就活で全落ちしたらその後どうすれば良いのか?

シェアする

「就活で全落ち。その後、どうする?」

「中小企業も全落ち。もうどうすれば良いのか分からない」

「就活で全落ちしてしまう。原因と解決策を知りたい」

 と就職活動を励んでいると、当初も持っていた選考全てに全落ちしてしまい、その後は新たな持ち駒確保をしないといけません。しかし中小企業の選考も全落ちしてしまい、これにより持ち駒確保よりも内定を取れない対策について考えないといけなくなります。ただ就活では全落ちしてしまう原因を探るだけでなく、残った企業から優良企業を見つける必要もある為、

『一体どうすれば全落ちした状態から優良企業を見つけ、内定が取る事が出来るのか?』

 と考えてしまうと思います。一体どうすれば良いのか?その人は具体的にどんな事をしたのか?その為、ここでは就活で中小企業の選考も全落ちしてしまっている就活生と、当初は全落ちしながらその後、優良企業から内定を取った先輩社会人の二人の会話形式で、全落ち後に優良企業を見つけて内定を取る方法について説明しております。

就活で全落ちしてしまう就活生の特徴

「先輩、助けてください。実は今、就職活動を行っているのですが、大手の選考が全滅し、更にその後も中小企業も3社ほど受けたのですが、全て1次面接で全落ちです。一体どうやったらこの状況から抜け出せるのでしょうか?

「中小企業からも内定が取れないのであれば、恐らくお前は、面接官から不快に感じさせるようなアピールをしているのだろう。正直、この手の失敗してしまう就活生の特徴と言うのは数多くあるから、よくある特徴を話して、原因を探ってみるとしよう。

全落ち就活生の特徴① 自慢話

 就活生の中には、自分のアピール内容をあたかも自慢話のように語ってしまう人がいる。

 例えば資格取得に関するアピールをした際『私だったら3ヶ月は余裕です』とスピードの速さを自慢する就活生がいる。しかし面接官の中にはこの話を聞いて『私はその資格を取るのに半年もかかったんだけどな』と思う人がいて、嫉妬のようなものを感じてしまう場合がある。まぁ、それは面接官からしたら大人げない対応かもしれないが、ただ同じ業界で働く以上、取引先の人も同様の資格を取得している可能性がある。中には苦労して取得した人もいるから、余裕で取得した話し方は相手に不快な思いをさせてしまうので、減点対象になってしまう。

 他にも『バイト先の売り上げを倍にした』とアピールする就活生の中には『全部私のおかげだ』と言う人もいる。自分の力量の高さをアピールをしたいのは分かるが、組織と言うのは団体で活動する以上、他の人達との連携も必要になってくる。だから自分の力量の高さを自負し、他の人の協力を必要としない、または出来ない人を邪険に扱うなどの対応をとれば、協調性に欠ける人みたいに捉えかねない。

 そしてそれは中小企業への就活でも同様だ。あまりにも実力を誇示するようなアピールをすれば、仕事の出来ない人に対し大きなプレッシャーになったり、逆に『どうしてこんな仕事が出来ないの?』とパワハラまがいな事をして退職に追い込んでしまう人がいる。パワハラまがいな事をしている人達の特徴として『私のやっているのはパワハラではない叱責だ』と自分の発言が相手にどのように聞こえるのか?理解出来ない特徴があるから、自慢話は減点対象になってしまう。

 だから就活で自分の力量の高さをアピールする場合『こんな風に御社の仕事に役立てるのでは?』と謙虚な姿勢で言わないといけないから、これが出来ずに全落ちしてしまったのではないかと思い候補として紹介しておく。

全落ち就活生の特徴② 魅力に欠けるアピール内容

 そして自慢話以外にも、成果をあげているが、魅力に欠けるアピールをしている就活生もいる。

 例えば『学園祭の出店の来客数を前年度と比べ、倍にした』とアピールする人がいたのだが、話を訊いてみると友人や親戚を呼んで人数をただ水増ししただけだった。というのがある。他にも高い成果を上げたと強調する就活生の中には、他人から指示された内容をそのまま言われた通りにやって、あたかも自分の手柄のようにアピールする就活生もいる。

 これは就活だけの話ではない。実際に社会人の中にも、売り上げを水増ししたり、仕事の出来る部下の成果をあたかも『自分の教育の賜物』と本心で思っている人もいる。本当に仕事で成果を上げる為には、お客様が求めているニーズや、そしてそのニーズに応える為のアプローチ。などその辺の妥当性について正しく心得ていないといけない。

 だから就活でも『もし来客数を増やしたのであれば、今までウチの店に来なかった人達にどんな風に宣伝し、またはどのように新しい潜在顧客を見つけて、呼び込めば良いのだろうか?』と今まで見る事のなかった潜在的ニーズについて触れ、そしてお客さんを呼び込む事に成功したと答えなければならない。

 だからもしかしたらお前が全落ちしてしまう理由については、そんな成果を上げるのにふさわしくないアピールを無意識のうちにしているからなのかもしれないから、失敗原因の候補としてあげておく。

全落ち就活生の特徴③ 志望先業務の無理解

 そして最後だが、これは多くの就活生がやっている事だが、志望先の仕事について正しく理解せず、的外れなアピールをしている就活生がいる。

 例えば食品業界を志望する場合『私は食べる事が好きです』と言って食品業界を志望する人がいる。しかし食品業界の場合、自社が開発している醤油、塩、またはチョコレートなどの商品をスーパーや飲食店の方々に提案するのが主な仕事になっている。だからもし就活でアピールするのであれば『私は御社の商品にはこんな魅力があると思いますので、今後営業として売り込む場合、こんな風に提案が出来る営業マンになってみたいと思っています』とアピールしなければならない。

 これで分かったかもしれないが、まさに先ほどの『食べる事が好きです』なんてアピールしていれば『では今後とも弊社の商品のご利用をお願い申し上げます』などと言われ、採用する理由に結びつかずに終わってしまう。

 他にも銀行を志望している就活生の中には『お金が好きです』とアピールする人もいるのだが『では証券や保険ではなく、なぜ銀行を志望したの?』と言われて答えられない人もいる。つまり他の業界との差別化が出来ていなければ不採用になってしまうから、もしお前が同じ業界1点のみで勝負しているのであれば、完全に的外れな志望動機をして全落ちしている可能性があるから、これも失敗原因の候補としてあげておく。

就活で全落ちしてしまったらその後、どうすれば良いのか?

 と、これが俺の知る限り、全落ちしてしまう就活生の特徴なのだが、どれが当てはまると思う?」

「先輩、今の話を聞く限り、どうも全てに該当すると思うのですが、手っ取り早く全落ち原因を無くす方法なんてありませんか?

「なら志望先の業界で活躍している人の情報集めて、悪い部分を直していくしかないな。さっきの食品業界の場合、スーパーや飲食店の店長に魅力的な提案が出来るようにならないといけない。だから

『わが社の商品は低カロリーで、低カロリーを謳っている店長の商品メニュー開発のニーズに合ってると思います』

 とアピールして自社商品を置いて貰う事をしたりしている。

 銀行の場合、銀行は証券や保険とは違い、中小企業向けも資金的なサポートを行っている。そして俺のバイト先に来た銀行の営業マンは

『個人経営店を営んでいる飲食店向けに、2店舗開店に伴う助成金が出来ましたので、それとともに融資を受けて、2店舗目の開店を目指しませんか?』

 と言って、開店資金の1000万円を店長に融資を募り、そして5年後に1100万円で返してもらって100万円の利益を上げた銀行マンがいたよ。このように銀行マンと言うのは、多額のお金を貸して、貸した分より多めに返して貰って稼ぐ方法を取っている。だからこそ多くの企業にお金を貸す手腕が問われる業界なのだが、就活生の場合、『資金的なサポートをする事で、経済を良くして、みんなが笑顔になれる仕事をしたいと思い、銀行を志望しました』と言って志望動機を語れば良い。

『全落ちした理由』を尋ねられたらどうすれば良いのか?

 そしてこのように業界分析が出来るようになると『どうしていまだに内定が取れていないの?』と全落ちした理由についてもうまく言い返せる。

 なぜならもし仮に内定が取れない理由について訊かれても

『当初食品業界を志望していたのですが、恥ずかしながら私は食べる事が好きだったので、それを志望動機として語ってきました。しかし実際に食品業界の方とお会いし、実際にどのように食品業界で働く事になるのか?その辺の仕事内容について詳しく聞く機会をつい最近得られたので、これから就活をやり直したいと思っています』

 と言えれば良い。実際就活生と言うのは働いた事がないのだから、志望先の業務について正しく理解していないのは仕方がないと思われる事がある。そしてその上で正しい業務内容について述べる事が出来れば、内定を取る事が出来る就活生へと近づく事が出来るぞ。

全落ち後に優良企業から内定を取る就活生

「なるほど、非常に役立つアピール方法ありがとうございます。ただ肝心の志望先の業務情報をどのように収集すれば良いのですか?大学や、ネットの情報なんてたかが知れていますし、新しい持ち駒を確保しながら、優良企業を見つける事が出来るのでしょうか?」

「そもそも優良企業と言う概念を考えない方が良いと思うぞ。どんな企業でも衰退する事がある。それはビジネスは競争であるのだから、儲かるビジネスをやっていれば、当然他の人達はそのビジネスを真似する。そして競争激化に伴い安売り合戦が起こり、薄利多売のビジネスに追い詰められる事がある。だから俺としてはお前にはブラック企業ではない、今後人生に役立ちそうな仕事スキルを身につけられそうな企業に就職する事をオススメするよ」

「ではその将来役に立ちそうなスキルが身につけられそうな優良企業って具体的にどのように見つければよろしいのでしょうか?」

「俺の場合だけどな、普通のリクナビやマイナビの場合、こちらが事前に調べた内容をもとに、面接に臨むスタイルになっている。だから事前の準備で全てが決めると言っても過言ではない。しかし出来る事なら、自分の学生時代の経験に基づいて、どんな仕事が自分に合っているのか?それが分かるような就職活動をしたいと思っていた。

 そこで俺の友達に紹介されたdodaキャンパスというスカウト型就活サイトで、これが非常に役立った。そのスカウト型が何なのかと言うと、これは事前に自分の載せたプロフィールを見て、その内容に興味を持った企業が自分にオファーをかけてくれると言う、スカウト型就活サイトになっている。

 これの何が良いかと言うと、さっきリクナビとマイナビでは事前に調べた内容が全てを決めると言ったけど、このスカウト型の場合『なんで自分に声をかけてくれたのか?』と知らないのだから『どうして自分に興味を持ってくれたのですか?』と尋ねられる利点がある。

 例えば俺の場合、居酒屋ただアルバイトをしていただけなのだが、通信会社の企業からオファーがかかった。なんで居酒屋のアルバイトで通信会社からオファーがかかるんだ?と当初思ったけれど

我々は今後居酒屋に向けてWi-Fi端末やクレジット決済端末の売り込みを行おうと思っている。なぜなら今、東京オリンピック開催に向け、外国人観光客の呼び込みを行っているから、居酒屋を利用しやすくする為に、外国人観光客がよく利用する世界共通のWi-Fi通信や、世界共通の国際クレジットカードが使える端末が必要だと思っている。だから居酒屋のアルバイト経験がある君なら、どのように外国人観光客を呼び込めば良いのか?知っているのではと思いオファーをかけたんだ。

 と言ってくれた。

 こういう話をしてくれると、自分のどんな経験が通信会社からは魅力に感じるのか?その辺のアイデアを知る良い機会を得られる。他にも銀行員からもスカウトがかかったのだが

『個人経営店の居酒屋でバイトした事がある君なら、 2店舗目開店に伴う段取りを心得ているのではないかと思いオファーをかけた。実際、君がアルバイトをしている間に、この居酒屋は2店舗目を開店している。だから君なら銀行員がどのように店長にアプローチをかけ、そしてどのように2店舗目の融資を提案したのか?その様子を見ているのではないかと思いオファーをかけた』

 と言う人もいた。

 こういう風に自分達の仕事を踏まえて自分の経験がどのように役立つのか?その内容を知る事が出来るスカウト型就活サイトは、今までどのように志望先にアピールすれば良いのか分からなかった俺に大きな情報をもたらしてくれた。

 実際、俺は運が良くてそのWi-fi端末の設置をバイト先の居酒屋で先輩がやっていたから、ノウハウを先輩から聞いて、バイト先の店長からも売上を上げたノウハウも色々と訊いたから、同業他社の通信業界の面接で『私はこんな風に売上を上げました』と言って評価を得た。これにより全落ち状態から一次面接が通るようになり、そこで得た情報を貰って更にアピール内容を磨き、最終的に内定を貰ったよ」

「先輩、他人の手柄を自分の物にしたんですねw」

「否定はしない。しかし就活というのは『この就活生は仕事が出来そう』と思わせた者が内定を取る。だから実際にどうやって自社製品を販売すれば良いのか?そのノウハウを心得ている就活生が内定を取れる。だから採用担当者と本音で話し会えるこのスカウト型就活サイトが俺にとって非常に助かった。だから今、どんな風にアピールすれば良いのか迷っている、そして新しく持ち駒確保をしないといけないのであれば『どうして自分に興味を持ってくれたのでしょうか?』と訊けるこのスカウト型就活サイトを利用してみてはどうかな?」

スポンサーリンク

シェアする