内定が取れない人の特徴を直す就活生

シェアする

『内定が取れない特徴って何なの?直さないと内定取れる気がしない』

『内定がもらえない。辛い、どんな末路が待っているの?』

『内定が決まらないので、内定が取れる特徴を知りたい』

 就活をしていると『なぜ自分は内定が取れないのだろう?』と悩む事があると思われます。しかもそれが成績も学生時代に頑張った事もそんなに悪くなく、なのに自分と同じレベルの就活生が先に内定を取れて不公平感を感じている。

 そんな理不尽な現状をどうにかしたいと思いつつも、抜け出す方法が分からず、いつまで経っても無い内定の状態。一体どうすれば内定が取れるようになるのか?とそんな考えを巡らせているかもしれません。

 内定が取れない原因は何なのか?それが知りたくて『内定が取れない特徴』を調べ上げ、自分にあてはまる部分を直していく。そんな気持ちでこのページをご覧になっているかもしれません。その為、ここでは実際に就活生が陥りやすい内定が取れない特徴について触れつつ、どのようにそれを克服すれば良いのか?その辺の流れをストーリー形式でここでは説明しております。

内定が取れない人の特徴とは?

「どうして内定が取れないんだ?」

 祈りメールをまた貰い、持っている駒の数が更に少なくなっていく。面接まで進んでも内定までたどり着く事が出来ず、1からやり直し。そんな途方のない繰り返しに飽き飽きしているのに、同じレベル、いや自分より劣っていると思われる人が『内定が出た』と言っていた。先を越された気分に陥った。しかも相手は自分と大差ないESの内容を書いていて、更に自分が面接で落ちた企業から内定を取っていた事を知る。

 少し落ち込んだが、これで自分に何かしら問題があり、ただそれは見た目とか、学歴だとかの問題ではなく、自分では気づいていない内定が取れない特徴のようなモノが面接で出ているのだろうと思う。

「しかしそれが何なのか分からない」

 自分で分からない事は他人に訊いた方が良い。ただ『自分がどうして内定が取れないのか分かりますか?』なんて質問をしても向こうからすれば答えられるわけがない。その為、色々考えた末、大学を卒業し、人材派遣会社で働いている先輩からアドバイスを貰う事にした。

内定が取れない人の特徴①:話す内容に魅力を感じない

「・・・という訳なんです。一体どうやったら内定が取れるようになるのでしょうか?」

「とりあえず、内定が取れない人の特徴として俺が知る限り2つある。1つはアピールの仕方が間違っている可能性がある

「アピールの仕方ですか?」

「そうだ。例えば誰かが在学中に公認会計士の資格を取り、英語もペラペラな高学歴の人がいたとする。これを聞くと直ぐに内定が取れそうなんじゃないか?と思うかもしれないが、仮にその人が『俺は在学中に公認会計士の資格を取り、英語もペラペラです』なんて言ったら面接官はどう思うだろうか?

 この手の実力のある人達の中には自分の立派な実績が自慢話のように言ってしまう人がいる。無論『俺は他の連中より出来る』『御社の仕事を直ぐに覚えられます』など他人を見下したり、相手の仕事を軽く見たりする人だっているだろ。お前はしていないと思うが、些細な言葉遣いで印象が大きく変わるのが面接だ。

 例えば『私は御社の役に立つと思います』という言葉を使う人もいるが、この言葉を聞いた人の中には『やる前から何で出来るなんて思うんだ?』と仕事を軽く見られた発言だと捉える人もいる。他にも『一生懸命頑張ります』『御社の事に魅力を感じています』など誰でも言えそうな言葉を結構使っていると『この子、ちゃんと考えて面接に来ているのか?』とあまり準備せずに弊社を志望しているなどと思われかねない。

 ほんの些細な言葉遣いと思うかもしれないが、これは社会人になってからも気をつけなければならない。例えば商談だったり、人事評価の査定など就活の後でも面接のような事は行われる。そしてもしそこで『私はあなたの役に立ちます』『一生懸命頑張ります』など言うモノなら相手の仕事を軽く見たり、中身のない会話ばかりさせられたら『もうこんな奴と関わりたくない』と取引が成立しない事態に陥る可能性がある。実際、ウチの同期の中には『ウチの製品は御社が契約しているのより良いですよ』『私は学生時代にこんな事をした事があるのですよ』なんて平気で言う人がいる。それが原因で相手の不快や嫉妬などを招き、その当人だけの問題ではなく、会社全体の問題になってしまう場合がある。

 だから就活では他人を不快に感じさせない話し方が求められる。

 難しい事を言っているかもしれないが、例えば自分の強みをアピールする場合、『将来海外で働いてみたいと思ったので英語の勉強に力を入れました』『将来自分の店を持ってみたいと思ったので、学園祭で自分の店を作って運営する事に力を入れました』など、自分の為の努力というより、社会を良くする為のアピールみたいな言い方が良い。そして次に話す言葉として『御社は海外展開をしており』『御社は飲食店をサポートする業務をしており』など自分の経験と志望先の業務に結びつくような何かを言えれば『なぜこのアピールをしたのか?』が相手に伝わりやすくなる。だから就活ではどんな経験をしたかではなく、どの経験がどんな風に御社の仕事ぶりに役立つのか?その辺を話せれば印象が大きく変わってくる」

「なるほど要は自分の経験が志望先にとってどんな風にプラスに働くのか?それを語れれば良いのですね?」

「確かにそうなんだが、もう少しだけ補足させてほしい。

内定が取れない人の特徴②:志望先の業務を正しく心得ていない

 というのも俺は確かに『今までの自分の経験がプラスに働くのか?』と述べられるようになった方が良いと言った。ただ残念な事に就活生の中にはその妥当性を踏み間違える人が多い

「妥当性ですか?」

「そうだ。例えば俺の知り合いに鉄道ファンの人がいたんだけど、当然JRなどの鉄道関係の企業を志望していた。ただ面接でそれをアピールしても通じない。なぜなら鉄道業界というのは鉄道の知識だけで食べていけるわけではない。例えば人身事故や遅延発生時への顧客の対処法。酔っ払いやケンカなどの対処法など日常的に求められるし、駅員以外の仕事でも鉄道の駅のテナントをどのように運営すれば売り上げがあがるのか?客を地方に呼び込むためには一体何をするべきなのか?鉄道というより鉄道ビジネスを発展させる思考が求められる。

 だから就活生の中にはその点について踏まえず『鉄オタなので鉄道の知識は豊富です』なんて言っても『では酔っ払いやケンカなどの対処法や、客を地方に呼び込む方法は?』などと聞かれて答えられず終わってしまう。正直、鉄道の関する知識があっても、志望先の業務の大変さについて心得ていなければ無駄打ちで終わってしまう」

「鉄道に関する知識が豊富なのに内定にこぎつけないってわけですか?では一体どんなアピールが評価されるモノになるのでしょうか?

「やっぱりどんな形でも良いから働いて成果を得た『実績』が欲しいな。例えば食品業界の場合だけど、就活生の中には面接で『私は食べる事が好き。だから食品業界』とアピールする人がいる。しかし正直その手のアピールはその場で思いついた発言だと言え、評価は低い。

 もし俺が食品業界を志望するのであれば、例えば大学で栄養学について学んでいれば『御社の仕事は食を通じてお客様の健康を支える仕事だと思っています。その為、将来、生活習慣病に悩む人たちに向け、健康に良い食生活を提案出来る仕事に就きたいと思い、御社を志望しました』と言うね。食品を扱う企業の中には健康に良い食事を提案する企業がある。介護食だったり、生活習慣病患者向けの栄養食だったりとかな。他にも美容食だったりサプリメントなどがそうだ。だからこの手の食品メーカーでは『人の健康などを支える仕事がしたい』と思えるようなアピールをした方が良い。

 また他にも食を通じて飲食ビジネスに貢献する企業もある。例えばお菓子メーカーであればバレンタインやクリスマスがそうで、イベント関連系の提案をする事もある。また他にもタピオカが人気であればタピオカ関連の商品開発も行ったりする。要は自分達の扱っている食品を飲食店などに持って行って『この商品であればバレンタインではこんな形で人気になるのでは?』と提案したり、タピオカによるインスタ映えがあれば『タピオカで人気なのは○○という理由なのでウチの商品をこんな形で利用すれば人気になるのでは?』と取引先の食ビジネスに貢献出来そうな提案を営業で行う事になるだろう。

 だからこそ就活では『バイト先の飲食店では』『学園祭のイベントでは』と食べ物を如何に宣伝して売上に貢献したかの経験などを話せば通じる。正直、就活で学生時代に頑張った事をアピールする上でも『実績』というモノは欲しい」

内定が取れない特徴を直す就活生

「なかなか難しい話ですね。自分の場合、働いた経験があまりないので、そんな食品業界の働き方についてなんて全然心得ていませんよ。って言うか志望先の仕事ぶりを働く事が出来ない就活生が見出すのなんて不可能なんじゃないですか?

「確かに働いたことのないのに仕事が出来ると思わせるのは難しい。ただ逆に言えばその手の情報を入手する事が出来れば、就活ではかなり有利に進められる。例えばお前が仮に金融業界、銀行を志望していたとしよう。銀行なんて学生からすれば到底経験する事が出来ない職業だけど、志望動機を訊かれる以上、『どうして弊行を志望したの?』と訊かれたらどう答える。まぁ、銀行だけでなく、どの業界でも同じような質問をされるけど、就活で成功する為にはどうしても志望先の仕事ぶりについて正しく理解する事が求められる。

 ちなみに銀行の仕事というのは企業に100万貸して110万円で返してもらう、要は利子で稼ぐビジネスをしている。だからもし銀行の面接でアピールするのあれば『金を借りたい企業をどうやって見つければ良いのか?』『どうやって金を返せる企業なのか見極めれば良いのか?』『そしてそれを今回限りではなく、継続して金を貸し続ける為にはどうしたら良いのか?』とそんな仕事ぶりが求められる。

 1つの活躍している銀行員の姿を教える。例えば繁盛店を見つけ出し、アポイントを取り『新しい店でも出して更に売り上げを上げてみませんか?』と提案する。そして2店舗目を開店させて出店費用のお金を向こうに借りたいと思わせる。そして出店費用に1000万。ただし2店舗目を出せばこの店の売上だと10年で返済出来ると読み、1000万円を借りさせ、1100万円を10年期間で返済してもらう契約を結ぶ。これでその銀行員は10年で100万円稼いだという事になる。

 こうなってくるとさっき言った『金を借りたい企業をどうやって見つければ良いのか?』という部分では繁盛店を見つけ出す。という話になって、『どうやって金を返せる企業なのか見極めれば良いのか?』については店の人から信頼を得て、売上管理簿などを見て、月々の返済能力を見て判断する。まぁ、簿記や経営などの知識を身に着けているとアピールすれば良い。『そしてそれを今回限りではなく、継続して金を貸し続ける為にはどうしたら良いのか?』という問いについては『2店舗目の開店がうまくいけば、店舗目、4店舗目と提案し、更に金を貸そうと考えています』と考えられ、アピールするべき内容が見えてくるってわけだ」

「なるほど確かに志望動機って面接では避けて通れない質問ですね。そしてそれを克服する為にはやはり志望先の業務について理解する事が不可欠。というわけですか」

「まぁな、ちなみに銀行員の1つの志望動機の言い方として『銀行というは様々な企業を資金的にサポートする仕事だと思っています。その為、資金的なサポートをする事で企業の成長を促し、社会をよりよくしていく仕事に魅力を感じ、この度、志望致しました』という言い回しが良い。学生時代に頑張った事についても『バイト先の居酒屋の店長が2店舗目を開く事になり、銀行員というのはお金を貸すのではなく、様々な人の仕事を資金的にサポートする仕事をしているんだな。と知り、自分もそんな風になってみたいと思いました』なんて言えれば良いわけだし、資格では簿記や経営学関連のモノが通じるなというのが分かる」

「なるほど、そんな風に志望先で活躍している人や、どうやったら成果に結びつくのかの情報を仕入れて、そして『自分もあたかもそんな風に出来ますよ』なんて言えれば良いわけですね」

「その通りだ。結局、就活というのは『自分という商品を売り込むプレゼン』みたいなものだ。自分が如何に入社後活躍出来るのか?その辺の魅力を面接でアピール出来るかが焦点となってくる。内定が取れない人というのは恐らく『食べる事が好き』『御社の商品を良く利用しています』『鉄道関連の知識があります』などありきたりな事を言っているからじゃないかと思っている。だからこそ内定が取れない状況から抜け出す為にも、先ずは志望先の仕事について正しく理解する。それがこの状態を突破する事に繋がるのではないかと俺は思うぞ」

内定が取れない特徴から脱却する為には?

「しかし先輩、今のお話で食品業界や銀行を志望する上では何となくどういえば良いのか分かりました。ただ他の業界の場合、どのように言えば良いのかについては自分で考えないといけませんね。結局、面接を受けまくって、面接官から情報を引き出していくしかないのでしょうか?

「いいや、それこそ内定が取れない1つの特徴になってしまうぞ。なぜなら最近の面接というのは向こうが一方的に話しかけてくるだけで、雑談と言っても当たり障りのない話しかしない。つまり有力な情報を渡さない可能性が高いわけだ。だから何度も面接を受けるといっているが、例えお前が的外れな事を言っても『いいですね』なんて言って終わる。面接官は迂闊な批判をしてネットに書き込まれて企業イメージを悪くする事を恐れているから、例えお前が間違っていたとしても指摘しない事が多い。だから面接を何度も受けて自分にとって良いアピール方法を探そうなんて考えていると一向に事態が改善しない事に陥るかもしれんぞ」

「では一体先輩はどうやれば良いと思っているのですか?」

「やっぱり本音を話してくれる、または企業側から自分がどんな風に評価されているのか?そんな会話をしてくれるようスカウト型の就活をやってみてはどうかなと思っている」

「本音で話してくれるスカウト型の就活って何ですか?」

「分かりやすく言うなら、自分のESをネットで公開して、それに興味を持った採用担当者が声をかけてくれるタイプの就活だ。今ではdodaキャンパスというスカウト型就活サイトあって、そこに自分のプロフィールを載せて、関心を持った企業が声をかけてくれるモノがある。

 俺がなぜこの手の就活サービスをオススメするかと言うと、さっきも話したが面接を受けていても就活生にとって有利な情報を仕入れる事は出来ない。その理由としてお前が『この企業に入りたいのです』と言って『ではどうしてなのか説明してください』など自分の事前知識のみで話を進めなければならない。だから自分の持っている知識レベルでしか面接では披露されないんだ。ここで重要なのは自分の知らない知識を如何に面接官から引き出すべきなのか?その辺を考えないといけない。

 このスカウト型の就活サイトを利用してお前のプロフィールに興味を持った企業からコンタクトがあった場合、『なぜ自分を採用しようと思ったのか?』なんて採用担当者に訊ける事が出来るだろ?リクナビやマイナビの場合だとこの手の質問をすれば『この子は弊社の事を調べていないのか?』なんて思われてしまう。だから企業の事をあまり知らずに面接を受ける事が出来るこの手の就活サイトは自分の評価を再認識する上でもとても役立つサイトと言える」

「しかし先輩、確かにそれでESを載せて志望先の仕事ぶりが見えるようになっても、良い企業から声がかかる可能性があるのですか?

「というより自分が社会から見てどんな風に評価を受けるのか?それが分かるようになるサービスと言っているんだ。例えば俺のケースだけど居酒屋でバイトしているだけでビールメーカーや通信会社から声がかかった事があるんだ。

 なぜかというと居酒屋である以上、当然ビールやお酒などの商品が置いているだろ。だから今まで居酒屋に対し、当然ビールやお酒などの営業マンが来訪し、そしてどんな提案をしているのか?見ている可能性がある。だからどんな風に提案し、そしてどんな風に注文を取る事に成功したのか?間接的に見ているかもしれない。俺のケースだが、この話を聞いた後、早速店長の方に掛け合って『今まで店長が会った営業マンの中で魅力的な提案をした方はどんな方でしたか?』と尋ねて魅力的なアピール内容は何なのか?探ったよ。

 そして店長が一番魅力だと感じたのは通信会社からの提案だった。その通信会社というのは主にWi-fiやクレジット決済端末を扱っている会社で東京オリンピックの影響で外国人観光客が増えたから、海外共通の通信網を設けているWi-fiのニーズが出て売上を上げている会社だった。そして今、居酒屋は日本特有の文化でもあるから、外国人観光客へのニーズが高く、居酒屋にWi-Fi端末や国際クレジットカードを配置すれば利用者が増え、売上を上げられるのでは?と提案したんだ。

 当時、東京ではオリンピックの準備の為、飲食店は全面禁煙にする条例が出て、新たな顧客の確保が1つの課題になっていた。だから店長は『そんな時代の変化に合わせて新しい顧客確保の提案をしてくれた通信会社が一番だったよ』と言って、俺はWi-Fi端末や国際クレジットカードを配置して売上を上げたプロフィールに変更した。すると居酒屋で働き、かつ外国人に対し、どのような対応をすれば良いのか?その辺を心得ている学生だと見てくれて、面談ではバイト先で外国人客向けに外国語の書かれているメニュー欄を用意したり、ハラル食品と言ってイスラム系の人はアルコール類を口にしてはいけないから、料理にアルコールを入れてはいけない事は勿論、食器を洗う際の洗剤にもアルコール類が含まれていないかチェックしていた旨を書いて内定を貰ったよ。

 居酒屋のアルバイトしていただけでビールメーカーと通信企業から声がかかったわけだ。そして『どうして自分を?』なんて質問出来るわけだから『ビールに関する客へのニーズ』や『外国人観光客への対処法』などの採用ニーズを知る事が出来る。

 だからお前が一体ESにどんな事を書いているのか知らないが、居酒屋のバイトだけでこんな形で企業から声がかかってくるんだ。つまり運が良ければお前がやってきた事に対し、特定の企業から『評価される理由』を知る事が出来る。お前はさっき『どうやって有力な情報をゲットすれば良いのか?』という質問をしたけど、正に向こうから『なぜ?』の問いに対し答えてくれるこの就活サイトは1つの打開策なのではないかと思っている」

「確かに理にかなっていますね」

「まぁ、他にも高学歴による学歴フィルターってモノがないから、普通の大学出身者でも声をかけてくれるから、リクナビやマイナビのように『あ、この子、高学歴じゃないんだ。でも応募して来たし、学歴で不採用にしたなんて言ったら学歴差別になるから、面接までそれが原因で落ちたという形にしよう』と始めから落とすつもりの面接を避ける事が出来る。就活生にとって時間や交通費は自分の人生を決めるほど大切なモノだ。お前のメンタル的にも良いし、今、人気になりつつある就活サイトと言っても良い。

 だから内定が取れないと嘆いているのであれば、先ずは志望先に理にかなった言い方を心得るのが先決だと思っている。その上でも、まぁ、このスカウト型就活サイトでも利用して知見を深めるのも良いと思うし、内定が取れない特徴から抜け出せる方法だと思うぞ」

スポンサーリンク

シェアする