高学歴で資格があるのに失敗する就活生

シェアする

university

「高学歴なのに就活で失敗する理由って何?」

「資格が沢山あるのに一向に評価されない」

「高学歴の人がするべき対策って何かある?」

 就活生の間では就活で有利になる要素として学歴や資格があります。しかし最近の就活では高学歴なのに何処からも内定が取れない人がいたり、難易度の高い資格を持っていても面接では一向に評価されない人もいます。

 高学歴であれば学歴フィルターには引っかからず、面接に行くのには有利な代物です。そして資格においても入社後、業務によっては仕事がないとやっていけない職務もある為、難易度の高い資格が取れるという事は、その手の業務をこなせる可能性が高く、企業に多大な貢献をしてくれる可能性を秘めています。

 しかし、就活では学歴や資格を持っていたとしても失敗する人がいます。

 何故学歴や資格があるのに大手どころか、何処からも内定が取れない人もいるのか?ここではそんな疑問を持つ後輩就活生と、現在、人材コンサルタントとして働いている先輩社員の2人の会話形式で就活における学歴や資格について説明したいと思います。

スポンサーリンク

高学歴が評価されなくなった理由

students

 先輩、お久しぶりです。今就活をやっているのですが、私のように良い大学を出て、更に難易度の高い資格を持っていれば就活は安泰だと思っていたのですが、就活が近づくにつれ、学歴や資格を持っていても就活は上手くいかない。どちらかと言えば失敗談ばかり聞くのですが、本当に就活というのは学歴や資格を持っていてもダメなのでしょうか?

 学歴や資格で勝負するなんて、言いかえれば「肩書」で勝負するのようなものだからな。「俺はお前より年上だ」「俺は○○の息子だ」のような肩書で自分をアピールするような人と一緒に働きたくないだろ。過去にそんな人を採用した結果、組織内で亀裂が目立ち、本人は責任放棄するなど、肩書以外で勝負出来ない人は、そりゃ、社会から受け入れられるわけがない。正直なところ、学歴の場合、就活で役立つのは学歴フィルターに引っかからない、または学歴至上主義の面接官にあたった場合、有利になるなど、その手の場面でしか役に立たないと思っている。

 昔であれば、大学卒というだけで重宝されたけど、今の時代、学生の2人に1人が大学に進学しているし、実際に高学歴の人を採用し、本当に社会の役に立つのか?実際に経験しているわけだから、学歴で人を判断しても決して仕事が出来るわけではないと知っているわけだから、最早学歴で人を見る事は時代遅れなのかもしれない。

 しかし先輩、どうして高学歴なのに仕事が出来ないという話になるのでしょうか?学歴が高い場合、物覚えが良いという理由で他の人より社会に役立ちそうな感じがするのですが、具体的にどんな人が高学歴なのに就活に失敗するのか?教えて頂けないでしょうか?

 個人的に以下の2つが主な理由だな。

① 謙虚さが足りない

② 仕事が出来ない人の気持ちが理解出来ない

 まぁ、イメージしづらいかもしれないが、例えばこのESを見てくれ。

Q. 自己PR

私の長所は、徹底力です。

 私は常に分からない点があれば、自ら調べ、そして問題がないよう徹底致します。例えば大学時代、株に関するサークルで部長を務めていたのですが、株は変動が激しく、常日頃から情報収集を徹底しなければいざという時に成果を挙げる事が出来ないと思い、新聞やニュースなどの情報誌を見る事を部員に課題として与えていました。

 しかし課題をこなさない人、またはこなせない人も部員の中におり、その人達に対しては遅れを取り戻すよう小論文を書くなどの罰なども与え、汚名返上のチャンスを与えました。しかし私の指導をもってしても十分理解出来ない人もおり、無理に力を入れても習得出来ない人も世の中にはいる為、私はその人には別サークルを薦め、退部させていただく事をしていました。結果的に私のサークルでは投資金額に対し、高い還元率をキープしており、大会上位に入った事があります。

 部員を指導する手腕もありながら、私は更に自分の腕を磨きたいと思い、金融フィナンシャル関連の資格を在学中に取得し、そして知り合いを通じて、実際に現場で顧客相談を想定した訓練を受けた事があります。その為、私には高みを目指す為に様々な事に挑戦し、スキルをあげていこうという徹底力があり、御社のリテール部門においては、顧客のニーズに応えた提案が出来ると思います故、貴社で活躍出来ると思っております。

 文字数はあえて無視して、もしこれを見て何の問題もなく、「ESにこれを書いて提出する」なんて言ったら、これはもう失敗する高学歴予備軍の可能性が高い。

高学歴なのに失敗する理由「謙虚さが足りない」

 先ず高学歴なのに失敗する就活生の特徴として「自分の実力の高さを示せれば良い」とそう考えている人が結構いる。しかし会社で働くというのは決して自分の力量が高ければ良いというわけではない。始めのウチは仕事が出来て周囲から賞賛されるかもしれないが、日本企業の場合、実力主義も導入しているけど、まだまだ年功序列による組織体制が残っている企業も数多くある。つまり実力のある人が周囲にいれば、会社としては良いが、周囲からすれば自分を陥れる危険のある人と見られるから、会社で働く上ではそんな摩擦に合わないようにする為に裏で手を回す、または避けるなどの処世術というのが求められる。

 ただ高学歴の人の中には「自分の方が頭が良い。だから俺の方が称えられるべきだ。」と自分の実力を主張し、受けるべき当然の恩恵を求める人がいる。しかしそれだと周囲からの反感や妬みなどが生まれ、そして逆に陥れたり、ミスがあっても助けてくれない、支持が集まらず昇進出来ないなど、様々なトラブルが生じる。言わば出る杭は打たれる状態だな。こうなると当の本人も通常運転で仕事が出来るかと言われるとそうでもないし、最悪窓際族の一員になっている場合がある。つまりお荷物だな。それ故、就活ではそんな人を採用しないよう、プライドが高い、また自己顕示欲があからさまに高そうな人の採用は控える傾向になっている。

 そういう部分でそれを判断するかというと先のESで文章の終わりに「貴社で活躍出来ると思っております。」と締めくくっていたけど、学生の立場であれば、十分な経験を積んでいるとは思われないし、仮に現場で働いている人の指導の下で訓練を受けても、仕事が出来るようになったとまでは思われないのが普通だ。その為、貴社で活躍出来るという言い方は正直仕事を舐めていると思われ、「周囲と軋轢を生まずに仕事が出来る人なのか?」とそういう風に疑われる。だからこの場合、相手に不快を与えないよう「力不足かもしれませんが、出来る限り頑張りたいと思います。」「努力していく所存です。」など謙虚な言葉で書く事が大切なんだ。

 他にも「私の指導をもってしても」「部員を指導する手腕もありながら」など自分の実力を誇示する文面もマイナスの対象となる。後は面接で「目上の人との付き合う上で気を付ける事」「取引先でトラブルを起こさない方法」など処世術や謙虚な振る舞いなどを確認する質問をしてきて、性格的に問題があれば高学歴でも不採用という形になるだろう。

高学歴なのに失敗する理由「仕事の出来ない人の気持ちが理解出来ない」

 さて、高学歴なのに内定が取れない人のもう1つの特徴として、他人を見下す、または排除する事が当然と思っている人が中にいる。先ほどの自己PRの例では、内容を十分に理解出来ない人に罰を与えたり、または退部させたりしている面が見える。確かに本当に向かず手の施しようがない人であれば、辞める選択肢を促すのも出来る人の務めなのかもしれない。しかし高学歴の人の中には始めのうちから人を見下したり、または馬鹿にしたりする人もいる。そういう場合、「出来ないからと言って悪口を言うのは良くない」と諭す事は出来るのだから、実力のある人の中には「何故この手の事も理解出来ないのか?」と出来ない人の気持ちを理解出来ない人もいる。

 会社で働くという事は組織内で働くという事を意味する。昔であれば「お前の代わりなどいくらでもいる」と常套句で何とかなったかもしれないが、今はSNSが普及し、この手の事はパワハラ、またはブラック企業として扱われる。つまり仕事が出来るのに自分の日ごろの言動で窮地に立たされるリスクがあり、そんな人は例え高学歴であっても評価されず、不採用になってしまう。

 また他にも今の時代は少子化と言われている事から、少ない人数で最大限のパフォーマンスを生む体制が求められている。それなのに、相手の実力が乏しいからと言って、排除に踏み切る、または見下すだけで終わる人は、社員を成長させる事が出来ない人物でもあるから、採用する側からすれば、社員が成長しないどころか、その人しか出来ない仕事ばかり作られるようになるから、言いかえればその人がいないと会社が回らない依存体質になってしまうというわけだ。そうなると仮にその人が次のキャリアアップの為、転職したり、または病気や事故などで会社に来れなくなると、その会社は果たしてちゃんと機能するのか?怪しい所になる。まぁ、会社全体がというわけではなくても、1事業で同じような事が起これば、折角軌道に乗ったビジネスがたった一人の社員の欠員で成り立たなくなる。言わば脆弱な組織体制が出来上がってしまうというわけで、会社としてはそれは宜しくない。となると会社がやらないといけない事は、出来ない人を出来る人間に育てるのではなく、そんな実力のある人の意識を変えさせる。そちらの方を優先させないといけない。

 それ故、就活生を見る1つのポイントとして協調性があるかどうかを見ている。例えばもし上のESが「部員の1人が要領が悪い為、何故出来ないのか、本人に頼んで何が分からないのか?徹底的に聞く事にした。その結果、口による説明と、文章のみの資料ではなく、絵やグラフを持ちいて分かりやすく説明したり、または形式的な言い方ではなく、ストーリー形式で話したり、また子供でも分かるような簡単な言葉で極力説明出来るようにするなど色々と改善点が見えた」などそういった不器用な人をサポートする事に尽力する面が見れれば印象は大きく変わる。

 少なからず面接では「仕事が出来ない人がいた場合、どんな風に対処するのか?」その辺を中心に見てくる事になるだろう。高学歴の場合、「自分は頭が良いのだから問題ない」と他人の動向に関しては干渉しないと人が多いから、他人と足並みを揃えて取り組んでいく考えや思考が疎かになっている可能性がある。今の時代、それでは困るから、その手の質問に答えられない人が、高学歴なのに内定を取る事が出来ない就活生なのかもしれないな。

就活における高学歴の立ち位置について

 しかし先輩。世の中には学歴フィルターと言って、高学歴じゃないと会社説明会の予約が出来ないようになっていると言うじゃないですか。んで履歴書やESについても学歴を書く欄が設けられているので、少なからず学歴は就活では高い評価を得る1つの要素だと思っています。しかし今回の話を聞いて、学歴とは一体何なのか?分からなくなって、何で就活では学歴で人を評価するようになってしまっているのでしょうか?

 まず大卒というのは1980年代は37万人ほどしかいなくて、しかし現在はおよそ55万人と、約20万人増えている。そして当時の就活では当たり前だがパソコンが無い為、大学に求人を出したり、OBを通して学生を採用するそんな方法で学生を採用していたんだ。その為、履歴書1枚で人を判断する事となり、今はあまり聞く事はなかったが、企業内では派閥というのがあり、出身大学によって構成される事も多かったから、出身大学で人を評価する傾向が強かった。しかし今はFacebookやSNSなど様々な面で人を評価できる事が出来るようになったから、学歴による判断基準も徐々に薄くなっていた。つまり学歴による判断基準は親世代の判断基準の名残なのではないかなと個人的に思っている。

 挙句の果て、今の親世代の中には「給料が高くなるから大学に行きなさい」「良い会社にいく為に勉強しなさい」など給料やブランド目的で自分の子供を有名大学に行かせる人が多いから、大学に入る事が目的になっていて、大学卒業後の取り組みについて諭す人があまり見られなくなっている。つまり頭は良いけれど性格の悪い人、または肩書欲しさに努力している人も評価の対象になっているから、企業側が頭だけの人は採用しない時代になっている事に親世代が気づかず、間違ったやり方を教えられている就活生もいるのも背景にあるのかもしれない。

 そして実際に学歴の高い人を採用してみたけど、あまり使い物にならない経験も積むようになっており、例えば、先ほどの例以外にも、勉強が出来ると自慢したり、プライドが高くて周りと溶け込めなかったり、場合によって頭の良さを、良い面ではなく、誤魔化したり、人に責任を押し付けたりと悪い方向へ知恵を絞る人もいる。

 無論、高学歴全員がそういう人ではないという事は分かっているけど、しかしそういう人を採用すると企業側が困るというのも事実である為、高学歴の人達はこの就活において、そんな高学歴の肩書のみで勝負する人とは思われないようにする為にはどうするべきなのか?その辺が問われるようになっている。それ故、高学歴の人達は学歴以外にも社会で通じる何かを面接でアピールしないと評価されない可能性があるわけだから、そのプラスαがないと面接では採用されないのかもしれないな。

資格が評価されなくなった理由

answersheet

 先輩、学歴については何となくわかりましたが、資格についてどのように判断すれば良いのでしょう?実際、難易度の高い資格があるのに、面接で評価されない人の嘆きを良く聞く為、資格が就活では評価されないケースについて教えて頂きたいのですが?

 例えば、「君はTOEIC990点。取っているけど、何で取ろうと思ったの?」って面接で聞かれたらどう答える?

 え~っと、海外で働けるようになる為?

 それは答えにならないよ。だって志望先によっては国内だけでビジネスを展開している所もあるし、エントリーシートでTOEICの点数を求めておきながら、実際は英語とは無縁の業務を行う企業だって沢山ある。良く資格を取る理由として「アピール出来る内容が1つできる。」「モテる」など見栄の為に資格を取得している人が多いんだ。その為、この資格を取ればどんな仕事が出来て、かつどんな風に仕事の幅を広げられるのか理解していない就活生が沢山いるんだ。そんな社会事情の為、面接官はこれでもかと言うくらい、「何故この資格を取ったのか?」と徹底的に聞いてくる。

 例えばTOEICの点数についても「IT技術を身に着けたいと思っていたのですが、日本のHPを見ても参考となる内容が少ないのでITの先進国であるアメリカのコンテンツを読めるようになれば、もっと知見が広がるのではないかと思い、勉強しました。結果、海外のサイトには日本のような形式的な文章だけでなく、実際にプログラミングを動かした実践的な内容が豊富で調べて分かる範囲が広がりました。」など志望先の業務と資格を結び付けて話せるようにならないと評価されない。

 しかし先輩。実際資格というのは取って初めて出来る仕事をする為に取るもんでしょ。いくら資格を取った当初、資格の魅力について理解していないからと言って、不合格になるって正直極端な話をだと思うのですが?入社後に仕事を理解して資格を活用する可能性について考慮されていないのでしょうか?

 確かに学生の立場で志望先の業務を正しく理解するというのは無茶がある。だから資格について正しく理解していないというのはある意味、的を得た考えなのかもしれない。資格があるからと言って入社後もいずれ評価されるというわけでもない。逆に企業にとってお荷物になる場合がある。

 例えば資格取得を理由に仕事を疎かにする人とかだ。仕事が出来ない人は勉強を理由に手を抜く口実を作る。仕事で結果が出ない事に焦り、せめて優良な資格を持つ事で社員の必要性をアピールしようとしてね。しかしそういう人って何時まで経っても資格持ちに見合う程の成果を上げられるとは思わないだろ。逆に立場がヤバくなると資格を見せびらかして自分の存在価値を高めようとする人がいるから、それは企業にとっては重荷だよな。

 更には資格を重視して人材を選出すると、入社後にまた資格の勉強して良い資格を取ったら待遇の良い企業に転職する人もいる。これは俺が知っている例だが、建築業界というのは現場に管理責任者、または特殊な車両や工具などを取扱う際に特殊な資格が必要だ。だから資格のサポートを充実させた企業も多いし、宅建なんて持っている人が多ければ多いほど評価される風習になっている。しかし1級建築士や1級施工管理技士などの有力な資格を取ると中小企業より待遇の良い、大林組や竹中工務店などの大手ゼネコン、または高速道路管理会社で有名なNEXCOや、またはJR東日本への転職も夢ではない。となれば資格で人を判断するようだと子会社であれば、優秀な人材が将来流出するリスクがあるわけだから、愛社精神とまでは言わないが、良い資格を持っている人よりも出来る限り会社で働いてくれる人を採用するようになるよな。その辺のジレンマを企業は抱えているんだ。

 だからちゃんと自分の取った資格をちゃんと企業に生かそうという気持ちがあるのかどうかを確かめる為に、「入社後、どのようにその資格を生かそうとしているのか?」その点について重点的に質問してくる。結局の所、入手目的で資格を取っているのであれば、評価しないようにしようとしているのが今の就活で、学歴や資格で人を判断しないようしているから、就活生はその期待に応える事をアピールしないといけないんだ。

高学歴と資格があって大手から内定を取る就活生とは?

sccesssteps

 では先輩。学歴と資格を生かして大手から内定を取る就活生というのは具体的にどんな人なのでしょうか?

 先ず学歴や資格の肩書についてはいったん忘れろ。就活というのは如何に志望先の業務で結果を出す事を考えていたかが内定が取れるか決まってくる。そんなあからさまに肩書をアピールする人なんて「俺は年上だ。」「俺は誰の息子だと思っている」とアピールする人と同じ印象がしか感じないから、自然にアピールするのが大事だ。つまり志望先の仕事をする上で、必要な取り組みの中に大学での勉強や資格などを述べれば良い。

 学歴についてだけど、将来やりたい事が決まっていて、その分野に関する専門知識を身に着けたいと思っているというのが分かりやすいだろうな。例えば将来、少子化の影響に伴い、人の職を機械で補える仕事をしたいと思い、機械工学や流動力学などの知識を身に着けたいと思い、工業関連の大学に行こうと思いました。志望した大学では組み立て式のプログラムを学び、実際に介護現場で自分の知識が役に立つのかを確かめる為、祖母の介護施設に私自身が作った会話式の介護ロボットを置いて高齢者の安否を確認出来るようなロボットを作りました。その過程でCAD利用技術者試験、ディジタル技術検定などを受け、資格を持っています。と大学の専門分野から資格などが首尾一貫していて、志望先もその専門分野の企業であれば、説得力があるだろうな。

 ・・・先輩。私、そんな大学の頃からどの企業で働きたいか決めていませんし、正直言いまして、良い大学に行けば苦労しない。モテる。就活はその時になってから考えればいいやと思っていましたので、出来れば今からアピール出来る方法を知りたいのですが・・・

 そんな事を言うと、学歴や資格以外でアピール出来る要素を見つけないといけない。例えば、アルバイトの経験で、売上を2倍にしましたと言って、売上を上げた要素は、外国人観光客に絞って来客数を増やしたのか、それとも客単価を上げたのか、それとも店長に相談したアイデアが実現したのか、など色々とある。つまり実際に働く事になったら、お前は一体どんな風に立ち回って成果を上げるのか、そんな事をイメージしやすいよう面接でアピールしないといけない。他にも志望先によって働き方が異なるから、各業界の志望動機や仕事内容就活で通じる自己PRについても把握しておかないといけない。

 就活というのは情報戦だ。例えやる気のない就活生でも内定を取るコツを心得ていれば、取れるモノはとれるし、情報が古ければ上手くいかなくなる。それ故、今、就活で成功している人のアイデアを極力集めろ。それが本心であっても無くても、大手に就職したいのであれば、それなりの成功例や失敗例を心得ておけば、自ずと自分の立ち振る舞いや強みなどを理解出来るから、その辺を徹底しておいた方が良いだろう。

スポンサーリンク

シェアする