満席だけど8割の確率で説明会を予約する就活生

シェアする

満席の会社説明会に参加する方法

「会社説明会が満席で予約出来ない場合の解決策ってない?」

「満席の会社説明会に参加する方法なんてない?」

「学歴フィルターで満席になっているのでは?」

 就活では会社説明会の参加が内定を取る上で欠かせない必要条件になっている所が多く、会社説明会の予約は就活において避けて通れない状態になっています。しかし会社説明会の予約は大手であればあるほど取りづらく、気づいた時には満席になっている場合がほとんどです。

 その為、就活では会社説明会の予約を簡単に取る方法はないかと模索する就活生もいますが、確実な方法は存在せず、最早メールをひたすら見続ける事しか解決策はないと考えている人もたくさんいると思います。

 しかし就活ではメールを見続ける以外の方法で会社説明会に参加する方法があります。ここでは会社説明会の予約獲得に苦労する就活生の視点から、如何に会社説明会の参加資格を取れば良いのか?その参考例を載せております。

スポンサーリンク

会社説明会の予約でいつも満席になる就活生の例

 リクナビやマイナビなど求人情報サイトに登録してから1ヶ月、企業から会社説明会の案内が来た。俺としては出来れば高収入の大手に入りたいと思っている。その為、選考の必須条件になっている会社説明会の参加は何よりもしておかないといけないし、案内が来たら直ぐ予約出来るようスマホをこの為に購入しておいた。

 そして会社説明会の案内は求人情報サイトから来る場合もあれば、大抵は企業ホームページの採用ホームページで個人情報を登録し、マイページを作る事で初めて送られるようになる。その為、出来るだけ第一志望候補の企業のマイページを作り、そしてメールが来るような状態にしていた。その為、準備万端な状態で臨んでいたと思っていた俺だが、この時の俺の考えはまだ甘かった。

 というのもある日、俺が目をつけていた大手からの会社説明会の案内がメールで来ていたのを知った時だった。早速俺は予約を取ろうとしたのだが、

「あれ、全部満席になっている・・・」

 メールが来たのは13時24分。そして俺はその時は講義を受けていたから、講義が終わった14時15分。つまり約1時間後にメールの中身を確認し、そして説明会を予約しようとしたのだ。しかし2週間分もある予約日が全て満席になっており、案内が来てから1時間くらい経つと満席になっているのだとこの時知ったのだ。

 前回の失敗により、俺は自宅でいつ来てもいいよう常にスマホを持ち歩くようになっていた。そしてメールが来てから30分後に案内が来ていた事に気づき、俺は早速マイページにアクセスしようとしたのだが、なんと全部の日程が満席になっていたのだ。

「メール案内が来てから30分で2週間分の説明会の日程が全部満席?」

 正直あり得ないと思った。仮に1日の会社説明会の収容人数が100人だったとして、2週間、しかも午前午後となると28回分、つまり2800人も予約する事が出来る。それがたったのだ30分で全部満席になるなんて正直想定外だった。試しにリクナビで何人がその企業をブックマークをしているか確認してみたが、「4万人・・・」。つまりこの企業に就職したいと思っている就活生は約4万人いて、そのうちの2800人が予約を取る事に成功したのである。つまり2800人と言っても、その規模は企業から言わせれば約7%ほどであり、就活ではそれが30分で満席になってしまうほどの量でしかないという事なのだ。

 そして俺がピックアップした企業のブックマークを見てみると、4万とまでいかなくても3万、2万8千、最低でも2万5千と大人数が募集している事が分かる。その為、俺は今まで以上にメールの確認をするようになった。夜の時間は流石になく省いているが、午前中の講義や午後の講義も講師の内容を訊かず、常に5分単位でメールの中身を確認するような事をしていた。正直なところ完全なスマホ依存症である。無論、話の内容は頭に入ってもいないし、ノートも断片的になっている。恐らく試験直前には講義を真面目に受けている友達から資料やノートをコピーしてもらう形になるだろう。 

 そんな大学の講義の時間を無駄にするような受講をして、ある日やっとメールが来てから15分以内の状態でメールを見る事に成功したのだ。そして俺は講義中である事にもかかわらず、スマホで会社のホームページを開き、そして画面に入ろうとしたのだ。しかし酷い事に何故だか繋がりづらく、ロード中のマークがずっと出ているだけである。これは後になって知ったのだが、大手の会社説明会の場合、多くの就活生がその会社のホームページにアクセスする。その為、志望先の会社ホームページは過剰なアクセスにサーバーが耐え切れず、通信障害のような状態になっていたのである。

 なるほどだから会社説明会の案内はいきなり来るようになっているのかと俺は思った。もしこれが「○時にメールを届けます」と事前告知していたら、多くの就活生が待機、そして今以上の過剰なアクセスが起こり、最悪の場合、サーバーダウンが起こる可能性がある。それ故、何時案内が来るかを教えず、いきなりやる事で急激なアクセスを避けようとしていたのだと俺はそんな勝手にそう考えていた。

 話はもとに戻るが、そしてやっとマイページで予約画面に入れた時には、もう既に約半数の日程が満席と表示されていた。そこで俺は急いで空いている日にちの予約を取ろうとしたが、何時の日が自分にとって都合が良いのか分からず、この時、スケジュールの書かれたメモ帳を見ながら空いている日を確認してしまったのだ。何が言いたいかというと、空いている日にちを確認する僅か30秒足らずの作業で、空席というボタンを押した瞬間入れなくなっていたのだ。アクセス障害とかと思い、改めて予約画面を見ようとすると、俺が予約しようとしている日にちは既に満席になっていて、どうやらスケジュールを確認している最中、他の就活生がその日にちを予約し、そして満席になってしまったのだ。その為、この会社説明会の予約は時間との勝負でもある為、少しでも時間を早くする為に事前に自分の空いている時間帯は頭に入れておいた方が良いと思った。

 そして残りの空席を見てみると終盤の午後の時間帯を中心に空いていて、仕方なくそこの日付を予約し、やっと会社説明会の予約を取る事が出来たのだ。しかしその会社説明会の日まで1週間ほどあり、その期間の間、何をすれば良いのか分からないでいた。個人的にもし他の会社説明会の案内が来て、その日と重なってしまったらどうしようと思っていた。こういう先の予約日の場合、別の会社説明会の日程と重なる確率が高く、それはある意味、志望出来る企業の数を減らす事に繋がると直感的に感じていた。それ故、予約出来たから良いと思えず、俺としては出来る限り、近い日程で会社説明会の予約を取る事が出来ないか?とそう考えるようになっていたのだ。

満席の会社説明会を予約する「効果的な方法」と「効果的ではない方法」について

oyako

 先のような体験をしてからネット上で簡単に大手の会社説明会の予約する方法がないかを模索した。そしてネット上では満席になる前に予約を取る方法というよりは、満席の会社説明会に参加する方法について中心に説明されていた。色々な方法はあったが、大まかにまとめると下記のようになる。

・事前にメールでお願いする
・直接企業に電話して参加を頼む
・予約を取っていなくても会場に行き、参加させてもらえるようお願いする

 などのこの3つが中心になって書かれていた。その為、この3つの方法について試してみたのだが、どれも上手くいかないような結果になった。というのも先ず事前にメールでお願いする方法についてだが、仮に満席になっている会社説明会に参加させてくださいというメール分を書いて送った場合、返事はメールではなく、電話で来ることが多い。

 電話を返してくれた人事部の人の話によると近年はセキュリティの観点から知らない人からのメールはそのまま返信せず、本人確認の為、直接電話で確認する方法を取っているらしい。そして大抵は「マイページからの予約のみでお願いします」または「また改めて説明会の案内を致しますので、その時に予約して下さい」と言われ、断られるのがオチになっている。ちなみにこういう風に言われて次の会社説明会の案内を待った事があるのだが、案内が一向に来ない事もあり、先の言い分はある意味、俺のようなしつこい就活生向けのマニュアル対応なんだろうと思った。

 そしてこういう風に電話で返事が来るのはどちらかというと珍しく、ほとんどの企業が返事をしてこないのである。これは俺の勘でしかないが、恐らく俺と同じように「満席になってしまったのですが、参加させて下さい」というメールを出している就活生が他にも大勢おり、逐一人事の人達がメールを出した就活生全員にコンタクトを取る事が難しく、よほどの事が無い限り連絡しないのではとそう思っている。

 となるとメールでお願いするのではなく、電話か直接会場に行って頼み込むしかないのかなと思ったのだが、この2つの方法について成功するケースと断られるケースの2パターンのケースが存在した。

 というのも先ず電話でお願いするケースだが、企業によっては先のマニュアル対応で断られる事があるのだが、時間帯によってOKが出る確率がある事に気づく。というのも当たり前だがもし俺が満席の会社説明会に参加出来るとしたら、予約を取ったにもかかわらず欠席する就活生が出た場合でないと席が足りず参加出来ない事になる。

 その為、人事の人からしてみれば、ちゃんと人が来ないと確認が出来てからでないと案内が出来ない為、就活生が「本日は出席出来なくなりました。」と断りの電話が入っている状態でないと俺に参加の許可が出ないわけである。つまり電話で会社説明会に参加出来る確率が高いのは会社説明会が始まる10分前である。流石に10分前になると欠席を申し出る就活生も数名おり、人事の人達も空席の確認をする事が出来る。そしてこれは直接企業の会社説明会に行った場合においても同じことで、10分前であれば「ちょうど今来れない連絡を受けた就活生が出たので、参加しても良いですよ」と言ってくれる場合がある。

 その為、会社説明会の10分前に連絡する事が一番なのだが、10分前に連絡するというのならそれはもう会場の前にいる状態でないと参加出来ないわけで、電話というよりもこれは直接人事の人に掛け合ってお願いをするのと一緒である。ただこの方法には3つほど失敗する要因があって、1つは「予約している人でないと参加出来ません」と他の就活生との公平性や、ルールに厳格な人事の人が相手だと通じない。そしてもう2つ目は企業によっては自社ビル内で開催される事があるのだが、1階の入り口にはセキュリティのゲートがあって、例え連絡がつけられても、セキュリティ上の観点から本人確認が曖昧な状態でビルの中に入れる事は出来ないと言われて断られる場合がある事。

 そして3つ目についてだが、仮に空席が生じ参加出来ても、次の選考の案内が来ない可能性があるのだ。これは予約システムの仕様の問題で、人事部の人達は今後の選考に参加する就活生に案内を送る為、会社説明会を予約した就活生達にのみに次の案内が送れるシステムになっている場合があるのだ。つまり予約していない人に次の案内を送る事はシステムの関係上出来ず、そんな特別処置が出来るのは、会社説明会にいる人事の人達ではなく、システム関連事業部の人達という事になり、手続きの観点から、予約していない人には送れないようになっているケースがある。

 その為、電話や直接会場で「説明会に参加させてください」と言っても、「システムの関係上、予約をした学生にしか送れない形になっていますがそれでも宜しいでしょうか?」と参加は出来ても、次の案内が来ないと言われてしまう場合がある為、就活では会社説明会に参加するよりも予約を取る事の方が大事だという事がこの時分かった。

 この3つの理由から、電話や直接会社説明会に行ってお願いして成功する確率は経験談で3割ほどである。無論、俺の時と比べ、IT化が進み、3つのようなシステムの都合上、次の案内が出来ないようなシステムが普及しているのであれば、更に失敗する確率は高くなっている。それ故、この会社説明会の予約においては、やはりメール案内が来てから15分以内に説明会の予約を取る方法を見出した方がよく、会社説明会の予約争奪戦に勝ち残る方法を見つける方が効果的である。

 そんな方法があるのか?と自分の願望を否定しようと思ったが、実は先の人事部とのやり取りで1つ気になる点がある。それはどの会社説明会でも必ず参加しない就活生が存在するという事実だ。

満席の予約画面から空席が生じる瞬間とは

sumafocheck

 会社説明会で必ず断りの電話を入れる就活生がいるのなら、マイページの予約についても事前にキャンセルする就活生がいるのではないかと、そう思ったのである。

 実際、別の会社説明会のキャンセルが出来なくなる数時間前、つまり深夜0時の1時間前の状況を見てみると、翌日の会社説明会の状況が満席ではなく、空席という状態になっているのである。これは俺が就活をしていた時に訊いた噂話であるが、就活では予約しても当日になって何の連絡もよこさずドタキャンする就活生が存在する。企業はそんな常識のない就活生を見抜くべく、予約システムには会社説明会に参加してもいないのに、キャンセルをしていない就活生を見抜けるシステムが搭載されているという噂である。

 実際、そんなシステムがあるかどうか知らないが、学歴フィルターがあるのだから、ドタキャン就活生を見抜けるシステムも搭載していないとは言い切れない。それ故、就活生の中には会社説明会のキャンセルが出来なくなるギリギリの時間帯になって予約をキャンセルする人が必ずおり、実際、俺はそれで深夜会社ホームページの予約画面を定期的に更新し続けて10社中8社の割合で企業の会社説明会の予約を取る事に成功したのだ。

 これは俺の推測でしかないが、あの15分で全席満席になるほどの過剰な争奪戦である以上、自分の予定が合わなくとも、「とりあえず空席があるから予約しておこう」と考える就活生がいてもおかしくはない。そしてその就活生は結局前日になって予定がつかず、先のシステムによるペナルティーを避ける為、キャンセルをする可能性があるから、キャンセルが出来なくなるギリギリの時間帯で待機していれば、キャンセルが出て、そこに滑り込んで予約が出来るのではとそう思ったのである。

 実際、キャンセルが出来なくなる1時間前の時間帯は、空席が生じるケースが多くあり、そのおかげで俺は数々の大手の会社説明会に難なく参加する事が出来たのだ。またその効果的な方法により、仮に俺自身、予定のない暇な日が翌日に起きたとしても、行ってみたい企業の会社に新規でマイページ登録を行い、そして空席の状況を見る方法を行えば簡単に予約が取れ、気軽に説明会に参加する気分で就活をするようになっていた。

学歴フィルターが原因で説明会が満席になり、予約が取れない就活生の場合

 このように例え開始案内が来てからのスタートダッシュで出遅れたとしても、深夜の時間帯で再度予約状況を確認すれば8割の確率で空いている。その為、予約が取れなかった場合のケースにおける悩みはほとんどない状態になったかと思われたが、会社説明会の予約にはもう1つ、学歴フィルターという問題がある。

 学歴フィルターとは低学歴の人を自動的に会社説明会の予約を満席の状態で表示し、予約出来ないようにするシステムの事を言う。中には予約画面に細工するプログラム的な事もあれば、書類選考の段階で低学歴の人を人為的に切り捨ている事も指す。言わば会社説明会の満席における問題はスタートダッシュに出遅れるだけの問題だけでなく、このような人為的な差別における対応もしないといけないのである。

 従来の方法では自分のアカウント以外にも高学歴のアカウントを作成し、フィルターにかけられれば、高学歴のアカウントの電話番号で人事に掛け合い「友達の予約画面が満席の状態なんですが、直していただけないでしょうか?」と言って、フィルターから外させる方法を紹介している所もある。ただこの方法だと15分以内にフィルターが外れるとは思われない為、本当にフィルターが解除された頃には本当に満席になっている可能性が高い。更に例え人事に掛け合ったところで、この手の問題は電話口に出るような人に詐欺ともいえるような権限を渡すわけがなく、更に人事とシステム部門は別の人が担当しているわけだから、訴えたとしても権限の分散化の影響で何時まで経っても解除されない場合がある。

 その為、俺が紹介した深夜枠での予約についても、学歴フィルターがかかっていれば、何時まで経っても空くわけがないが、事前に先の方法で人事に連絡し、フィルターから外してもらい、そして再度深夜で確認し、予約を取るという方法に賭ける。また他にも企業に直接、訪問し、熱意をその場で伝え、そして参加資格を勝ち取る方法もある。ただどちらの方法も先ほども言ったようにシステム的な問題で選考に参加出来なかったり、例えその方法で面接に進めたとしても、面接官が低学歴だと言う理由で切り捨てる場合もある為、向こうに選択権がある以上、完全にこの問題を払拭する事は出来ない。

 その為、この手の問題に対しては、学歴フィルターをかけない企業を見つけて出して、その企業を志望するという言わば、ダメだった場合に備えて、球数だけは増やしておくという方法しか打開策はない。それ故、就活で大手の企業から内定を取りたいのであれば、先のようなキャンセルが出やすい時間帯で再度確認する方法だけでなく、絶対大手に行くんだという根気のある作業についても取り組めるよう頑張るしかない。

スポンサーリンク

シェアする