やる気が無いのに内定を取る就活生

シェアする

やる気の無い就活生

働きたくない、就活面倒くさい、

つらい、疲れた、縁がない、

詰んだ、もう無理、

給料が高くて、待遇の良い企業なら何処でもいい。 

 という気持ちが本心で就活をしている人は沢山いると思います。しかし就活というのは恐ろしい事に本心を語っていなくても、面接でその本心が伝わり、不採用になってしまうという見えない壁が存在します。そしてその本心が原因で面接での改善策が思いつかず、いくら面接を受けても良い結果を得られなくなり、最終的には一向に内定が取れない事で、自暴自棄になったり、消極的になったり、働く理由が見いだせず、就活事態辞めてしまう流れになると思います。

 しかし就活では同じ本心でありながら大手から内定を取る人がいます。

 それは親のコネだったり、嘘八百で面接を押し通しているケースもあると思いますが、普通の就活生がやる気が無いにもかかわらず、大手から内定を取る事に成功する人がいます。どうして彼らはやる気が無いのに内定を取る事を出来るのか?そんな方法について、実際にやる気のない就活生と、やる気が無い中、内定を取った先輩の2人の会話形式で、やる気がない状態でも内定を取る方法について説明したいと思います。

スポンサーリンク

就活における”やる気”について

 先輩、お久しぶりです。あの、今就職活動を行っているのですが、どうも働く気力が湧きません。どちらかと言えばこのまま学生生活を送りたいし、出来る事なら働かずに暮らしていける方法なんて無いかなとそんな気持ちが強くて一向にやる気が起きないでいます。こんな自堕落な私でも大手から内定を取る方法なんて無いでしょうか?

 その前に1つだけ言っておかないといけない事がある。お前は就活をする上でやる気が必要だと言っているが、実はやる気の有無なんて就活には全く持って関係ない。

 なぜなら本来仕事というのは辛いモノなんだから、働きたくないなんて思うこと事態が普通なんだ。お前だって、上司からの無茶な命令、客からのクレーム、そして言う事を聞かない部下への対応などそんな状況で働いたら、流石に嫌気がさすよな。本来、仕事というのはやりたくてやるもんじゃないんだから、やる気がある事事態が珍しい事なんだ。しかし就活では酷い事に建前としてやる気のある学生を採用する流れになっているから、仕方なく就活生はそれに従い、やる気があるかのように振る舞っている。つまり就活というのは本心とは別として、やる気のない状態であるにもかかわらず、やる気がなくても結果を出せる人が本来、社会では求められる人材として扱われ、就活ではその方法について心得ていけば、やる気が無くても内定を取る事が出来るんだよ。

 でも先輩。言っている事は分かりますが、結局のところ、そんなノウハウについても心得ていて、かつやる気のある人が採用されるのが就活だと思うのですが、熱意の高さは就活では関係ないのですか?

 俺が言いたいのは、熱意だけではいけないという事だ。例えばここに2人の就活生がいて、2人とも「私は将来こんな事をやってみたいです。」と熱意をアピールしていたとする。しかし2人の違いを見出す為、「では具体的にどんな事をすればそれが実現できると思いますか?」と質問する。すると一方は黙ってしまい、そしてもう1人はそれに類似する成功事例や、成功した理由や過程、そしてもし自分がその立場に立ったていたらなどそんな想定問答を筋道を立てて説明出来ればどちらを採用したいと思う。いくら熱意があっても、その熱意が形として実現出来るほどの知識やノウハウがなければ何なる絵に描いた餅だ。それ故、熱意をアピールするよりも、志望先の業務ノウハウや、実際に成果をあげている人の事例を調べて、「私なら御社に勤めた場合、こんな風になってみたいです。」なんて言えれば、熱意がある人よりかはアピール出来るし、知識の量が熱意の高さとして評価される。つまり就活では熱意の高さをアピールするよりも、仕事で結果を出せる雰囲気を漂わせた方が評価されるのが就活なんだ。

 つまりお前はやる気が無いと嘆いているけど、本当な熱意の無さを嘆くよりも、実際に就活で成功しているノウハウをかき集めて、そして更には入社後、働いて活躍している人のノウハウも調べて、そしてそれをあたかも自分も身についていますよと言えるようになる事が就活攻略のカギになる。それ故、これから俺はお前に、就活で成功する為のノウハウについて紹介していこうと思う。

やる気がないのに「なぜ働きたいのか?」という志望動機に答えないといけない場合

sleepbusinessman

 先輩、言っている事は分かりますが、でも残念な事に就活では志望動機を必ず聞かれます。つまりいくら本心では働きたくないと思っていても、働きたい理由については必ず述べなければなりません。それ故、如何にしてやる気のない就活生がやる気があるかのような志望動機を書き上げればよろしいのでしょうか?

 確かにやる気のない就活生からすれば働く意欲が無いのに、「何で働きたいのですか?」なんて聞かれたら、自分の感情に逆らいながら書き上げないといけなくなるし、頭を抱える1つの作業内容だと言える。だから俺はお前に伝説の先輩について教えておこうと思う。

 その先輩は俺達と同様、働く気力が無くて、将来は大手の窓際族になってやると豪語するような先輩だったんだ。その先輩が実際に志望動機を書く際はホームページや、ネット上に載っている志望先の業界向けに書かれた内容を参考に志望動機を作成していたり、自己PRも実際に自分はやってはいないのに、その先輩が知っている中で優秀な人のノウハウをあたかも自分の如くのように語り、そして内定を取るような、まぁ、酷い方法で内定を取っていたんだ。

 先輩、確かに就活生の中には手段を選ばず、内定を取る人もいると思いますが、それは少しばかりありきたりな例だと思いますよ。企業ホームページを参考に志望動機を書くなんて、それって巷では「感銘志望」って言われていて、「御社の企業理念に感銘を受け・・・」なんて始まるなんて一種のコピペのような志望動機と言われていて、面接官から嫌われている志望動機だと言われています。しかももしこれが他社とあまり違いのない業界、例えば赤い銀行、緑の銀行、そして青い銀行などの仕事内容にあまり差がない大手メガバンクの志望動機を書く際、一体なんて書くんですか?

 「今まで会ったOBの中で御行が一番良い人だったので、この人と一緒に働いてみたいです。」と先輩はそう言って志望理由を作っていたんだ。勘違いしないでほしいけど、俺だってさっき伝説の先輩がやっていた方法は、俺でも思いついた。しかし最終的には感銘志望だったり、ライバルとあまり大差のない業界であれば、結局のところ、どう書けば良いのか分からなくなって頓挫してしまう。しかしその先輩は事前にOB訪問をして、ライバル他社と仕事内容に大差がない業界においては事前にOB訪問をして記録を残し、そして面接の際、「御行の方が一番良くて」という言い方をして、他の銀行の中で何故ウチの所で働きたいんだ?という質問に答えられるようにしていたんだ。

 しかし先輩、例えそれで全うな志望動機が出来たとして、その後、面接官から「例えばどんな所が良かったの?」って聞かれたらどう答えるんですか?正直それは第一関門を突破するだけで後続の壁を乗り越える方法としては不十分だと思うのですが?

 「志望先の業務内容を知る上で大変参考になりました。」と言い、そしてその後、出来るだけ、具体的に志望先の業務内容について話せるようになれればそれで良い。つまり「どんな所が良かったの?」と訊かれたら、「志望先で働く上でどのような姿勢、または考え方を持って臨まないといけないのか?その参考となるお話をしていただき、今後先輩のような方のもとで働きたいです。」と志望先の人達と一緒に働いてみたい旨を言えればそれで十分。

 後は、本当に勉強になったのか?と問われた場合に備えて、志望先の業務で成果をあげる上でのアイデアを1つ心得ていれば良い。

 例えばその先輩は銀行での融資提案で成功した例を1つ用意して、あたかもそのOBの人から教わった事にして、勉強になった事をアピールしていた。その先輩がアピールしていたのは減価償却費の期限が切れた事による融資の提案についてなんだけど、お前は簿記の知識がないから簡単に言うけど、企業が抱えている機械の資材っていうのは、耐用年数というモノがあって、例えば2000万円の食品加工機器を購入した場合、10年と決められていたら、1年ごとに200万円の価値が減っていくという風に計算されているんだ。まぁ、古くなった分価値が減るんだから、10年後に価値がなくなるという前提で計算しましょうと簿記ではそうやって会社の資産価格を計算するんだ。

 そしてここでポイントになるのが、10年過ぎると、今まで200万円の損失を出ていたのに、次の年からその200万円の損失がなくなるわけだから、簿記ではこれを「この会社はこの年では200万円の節約に成功しました。」と損がなくなった分、利益を出しました。という風に計上されるんだ。これは損がなくなったからラッキーと思うのではなく、利益を出したという事はその分国に納める税金額が上がるという意味で、今回の場合、「200万円稼いだので、50%の100万分いつもより多く納税してください。」とこう言われるんだ。しかも毎年。銀行ではそんな減価償却費による対応として「新しい資材の購入をしてみてはどうですか?毎年100万円分余計に税金を払うくらいなら、せめて資産として手元に残しておいた方が良いと思いますので、減価償却費が200万円分を計上する為、こちらの2000万円の商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?」とこんな言い方が出来、2000万円分の融資を向こうが検討させる事が出来るんだ。

 つまり先輩。今の話はちょっと専門的過ぎて分からなかったのですが、とりあえず自分の持っているモノが古くなってある一定の期間を過ぎると納める税金が増えてしまう。だからせめて高額商品を買って減価償却費というモノを新しく計上して、節税に備えようとそんな融資の提案が出来るというわけですね。

 その通りだ。そして面接ではその減価償却費に関する融資提案っていうのはどういうモノですか?OB訪問の際、その話をしたという既成事実を作っておくんだ。そうすると面接官は面接後、「本当にそんな話をしたの?」とOBの方に確認しても、「確かにしました。」という話になって信ぴょう性のある話として見てくれる。つまりOBの人と一緒に働きたいという話で志望動機を作るのであれば、こういう何か1つ志望先の成功ノウハウを事前に調べて、OB訪問でその話をすれば、銀行への内定も近くなるだろう。

学生時代に頑張った事が無く、書ける内容がない為、やる気が出ない場合

 先輩、確かにそれでしたら、OB訪問をするだけで向こうが納得する志望動機を作れるかもしれませんが、その後の話はどうやって弾ませれば良いのですか?いくら1つ目の質問の返事を返す事が出来ても次につながる話し方が出来ないと結局意味がないと思いますが。

 ああ、なるほど。確かに「OBの先輩と一緒に働いてみたい」なんて言ってもその後、話が続けなければ意味がないな。しかし伝説の先輩はその辺についても抜かりがなかった。何故なら、大抵この志望動機を話した後は「その人のどこが良かったの?」と質問されるから、今後その先輩の話を中心に話が進むことは予想がつく。もっとかみ砕いて言うと、「その人のどこが良かったの?」「こういう所が良かったと思っています。その為、私自身、入社後こんな風に働いてみたいと思っています。」と続ければ、次の話題は入社後の話をするようになるだろ。本来なら、学生時代に頑張った事や自己PRなどを話して、自分の魅力について話すべきなんだけど、なんとその先輩、実は学生時代遊んでばかりでとても企業にアピール出来るような経験を積んでいなかったんだ。本来ならアピール出来る内容がないとやる気が出なくなるところだが、その先輩は自分の過去の話ではなく、入社後の未来の話をする事で、学生時代何もやって来なかったデメリットを乗り越えたんだ。

 つまり「その人のどこが良かったの?」と聞かれたら、「私は当初、銀行員の仕事というのは融資さえ回収出来ればそれで良いと思っていました。しかしそのOBの方は融資の回収だけでなく、融資先のビジネスを如何に成功させるかについても語っていました。2店舗目を作ったは良いけど、バイトが集まらない。使っている食料の仕入れ先が倒産したなど、人手や代わりの仕入れ先を見つける為にはどうするべきか?また新しい店舗を見つける為、不動産と掛け合って候補地を見つけてくるなど、ある意味、融資先の経営を支える仕事をしていました。私自身もその話を聞いてとても面白そうだったので、私も将来、その会ったOBの方のように相手のビジネスを成功させる為に融資以外のノウハウを身に着けて、貢献出来るような人になってみたいです。」と成功している銀行員のノウハウについて中心に語って、自分も将来そうなってみたいと、学生時代サボっていた話に触れないような話を面接でずっと続けていたんだ。

 なるほど、そうなりますと私もずっと学生時代遊んでばかりいたので、いざとなった今先輩が言ったような入社後の働く自分を中心に話を展開させ、自分以外の事をアピールするように努めれば良いのですね。

 そういう事だ。後は補足として銀行で働く上で必要な知識、例えば簿記とかな。ただそんな資格がない場合、せめてお客様に配慮した対応、例えば、銀行の業務は専門的な用語が多いので、それを如何に分かりやすい言葉で伝えるようにするべきかとか、財務の流れだけでなく、税や法律など多角的な視点でアドバイス出来るようになりたいとか別の成功ノウハウなどを言って、自分の過去の話を回避するのも1つの手だ。

やる気はないけど、自分に向いている業界の見つけ方

 しかし先輩、確かに今のやり方であれば、OBの方と会うだけで志望動機における就活での立ち振る舞いを築けるかもしれませんが、仮にそれで大手に入れたとして、自分に向いていない業界だったらどうします?出来れば自分が向いている業界と思ってから、会うOBも絞ってこれから就活に臨みたいのですが?

 まぁ、お前の言うとおり、自分の好みにあった企業に入社する事が一番だろうな。たださっきも言ったけど、仕事というのは本来辛いモノで、例え自分の好きな商品を扱っていたとしても、仕事が辛くて辞めてしまう人も多いのも事実だ。

 就活では自分の適職を見つける為に、自己分析を行って「あれ、俺って相手を分析するのが好きなんだ、だからアナリストかマーケティングの仕事を目指そう」とか、「鉄道オタクだから鉄道業界に入ろう」とかそんな形で志望先を決めているけど、そんな学生時代の経験で自分に向いている志望先を見つけられるわけないんだよな。

 実際、鉄道オタクの人が働いてみると大好きな電車の相手というよりも、早朝の通勤ラッシュの客の混雑の解消や、深夜の酔っぱらいの対応など、嫌な相手を相手に仕事をする事になる。また他にも他の車掌や運転手などのスケジュール管理や議事録などを作成したり、大好きな運転手についても中には運転手ではなくITシステムの開発や駅構内の飲食店の経営に携わったり、または旅行会社と一緒に旅行の企画を立てたりなど、運転手とは無縁の仕事を任される場合がある。鉄道業界で働いた事のある人から聞いたんだけど、電車が好きというのも大事だけど、何よりも人々の生活を支える仕事に携わっている事。それに働き甲斐を感じている人が多い。自分のミスでどれだけの人が迷惑かかるか、その為に自分はどんな事をしないといけないのかとそういう風に考える事でこの仕事は成り立つわけだから、ある意味、使命感や責任感などを理由に働いている人が多いわけで、ただの電車好きだけでは務まらないのも事実なんだ。他の働き甲斐と言えば、人を地方に運ぶ仕事でもあるから、地域活性化や旅行先のイベントに喜んでもらう、または駅構内の建物のレイアウトを企画し、お客さんに快適な空間づくりをするなどそんなやりがいもある。それ故、どんな風に人や社会を喜ばせたいかが、ある意味、本当に就活生が持つべき志望動機と言える。

 他にも就活生の中には長年親しんだ食料品だし、食べるのが好きだからという理由で食品業界を志望する人もいる。しかし食品業界の仕事というのは本来食べるのではなく、スーパーやコンビニなどで自社製品を置いてもらうようにするには?とそう考えるのが仕事なんだ。例えば醤油などの調味料の会社であれば、冬の旬の食材であるキャベツやエリンギと醤油の組み合わせで合う料理を卸売業界に提案したり、新商品を販売する際、どんな使い方をすればよりよく売れるのだろうか?とかそんな事を考えながら仕事をする。

 まぁ、何が言いたいかというと、結局のところ、入ってみたいとやる気なんて起きるわけないし、入社後のミスマッチを起こさない為にも、せめて志望先ではどんな風に働くのか正しく把握しておく事に努めておいた方が良い。仕事というのは言いかえれば苦にならない徒労みたいなモノで、どういう努力や作業をしていたら苦にならないか、そんな経験を考えて志望先を見つけていった方が良い。

 今のアニメ業界なんて20代で年収110万円と言われていたり、納期に間に合わせる為に長時間働きづめでないといけない。そして今、この現場で働いている人達はアニメが大好きで、まぁ苦労しているんだろうけど、自分の好きな作品を作り上げる為に色々と努力している。

 週刊雑誌の漫画家だって四六時中漫画を書いているのにあるインタービューでは「そんなに毎日漫画を描いていて疲れませんか?」と聞いたら、「AとBとの恋愛が今後気になる。だから早く描きたいんだ」「こんな悪役を描きたい」など自分よりも漫画に登場するキャラクターの進展について優先するほど熱中していたりして、ある意味、心配する必要はない状態だった。

 不思議な事に世の中には例え他人から見て苦労する事でも本人からすれば天職だと言える仕事で、毎日が天国のように時間が過ぎ去るのを早く感じるという場合もある。だからもしお前が仕事に働き甲斐を求めるのであれば、どんな事であれば自分は熱中して大変な作業でも苦にならないのかそれを見つける事が天職を見分ける1つのヒントになるだろう。

 とりあえずヒントになるかどうか分からんが、各業界の志望動機や仕事内容にまとめているから、それをヒントに志望先の仕事内容について勉強したりも良いし、各経験の自己PRにもどんな経験がどの業界に向いているかもある程度載せている。本気で天職に就職したいのであれば、志望先の業務内容について把握するのが一番だろう。

 ただそれでも決まらないのであれば、とりあえず目標としてはやりがいではなく、大手から内定を取る事を目標にする事。さっきの話で自分は食料業界に向いているかもと思う人もいるかもしれないが、食品業界には食品メーカー以外にも外食、農業、食品加工、栄養管理など様々な業態が存在する。それ故、就活で適職に入れるなんて運が良かったとしか言いようがないし、入社し、働く大変さを知り、そこで始めて自分がどんな仕事に向いているのか考えられるようになるのが普通だから、それ故、就活ではやる気がないなんて嘆かず、内定を取る為の手段だけを考えて、多くの企業から内定を取る事に努めていれば、自ずと悔いのない選択を取る事が出来るだろう。

金がなくて思うように就活が出来ず、やる気が出ない場合

 ただ先輩、話をしていて思い出したのですけど、私、あんまり金を持っていないのです。ウチの親、派遣社員で十分な稼ぎを得ていなくて、就活にかかる金は全て私がアルバイトなどで稼いだものです。しかし就活というのは金がかかるのですね。リクルートスーツや革靴だけで7万円近くかかり、交通費も1企業に5回も往復するので行きだけで300円と計算しても、20社受けるだけで6万もかかります。更に説明会に参加する為の予約票のプリントアウトに、企業に送るエントリーシートの郵送費も馬鹿になりません。挙句の果てスマホの通信費も追い打ちをかけます。もう金がなくてやる気が起きません。一体どうしたら良いですか?

 なるほど就活は15万~20万円かかると言われているし、もしこれが地方から来る就活生からすれば、交通費も恐ろしい額になるだろうな。そういえば伝説の先輩も同じように金欠で就活では苦労していると言っていたな。だからその伝説の先輩がやっていた節約術について紹介しようと思う。

 俺は今までOB訪問は志望動機を簡単に作る為の口実として説明していたけど、実はもう1つのメリットが存在する。それはOBの方々は就活生に対し、高い確率で食事を奢ってくれる可能性があるという事だ。OBの方とは仕事の合間に会う事が多いから、お昼時や夕食時に会う事が多い。つまりお昼や夕食でOBの方と話す形になるから、自然と「後輩に食事代を払わせるわけにはいかない」と大人のマナーというモノをしてくれる。当時の伝説の先輩も金欠に悩んでいて、OBの方々が食事を奢ってくれる傾向にある事を知ると、1日に2人以上会うように手配するよう心掛けたんだ。結果、ほぼ毎日お昼や夕食をOBの方々に奢ってもらえて、食事代を節約する事に成功したんだ。言わば先輩方を食事のつなぎとして利用したんだな。ただおかげでいつもより出費が減った為、交通費やESの郵送費にあてて、いつも以上に企業の選考に参加出来るようになったんだ。

 酷い先輩ですね。ただ食事代を浮かすだけと言っても、1回600円。そして仮に30日に昼食、夕食毎日会っていたとして、600円×2回×30日で36000円くらいしか節約されませんよ。その程度の金額なら交通費や郵送費は何とかなっても、リクルートスーツや鞄、革靴代まで賄えるとは思えません。その伝説の先輩は儲かるアルバイトでもしていたんですか?

 いや、リクルートスーツや鞄、革靴は、背丈の似ている人同士で交換しながら使っていたと言っていた。先輩はOB訪問をした際、OBの方から必ず名刺を受け取っていた。これがある意味、大手企業の先輩から情報を入手した人と仲間内で評価されるようになって、些細な事でも協力してくれるようになった。その為、金のある仲間からリクルートスーツやビジネスバックを借りたり、他にも他社の選考状況、そしてテスト内容についても情報交換をするようになったし、講義の資料や内容も交換する事も出来て、上手く立ち回れるようになったんだ。

 就活というのは情報戦と言われるほど、今の就活で成果をあげている人の情報が求められる。昨年、受けた時には「海外展開できる人材が欲しい」と言っておきながら、今年は「内需型の新規ビジネスに貢献出来る人材が欲しい」と180度内容が違う場合がある。それ故、昨年ではなく、今年活躍している人の情報が何よりも求められるから、チーム戦による情報収集は就活において大きく有利になる。

 ちなみに金のないお前に1つ誰でも使えるアイデアを教える。献血をやっておけ。お前は献血の経験はないと思うけど、今の日本は少子高齢化により高齢者への輸血が足りなくなっている。それ故、血の量が少なく、1回の献血で取るとされる血、400ccの場合だけど約18000円で取引されているんだ。この価格の高さにより献血ルームでは無料のドリンクやお菓子などが置かれていたり、場合によっては飲食店の食事無料券やインスタント食品を提供されたりする。先輩もお金がない場合は献血ルームに行って、飢えをしのいでいたとされていたから、若くて貧乏な人達からすれば、正に助け舟のような存在だ。

 しかし先輩、献血って確か注射針を刺すし、人によっては貧血になって倒れたりする場合がありますよね。他にも採血に時間がかかり、時間が取られると聞いています。無料の食事は確かに魅力的ですけど、就活に支障が出たりしませんか?

 確かに人によって就活に支障が出る場合もあるから、事前に献血を経験して、自分は平気かどうかを確認して置いた方が良いかもしれない。ただ俺は何も食事代を節約する為の方法として献血を提案しているわけではない。実はなその伝説の先輩はエントリシートの趣味欄に献血と書いて、面接でアピールしていたんだ。

 献血というのは飢えをしのぐ為と俺は説明したけど、実際は血の足りない人向けに自分の血を提供する一種の社会貢献活動でもあるんだ。つまりこれは立派なアピール内容になるし、血が抜かれる関係上、月に1度しか受けられないが、毎度献血を行っていれば、それだけ社会に貢献した話になるし、献血カードに自分が過去どのくらい献血を行ったか記録されるから、場合によっては日常的に献血を行っている事をアピールする事が出来る。

 先輩は大学1年の時から献血を行っていて、面接の時には

面接官 「何でこんなに献血をしているの?」

先輩  「若さが売りなもんでw」

 とこうやって話を弾ませて、雰囲気を良くして好印象を与える事をやっていた。つまり献血というのは就活生からしてみれば、忙しくてアルバイトをする時間が無い中、食事をとれる方法でもあり、かつ趣味欄に書く手間を省いてくれる代物でもあるから、もしお前自身、無趣味であれば、今から献血などをやって、そして就活で趣味をアピール出来る人間になっておいた方が良いぞ。

やる気が無いのに内定を取る就活生のまとめ

 しかし凄い先輩ですね。今までの内容をまとめてみますと

① 志望動機を簡単に作る為に、OB訪問をして「御社のOBの方が一番良かったから」と面接で言えるように手筈を整える。

② 憧れの先輩やOBの話を中心に展開し、学生時代に遊んでいた話を極力話さないようにする。

③ 金がないからOBの先輩に昼食か夕食時に会って、ご飯を奢ってもらい、浮いた食費で交通費や郵送費に充てる。

④ 貰った名刺で就活仲間を集め、スーツ、鞄、各業界の就活の情報、大学の出席の代替などをする。

 など全ていかがわしい動機なのに、全てがプラスに働いていますね。これを聞いていますとやる気よりも内定を取る為の手段を心得る方が重要だと思いますし、やる気なんて大した事ないんじゃないかと思いますよ。

 何処の元首相とかは言わないが「最低でも県外」とか言って、沖縄国民の為にアメリカ軍基地を県外移設させようとした人が過去にいたじゃん。やる気があっても、それを実現する為の手段や財源がないと結局のところ絵に描いた餅になるし、失敗すれば失望を生む。就活でも同じように口先だけのヤツを採用して、入社後苦労する事は人事であれば誰だって体験しているわけだから、熱意よりも、その熱意が現実になる為にはどうするべきか?その辺のノウハウがより就活では見られるようになる。つまり就活ではやる気よりも成功する為のノウハウをアピールするかどうかが重要であり、その内容が理に適っていればいれば、例え必要最小限の努力であっても、熱血な人より良い提案であれば、そちらの方が選ばれる。それ故、俺達が今まで話した内容を振り返り、自分に向いている職業や個性などを見出し、そして徐々に向いている職業を見つけ出していけばよい。

 先輩、確かに言っている事は分かりますが、正直未だにやる気が出ません。それに就活はやっぱり面倒ですし、出来れば手っ取り早く内定が取れる方法を知りたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

 ならウォーミングアップとして就活関連の座談会や、模擬グループ面接などに参加してみるのはどうだろうか?他の就活生の動向さえ見れれば、参考となり良い刺激になるかもしれない。俺も就活していた時、やる気が出なかった時があって、そのせいで怠け癖が出来てしまい立ち直る為にこのような中間的なイベントに参加して良い刺激を受けたよ。やる気が無い原因としては動いていないからの場合もあるから、このようなイベントに参加して、自分に使えそうなネタを見つけて、「ああ、なら家に帰ってこうしてみよう」とアイデアが出来れば頭は働いてくるし、場馴れに使える。出来れば本命の面接の前に体験した経験だろう。

 それに最近では人手不足が深刻で内定直結の座談会もあるから、お前のように金がない人はその手の複数の企業と面談して、自分をアピールする経験を積んだり、または本当に内定を貰って入社するのも1つの手だろう。こだわって無職になるよりかはましだろうからな。

就活に成功・失敗する就活生達の例
「就活での成功と失敗の分岐点って何だろう?」 これから就活を始める人、または現在就活中で中々上手くいかない人など就活で成功する秘訣は関心があ...
スポンサーリンク

シェアする