持ち駒が全滅した就活生の例

シェアする

「大手への持ち駒が全滅した」

「持ち駒を全て失った場合、どうすれば良い?」

「持ち駒を増やし方ってどんなのがある?」

 就活で当初持っていた持ち駒を全て失った場合、改めて就職先を確保しなければなりません。しかしこれから就職先を探すとなると中小企業となり、今後どんな人生を送る事になるのかと心配したり、『ブラック企業に就職してしまうのでは?』と不安視する人もいると思います。

 ただ持ち駒を失った就活生が苦労するのは持ち駒の確保だけではありません。やり方を間違えると更に対策が遅れて手遅れになる場合があります。

 ここでは実際に就活で持ち駒を失った場合、どれだけ就活では苦労するのかを一人の就活生の例を参考に描かれております。

持ち駒が全滅して増やせば良いと思っていたら

「持ち駒全滅した・・・」

 唯一持っていた大手への切符もなくなり、途方にくれる俺。しかし持ち駒がゼロになった以上、俺は改めて就職活動を再開し、新たな駒を確保しないといけない。

 だから俺は就活サイトで新しい就職先を見つけようとしていたのだが、

「中小企業しかねぇな」

 改めて大手の選考がないかを確認したのだが、もう募集が締め切っていて、俺はもう大手を志望する事が出来ない。まぁ、秋採用があったので、秋になって再度募集してみるのも手かなと思っていたが、その時期まで就活をするのは正直気が引ける。

 だから俺はもう中小企業を新たな志望先として選ぶしかないわけだが、どれがホワイト企業なんだ?という気持ちになっている。

 大手の選考の場合、まぁ、給料が高くて、福利厚生も中小企業より整っている。何よりも倒産する恐れも少ない。しかし中小企業の場合、給料が低い上、まぁ、大手と比べ、ブラックの確率が高くなる。最悪の場合、パワハラ上司のもとに配属され、精神的に問題を起こして退職させられるか、直ぐに辞めて無職の状態になり、職を転々とする。そんな怖いリスクすら考えてしまう。だから中小企業に入った場合の今後の人生設計が必要になってくる。

 つまり持ち駒が無くなった就活生は必然的に中小企業の中からブラック企業を見分ける必要が出てくる。果たしてそんな事が出来るのだろうか?

 試しに就活サイトに載っている企業を見てみたが、売上や規模も申し分ないけど、それがブラックなのかどうか分からないし、ホームページを見てみると商品の説明はあっても、労働環境についての説明はあんましない。つまり志望先の仕事が見えないのだ。

 だから志望先の仕事内容について理解する為には実際に説明会に参加し、詳しい内容を知るしかないのだが、つまり一度その企業に訪問し、その場で選考に参加するかどうかを決めないといけない。つまり仕事内容を知る為にスーツを来て、電車賃を使って、更に履歴書や証明書まで用意しないといけないし、選考の参加を拒否すれば、まぁ、二度とその企業の選考には参加出来ない。はっきり言って手間だ。

 まぁ、それも大事だが、それよりも内定を取る事が先決だ。どこの企業に入ったかによって対策も変わってくるだろうし、とりあえず俺は内定を取る事を優先して頑張る事にした。

持ち駒が全滅したら「どうして内定が出ないの?」と質問される

『どうして未だに内定が出てないの?』

 くそっ、またこの質問か。俺はその後、中小企業を志望し、何度も面接を受けた。しかしその度に内定が取れていない理由について訊かれる。そんなの俺だって知りたいよ!!しかし就活では面接で落ちた理由なんて教えてくれないし、その度に俺は自分の悪い所を見つけ、直して別企業に再挑戦しなければならない。だから内定が取れない理由なんてちゃんと答えられるわけがない。

 なのに持ち駒全滅した就活生の宿命なのか、内定が取れない原因について面接では訊かれてしまう。答えも知らないのもネックだが、問題なのは”どんな答え方をしたら、評価が下がらないのか?”それが一番の課題だった。

 当たり前だが問題のある就活生を採用したい企業なんていないだろう。だからこそ出来る限り悪い所は見せず、悪い印象を与えずに面接を乗り切るのが内定を貰う1つのコツになっている。しかし何処からも内定も取れず、中小企業を志望している時点で『大手の選考に落ちた就活生がウチに来た』みたいな感じで見られる事になる。つまり面接では今まで失敗してきた悪い印象を払拭するところから始めなければならない。

 しかし内定が取れない理由を述べる以上、悪い印象は回避できない。だからこの就活では内定が今まで取れなかったのに『採用しようかな』と面接で思われるような答え方を身に着けなければならない。

 だから俺なりにこの質問の答え方については『自分でもどうしてなのか分からない』と言ったり、『志望先の企業について良く分からず、数を重ねることでそれが見えてきた』と言ったが、結局全然だった。

 俺なりにこの質問の対策について調べたのだが、中小企業が採用で悩む1つに、内定辞退や早期退職で人材確保が出来ない問題を抱えている。つまり俺のように『大手で失敗したからウチに来た』みたいなやつだと、直ぐ辞めてしまうリスクがあるから、本当にこの会社で働きたいのかどうか?、その理由を確かめる為に様々な質問をするらしい。

 だから『どうして内定が出ないの?』という質問の答え方は、まぁ、大手の選考に失敗した理由について述べつつも『でも御社で働きたいです』に繋げる答え方をしないといけないのでは?と思った。しかし思いつかない。

 そもそも中小企業でわざわざ働きたい理由なんて存在するか?いや、そうでなくても一体どんな理由なら働きたいなんて言えるんだ?とそう思えるようになってきた。つまり働くという本来辛いモノであるはずのモノに『やりたいです』なんて言わないといけない。この就活システムのあり方自体に疑いを持つようになってきた。しかしそれでもやらないといけない。

 いざとなれば『内定は取っています』と嘘を言えば良いと思っていたが『じゃあ、どうしてウチに来たの?』と質問される。そうなれば内定が取れていない場合よりも強い志望動機が必要になってくる。それが難しくて、結局内定獲得の為の解決は見つからず、俺は内定が取れない状態が続いてしまっていた。

持ち駒が全滅した原因を見つけないと自信が消失する

「ああ!!もう就活なんてやりたくない!!」

 『内定が取れない理由』について質問される以上、俺はその対策ばかり考えるようになっていた。その結果、内定が取れないダメな自分を見つけて、そして『それを他人に話すのか』と自己嫌悪や、それを話さないといけない就活システム自体に苛立ちを覚え、心が憔悴しきってくるようになっていた。

 初めのうちは『中小企業なら簡単に内定が出るかも』と思っていた俺だが、そこでも内定が出ず、そして更に自分自身がダメ人間に思えて、新しく持ち駒を増やそうとする度に『また内定が取れない理由について訊かれるのかな?』と嫌気をさしてくるようになった。

 更に追い打ちをかけるのが、周囲の評価だ。他の人達は既に内定が出ているのに、俺だけ内定が出ていない。もう俺は社会から必要とされていないのでは?と嘆いてしまう。更に家族からは『まだ内定が出ていないの?』と言われてしまい、一方で面接では話が弾み、内定が取れそうかな、と思いきや、不採用になる。もう面接に落ちるトラウマを抱えながら就活をするようになっていた。

 しかし就活は続けないといけない。やらないと無職になって、生活で困り、悲惨な人生を送る事になる。だから就活をする。しかしやっても内定が取れない、そのうち、もう生きる意味が分からなくなると思えるようになり『死にたい』とそんな感情を抱きながら就活を続けるようになってくる。でも続けないといけない。ああ、就活で自殺する人って、面接で落ちたショックというよりも、内定が出ない事によるショックに耐え続けないといけない恐怖で自殺するんだな、ってなんか自殺した人の気持ちが分かるようになってきた。

 持ち駒が全滅したら新しく確保しないといけないのも1つの課題だが、今まで内定を獲得できなかった原因も解決出来なければいくら確保しても意味がない事が今回ので良く分かった。

 でも結局、原因は分からないし、解決策も見つからない。となれば今後結果が出ないと分かっていても履歴書を書いて、会社に足を運び、そして面接を受ける事を続けないといけない。正直、どうすれば良いのか分からなくなってきた。

就活で持ち駒が全滅したらどうすれば良いのか?

 ただ駄々をこねても結局、俺は何としてでも内定を確保しないといけない。当初は持ち駒を増やす事を何とかすれば良いのかなと思っていたが、内定が取れない理由について訊かれたり、落ちた原因が分からず、でも続けないいけないトラウマを抱えないといけなかったり、内定を取る事がこんなに難しいと思わなかった。

 だから俺の経験上、持ち駒が無くなった状態から内定を取る為には以下の課題がある

・ 持ち駒を新しく増やす度にブラックか見分けないといけない

・ 内定が取れない理由を訊かれた場合の言い訳を考えないといけない

・ 上手くいかない場合、内定が取れないショックに耐えないといけない

 ただそうなってくると一体どうやってこの課題をクリアすれば良いのか?その点が問題になってくる。もう就活をする事に耐えられないのであれば、ブラック企業でも良いから内定を取って、そして転職して良い企業で働くって方法も良いのではと思えてきた。もちろん、それは最終手段。その為にも先ず内定だ。内定を取る為に具体的にどんな事をしないといけないのか。その辺について考えたい場合、具体的にどうすればいいんだ?

※ その後、内定が取れた知り合いを見つけ、ブラック企業の見分け方や、内定が取れない理由についての対策について教わる事になる。その内容についてはこちら

今から就活対策をして内定を取る就活生の例
内定を取る為の就活対策とは?「ぜんぜん内定が取れない・・・」 就活が始まってから、もうそれなりの月日が流れているのに俺は未だに何処からも内定...