役立ちますよ。とネタを見つけないといけない。だから話し方も大事だけど、いくら商品の知識や、またはきれいな言葉を使ったところで、結局のところお客さんの心をつかむような話し方ができなければ意味をなさない。だから”お客さんの悩みを訊き出す”、それが売れる話し方を掴む上でも重要なのだから、聞く事が大事だと店長は言っていた。

 実際の先のサンダルの話は営業マンが主婦層と話していて「子供をおんぶして買い物をしていると、買い物袋で両手がふさがっているわけだから歩く際には注意が必要なのよ」という些細な会話を聞いて、工業用のサンダルを紹介して、ニーズに繋がった。だから商品知識も大事だけれども、顧客の心をつかむ雑談力、聞き上手。それが営業では求められていると言われている。

 とまぁ、営業職を志望する場合、俺はこんな話を面接でして『確かにその通りだよね』と印象良くなって内定まで行きついた。だから営業職の素養をアピールする上でもこの商品は売れるのか?その成功体験をネタを言えるようにしておく必要がある」

「なるほど。では今の作業効率や営業ネタも真似させていただきますね」

「別にいいぞ。このように成功しているネタをいくつか言っていると『この子は仕事のノウハウを心得ている』と見てくれるわけだ。特にそれが、俺たちが志望するIT業界のような企業であれば、お客さんのニーズに合わせたシステム開発を行わないといけなくて、そのノウハウというものが必要になってくる。

 面接は約30分もの間行わないといけない。だから印象を良くし続ける為にもやり過ごすネタというのが必要だ。そして俺は作業効率や営業ネタを話し『仕事の段取りというのを心得ている』という風に思わせて、内定まで行きついた。まぁ、今はご覧のとおり、自分のサイトのPV数を上げる為にどんな風にサイトを編集すれば良いのか?そのアイデアをパクって稼いでいる。俺の夢は着々と築いている。だから内定を取る上でも面接官が共感しやすいネタを用意して置く事が大事だろう。ネットや営業の愚痴などを探して『どうすれば良いですか?』という回答例でも探して知識を蓄えておくのも良いと思うぞ」

これからの就活の始め方

「本当の事を言うとな、さっきASPプロバイダーやWebコンサルタント業務が良いって言ったけど、実はこれ俺が考え出したんじゃなくて、就活無料サービスで出会ったコンサルタントの人から教えてもらったんだ。ネット上における放置ビジネスのスキルが身につく仕事はどれか?実際、自分で探してみたんだけど、IT業界って色々なタイプが存在するから目移りしちまってよ。正しく判断でいないから自分の要望に応じて志望先を抽出してくれる就活サービスを利用して、正しい志望先を見つけ出してくれたんだ。

 実際、俺が無料面談を行った際は『自分のサイトを作ってみたい』ってアピール内容をしていたんだ。すると面談担当者の人から『今の時代、自分のサイトなんてプロなら1日で作れますし、自動でサイトを作れる事も出来ています。つまり誰もが当たり前のように出来る時代に『自分のサイトを作ってみたい』なんて志望動機としては希薄すぎます』なんて言われてしまってな。確かに就職後、実際に働いてみたら『こりゃあ、ダメだ』と思ったし、その人の言うとおり『サイトを作りたいというのであれば、どんなサイトを作り、どんな情報を提示して色んな人達のサポートをしたいか、そこまで答えられないとまずい』という意見に同感した。だから志望先の業務を正しく理解していない就活生からすればその手の専門家にアドバイスを貰う術を一度体験しておいた方が良い。

 今の就活サービスって言うのは無料で就活生に企業の紹介をしてくれる。そして先の個人サイトを作りたいに対するアドバイスに対しては『志望先が医療関連の情報サービスを手掛けているのであれば、健康や医療制度活用などの情報を提供するように頑張りたいとか、モノの言い方を心得ないといけない』とアドバイスをしてくれた。だから俺のようなIT業界未経験者の場合、自分に向き不向きの企業はどれなのか?最適なアピールの仕方はどういうモノなのか?などアドバイスを受けていて良かったと思った。

 んでその無料就活サービスを利用して、向いている志望先とアピール内容の練り方を教えてもらい、先のアピール内容にたどり着いた。だから俺の場合はこれだったけれど、お前の場合は一体どんなアドバイスが来るか分からない。だから自分の向いている志望先や望む志望先を見つける上でもキャリアチケット ジョブスプリング のような企業紹介、面接対策などを行っている企業には1度顔を出しておいた方が良いと思っている。でないと自分で探す事になって結局何が良いのか分からず、働きたくない気持ちが再燃して何もしないなんて事もあり得るから、就活を効率的に行えるようにしたいのであれば利用するのも手だと思うぞ」