大手病で過干渉な親対策

シェアする

過干渉の親対策

就活生の中には親の干渉により、自分の思い通りに就活が出来ない人がいると思います。

説得を心がけても、


「どうしてそんな事が言えるの?」

「じゃあ、どうすれば良いのよ!?」

「そんな事あるわけないでしょ?」

と言われて聞く耳を持たなかったり、隠れてやっていても、勝手にスケジュールを組まれたり、資金的な援助を理由に志望先を決められたり変えられたり、内定を取っても保護者同意書にサインしなかったりと就活を成功させる為には、どうしても親の説得が必要不可欠な人がいます。

ココではそんな就活生を対象に

せめて親がマトモに考えられるようにする方法

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

親を説得する3つの方法

① OB訪問や会社説明会の内容を伝える。
② 面接の内容を伝える。
③ 友達を呼び、親の前で議論する。

上記の3つをオススメする理由につきましては、どれもあなた自身の言葉だけでなく、誰かの意見を含んでいるからです。

親が的外れな事を言ってしまう要因として、就活関連の方と相談せず、自分一人で勝手に決めてしまう部分があるからだと思います。

バブル時期の就活で今の就活を判断したり、嘘か本当かも区別出来ない状態でネットの情報を自分の都合の良いように解釈したり、思い込んだら疑う事なく推し進めたりなど、これら全ての言動は他人の意見を含まず親一人で判断する事で起こる現象だと思います。

つまり親が間違った判断をしないようにするには、親だけで判断する環境を無くしていく事が重要で、外の意見を家に持ち込む事で現状を打開していくのです。それ故、先の3つの方法は就活仲間、OB、面接官などの意見を家庭内に持ち込む方法であり、親の考えを変えさせる方法だと言えます。

勿論、一度きりだけでは偶々自分とは違う意見があったと親は気にも留めないと思いますが、これが何度も、しかも子供の言い分と似た内容が訊いてくると次第に考えも変わってくると考えられます。会社説明会に行った後、採用担当者がこう言っていた。OB訪問で会った人がこう言っていた。面接官からこう言い返された。など繰り返していけば、今までは親と子であれば経験の長い親の方が正しいとされてしまいますが、外部の意見が子供の意見と似ており、こちらの意見が少数と思わせれば自分の考えを疑うようになると思います。

ポイント
親が不適切なアドバイスをするのはその親・家庭が社会から孤立している状態であり、個人の考え方で就活を決めてしまっているのが原因です。それ故、その家庭に生きた生の情報を取り入れる事で親の独善的な考えを変える第一歩になるでしょう。

”感銘志望”が就活において悪いと説明する例

ただこういう事を繰り返していても


「そうとは限らないわよ。今回が偶々だったかもしれないでしょ?」

「ちょっと!! あんたの周りにいる人って頭おかしいんじゃない?」

「あんた自分の思い通りにいかないからって都合の良いに言ってない?」

と依然と考えを変えない親もいると思います。

ですので親を説得する一番の方法として友達を家に招き、間接的にですが実際にそう言っている場面を見せるのが効果的です。下記には一例として感銘を受けて志望した理由が何故悪いのか掲載しております。

親がしてしまう間違ったアドバイスの中に”感銘を受けて志望しました”という感情論を押し出して熱意をアピールするモノがあります。就活を始めたばかりの学生の中には何故これがいけないのか不明な方もいると思いますが、これは感銘志望と言い、就活で内定が取れない人の特徴として挙げられております。

実際、OB訪問などでこの志望動機で志望しに来ましたと言うと

感銘志望
「それじゃあ、受からないよ。だって御社の理念に感銘を受けたって言っても、そんなの我々から見ると一時的な感情であって、ではその感動は一生続くものか?と訊くとそれは違うよね。例えばオリンピックで選手のプレーに感動する事があるけど、では君はスポーツ選手になろうとは思ったかい?だから我々は感動した=志望動機とは考えてなくて、君は何をしたくて、そしてそれを叶えるに御社に勤める事が一番だよと筋道を立てて説明している志望動機こそが本当の志望動機だと思っている。そんな感銘を受けて志望しました。口では何とでも言えるから説得力なんて感じないよ。」

と言い返されてしまいます。

この事について親に説明すれば果たしてどう思うでしょうか?第三者の言葉を入れるだけ説得力が違いますし、先の感銘志望という言葉が就活では悪い印象を与えるという就活事情も伝える事にもなります。

ただ親の中には

「どうして、感動したから志望するのは当たり前じゃん」

と言い、考えを変えない人もいると思います。

その点についても「その点についてもOBの方に訊いてみたんだけど」と続けて

「確かに感動して我々の業界に興味を持つのは悪い事ではないよ。だた就活で学生を選定する立場から言わせてもらうと、そんな感銘を受けて志望なんて簡単に言えるし、そんな志望動機で志望する就活生は五万といるんだ。だから我々は感銘を受けて志望と言ってくる学生に対しては志望意欲が低いグループとして捉えていて、自分のやりたい事がこうであり、それを実現する為には御社で働くのが一番。と筋道を立てて説明してくれれば「ああ、この人はちゃんと仕事の内容について勉強し、ウチを選ぶ動機をはっきりさせている。」と思えるんだよ。

抽象的な志望動機で入社した人は大抵無茶な要求、理不尽な事でやる気を失い、そして長持ちせずに退職する。やりたい事が明確する為にはそれなりに調べないといけないし、調べたうえで正解を言えればそれはそれはこの業界についてどのように働いていけばいいかも心得ている可能性が高いから、我々としても入社意欲学生として捉えられるわけよ。だから感銘を受けて志望で終わらせる人なんて信用出来ないよ。

と親に追加で説明すれば相手の立場になって考えた内容として受け止められ、今まで以上に真剣に考えてから口をはさむ形へと変わるかもしれません。

感銘志望では無い志望動機を説明する場合

ただこのままで終われば
問題なのは分かったけれど、じゃあ具体的にどうすれば良いの?と解決策まで訊いてくる親もいると思います。今回のケースですが、「では実際にどうすれば良いのか?と具体的な方法について訊いてみたんだけど」と言って

「それに関しては志望先の働き方について如何に調べているかで変わってくる。例えば僕たちは今、食品業界を志望していたとしよう。よくある間違った志望動機で「私は食べる事が好きなので食品業界を志望しました。」なんて言ってくる学生がいる。ただ食品業界というのは確かに食べ物を扱っているけど、実際は食べる事が重要なのではなくて、如何に安全で、かつ社会に必要とされる食べ物を作り出せるかが重要なんだ。

例えばパン会社を例にする場合、近年高齢化社会で今のパンの硬さだと噛み切れない高齢者が沢山いて、あるパン会社は従来の5分の1の硬さで噛み切る事が出来るパンを開発したんだ。その結果、パンが好きだけど噛み切れなくて諦めていた高齢者の方が再びにパンを食べれるようになって大喜びしたんだ。ただ話はこれだけでは終わらない。そのパンを開発した事を知らない高齢者も沢山いるはずだし、何よりも一企業の生産力では限界がある。だから社員は今広告で知名度をあげたり、口コミでそのパンの存在を広げたりして、まだそのパンを置いていないパン屋にパンを置いてほしいと頼んだり、色々な事をする必要がある。だから企業は人を採用するし、そんな事に貢献してみたい人を採用したいと向こうは思うはずだろ。

こう考えてみるとそのパン会社を志望する場合、私の身近にパンが大好きな祖母がいるんですが、今までパンが噛み切れなくて困っていました。しかし御社は従来の5分の1の硬さのパンを開発し、無事私の祖母も美味しくパンを食べれるようになりました。私自身そんな祖母のようなご高齢の方にパンの存在を教え、美味しく食べて頂けるような社会づくりに貢献したいと思い、この度御社に志望しました。って言うべきだろ。食べる事が好きだからなんて志望動機で来たら、ああこの子は分かってないって門前払いされるだろうし、感銘を受け志望しました。と言っても「ではどうして感動したのか」と訊かれて上手く答えなければ結局分かっていないで終わってしまう。

感銘志望では無い志望動機を言う為には
その会社、または業界がどのような形で社会で必要とされる企業運営をしているのか?そしてその運営の中で自分がどんな風に立ち回って社会に貢献していきたいとのか?
その点について語れるようになる事が大切なんだ。

となると新聞などでこの事業はこんな問題を抱えている。そしてこの企業はその点に関し、こんな方法を取ろうとしている。など社会事情について調べないといけない。また更には面接では他の企業でも同じような事をやっているけど、どうしてウチを選んだの?と訊いてくる可能性があるから他企業の動向についても把握しておかないといけない。このように感銘志望と思えない志望動機を作る為には様々な情報を集めて自分のやりたい事を明確にしていく事が大事なんだ。

とまで言えば、感銘志望をススめる親の考えも多少は別の方向へと変わると思います。

ただここまで説明するとそんな事をしている暇はない!!と結局最初の方法でやり遂げようとして来るかもしれませんが、それは次第にあなた自身、外部の情報を取り込んでいけば自ずと変わってくる事を信じましょう。

即日内定イベント MeetsCompany

⇒ 色んな就活生 まとめ

スポンサーリンク

シェアする