持ち駒が全滅した就活生の例

シェアする

「大手への持ち駒が全滅した」

「持ち駒を全て失った場合、どうすれば良い?」

「持ち駒なくなった。どう増やせばよい?」

 就活で当初持っていた持ち駒を全て失った場合、改めて就職先を確保しなければなりません。しかしこれから就職先を探すとなると中小企業となり、今後どんな人生を送る事になるのかと心配したり、『ブラック企業に就職してしまうのでは?』と不安視する人もいると思います。

 ただ持ち駒を失った就活生が苦労するのは持ち駒の確保だけではありません。その理由として挙げられるのが『持ち駒を確保した後、どうやってそこから内定を取るべきなのか?』そして『未だに内定が取れない理由を面接で訊かれた場合どうするべきなのか?』と、この2つの課題について乗り越える必要があります。現状での一番の問題は持ち駒の確保でなく、内定が取れない事です。

 その為、ここでは実際に就活で持ち駒を失った場合、どのように持ち駒を稼ぎ、かつ内定へと結びつければ良いのか?を一人の就活生の例を参考に描かれております。

持ち駒が全滅して増やせば良いと思っていたら

「持ち駒全滅した・・・」

 唯一持っていた大手への切符もなくなり、途方にくれる俺。暫く、持ち駒を失ったショックで就活が出来なかったが、ただ時間が過ぎ去って行くこの現状に耐えられず、俺は改めて就職活動を再開する事にした。ただその上でまた新たな駒の確保をしないといけない。

 だから俺は就活サイトで新しい就職先を見つけようとしていたのだが、

「中小企業しかない」

 改めて大手の選考がないかを確認したのだが、もう募集が締め切っていて、俺はもう大手を志望する事が出来ない。まぁ、秋採用があったので、秋になって再度募集してみるのも手かなと思っていたが、その時期まで就活をするのは正直気が引ける。

 だから俺はもう中小企業を新たな志望先として選ぶしかないわけだが、どれがホワイト企業なんだ?という気持ちになっている。

 大手の選考の場合、まぁ、給料が高くて、福利厚生も中小企業より整っている。何よりも倒産する恐れも少ない。しかし中小企業の場合、給料が低い上、まぁ、大手と比べ、ブラックの確率が高くなる。最悪の場合、パワハラ上司のもとに配属され、精神的に問題を起こして退職させられるか、直ぐに辞めて無職の状態になり、職を転々とする。そんな怖いリスクすら考えてしまう。だから中小企業に入った場合の今後の人生設計が必要になってくる。

 つまり持ち駒が無くなった就活生は必然的に中小企業の中からブラック企業を見分ける必要がある。果たしてそんな事が出来るのだろうか?

 試しに就活サイトに載っている企業を見てみたが、売上や規模も申し分ないけど、それがブラックなのかどうか分からないし、ホームページを見てみると商品の説明はあっても、労働環境についての説明はあんまない。つまり志望先の仕事が見えないのだ。

 だから就活では志望先の仕事内容について理解する為に志望先の会社説明会に参加し、詳しい内容を知る。ただそれは選考に参加する事を意味する。もしそれが気に入らない企業であれば、来訪した時間や電車賃が無駄になるし、着ているYシャツのクリーニング代も無駄になる。はっきり言って金や準備の時間を無駄だ。ただ参加しないと分からない。しかし参加して断ればもう二度とその企業の選考には参加出来ない。はっきり参加する前に優良などうか判断したい。

 などとこれからどのように持ち駒を増やしていくかを考えているが、肝心な事を忘れている。そう、例え持ち駒を増やしたとしても、そこから内定が取れなければ意味がない。つまり俺はどうにかして持ち駒(ブラックではない)を増やして、そして内定を取る、なんて事をしないといけないのだ。だから俺がやらないといけない事は以下の2つ。

・ ブラック以外の持ち駒の増やし方

・ 内定が取れる確率を上げる方法

 上記の2つの対策をしないといけない。んでどうすれば良いのか?と思っていたが、就活で苦戦している俺に見かねて、友達から『同じ持ち駒が無くなった状態から内定を取った経験者からアドバイスを貰えば?』と先輩を紹介してくれるので、その人から就職活動に成功する方法について色々と訊こうと思っている。果たして持ち駒が無くなった状態から如何に就活を挽回すれば良いのか?俺はその先輩から最適な方法について訊きに行く事にした。

持ち駒が全滅したら「どうして内定が出ないの?」と質問される

『どうして未だに内定が出てないの?』

「なんて訊かれたお前どうするんだ?」

 と就活で苦戦している事を伝え、そしてブラック以外の企業を見つける方法と、内定を取る方法について伝授してもらおうと思ったが、ここでもう1つ頭を抱える問題に直面する。それが先の『内定が取れていない理由についてどう答えるか?』だ。

「俺も就活後半になって就活を再開したけど、中小だから直ぐに内定が取れるだろうと思ったのだが『何で内定が未だに取れていないの?』なんてとんでもない質問をされて、この答え方に本当に迷ったよ。だからこれから内定を取る為にはこの手の自分のダメな部分を言わないといけない質問対策が必要だ」

「一体どうやったのですか?」

「俺なりの答え方だけど、こう答えた。

 私はこれまでの就活において『働く』とはどういう事なのか分からないでいました。就活では志望動機を訊かれますが、働くとは本来辛い事。なのに何故それを”やりたい”と言えるのか?そんな矛盾を解消する事が出来ず、内定が取れないのは、アピールするモノ全てが上辺だけになっていました。

 ただある日、先輩から『やりたい』ではなく、『出来るようになりたい』と考えるのが就活だと言われ、『例えば”食品業界で働きたい”というよりも”食品業界に就職して、お客さんから『健康に良い調理の仕方は?』『美容に良い栄養素を含んだ料理は?』など、様々なニーズに応えられる人になってみたい”と、一種の憧れを示すのが就活だ。と言われました。

 銀行でも資金的な面から企業を支えられる人になりたい。不動産業界の場合、一生に一度の買い物をお客様が今後20年間快適に過ごせる暮らしを提案出来る人になりたい。など、どんな形で社会を支えたいか?それを言えるようになる必要がある。

 だからお前自身これから社会人になってどんな形でこの世の中を支える人になってみたいのか?それを述べられるようになるべきなんだ』と言われ、ようやく志望動機をどうアピールすれば良いのか見えました。そして私自身・・・

 と労働と志望動機の矛盾を解消出来ず、何時まで経っても就活を始める事が出来なかったと俺は答えていたね。

 そしてその後、御社ではこういう働き方をしたいと思っています。と続けられれば完璧で、結局のところ、働く為の正しい考え方を身につけられたみたいな印象を面接で与えて、悪い印象を極力なくす事をしたよ」

「なるほど、そういう言い方も出来るのですね」

「就活生の中には『お金の為』『将来の為』など自己的な理由で志望する人が多い。ただそんな人材は就職後、企業にぶら下がり、ただ言われた事だけをするだけの人間になってしまいかねなず、企業もそんな人材の採用を控えたいのが本音だ。だからそんな就職目的の就活生では、働く上での正しい考え方を身につけられたみたいな、言い方が俺なりのデメリット系の質問への答え方だと思っている。

 大抵、この手の質問には誤魔化して、極力良い印象を残そうとする人がいるけど、そういうのは『この子は仕事でもミスを誤魔化したりする人なのかな?』と思われて不採用の原因になりかねない。だからこの手のデメリット系の質問には、先ず自分の非を認め、そしてその問題が行ってしまった場合の再発防止について正しく言えた方が内定が取りやすくなると思っています。

 今回の場合、働く事に対する考え方を例に言ったけど、だからこれからお前が就活を始めるのであれば、先ずを非を提示し、そして相手が納得する言い訳をする。これが今後の就活で問われるテクニックになると思うぞ」

就活で持ち駒が全滅したらどうすれば良いのか?

「という事なんです。先輩。ですのでこれから新たに志望先を見つけ出さないといけないのですが、もし先輩だったら一体どんな風に持ち駒を稼ぎますか?

「普通に持ち駒を稼ぐってなるとリクナビやマイナビなど、今登録している就活サイトで募集を行っている企業にエントリーして、説明会を予約する形になる。ただ残念な事に今の時期になるとリクナビなどに求人は載っているのにいざ応募してみると『受け付けは終了してします』と、時折、募集が締め切っている場合がある。リクナビなどの新卒サイトって一度掲載料を払えば13か月間はそのまま載せられるからな。その弊害と言える。

 だからそのまま今使っている就活サイトを使うのも1つの手だとは思うが、別の方法として逆求人型の就活サイトを利用してみるのも良いと思う。逆求人型というのは、今までの就活はお前が企業に応募して内定を貰う形式だったが、これは企業からオファーが来て、そして応募するかどうか決めるスタイルの就活サイトだ。

 今の時代、人手不足の影響で、待つよりこちらからオファーをかける方法に変えている企業が増えている。学歴やフィルターなどで差別されず、自分の気に入った企業を早く見つけるという意味では大いに役立つ。だからこの手の就活サイトを利用するのも1つの手だろう。

 そしてお前が気にしているブラック企業かどうかの見分け方についてだが、志望先のホームページを見ても『自分達は儲かっています』みたいな内容ばかり書いているから、不利になるような内容は書かれていない。だから中小企業でも良い企業かどうか見分ける方法として、俺は口コミサイトを利用したよ

「・・・先輩、確かこれ転職サイトだと思うのですけど、新卒就活生が転職サイトに登録しても良いのですか?」

「いやな、実はこれ学生でも登録しても良い事になっている。実際に俺が登録しようとした際にはな・・・。

 と学生向けの登録も用意されていたよ。だから学生だからって登録に躊躇う必要はないってわけさ」

「そういうもんですかね?」

「それにお前の当面の問題は持ち駒を確保する事ではなく、内定を取れるようになる事だろ?ではお前はこれから中小企業を志望するだろうけど、仮にその面接で『ウチのような中小企業をどうして志望したの?』と訊かれた場合、一体どうやって答えるつもりなんだ?

 大手とは違い、中小企業の志望動機を作るのは容易ではない。まぁ、大手の選考は失敗しましたが、やはりこの業界に興味があり、御社を志望しました。という流れになると思う。しかし分かったと思うが、今の話ではあまりにも抽象的だ。ただここには仕事のやりがいというのが載っている。仮に大手コーヒーチェーン店を志望するのであれば、店長という職種が多く、『人を教育したりするのが好きな人には向いているとおもいます』『自分の考えた店作りができる点もとても魅力があります』など色々とアピールに参考となる内容が書かれている。志望先の志望動機を書くヒントを得られる。

 今後就活でアピールするべき内容に貢献出来るメリットもあるが、俺から言わせれば、今後自分が40年も勤めるかもしれない企業を決めるわけだ。世の中には求人詐欺と言って給料が水増しされていたり、残業代が出なかったり、長時間労働が美徳とされているなど、求人票に書かれない内容まで書かれたりしている。

 他にも中小企業に就職するとなると倒産のリスクについても考えないといけない。今の時代、AIや人手不足によって簡単に自分達のビジネスが通じなくなる事なんてあり得るし、終身雇用がほぼ崩壊している。今後の人生2回や3回の転職が当たり前になるかもしれない。となると『では次は何処に?』となるから、この手の企業口コミサイトは一種の必需品になってくる。だからこの手のサイトは新卒の就職先を見極める事に使えるだけでなく、仮に今後の社会情勢の変化で会社の業績が大きく変わったとしても、直ぐにもっと良い企業へ転職するという意味でも役立てるツールだと思っている。

 それにもしかしたら今後この手の転職サイトにお世話になるかもしれないぞ。中小企業となると人手不足倒産や悪法による利益追求など不本意な人生を歩ませられるリスクが存在する。となればそんな企業に運悪く入ってしまった。または景気の悪化で仕事が苦しくなってきたなど、その手の悩みに当たった場合、やはり転職という方法を視野に入れるべきだろう。

 事実、このキャリコネの場合、無料で登録できるし、ホワイト企業ランキングや、面接で訊かれた質問というのも載っているわけだから、今就活で上手くいかない打開策として使える情報が手に入るわけだ。だから就活対策としての参考内容になると思い、実際、俺はそれで志望動機などのアピール内容を練るのに役立ったわけだから、価値はあると断言する」

スポンサーリンク

シェアする