正社員募集なのに契約社員としての採用された場合の対処法

正社員募集なのに契約社員で採用

「正社員募集のはずなのに契約社員だった」

「正社員で応募したのに試用期間中は契約社員として働けと言われた」

「正社員募集と書かれていたのに契約社員で採用するのは違法では無いのか?」

 求人票には正社員募集と書かれているのに、契約時に『契約社員として採用』と言われてしまい、戸惑ってしまう人もいると思います。求人票をよく見てみると『試用期間あり』と書かれており、その試用期間の間だけは契約社員として採用し、そして試用期間後に正社員として正式採用する2段階形式になっています。

 そして企業の中にはこの試用期間制度を悪用し、いつまでたっても正社員にしなかったり、または契約社員のせいで一方的に契約を切られてしまうという理不尽な目に遭う場合もあります。その為、契約社員で採用された人は本当に試用期間終了後、正社員として採用されるのか?その辺の見極めが必要です。

 もし正社員募集なのに契約社員として採用された場合、具体的にどのように立ち回れば良いのか?ここでは実際に契約社員として採用されてしまった後輩と、労働関係に詳しい先輩の2人の会話形式で、契約社員として採用されてしまった場合の対処法について説明しております。

なぜ正社員募集なのに契約社員で採用するのか?

なぜ正社員募集なのに契約社員で採用するのか?

「先輩、実はこないだ正社員募集で応募している企業から内定をいただいたのですが、雇用契約内容を見てみると、最初の半年は契約社員として働いて欲しいと言われました。なぜ企業のは、正社員募集で応募しておきながら、わざわざ最初のうちは契約社員として働かせようとするのでしょうか?

「一般的な理由としては先ずその社員がちゃんと働けるかどうかを見るためだ。

 こう言ってはなんだが、2段階形式で採用する形になっているのは、例えば暴力団関係者だったり、または勤務態度の悪い人だったり、場合によってはそのまま来なくなるなど不当な社員への対策が必要だからだ。ただそれが正社員採用となると、なかなか解雇するのが難しくなる。

 これは向こうから言わせれば『面接の段階でうまくごまかせれば良い』と採用されたもん勝ちみたいになってしまう。これでは人間性に問題がある人を採用してしまった場合、組織上に大きな支障を起こす。だからその手の人たちを採用しないがために、試用期間を設け、適切な労働ができるかどうかを判断する。だから試用期間のは、本来、健全な形を維持するために使われるべきものなんだ。

 ただ中には残念なことにそれを悪用し、一生契約社員のままで働かせる企業も存在する。

正社員募集なのに契約社員のまま働かせる悪徳企業の例

正社員募集なのに契約社員のまま働かせる悪徳企業の例

 俺の知っている例なんだが、

 とある会社で求人票に「正社員採用、試用期間6ヶ月」と書かれていたのに、実際に契約を結ぶ段階になると「最初の6カ月間は契約社員で働くことになる」と伝えられ、求人票と異なる契約を結ばれそうで困惑しました。ただここで断れば私は事実上無職になる為、これから転職活動を改めて再開するにはリスクがあり過ぎる為、泣く泣く契約しました。

 そして半年後、仕事も順調にこなし正社員になれるのかな?と期待したのですが、当時不景気のあおりを受けて、事実、会社からは契約社員になっていた私を『明日から来なくて良い』と言ってきた為、途方にくれました。

 と会社の都合で辞めさせるなんて話をよく訊く」

「すいません、いくら契約社員だからってそんな会社の一方的な都合で辞めさせる事なんて可能なんですか?

「本来ならあり得ない。契約社員であっても、社員の勤務態度などが著しく問題がなければ一方的に辞めさせる事なんて出来ないし、それでも1か月前に通告する必要がある。だからそれを知らずに会社の言い分を信じてしまい、素直に辞めてしまう人がいるから、先のような事をされた場合、きっぱり断るのが筋だ。また考えたくもないが、いきなり辞めさせようとした場合、不当解雇として裁判を起こせる。ただ企業側の言い分としては『相手も承知の上で契約した』という形で徹底抗戦するだろうし、仮に勝ったとしても給料の数か月分の賠償金で済ませる話になるのだろうな」

「採用する初日に望まない契約をさせようとしているのに『相手も承知の上で契約した』という形になってしまうのですか?これは私だけでなく誰だって断れば無職なる状態で雇用を断るなんて考えないでしょう。挙句の果て、裁判で勝っても給料数か月分の賠償金しかもらえないなんてほんと理不尽ですね。一体どうしてそんな事が許されるのですか?

「色んな問題が絡んでいるが1つの問題点として求人票に書かれている内容には法的拘束力がない

 日本の法律の場合、給料や雇用形態などが書かれた求人票が本来の雇用内容と異なる事が書かれても違法性はない。その理由として求人を出してから雇用するまでの間、数か月のタイムラグがあるから、その間、景気の悪化で業務内容を変更せざる得ない場合があるから異なる内容になっていても問題がないらしい。事実、異なる内容が書かれていたのであれば、逆に景気が良くなって給料が上がった場合も、求人票と異なる内容を書いたとして違法性を認める形になるから求人票の内容に違法性は認められない。

 ただ違法性が認められるとすれば契約の段階で結ばれる雇用契約書の方だ。もし雇用時に求人票と雇用契約書の内容に大きな開きがあれば違法性が認められる。

 ただお前の言うとおり、雇用の段階で判明しても応募者側からすれば何も出来ない。断れば無職。しかし受け入れれば『同意の上、雇用契約書にサインした』みたいな話になってしまうから、これはある意味、狙った犯行と言えるだろう。

 そして契約社員の立場で働かされると、いざ転職しようとしても『なぜ正社員で最初っから働き出さなかったんだ?』と面接官に疑われるケースもあるから、転職でも不利になる。悪徳企業はそれを見込んだ上でのやっているんだ。

 その上で転職の際、求人票に”正社員登用制度あり”とか書かれている場合があるけど、あれば事実上、契約社員の立場から正社員に登用する方法はありますよ。と言っているだけで実際は試験問題だったり、会社内で何年かキャリアを積んだりなど、正社員になる上で難しい方法だったりする。正直、この手の契約で本当に試用期間後に正社員として採用する企業もあるから見極めが難しい。だから事前に見抜く事も大事だが、仮にこんな悪質な企業にあたってしまった場合、別の企業に転職するなど、ある程度、腹を括った方が良いと思うぞ」

試用期間後も契約社員にされた場合の対処法

試用期間後も契約社員にされた場合の対処法

「正式に正社員採用する企業も存在するからこの手の契約時の段階で法的に取り締まるのは難しいというわけですか?となれば仮にこの手の契約を結ばされそうになった場合、具体的にどのような対処をするべきなのでしょうか?

「先ず試用期間後、ちゃんと正社員になっているか?自分の雇用形態を確認する。企業の中には契約社員の状態なのに、試用期間後も社員に黙ってそのまま契約社員として働かされる場合がある。だから試用期間終了後の段階でちゃんと自分は正社員採用されているかどうか確認しておかないといけない。

 その確認方法なんだが、試用期間後『自分の契約状況を確認したいから雇用契約書、または労働条件通知書の中身を見せて下さい』。この2つはお前がどのように会社と契約しているのか?証明する方法でもあるから、ちゃんとそこの雇用形態に正社員となっていれば、ちゃんと正社員採用されたという事で、お前の不安はようやく晴れるという事になる。

 ただ未だに契約社員として契約していた場合、『いつか見せる』などと言って誤魔化される可能性だってある。そしてこれ以上会社に無理強いすれば『あいつは切るか』と契約社員の立場を利用され、クビにされるリスクが出てくる。正直、この手の会社から確認する方法としては契約社員の場合、定期的に雇用契約書に捺印を押させる事があるから、その時の雇用契約書を確認して『自分はちゃんとした契約で仕事をしている』と確認するしかないだろうな」

「断れない立場を逆手にとって不利な雇用契約を結ばせる悪法ですか。そして国に訴えても違法性を証明する事は難しいし、更に証明できたとしても多額の賠償金は見込めない。無論、そんな企業、ネットで極力酷さを書いて去りますけど、契約社員からの転職って正社員と比べれば厳しいモノでしょうし、恐らくそれで良い職が手に入らないなど悲惨な目に遭う人もいるでしょう。正直、納得いく形で終わらないってのが納得いきませんね」

「確かにな、お前が応募した求人票を見る限り、ちゃんと試用期間6ヶ月と書かれているから、正直なところ6ヶ月目にちゃんとお前の正社員として採用してくれるかどうか分からないから、正直、神に祈るしかないかな」

正社員として採用する企業か見分ける方法

正社員として採用する企業か見分ける方法

「では先輩、ウチを採用してくれた会社がその後も正社員採用してくれなかった場合、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?」

「それはもう転職しかないんじゃないか。さっきも言ったけど本当は正社員として働いているのに契約社員として働いているのは面接で『この人は自分の雇用形態も理解していなかったの?』なんて思われてしまう。だから正社員になれる見込みがない場合、転職活動をするべきだと思っているが、ここで1つ提案がある。

 簡単に言えば、次もまた契約社員として働かせない企業を見つける方法なんだが、転職後のアフターフォローもしてくれる転職エージェントサービスを利用してみてはどうかなと思っている」

「転職エージェントサービスのはマイナビやリクナビのように人材斡旋会社の仲介業者のアドバイスを受けながら転職先を決めるサービスの事でしょうか?」

「その通りだ。もしお前がまた不適切な雇用契約を結ばされるのではと警戒しているのであれば、比較的、不当な契約を結びづらいエージェントサービスの方が良いと思っている。

 というのも転職エージェントサービスのは、お前と同じ求職者を企業に紹介して報酬を貰う、仮にお前の転職先の月給が20万だったとしたら、約3ヶ月分の60万円が報酬になる。転職エージェントサービスのは、そうやって給料の高い企業に紹介すればするほど、自分の報酬として返ってくる稼ぎ方をしている。

 ただこのやり方だと1つだけ問題があった。それは人の出入りの激しいブラック企業に紹介すればするほど儲かる仕組みになっている点だ。つまりブラック企業に大量に紹介して報酬を貰い、そして早期退職を促せば、また自分たちのサービスを利用してくれるかもしれないとなってしまい、ブラック企業に紹介すればするほど儲かってしまう。

 だから国はそんなやり方にメスを入れ、最低でも3年以上勤めていなければ報酬の大半を返戻しないといけない仕組みに作り上げた。だから仮にお前が半年以内に辞めてしまえば、約9割の紹介料を返さないといけない仕組みになっているから、60万円の場合、54万円を企業に返さないといけなくなるから、あまり儲からない仕組みになってしまう。だから最近の人材斡旋サービスのは、長く働いてもらうためのアフターフォローまで行っているところがある」

「そんなシステムになっているんですか。確かに私が使ったのは、エージェントではなく、求人票がたくさん載っている転職サイトだけだったので、エージェントを通して利用したことなんてありませんでした。となりますと、雇用時に、不当な契約を結ぶような会社がもしそこにあればエージェントにばれて、今後紹介しても報酬の大半を返戻金で返さないといけなくなるから、そんな企業を紹介しなくなるって事ですね」

「その通りだ。しかもお前の場合、契約の際に正社員雇用と言われていたのに、契約社員として採用された。と退職理由が明確になっているから、そんな前例のある企業は極力紹介しないほうが良いとエージェントは考えるだろうから、1つのやり方として転職エージェントサービスを利用した方が良いと思っているぞ」

「なるほど。ただエージェントってそのまま求人票を紹介して、終わりみたいな印象があるんですが、そのまま相手の言い分に丸め込まれて、あまり良い企業を紹介されないって事あり得るでしょうか?」

「そういう転職エージェントを使う上での問題点を知っているんなら話が早い。実はな転職エージェントいといっても、ものの言い方次第では、お前に優良物件をくれる流れになってくる。

 例えば俺が知っている例だが、転職エージェントと面談する際『他の転職エージェントを使っている』言い方をするんだ。これが何が良いかと、他の転職エージェントを使っていれば、向こうからすれば『もし下手な提案をすればライバルにとられてしまうかもしれない』と考えることになる。

 そしてお前は一度就職に失敗した身だ。だから転職サービスを利用した風な話し方もすれば、ここでもまた『下手な提案をすれば、このサービスを利用しなくなるかもしれないし、ネットで何かしら書かれるかもしれない』と警戒心を抱くはずだ

「なるほど、要はさりげなく転職エージェントにプレッシャーを与えるわけですね」

「その通りだ。下手に相手を信用して、向こうの言い分をそのまま鵜呑みにしてしまうと、考えなしで進めている印象与えてしまうからな。悪い転職エージェントに当たってしまったら、報酬が高くて1番入りやすい企業視点でお前にススメてくる可能性があるから、プレッシャーを与えておくのは大事だ。

 それにさっきも説明したが、契約社員として長く働いていれば『自分の雇用も管理出来ない人間』と見られてしまうから、そんな雇用の約束を守れない企業にはあまり長く働ない方が良い。転職って内定を貰うのに1か月以上もかかるのが通例で、更に転職するまでに3か月かかったりする。だから契約社員として働く期間をこれ以上伸ばさない為にも直ぐ転職を始めた方が良いと思うぞ」

スポンサーリンク