事前の準備で有利になる就活生の例

シェアする

事前の準備で就活が有利になるモノってどういうモノ?

やっておけば良かったと後悔したモノは?

就活の前にやっておいて良かったものは?

 就活を始まるまでまだ時間に余裕のある人は、事前にどんな事をしていれば就活を有利に進める事が出来るのか?そんな事を考えてしまうと思います。実際、就活というのは大学3年生からではなく、もっと前の内容を面接で聞かれる為、確かに前もって準備していればそれなりに就活で有利に動く事は出来ます。

 実際、就活を終えた先輩方の中には「出来れば大学入学当初から準備しておけば良かった」と後悔する人もおり、これを聞いた後輩は「時間の余裕があるウチに資格取得やイベントに参加してアピールする内容を練ろう」とする人がいます。これで結果を出す人もいますが、中にはただ単純に資格などを取り、「これで万全だ」と思っている人もいます。知っている人は知っていると思いますが、就活では資格を得れば簡単に内定が取れるほど甘くはなく、実際、面接で「何でこの資格を取ろうと思ったの?」と聞かれ、資格の有効活用法をアピールする事が出来ず、事前の準備が無駄になってしまう人もいます。

 その為、具体的にどんな事をすれば就活では評価され、その上でどんな準備をすれば良いのかが問われると思います。ここでは実際に就活が始まるまで時間の余裕のある後輩と大手から内定を取った先輩の2人の会話形式で、就活の事前の準備について説明したいと思います。

スポンサーリンク

就活では具体的にどんな準備を事前にやっておくべきなのか?

 先輩、お久しぶりです。今、私、卒業まで時間が空いたので就活の準備を出来るだけしたいと思っているのですが、どんな準備をすれば良いのか分かりません。その為、先輩、もし先輩が今から就活を始めるとしたらどんな準備をするか教えて頂けないでしょうか?

 もし俺がこれから就活を再度始めるとしたら業界分析を行うだろうな。就活というのは志望する業界によってやっておくべき準備が全然違う。例えば銀行の場合、企業に1000万を貸して、それを1010万円で返してもらって利益を得るビジネスだから、金を返せる企業の選定、そして融資先のビジネスを成功させる為のノウハウについてを心得ないといけない。その為、企業の選定で必要な簿記の知識はもちろん、融資候補の社長と話し合って、それで融資の提案を受け入れてもらわないといけないから、モノと人を正しく把握する力を学生の内に磨いておいた方が良いだろう。

 そして食品業界においては、自社製品をコンビニやスーパーなどに置いてもらえるようにする、または何処かのレストランなどに使ってもらえるようにするなど、そんな交渉をこなさないといけない。仮に自分達の扱っている食料品が小麦粉だった場合、「ウチの小麦粉は他店の小麦粉と違いタンパク質に特徴があり・・・」など成分を売りにダイエットや肌に良いなどアピールして飲食店に売り出すか、今話題沸騰中の料理に絡みつけて調理レシピを編み出し、教えて試験販売がてらに売ってもらうなど、そんなセールストークが求められる。他にも食品の知識だけでなく、食に関する情勢についても把握できるようにならないといけない。分かりやすく言うと近年は少子高齢化により、子供の数が減り、更に高齢者が増えていく現状になっている。その為、今後は今まで以上に固いパンだと高齢者は食べられないから、入れ歯をつけていても噛みきれるパンが必要だったり、近年は共働きをする家族が増えているから、家庭料理より中食関連の需要が伸びているから家庭より産業向けの小麦粉を開発した方が良いのではなど社会の食の動きについて把握しておかないといけない。それ故、食品業界ではどんな食が社会に求められていて、自分はその中でどういう形で立ち回れば良いのか予め把握しないといけないから、各食品業界がどのような形で社会から求めれているのか、そして変革していくのかを調べておく必要がある。

 金融、食品業界以外にも最近外国人観光客が増えているから旅行業界の需要も大きくなっている。大手旅行会社ともなれば、旅行のカタログから、現場視察、そして旅行者の案内など企画から現場作業まで全て行う事になる。カタログについては企業に製作専用のソフトウェアがあるから、値段入力や写真のアップロードなど簡単な操作で作れるよう配備されている。ただ値段設定や来客数もある程度固定されているから、そのノルマをこなす為にどんな企画を立てないといけないのか?それが旅行会社に問われる事になる。始めのうちは先輩社員が教えてくれるけど、聞いた話では2,3度やると1人でこなす、または同僚と協力して行うようになるから直ぐに独り立ちする必要がある。

 仮にお前が外国人向けの旅行企画を立てる事になったとしよう。そして中国人観光客を担当し、日本の製品を購入する旅行を企画する立場について話すと、先ずバスの手配、そして都市内を動くからどのルートを通るかの事前確認、そして商品を中国語で説明したり、日本の場合、家電製品や化粧品、または医薬品などが人気だから、質問に備え、専門的な用語や特徴を理解しないといけないわけだから、ただ中国語をただ話せるだけでは通用しない。挙句の果てトラブルはつきもので、外国人は日本人と比べ、時間にルーズで謝罪もしない。挙句の果て文化の違いがあるから、例えば今までは中国人の話だったが、イスラム教の人が入っていると宗教でアルコールが禁止されているから、ハラル食品という専門のサービスを行っている所を探さないといけないなど、そんなトラブル防止を行わないといけない。つまり旅行業界というのは文化的な違いについても配慮して企画を練らないといけないから、担当する旅行の文化を理解しつつ、事前にどんな注意をしないといけないのかを考えるリスク回避のような部分を心得ておく必要がある。

 とまぁ、銀行、食品、旅行の3つの業界について簡単に説明したが、お前がどこに志望するのかは分からないが、仕事内容によって学生時代にやっておくべき事は変わってくる為、どんな下準備をするかは、これと言って決められているモノはない。それ故、学生時代に体験した事で具体的にどんなアピールをしないといけないのか?その辺を踏まえていないと的外れな回答を面接でする事になるだろう。

就活生が学生のうちに出来る下準備とは?

 先輩、志望先によってやらないといけない事は何となく分かりましたが、面接では具体的にどんな風に就活生を評価するんです?大学生とは言え、社会人になっていない為、仕事が出来るとは言い切れないモノがあります。それ故、学生時代にどんな事をすれば就活では評価されるのか?その辺について説明して頂けないでしょうか?

 今話した業界分析の内容を踏まえると銀行の場合、人を見る力、そして求めるニーズを掘り起こす力となる。同じように食品も旅行も客が求めるニーズを求めるという点では一緒だから、相手の為にどれだけの事をしたのか?その辺の経験はアルバイトやサークルなどでもアピールする事が出来る。

 例えばお前がサークルの部長となり、学園祭でイベントをする事になったとする。イベントを運営する以上、部員を集めたり、または学園祭に来てくれる人がお金を払って買いたいものを用意しないといけない。

 ただサークルの場合、ビジネスとは違って金で雇って部員を動かすわけではないから金銭的な理由で部員を動かす必要がある。偶々の恒例行事だとか、先輩という立場を利用して後輩を動かしたとかそんな方法ではなく、部員がやりたいと思えるように工夫を凝らす事をやった言い方ではないと評価されない。例えば学園祭までの間、バイトや資格など部員の予定を事前に把握し、空いている時間でどんな事が出来るのか逆算して内容を練る。また部員皆のモチベーションを上げるため、アイデアを出し、そしてそれを採用するなどを行い、自分の考えたアイデアを出来る限り実現しようとサポートするなど、皆のやる気につながるようなアピールをした方が良い。

 また客引きの際も、家族や友達を呼んで来客数を水増しした話ではなく、どうやって自分達の商品に魅力を感じてもらうのか?その辺に力を入れたアピールが良い。例えば絵を描いたプラカードを作ったり、ライバル店を視察して差別化したり、また商品が食べ物であれば、バラエティー性を持たせたり、試食させたり、匂いで誘ったりとそんな風なアイデアで勝負する内容が良い。

 まぁ、つまりセコイ手を使わず、実際にビジネスで使われていそうな方法で人を集めて結果を出した話が良いのだろう。一番理想的な方法としては、村の過疎化を食い止める為、地方からの客を増やす方法を企画し、村全体を巻き込むイベントを開催し、そのイベントの為、町内会から補助金が出たなどそんなアピールが出来れば素晴らしいね。

 とまぁ、そういう実体験が出来れば嬉しいけど、就活で求められるのは成功する為のノウハウであって、何故成功したのか?を答えられるのが重要だ。無論、「こうすれば絶対だ」という言い方ではなく、「こうした結果、こうなった」という経緯について話して判断を面接官に委ねる話し方にした方が良いだろう。それ故、もし可能なら、人の心を動かす説得力、そして企画力など、そんな事を学生のうちに経験出来れば評価も大きく変わるだろう。

就活でアピールする資格でやっておいた方が良い準備について

 先輩、言っている事は分かりますが、私はどちらかと言えばコミュニケーション能力はそんなに高くない方です。出来れば座学や知識など資格の準備で有利に進める方法を知りたいのですが、就活で資格をアピールする場合、どんな事に気を付けないといけないのでしょうか?

 銀行の場合、先ほどチラッと言ったが簿記の知識が必要になってくる。銀行では損益計算書や賃貸対照表で企業の融資を決める形になっている。今の2つは分かりやすく言えば企業がどのくらいの収益を出しているのかを見る表と、どのくらいの資産を抱えているのかを見る表だ。これを元にこの企業はどのくらいの融資であればこの期間で返済出来るかを判別する。この知識は企業の返済能力を見るだけでなく、自分達が融資をする際にも役に立つ。1つの例として簿記には古くなるとどのくらい資産価値が減るのかを計算する減価償却という計算方法がある。これは簿記では例えば1000万の装置の場合、「この装置は10年で価値が0円になると計算されますので、1年で100万分の価値が無くなっていきますよ。」計上される。この100万円分の価値は100万円損を出していると計算されるんだけど、全ての会社の利益を計上された場合、まぁ、マイナス100万円を計上しないといけないのだが、このマイナスは場合によってはプラスに働く場合がある。例えば税金の支払い時、「おたくは利益を1000万円出したので、半分の500万円払ってください」と言われるんだけど、もしマイナス100万円分があれば、「おたくの利益は900万なので450万円払ってください」と50万円分納税出来るようになるんだ。分かりにくかったかもしれないが、それだけ古くなっている資産があれば、払う税金を減らす事が出来るメリットがある。しかしこれが10年過ぎて、資産価値が0円になった場合、今までのマイナス100万円が計上されないから、「いつもより50万多く払ってください」と言われてしまう。そんな時、銀行員は「1000万円の装置を買って節税対策を取りませんか?」と言う。まぁ、つまり毎年50万円以上高い金額を払うくらいなら、新しいモノを買って、また50万円分計上した方が良いという話になるからお買い得ですよ。と言って、1000万円分の融資を出すきっけかになりうる。このように簿記の知識は企業の価値を計るだけでなく、提案営業に必要な知識にもなりうるんだ。

 何でこんなややこしい説明をしたかと言うと、就活ではそんな取得した資格に対する活用法を求めてくる事が多い。最近の就活生の中にはただ見栄の為に資格を取る人が多いから、その人を採用しても入社後その資格の活かし方を心得ていなければ何時まで経っても活かせない。その為、資格で就活生を判断する場合、「本当にこの資格を有効活用する事が出来るのか?」そんなテストまがいな質問をしてくるんだ。それで俺の場合、先のような「企業の価値と提案営業をする際に必要な知識になります。」と言って、「例えば?」と聞かれたから、上のような事を言って、何とか納得してもらえた形になった。

 このように就活では就活に有利になりそうな資格を取得するだけでなく、入社後、どのように資格を活用すれば良いのか?その活用法についてまで聞いてくる。だから資格でアピールする場合、実際に現場でその資格がどのように使われているのかを把握する必要がある。

 ついでに補足として言うが、銀行業務の他にはファイナンシャルプランナーという資格がある。この資格は主に資産価値や運用についてサポートする資格なんだが、近年、老後不安を考える高齢者が増えているから、自分の退職金をもっと増やす方法はないかと、そんな相談を銀行に持ち込んでくる人たちが増えている。ファイナンシャルプランナーは資産を増やす為の有効な資産運用について提案するのに役立つ知識だし、最近では不動産投資を始める人も多いから不動産価格を判別する為の知識としても使われている。

 銀行で専門的な内容が多かったから今度は食品業界で使えそうな資格について1つ上げるけど、日本は高齢化社会の移行に伴い、高齢者の数が増えている。その為、栄養価のある食品を提案する必要があるだが、どんな栄養素がどんなふうに体に訊くのか分からないし、日本人の場合、その辺の知識について詳しい人達が増えているから、こちらも負けずとその辺の知識を持つ必要がある。その辺の資格として有名なのが、栄養管理士の仕事だ。実際、栄養管理サポートという仕事で高齢者の癌や糖尿病などのカロリー計算を正しく行う上でのサポーターとして必要な資格にもなっているから、食品業界を志望する上で役立つ資格になると思われる。

 ちなみに旅行業界においても旅行業務取扱管理者という資格があって、主に旅行プランの作成のルール、旅行の広告の適正、旅行者トラブルの対応など、旅行企画を立てたり、案内したりする上での必要な知識を磨く資格になっている。少しだけかいつまんで言うと、旅行の広告を出す際、当たり前だが差別的な理由で旅行者を選別するような表記をしてはいけない。ただこの表記が色々と厄介で例えば外国人と書くと日本人を差別した評価になってしまってこの書き方はしてはいけないとされる。だから旅行カタログを書く際は、応募者の中に人を選別するような表記を書かず、タイトルや写真、または旅行代理店の説明で適性を見抜く方法を取っている。それ故、もし時間があれば一通り目を通しておいた方が印象は良くなるだろう。

就活生全員が事前にやっておくべき下準備

 さて今まで業界分析やら、学生時代に頑張った事や、資格などどのようにアピールして、そしてどんな経験を学生のうちに積んだ方が良いのか説明したが、就活では就活生全員に共通するやっておいた方が良い事が2つある。

 1つは就活資金の準備だ。就活とは大学の講義の合間に行われるわけだから、就活3年次には出来るだけ受ける講義の数を減らしておく必要がある。しかしそれだけでなくバイトも就活と大学の講義の合間に行うのは難しいし、その実、会社説明会や面接など何時起こるか分からないから、予定を決めてシフトを組むことは難しい。それ故、就活の合間はアルバイトをせず事前の蓄えのみで就活をする必要がある。

 就活で金がかかる点と言えば、リクルートスーツ3万、革靴3万、そして交通費5万など、単純な費用だけで10万を超えてしまう。更にこの中には就活半年分の通信費や食事代は含まれていないから30万ほどの蓄えは欲しい所だ。交通費が5万という金額をどう捉えれば良いのか、お前は分からないと思うから説明するけど、就活というのは1企業から内定を取るまでに説明会、筆記試験、面接を約3回。つまり5回ほど1つの企業を往来する必要がある。お前の自宅から大手町、新宿、池袋などこの駅までの交通費を調べてみて欲しい。この3つは就活でよく行く主要な場所になるから、一番高い交通費で20企業受けると仮定して計算してほしい。となると5万で収まる場合もあれば、大手町の地下鉄の値段で5万じゃ足りない人もいるし、地方からの交通費となると1ケタ分増える事になるだろう。

 言わばそれを見越して時間の余力があるうちにアルバイトや友人から金を借りるなど資金を蓄えておく必要がある。まぁ、親から金を貰える人なら論外かもしれないが、金を工面している事を理由に「ここを受けなさい」「ここは反対」など金に物を言わせる態度に出てくる場合があるから、金銭的な自立を得たい人であれば、事前の資金面の確保は用意しておくべきだろう。

 そして2つ目だがOB訪問だ。OB訪問と聞けば実際に働いている人達と会う為、「仕事の合間に会う事は失礼なのでは?」と思うかもしれないが、もし迷惑であれば会う前に断るだろうし、今は少子化の影響で人手不足が深刻だから少しでも良い人材を確保したいという向こうの都合がある。つまりOB訪問までしてウチを受けたい人を邪けんに扱いたくない心理が生まれるし、悪態をつくと今の時代SNSなどで悪い噂を立てられる可能性があるから、そんな初対面の人に失礼な事をしたとしても大事にはならない・・・と思う。

 まぁ、そんな不安はさておき、OB訪問を進める理由は大きく分けて3つある。1つは俺が一番最初に話した企業ごとの仕事内容を正しく把握する為だ。俺が話した内容も時代の流れによって変わっている可能性があるから、実際に現場で働いている人の話の方が信ぴょう性がある。「俺のような先輩から銀行はこういう働き方をすると聞いたのですが?」という出だしで聞けば、何処が違うか、どんな雰囲気なのか?をある程度把握できて微調整出来るから、俺以上の情報を確保する事が出来るだろう。

 後、2つ目だが、OB訪問をしたという事実を残せるという魅力だ。就活では実際にどんな学生がOB訪問をしたのかを記録に残す企業がある。実際、俺がOB訪問をした際は「食事の経費が下りる」という理由で会社自体もOB訪問を社員に進めるところもあるから、就活の際、OB訪問をしたという記録は他の就活生と比べられた際、有利に働くだろう。実際、俺が大手メガバンク、この場合、赤い銀行、緑の銀行、青い銀行の3行になるのだが、これらの銀行というのは名前が違う以外はほとんど同じ業務内容を行っているから、志望動機を聞かれた際、「どうしてウチを受けるの?」という質問に答えられず困っていた事がある。しかしOB訪問をすれば「3つの銀行の中で御行の社員の方が一番良かったから」という一番の言い訳が通る。銀行の場合、他の他行と違いを見出す方法として社員の魅力を徹底する事を行っているのが常だ。つまり人柄の良さで人を決めるというのがライバルと差をつける手法を認識されているから、人の好さでメガバンクの志望動機を決める1つの内容になっている。つまりOB訪問はそんな他社と差別化が難しい企業において、「お会いしたOBの中で御社が一番」とそんな口実を作る事が出来るから、志望動機を考える手間を省ける事が出来る。

 そして最後の3つ目だが、就活仲間が出来やすくなる。OB訪問をすると高い確率で社員の方から名刺を貰う事になるから、それが一種のOB訪問をしたという証明書みたいな存在になる。つまりいざ就活を始めた際、一人では全業界の情報を入手するのは難しいから、誰かと一緒に情報交換をして、自分に有利な就活を進める事になる。それ故、「俺、大手○○会社の人と会ってきたんだぜ」という事を言い、そして名刺を見せれば、それだけ俺は貴重な生の情報を持っている人と見られるようになる。となればメンバーを集めて「お前は金融、お前は自動車、んでお前はあの講義のレポートと講義内容写しておいて」と業界分析や講義に出席しないと手に入らない情報も仲間と組んで手に入るようになる。もしかしたら金も貸してくれるかもしれないしな。それ故、もし時間に余裕があるのなら、「OB訪問」と「資金調達」を事前にやっておいた方が就活を有利に進める事が出来ると思うぞ。

 先輩、そうは言っても今からOB訪問をしても間に合いますか?

 最近の就活では人材不足の中、少しでも学生を集める為に様々なサービスを実施している所がある。例えば同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」 というのがあり、これを通して、OB訪問をする方法だってある。それ故、もしかしたら俺の知らない新しいサービスをまだあるかもしれないから、ネットで検索して就活絵支援サービスを駆使して、先のお金に関する節約にもつなげるのも手かもしれないぞ。

スポンサーリンク

シェアする