仕事を辞めたい転職成功者の例

シェアする

「仕事を辞めたいけど転職理由を考えないといけない」

「人間関係で仕事を辞めたいけど転職に失敗したらどうしよう」

「仕事を辞めたい、しかしどんな風にアピールすれば良いの分からない」

 など今の職場が苦痛で今すぐ辞めたいと思っている人は大勢いると思います。しかし失敗するリスクや、面接官が納得する転職理由も考えるとなると中々踏み出せないかもしれません。その結果、不発に終わってしまい今の現状から抜け出せずに悩んでいる人もいると思います。

 仕事を辞める上では辞職するリスクや、転職に成功するまでのあらゆるコツを心得なければなりません。しかしそれが分からない。だから具体的にどんな風にしないといけないのか分からない。

 ここでは実際に仕事を辞めたくて転職を考えている後輩と、同じ理由で、しかし転職に成功した先輩の2人の会話形式で、仕事を辞めたい場合、どのように転職活動を行えば良いのかを説明しております。

スポンサーリンク

仕事を辞めたいけど、転職以外の方法はないのか?

 先輩、もう今の仕事が嫌です。今の職場は給料は安いし、長時間働かされるし、上司は酷いなど辞めたい要素が沢山あって、仕事を辞めたい気持ちでいっぱいです。ただ感情の赴くまま仕事を辞めてしまったら、なんか失敗しそうなので転職に踏み切れずに困っています。こんなもどかしい気持ちをどうすれば解消できるのか、教えて下さい。

 仕事を辞めたくなる背景として『自分はこの職場に必要とされていない』または『今のままじゃ将来取り残される』など職場に対する不満や、将来に対する備えが不十分の場合に感じてしまう。だから打開点としては現場から必要とされるスキルを身に着ける、または将来起こるであろう問題に対し、どのように解決すれば良いのか?事前の準備を始める。こんな事をすると仕事を辞めたい気持ちが薄らいでいく。

 先輩、言っている事は分かりますが、それが出来れば苦労しませんよ。それに仮に資格などを取って活躍するとウチの会社の場合、『これもやって、あれもやって』と逆に仕事を押し付ける口実になり、長時間コースです。それにウチの会社にも出来る人はいたんですが、仕事が出来ると周囲から疎まれて人間関係が悪くなって、結局その人は辞めちゃいました。先輩の言う実力があると報われるというのは、ちゃんと評価してくれる環境があってこそです。しかしウチの会社の場合、仕事が出来ると押し付けられる、または疎まれる労働環境なので、正直努力が報われない職場です。

 ちなみに他の上司に訴えたり、異動届を出したりはしたのか?

 先輩は一度発言した言葉は戻らない恐怖ってモノを理解していないみたいですね。一度下が生意気な事を言えば出る杭は打たれるの如く、要注意人物として逆にいじめの対象になります。それに異動届だって理由は何を書くんです?異動したい場合、今の職場の人達に知られる事になるので『どうして?』と訊かれたらここでも出る杭は打たれるの如く、酷い末路が待っていますよ。

 酷い職場だな。となるとやはり転職で今の職場から脱するなどの方法が一番良いという形になるな。

ただ仕事を辞めたいだけでは転職は失敗する

 ただ先輩、確かに転職して良い職場に出会いたいと思いますが、転職というのは失敗もします。もしかしたら何処からも内定が貰えず、会社に転職している事がバレて、会社にいられなくなる場合もあります。ですので転職に成功するノウハウってモノがあれば教えて頂けないでしょうか?

 ただ仕事を辞めたいだけだと転職は失敗する。

 転職者の中には、ただ辞めたい気持ちがいっぱいで、自分が何をしたいのか考えていないまま転職する人がいる。そうなるといざ転職活動を始めた場合、『なぜウチを志望したの?』と質問に答えられず、いつまで経っても転職出来ない人もいる。

 向こうからすれば、ウチで働きたい理由があって来たと思ったら、前職の仕事が嫌だったからウチに来たみたいになると『消去法でウチを選んだのかな?』という風に捉えてしまいかねない。転職というのは向こうが採用したいと思わせてこそ成果が出る。だから消去法でウチを選んだと思われれば、それだけで採用を控えてしまう場合があるから、マイナスイメージを持たせる事は極力避けるべきだ。

 となると先輩、転職に成功する為には向こうが欲しいと思えるアピールをしないといけないと思うのですが、具体的にどんな理由が採用したいと思えるアピールなのでしょうか?

 コツとしては、前職を辞めざる得なかった理由を伝えつつ、だから私は今度はこんな風に働いてみたいです、と会社に貢献しそうな理由を述べられないと難しい。少しでもプラス要素がないと居座る目的で転職してきたと思われかねないからね。やっぱり転職理由には『もっと飛躍したい』『こんな成果を上げてみたい』と言って『御社だと出来ると思いました』と言えるようになる事が重要だ。

 先輩、言っている事は分かりますが、私にはそんな今の職場で才能が発揮できないと思えるような才能なんてありませんよ。つまりそれって転職で成功出来ないって事ですよね?

 まぁ、お前自身に魅力がなくても打開点はある。なぜならその後の面接の流れとしては『ウチで働く事になったらどんな風に成果を上げていく予定なの?』と転職後のキャリアプランの話をすると思う。だから志望先の業務内容について調べ、そして自分がその企業で成功するイメージを面接官に伝える事が出来ればお前の魅力をアピールする事が出来る。要は成功するノウハウを面接で述べられれば問題がないってわけさ。

 先輩、それってなんか嘘っぽいような気がするんですが、それで良いのですか?

 何を言っている。それは嘘ではなく、プレゼンテーションだ。要は『俺は今後このように働き、利益を稼ごうと思っています。そのやり方が妥当かどうか判断して下さい』と自分の今後のキャリアプランを提案し、そして面接官に納得してもらう。そんな事をすれば良い。

仕事を辞めたいけど、また似た職場に転職する事を防ぐためには?

 先輩、確かに転職って自分をアピールするのだからプレゼンみたいなやり取りで、そこで自分の提案を通るようにするという言い方は分かりますよ。しかしそのプレゼン内容が分からないから困っているんじゃないですか?一体どうやってその手の魅力的な自分をアピールする内容を作れば良いのですか?

 要は志望先の成功者の例が1つでもあれば良い。所詮、転職などモノの言い方だ。そんな良い経歴を積んでいなくても、面接で立派に成功しそうなイメージを持っていれば採用される確率が一気にあがる。

 では先輩、そんな成功例を一体どうやって見つければ良いのですか?

 俺の場合、ネットの口コミで退職者の不満を見つけて企業が抱えている問題を推察して、そして『この企業ではこんな人材が必要なのではないのか?』と考えて、アピール内容を決めたよ。実際、俺は転職サイトの口コミを利用して、長時間労働ではなく、かつ給料が高い企業を見つけて、そして退職者の不満をある程度まとめて『私ならこんな形で問題を解決出来ます』と言ったよ。俺はIT業界で業務改善系のシステムを開発した事があったから、この手の知識を利用して『業務を改善できますよ』とアピールしたよ。

 先輩、それは先輩がITという専門知識を持っているからです。私のように全く取り柄がない人の場合、どんな風にアピールすれば良いのですか?

 他にも口コミで活躍している人の例を見つけて『こういう人はどんな風に成果を上げているんだろう?』とネットや本でその手の事で成功している具体例を2,3個見つけて、それを面接でアピールする手もある。結局、志望先の成功者と俺を面接官が重なるような事が起きないといけないから、正に俺がこの手の成功者に必要な知識を持ち合わせていると思わせないといけない。だからこそ、志望先業務の内部事情を心得る必要があり、口コミなど志望先の会社で働いた事がある人の意見は貴重だ。

 しかし先輩、志望先の退職者が退職した理由が載っている口コミなんてどこで見れば良いのですか?

 10万件の企業口コミ。キャリコネ というのがある。実際、俺も利用したが、給料が高いけど飲み会が多くて手取りが少ないと書かれていたり、大手企業の子会社であっても親会社からの要望が多すぎて、休む時間がないなど、給料や規模に申し分なくても、転職前と変わらない労働環境に遭遇する場合があるから、やはり転職に成功するには志望先の情報が不可欠だ。

スポンサーリンク

シェアする