食品業界の仕事内容と志望動機を大手内定者から聞く就活生

シェアする

食品業界の仕事内容って具体的にどういうの?

食品業界は商品によって仕事内容や志望動機が変わってくる。

食品メーカーと食品商社と食品加工会社の違いって何?

 食品業界を志望する上では食品業界の仕事について理解する事もそうですが、食品メーカーや食品商社、ならびに食品加工会社などの産業別の志望動機の差別化も行わなければなりません。

 しかし就活で食品業界の説明会に参加しても、商品の紹介や創業に至るまでの経緯について言うだけで、今後の選考に勝つ為、また自分がその仕事に向いているかどうか判断出来ない内容で終わってしまうと思います。

 食品業界の仕事というのは具体的にどういうモノなのか?そして食品業界は扱っている商品によって客のニーズが変わってくる為、客のニーズに応える為にも商品別の働き方についても心得ないといけません。果たしてそれが具体的にどういう働き方で違いがあるのか?

 ここではそんな食品業界の仕事内容や違い、そして志望動機の作り方をこれから食品業界を志望する後輩就活生と、大手食品業界から内定を取り、実際に食品業界で働いている先輩の2人の会話形式で食品業界の仕事内容や志望動機の作り方について説明したいと思います。

スポンサーリンク

食品業界の仕事内容

 先輩、実は親からさっさと内定を決めなさいという話が来ていて、もううるさくて仕方がない状態です。だから今選考中の大手食品メーカーから内定を取りたいんですけれども、食品業界から内定を取るためには具体的にどんなことをしないといけないんでしょうか?

 食品業界から内定を取る前に、まずお前自身が食品業界に向いているかどうかを確かめてみよう。

 まず食品業界というのは、まぁ、いろいろあるかもしれないが、大抵は自社が販売している商品を、コンビニ、スーパー、飲食店や工場などに卸す仕事をしている。

 だから仮にお前が食品メーカーに勤め、新商品を売り込む場合、今取引しているコンビニやスーパーの担当者に「新商品が出来たので店に置いていただけないでしょうか?」と言って買ってもらわないといけない。つまり食品メーカーの営業の仕事というのは自分達の商品を如何に店に置いてもらうのか、その手腕が問われる業務になっている。

 だからこそ、食品業界で求めるノウハウとして、卸売先の担当者を説得する交渉力だったり、正しく食品を管理している徹底力だったりする場合があるから、その辺の魅力を面接でアピールする必要があるだろう。

食品業界でアピールするべき自己PR

 なるほど。ではその食品業界でアピールするべき自己PRって具体的にどういうモノなのでしょうか?

 さっきも言ったけど、食品メーカーに勤めるのであれば、やはり卸売先の交渉力や、食品を安全に管理している徹底力などをアピールした方が良いと思っている。

食品業界が求める「徹底力」のアピールの仕方

 安全管理は勿論だが、SNSの登場によってバイトテロや異物混入などの情報が一気に拡散される時代になった事から、僅かなミスでも経営難に陥るリスクが出ている。だからこそ、不衛生な対応をしないとという意味も込めて、食品に対する意識の高さというモノをアピールしないといけない。

 しかし先輩、安全管理の高さや徹底力と言われましても、正直学生時代の経験でそんなモノをアピールする事が出来るのですか?

 別に食品業界における食の管理能力の高さをアピールしないといけないわけではない。言い方を変えるなら性格的な要素、例えば「妥協を許さない」、「自分に厳しい」など自制力の高さでも良い。食の管理というのは1種のルーチンワークだ。自分の扱っている商品がどのように処理されて、そしてどのように店に届けられるのか?様々なチェックを行う事で担当者に「これはこんな風に衛生管理しています」と応えられるようにする。そうなれるかどうかが食品業界で働く上での鍵となってくる。

 となると日々当たり前ような事をちゃんと出来るか?日々の習慣を身に着けられる人かどうかを見てくるわけだから、スポーツでも勉強でも毎日辛い日々をどのように処理していったのか?その辺の継続のメンタルについて恐らく面接で訊いてくる。

 その手の模範回答として「これを欠かすと後にツケが自分に返ってくる」「日々の鍛練で成長を感じるから」など、1つのミスが大きな問題を招くと意識している事だったり、苦しい所業でも楽しさを見いだせる性格など、そんな感覚があれば良い。だからバイトでもスポーツでも長く続けたルーチンワークみたいなモノがあれば安全管理に結びつけてアピールする事が出来る。

 なるほど先輩、となりますと私は学生時代、居酒屋のバイトをしていたのですが、飲食店では食中毒が起きないようにする工夫や、異物混入を防ぐ取り組み、またお客様のいる場所に虫が入らないようにする事などやっていました。その辺の話をすれば良いですかね。

 素晴らしい。そういう風にお前が新規開拓をした際、店の状況を知る上でもその知識は大いに役立つ。食中毒が起きないようちゃんと食材を適切に加熱処理しているか、使用している調理器具をちゃんと綺麗にしているか、店員の教育がちゃんとなされているかなどを確認して商品を扱うに値する取引先か見定める事もする。だから食中毒が起きないよう調理器具の使い分けや、熱いモノや冷たいモノを直ぐ届けられるようにしてあるか、またベテラン従業員が休んでもこの店は機能するかどうかなどを見る必要がある。だからその辺の知識を持っているのであればアピールした方が良いだろう。

食品業界が求める「交渉力」のアピールの仕方

 さて続いては交渉力についてだけど、日本の法律では独占禁止法により商品の価格を決めるのは卸売先であって食品メーカーになっていない。だから仮にお前が食品メーカーの営業で働く事になれば、売り先の担当者に頼んで「この値段で売ってくれませんか?」と交渉しないといけない。

 営業担当の人の中には商品を売る為に原価ギリギリで売ってくる人がいるから薄利多売になって売上が上がらない非効率なビジネスを行ってしまうリスクがある。だからこそ相手の言いなりになって販売しなくても良いような「多少高くても一緒に取引したい」そんな気持ちを売り先に思わせる交渉力というモノを食品業界では身に着けないといけない。

 先輩、言っている事は分かりますが、正直なところ価格決定権が向こうにある以上、相手の言いなりになるしかないと思っているんですが、一体どういう交渉をすれば、こちらにとって有利な価格交渉が出来るのでしょうか?

 確実に「これだ!」という方法はないが、1つの例として価格で勝負するのではなく、お前自身を売り込む方法がある。要は「この人と今後一緒に仕事していきたいから、多少の価格でも良いか」と思わせる、そんな交渉が安売りさせない1つのきっかけになる。確かに卸売先からすれば商品の安さも取引する理由に含まれているが、それ以外にもその買った商品がちゃんと店で売れるかどうかも1つの判断材料になっている。だから卸売業界の悩みに応えられるかどうかで交渉が有利に運ぶ事になる。

 例えば食品を売っているのだから「自分達の商品をどのように調理すれば美味しくなれるのか?」料理レシピを提供するというのも1つの手だろう。食のニーズには健康維持、美容、ヘルシーなど様々なモノがある。それら全てを担当者が心得ているとは限らないし、向こうが心得ていない知識やノウハウなどを提供して売上に貢献すれば「この人と一緒にいると仕事がはかどる」と思われて継続的に取引が出来るよう価格面でも優遇してくれる可能性がある。

 また食のニーズ以外にも取引先が小売店や飲食店が中心なのだから、その手の経営管理について提案するのも1つの手だ。例えば法律改正に伴いどのように経営していけば良いのか?と販売戦略におけるサポートもありだ。日本では東京オリンピックの影響で飲食店は全面禁煙が余儀なくされて、喫煙化の需要が減る問題が起きている。だからこそ新しい顧客を開拓したり、または別の販売方法を見出さないといけない状態になっているから、お前自身が持っている成功例があればそれを武器に商品提案が出来る。また他にもディスカウントショップでは酒税法の改正で、ビールを原価より安く売る事が出来なくなっている。だから安売り以外の販売戦略が求められるようになっているから、ここでも成功している販売戦略を売りに提案をしていけば突破口が開ける。このように自社商品を売るのも営業担当の1つの使命だが、取引先の経営をサポートする役目も担っている。だから窮地に陥った場合、どのように乗り越えれば良いのか?マーケティングや販売戦略などの知識があれば良いだろうな。

 先輩、確かに価格以外の方法ではその方法が良いと私自身も思っているのですが、しかし私は実際に商品を店舗で売っているわけでは無い為、経験が全くありません。そんな人の意見なんて正直訊く耳を持ってくれるとは思いませんし、更に健康や美容って医学的分野で、医者レベルの知識が必要って事ですよね?経営も同様で、正直そんな専門的を持っていない私が店の期待に応えられる程の交渉が出来るとは到底思えないのですが?

 別に入って直ぐ出来ないといけないわけではない。実際、最初は既存の取引先と仕事をしてその間、基本的な業務内容について心得ていく。そして業務理解の傍ら、実際に成功している販売例などを探して覚えていき、実践していけば将来的にはさっき言った専門的な知識の一部を身に着けられるようになる。またコンビニでもスーパーでも担当者は3年おきに代わる事がが多いから、お前は場合によっては新人の担当者と一緒にやり取りする事になる。となれば授業料の名目として価格も高くしてもらうなどのやり取りが出来れば良いし、大抵はそんな形でギブアンドテイクを結んでいき、お互いに支え合うビジネスを展開していく。だからこそ今は出来なくても面接で「将来○○のような事が出来ればと思っています」なんて言えれば、それで十分だと思うぞ。

 まぁ、それでも心配だと思うから、医学や経営など専門的なモノではなく、ありきたりなモノをアピールするのも良い。例えばバレンタインやクリスマスなど季節ごとの行事というがあり、そのイベントでどのように売れば良いのか?その辺のノウハウについて提案したり、最近では外国人観光客が増えているので外国人受けが良いサービスを提案するのも1つの手だ。また身内に乳児や高齢者がいれば、乳児食や介護食などの知識があれば良いし、アレルギーに関して言えば、小麦粉アレルギーだから、米粉を代用して料理を作るなどアレルギー対策の知識があると良い。要は面接でアピールするモノとしてコンビニやスーパーなどで働いた経験などを使って何故この食品は売れたのか?その辺の知識があれば内定に1歩近づく。

 まぁ、結局のところ、食品業界で成功していく為にはこの手の知識が必要だから、その手の経験があれば良いだろうな。実際、食品業界で働く人のほとんどは自分の商品を使って、美味しいかどうか自分で確かめているから、実際に足を運んで調べる、または自分の目で見て判断など、「自分で確かめる」「自分で経験している」何かをアピールして改善している性格をアピールすれば良い勝負が出来ると思うぞ。

食品業界の志望動機の例

 先輩、学生時代の経験をどうアピールすれば良いのかイメージ出来るようになりましたが、志望動機はどんな風に書けば良いのですか?

 志望動機を書くのであればやはり、食を通じて自分の人生を大きく変えたような内容が良い。というのも食品業界を例に志望動機を作るのであれば、自分の祖母が糖尿病を患っていて、しかし正しい食生活を実施した結果、症状が改善されたなど食を通じて人を助ける事が出来た経験から、自分もこの仕事に携わりたいというのが1つの言い方になる。

 まぁ、あとはそんなきっかけを持った後、糖尿病以外にも、健康、美容などで食のニーズがある事を知り、私自身、○○で人を喜ばせた事があり、その経験から食品業界に携わりたいと思いました。と言えれば1つの志望動機が出来る。

 ここで重要なのは、食品業界に関心を持ったきっかけと、そのきっかけからどんな風に食を活かしたいのか?その内容を志望動機に盛り込むのが重要だ。さっきの例でも身内の食生活を改善した経緯から食品業界に興味を持ち、そして食を通じて人を喜ばせる仕事をしたいという風にしたけど、「ああ、だからこの子は食品業界で働きたいのだな」とそう感じさせる内容になり、筋の通った志望動機が出来上がる。

 先輩、確かにそれだと筋が通っているのかもしれませんが、ただ身内に生活習慣病を患っている人なんていないので、なんか別の志望動機なんてありませんか?

 食品業界のもう1つの魅力として食べ物を町おこしの起爆剤にして地域を発展されるような仕事もある。お前は町や村がどんな風に発展していくか知っているか?1つの例として地元の名産品が売れるようになり、そこから外部によるお金が入り、町が発展していくパターンだ。ふるさと納税でも、B級グルメでも地方の名産品である食べ物が有名になれば、それだけで地方を活性化させる事になる。だから食イベントなどを開いて、知名度や販売網を拡大して地方にお金が入るようにする事も1つの方法になっている。

 だから食品業界の1つの志望動機として「町が衰退していくのがとても耐えられなかったのですが、ふるさと納税で地方の名産品が売れた事で活気が出て、食というのはこんな形で人々の生活を良くしていくのだなと思い、私自身、食のニーズを深め、将来は町の名産品を活かせるような提案者になりたいと思い、この度志望しました」という言い方が良いだろうな。

 先輩、確かにそれも1つの志望動機なのかもしれませんが、町おこしなんて、正直考えた事もありません。なんか学生らしく、簡単に作れそうな志望動機なんてありませんか?

 ではバイト先に来ていた食品メーカーの営業マンに憧れて志望したという言い方はどうだ?

 それならアルバイト経験があるだけで作れるし、実際お前はバイト先に出入りしている業者の人の仕事ぶりくらい見た事があるんじゃないか?その人の仕事ぶりを見て、そして健康なり、美容なり、飲食店のニーズに合う提案をしていて「町の飲食店を支えているようでカッコいい」とか言えれば、なぜ何故志望したのか、納得いく1つの理由になる。またさっき町の復興について話したけど、地元の名産品が売れた事で、工場が立ち、新たな雇用が生まれ、街から出た若い人達が戻ってきて、皆、笑顔で働くようになった経験を積んだ話を聞いて「私自身もそんな風に人々の生活を支えるようになりたいと思いました」と言えれば筋が通る。

 ただ食品業界は自分達の商品が売れてなんぼの世界だ。そんな人々の健康ばかり気を取られていえば「では介護食や栄養管理士などその手の業種に行けば良いのでは?」と言われてしまう。町おこしの件についても「なら市役所の公務員になって、食品業界と連携して企画を立てる企画課に君は行けば良いのでは?」と言われてしまうから、他業種と食品メーカーを差別化した言い方が必要だ。

 だからこの手の質問に負けない為にも「食によって人々の健康を支えたり、また場合によっては町おこしの企画を立てられると思いました。私自身、健康や栄養など食を通じて体調管理を整えるのが好きで、またマーケティングなどのも好きなので店舗中心に販売戦略や、実力があれば地方規模の販売戦略にも携われると思い、なら大手食品メーカーで経験を積み、健康やら町おこしなどの仕事に携わった方が良いと思い、この度志望しました」と言えれば尚の事良い。

 ただお前も分かったかもしれないが、健康や栄養と言っても、冷凍食品やチョコを使ったパンなどその手にあてはまらない商品を扱っている食品メーカーも存在する。だから結局のところ、食品業界から内定を取りたいのであれば「マーケティングや販売戦略など行って店舗の売上に貢献出来るような仕事をしたい、または地方の企画に携わり貢献出来るようになりたい」など商品を販売する意欲というのもアピールした方が良い。

 あとは「なぜそう思うの?」と訊かれた場合、「バイト先の店長との話で御社からお世話になった話を聞いて、またはOB訪問で御社の方からお話を聞いて」と言い、「私自身もそうなりたいと思いました」と言えれば、面接における志望動機の対策も効果を生む。

商品別で見る食品業界の仕事内容や志望動機の違い

 先輩、ありがとうございますいろいろと食品業界の仕事についてわかりましたし、またアピールするためにはどのようなことを考えないといけないのかがわかりました。ありがとうございます。

 いいや、正直なところ、これでもまだ中途半端だ。なぜなら今までの説明は食品業界全般に通じる内容であり、就活では必ずと言って良いほど「食品業界の中においてなぜウチを志望したの?」と個別に選んだ理由について訊いてくる。

 実際商品によって同じ食品でも働き方が変わってくるし、食品業界から内定を取るためにも「なぜこの会社なのか」を言えるようにしておく必要がある。だからこそ、更なる差別化に向け、これから商品別、つまり調味料、お菓子、飲料の3つに分けて、各食品業界の志望動機の作り方を教えてみようと思う。

 ちなみにこの3つに分けた理由についてだけど、俺たちが食べる食事というのは大抵は、朝食、昼食、夕食、間食の4つだ。そして調味料においては朝昼晩全てに使われていてもおかしくないし、一番幅広い分野を抑えているから、食品全般を理解したいのであれば、調味料を扱う企業を話した方が手っ取り早いと思って分けた。しかし、その中でもハブられているのが、お菓子と飲料で、お菓子は先の朝昼晩の食事に出る可能性は低いし、どちらかと言えば間食がメインだ。だから調味料とお菓子とでは働き方が大きく異なってくる。そして最後の飲料だが、これには自動販売機による販売を中心に行っている。だから食品業界の仕事内容の違いを理解する上でこの3分野の働き方について語ってみようと思う。

調味料・原材料を扱う食品業界の仕事内容と志望動機

 先輩、調味料って言えば醤油やお酢などありますね。調味料メーカーでは具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

 他の食品メーカーと違って成分的なニーズが強い。日本では和食が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されて、和食の特徴である素材の味を活かす調理法が注目を集めている。

 他にも高齢化社会によって栄養的なニーズも強くなっており、お茶の間で流れる料理や医療番組でも栄養素やら、含まれている成分やらで食べ物を紹介するから、近年の主婦層は成分的な知識も強くなっている。だから醤油でも、お酢でも、成分を壊さず調理する方法や、この食材を活かすためにどんな料理を作れば良いのか?そんな知識を身につけ、卸売先に紹介するような仕事をする。

 そして食品業界ではパンメーカーや冷凍食品などを専門に扱う会社もいるけれど調味料だけでなく、小麦粉や牛乳など原材料を扱う会社は、この手の大手とも取引する。それだけこの手の食品は広い層に支持されているから一番働きがいがある仕事かもしれない。

 それ故に調味料や原材料を扱う食品メーカーにおいては「成分的なニーズや、様々な食品メーカーと携われると思い、この度志望致しました」と幅広い分野に携われる旨を言えば調味料や原材料を扱う食品メーカーの志望動機として妥当になる。

お菓子を扱う食品業界の仕事内容と志望動機

 そして次にお菓子についてだけど、これは主食というより間食分野の需要、要は息抜きや、誕生日、お土産などで買われる事が多い。だからお菓子メーカーを志望する場合、これは健康や飲食店の経営のサポートというよりも純粋に食べたいと思わせる働き方が必要になってくる。要はお菓子をコンビニやスーパーに置いてもらう場合「こんな人を対象に販売しております」とお菓子の趣旨を伝えて販売してもらう事をする。

 また今までは営業の話だったけどお菓子メーカーの場合、営業よりも企画の方が重要だと言われている。なぜならお菓子メーカーの場合、1社だけで年に400もの新商品を出す業界で、数打てば当たる戦法を取っている場合が多い。だから「この客層で売れるお菓子とはなんなのか?」「なぜこのお菓子は売れるのだろうか?」など考えて、新商品を企画したり、販売戦略を考えたりする仕事になってくる。

 だからお菓子メーカーを志望する場合、「イベント企画やマーケティングなど自分で考えて人を喜ばせる事が好きなのでお菓子メーカーを志望しています」というのが妥当になってくる。

飲料を扱う食品業界の仕事内容と志望動機

 そして最後の飲料メーカーの場合、これは設置型のビジネスを行なっている。要は自動販売機でもそうだけど、飲料商品はコンビニやスーパーなど置いてもらう事を中心に行なっている。飲料業界の中で人気のビールメーカーにおいては飲食店などでビールサーバーを置いたり、またコーヒーの場合、事務所などにコーヒーメーカーを置いて売上を上げる戦法を取っている。要は「置いて下さい」と頼むビジネスを行なっているんだ。

 主な提案の仕方としては「会社内に自動販売機があるとわざわざ外に出て買いに行く必要はありませんよ」と時間の節約や会社内での滞在時間を売りに提案する事がある。

 他にもビールサーバーやコーヒーメーカーの場合「当店では取り扱っていないビールやコーヒーを売ることが出来ます」と手間を省いたり、新しいメニューとして入れる事が出来るという提案をしている。実際、今のビールサーバーは昔と違い店内に置けるよう小型化しているし、コーヒーの場合、バリスタに負けない本格的な味を目指してコーヒーだけで利益を稼げるようにしたりもしている。まぁ、今後はそんな提案をして業績を上げていくような仕事をするから「飲料の魅力を広げていきたい」というそんな志望動機になっていく。

 先輩、最後の飲料業界だけはなんかパッとしない志望動機に感じるのですが。

 正直なところ、飲料業界の場合、設置型ビジネスを展開しているから、自動販売機を如何に置くか、スーパーや飲食店に如何に置いてもらうかなどの人海戦術になりやすい。だから数をこなす必要があるから、飲料業界の場合、熱意もそうだが、体力の方も必要になってくる。だから依頼された仕事に対し最後まで勤め上げるプライドや責任をアピールすれば印象に良いと思うから、志望動機というより、学生時代に頑張った事でアピールするべきだな。

 先輩、各商品ごとにどのようなアピールをしないといけないのかは分かりました。ただ飲料では体力勝負と聞いて、先輩が知っている各食品における苦労話というのを何か知っていますか?

 調味料で言うのであれば、成分的な制約というモノが存在する。さっき和食の需要が高まっていると言ったけど、例えば”だし”を取る為に必要な鰹節というのはEUにおいては輸入制限がかかっている。その理由についてだけど、鰹節には製造の段階でベンゾピレンという発がん性物質が出るのが理由らしい。また日本には食品衛生法や厚生労働省が定めた食事摂取基準というのがあり、例えば1日の塩の摂取量をいくらまでと減らす政策を取ったりしている。これは日本だけでなく、世界的に行われており、WHOでは減塩政策と言って、塩を取る摂取量を減らせば癌の発生率が低くなるから、医療費を減らす事が出来ると、予算の節約や国民の健康に繋がるという事で、ここでも成分的な制約が行われている。

 今のは塩の例だったが、他にも油だったり、塩分が含まれている醤油だったり、心臓疾患や糖尿病、高コレステロール値に繋がる成分を取り除く動きがあり、実際に人気商品を扱っている食品メーカーでも「今後、成分的な健康意識が強くなって行く為、味付けが変わる懸念はあるが、今後のニーズに応える為にもやるべきだと判断した」と実際に取り組んでいる企業もいる。だから今後、その成分において成約だったり、政策による影響も懸念すると思われる。

 そしてお菓子についてだけど、最近ではコンビニやスーパーでも自社でお菓子作りを行っているから、自分達の置けるスペースが狭くなっている問題がある。自社で開発した商品の事を主にプライベートブランド、通称PBって言うんだけど、価格決定権がある卸売先が自社のお菓子を置いている為、中々他社のお菓子メーカーの置く事が難しくなってきている。PBは自社で開発している分、俺達他社のメーカーの人件費が入っていないから、俺達より安く売る事が出来る。更にお菓子メーカーの場合、多くの新商品を出してヒット商品を生み出す必要があるのに、卸売先の棚に何を置くのかを卸売先が決められるせいで、その得体の知れない商品よりも自社の商品を優先して置くようになっている。要はお菓子メーカーの新商品の置くスペースが減ってきているせいで、中々新商品が置けない状態になっているから、今後卸売先とのやり取りにおいて苦労する事になるだろうな。

 だから今、お菓子メーカーの中にはずっと人気である商品に絞り込み、そこから新しい顧客を生む方法を取るところもある。例えば東京オリンピックの影響で外国人観光客が増え、知名度の高いお菓子が売れるようになっている。だから人気商品に絞り込んで外国人観光客向けに商売したりするなど、新たな開拓が必要になってくるだろう。

 そして飲料メーカーの場合だけど、俺の聞いた話だと食品業界の中で一番大変なのはこの業界。というのも飲料と言えばビールや日本酒が人気なんだけど、最近は若者の酒離れの如く、アルコール関係の需要が減りつつあり、更に2017年に酒税法が改正されてディスカウントショップなどの安売りが出来ない状態になっている。この改正内容だけど、アルコール飲料においてはディスカントショップでは仕入れ値より安い値段で売っていたんだ。買った値段より安く売れば赤字になるのに何故こんな売り方をしているんだ?と思うかもしれないが、メーカーと卸売との間には販売奨励金というのがあって、言いかえれば「1本売れるごとに3円のお礼を出す」と飲料メーカーが卸売先の間で契約している。だから仮に1本売れれば3円分多く貰えるから、メーカー側からすれば売上本数が上がるし、卸売先からすれば仕入れ値より2円安く売っても、1円分の利益を生むから他社より安く売る事が出来、安売り戦略で有利に立てる。

 しかしそのせいで規模の大きいディスカウントショップではプラスになるが、一般の酒屋からすれば大量購入が出来ない以上、販売奨励金という契約は結んでこないし、不公平な商売になるから、これが出来ないよう仕入れ値より安く売る事を禁止する酒税法になったんだ。まぁ、当事者の間では今更感があるから「どうして」という気持ちがあるし、ただ今後どのようにディスカウントショップにおいては酒を販売していけば良いのか迷っているらしい。

 その上、自動販売機による設置型ビジネスなんだけど、従来であれば販売機の設置場所を増やす事で売上を増やしていく戦法を取っていたんだけど、人手不足の影響から設置場所が多すぎて人手が回らなくなり、長時間労働が原因で過労死まで起こっているから、この手のビジネスはもう上手くいかないとされている。だからコンビニやスーパーなどの展開を目指しているのだが、さっきの繰り返しになるがコンビニやスーパーはPB商品を扱うようになっているせいで飲料メーカーでもお菓子メーカー同様に置けるスペースや価格競争で負けているから、この戦法も通じなくなっている。

 もっと言えば、飲料ってアルコールやお茶やコーヒーが主流だけど、もうそれらの商品ってコンビニやスーパーに行けば必ずあるから、もう扱っていない店が日本にない状態で、新規開拓したくても出来ない状態になっている。だから今はライバル店から自分の商品に切り替えてもらうそんな戦法が主な新規開拓の方法になっていて、無論、長年親しまれ、そして取引経験が長い従来の人から自分に乗り換える事なんて滅多にない。挙句の果て「他に盗られる前に自分達が先に盗ろう」と同業者から取引先を奪う、言わば一種の共食いまで起こっているから酷い状態だ。無論飲料メーカーだけではないけど、だから飲料メーカーは今、新商品を作って、それを新しく置いてもらうなどの事をやっている。正に試行錯誤の状態なんだ。

食品メーカーと食品加工会社と食品商社の違い

 先輩、なんとなくですが調味料やお菓子、飲料などの働き方の違いについて分かりました。ただふとと思ったんですが、食品業界の中には、食品メーカー以外にも食品加工会社や食品商社など様々な言い方の企業が存在します。食品メーカーと食品加工会社、そして食品商社って具体的にどんな違いがあるですか?

 わかりやすく言うなら、食品商社というのは食材の調達を専門に扱う会社で、食品加工会社は食材の加工を専門に扱う会社だ。

 具体的な例で言えば、スーパーの担当者が魚を売る場合、わざわざ海に出て魚を獲ってくるわけがない。しかし魚を売る以上、誰かがその人の代わりに魚を獲ってこないといけない。それをやっているのが食品商社になり、食材を調達する仕事を請け負う。そしてその担当者は一方で捌きにおいては素人で、商品を売る以上刺身や寿司にして売りたいから、魚を好きな形で加工する仕事が必要だ。その仕事を請け負うのが食品加工会社で魚を刺身や寿司のように捌いてくれる。

 先輩、とりあえず食品商社の仕事は食材を集める仕事、そして食品加工会社は客の注文通りに食材を加工する仕事をしているのは分かりました。しかし先輩、その手の仕事って需要があるのですか?悪い言い方になるのですが、食品商社の仕事って要は食材の買い出しみたいなモノで子供の買い物と何が違うのか分からないでいます。また食品加工会社も機械化が進んでいる今、人なんて要らないのではと思い、どちらの業務もしょぼい印象を感じています。それらの仕事ってどんな魅力があるのでしょうか?

 食品商社の場合、安定して供給する役目を持っている。日本は島国であるから食材を自社で賄えるのは無理だし、食料自給率が低い以上、俺達が今、普通に食べている食材は海外からの輸入がないと成立しない状態になっている。要は自分で賄えない以上、海外の人達と協力してやっていかないといけない状態になるんだ。

 例えばコーヒー豆の場合、コーヒー豆は日本で作る事が難しいから、これも海外からの輸入に頼っている。1回だけの取引なら何とかなるがコーヒーは1年中人気な商品で常にコーヒー豆を仕入れないといけない状態になっている。だから食品商社はコーヒー豆を買うだけでなく、コーヒーを1年中仕入れるインフラというモノを作らないといけない。その場合、1年中取引してくれる農家を海外で探して、また日本の食に関する規定は厳しいから、その規定に沿ったコーヒー豆を作ってくれるよう依頼しないといけない。場合によってはそのコーヒー豆の作り方を教える場合があるから、コーヒー豆を作るだけでも田畑の知識や栽培を現地の言葉で説明しないといけない場合がある。

 また正しく規定のコーヒー豆が出来ているか確かめる為に検査も必要で、企業によっては現地で工場を作り、大きさや形が既定のモノになっているか、また収穫の際に入った虫や砂を取り除かないといけないから、精選処理も必要になってくる。

 つまり食品商社の仕事というのは外国人と話し、教育し、場合によっては現地で工場を作り、規定の商品になっているか確かめる工場運営も行ったりする。これがもし三菱商事や伊藤忠商事などの大手になると、農家までの道を整備したり、車を現地で運んだり、また港まで作って日本に確実に届ける為のインフラを作り上げたりする。

 だから食品商社を志望する場合、「日本の食料自給率の低さから食料を安定的に届けたい仕事をしたいと思いました。ですので将来は海外から食材を確保する為、その手のインフラを手掛ける仕事をしたいと思い、この度御社を志望しました」という言い方が妥当になる。

 続いて食品加工会社の話だが、これは安定供給を実現する使命を担っている。さっきの食品商社においても食材の安定供給の話はしたけど、食品加工会社の場合、衛生面や生産量についての課題を抱えている。

 やきそばメーカーではかつて虫が入っていた画像がネットにアップされた事で商品が販売中止になる事があった。その為、食品工場では虫が入らないように全ての生産インフラを見直して、異物が入らない体制を作って再出発している。このように少しの不備があっただけで全ての商品を回収しないといけなくなったり、または販売停止に追い込まれるから、食品を生産する工場業務というのは衛生面を整えないといけない課題を抱えている。

 そして分かりやすいように様々な料理に使われている牛乳で説明してみようと思うのだけど、牛乳ってそのまま飲料として使えるし、場合によってはヨーグルトやチーズ、または生クリームがあったり、その生クリームにおいてもケーキ用やカフェ用かなど商品によって対応が変わってくる。このように同じ原料で様々な商品に作り替える食品加工会社においては、各々の商品がどのように加工され、その際、どのような衛生管理を行っているのか、その点を把握する必要がある。

 牛乳のような乳製品の場合、殺菌処理しないといけないからどのくらいの温度で何秒間熱しないといけないなど把握しないといけない。そして商品の1部をピックアップしてちゃんと正しく処理されているのか確認しないといけない。主に細菌が入っていないかだとか、正しい成分配合で作られているかなど機械にかけて調べる事をしている。また今までのは食材に関する話だったが他にも乳製品を包み込む包装業務も気を付けないといけない。包装業務はただパックに詰めれば良いと思っているかもしれないが、包装紙が傷ついていたり、汚れていたりなどすればそれも規格外となり、市場に出てしまったら全商品を回収しないといけない事態になるから定期点検は欠かせない。

 このように原材料でも生産方法でも包装紙においても、様々な部分で定期点検をしないといけないから、いつも当たり前に起こっている事を真剣にやり続ける覚悟というモノが必要になってくる。だから志望動機を作る事においては「商品を安全に安定してお届けしたい」と書きつつ、学生時代に頑張った事においては「妥協を許さない」「自分に厳しく」また「当たり前の事を真剣に長い期間やり続けた」などそういう経験があればアピールした方が良い。

食品業界の今後の展開について

 先輩、色々と食品業界について説明していただきありがとうございます。これでどのように考えて志望先やアピール内容を練れば良いのか考えられると思いますので、あとは自分でやってみます。ただ最後にもう1つだけ、食品業界って将来性はあるのでしょうか?

 食品業界の将来展望について考えたいのであれば、やはり人手不足の影響について考えた方が良いだろうな。食品業界では食材を調達する1次産業、食材を加工する2次産業、そして食品を販売する3次産業の3つの分野に分かれている。この各産業で人手不足が続いていてそれによる影響が出ている。

 例えば今まで人気商品だったポテトチップスの商品が販売停止に追い込まれた事があった。この主な原因は台風などによる悪天候でジャガイモが育たなかったという話もあるが、もう1つの原因としてジャガイモを育てる農家が少なくなっている原因もある。要は農作物などの生産量が減っている為、1つの当たりの取引料が上がってしまい、仕入れ値が上がってしまう問題が今起きている。言い方を変えれば俺達がいつも当たり前に食べている食品が値上げをしてしまったり、人気商品が販売停止に追い込まれてしまう状態が起きている。実際、台風が起きただけで野菜の価格が増える問題が起きているしな。

 だから今後1次産業分野においては新たな人材の担い手を見つける必要があり、若手を育てる、または海外から新しい販路を作り上げるなど、そういう取り組みが必要になっている。

 そしてそれは3次産業でもあるコンビニやスーパー、そして飲食店でも同じだ。最近は人手不足の影響で飲食店はブラックだと言われている事態になっているし、人手不足を補う為、無人のコンビニを開こうという動きもある。もしそうなってしまったら、今後、卸売先との信頼関係の築き方が大きく変わってくるし、従来のやり方も通じなくなってくる。

 まぁ、だからこそ国内だけでなく海外にも需要を広げる動きがあるのだが、ここでも大きな壁がある。さっき話したEUの輸入制限以外にも、設備的な問題も発生している。

 というのも海外の場合、日本のように冷凍設備や電力インフラが整っていない場合があるから食材を保存したくても、「停電になったんで腐ってしまいました」「お宅に運びたいのですが冷凍設備付きの自動車が無いので運べません」など発展途上国ならではの問題がある。

 他にも日本と比べて治安が良くないからビジネス展開が出来ない問題があった。実際、自動販売機ビジネスは海外では成功しないと言われていた。なぜなら海外では自動販売機だけでなく、ATMもそのまま盗むという方法があったから設置型ビジネスなんて展開したら盗まれるなんて事もあった。

 あとは異文化による違いもある。欧米の場合、日本人と比べ唾液の量が多いせいで生魚などの味付けが分からないという問題もあり、生魚などの需要が伸びづらい問題がある。

 まぁ、そんなこんなで今後食品業界は人手不足の対応に迫られ、食材の確保をどうするのか?人手が足りなくなる場合、どうすれば良いのか?などその辺の対応が今後必要になってくるだろう。

スポンサーリンク

シェアする