新卒で年収の高いIT企業に就職出来る人ってどんな人?

 

『新卒で年収の高いIT企業に就職する人ってどんな人?』

『SEの新卒の年収ってどのくらい?』

『新卒の状態から年収400万を目指すにはどうしたら良い?』

 

 とIT企業の就職先を選定する上で年収にこだわる人はいると思います。実際、新卒SEとして入社したのに月給20万円にも満たず、更に安月給で働かせる企業が多い為、IT企業の就活で成功する為には当たり外れを見分ける力を身につけなければなりません。

 

 そして世の中にはそんなIT企業の中から無事、年収の高いIT企業に就職し、そしてキャリアアップで1000万プレイヤーになる人も存在します。その人は具体的にどのように年収の高いIT企業に就職し、成長出来たのか?

 

 ここでは実際に新卒でIT企業に就職しようと思っている就活生と、IT人材の斡旋企業で働いている先輩社会人の2人の会話形式で、新卒で年収の高いIT企業に就職する方法について説明しております。

 

年収の高いIT企業の特徴とは?

 

「先輩、お久しぶりです。実は今、IT企業に就職しようと思っているのですが、ネットには『IT企業の年収は低すぎる。やめとけ』なんて記事をよく目にします。IT企業の中には年収が低かったり、長時間で安月給で働かされると言うブラック企業も存在するみたいですね。私そんなひどい所に就職したくないので、年収の高いIT企業を見分ける方法を教えてください」

 

「となると先ずは年収の高いIT企業の特徴を知らなければならない。世の中にはその特徴を知らずに就職し、安月給で働かせられる新卒新入社員が沢山いるからね。

 

 まず年収の高いIT企業の特徴は元請け業務を請け負っている部分が目立つ。

 

 お前は知らないだろうが、IT企業というのは『システムを作ってくれ』と依頼する企業が無ければ成り立たない。だから発注元と直接交渉している元請け企業こそ報酬の決定権があり、比較的年収の高い仕事をしていると言っても良い」

 

「先輩、今の話からすると、世の中には元請ではないIT企業があり、それが年収の低いIT企業で、その企業を見抜けないと年収の高いIT企業に就職出来ないって事でしょうか?」

 

「その通りだ。IT企業というのは下請け構造になっていてね。要は『1億出すからこのシステムを作ってくれ』と依頼されても『元請だけだとメンバーが足りない。だから下請けにこの部分を開発してもらおう』と1億の幾分かを下請けに出して、システム作りを行う形になっていて、下に行けば行くほど低い年収になってしまうんだ。

 

 実際、システム開発にはプログラミングでシステムを開発する部分もあるが、一方でちゃんとシステムが動かせるかどうか確認するテスト業務もある。そんな誰でも出来る仕事、年収の高いエンジニアにやらさせるのは金の無駄だろう?だから誰でも出来る仕事を下請けに回し、低い賃金で働いてもらう事をしている。

 

 だからもしお前が年収の高い企業で働きたいのであれば、こんなテストばかりやらせる企業ではない事を見分けられるようにならないといけないな」

 

「なるほど要はIT企業は建築業界のように下請け構造になっていて、3次請け、4次請けなど下請けであればあるほど低い年収で働かされるわけなんですね。となると年収の高いIT企業って言うのはシステム開発を中心に行っている企業って事でしょうか?」

 

「そう捉えても良い。ただ完全ではない。その辺について説明するが世の中には以下の4種類のIT企業が存在する。

① 自社開発

② 受託開発

③ SIer

④ SES

 

 これは分かりやすく言うと

① 自社開発『自社でシステム開発を行っています』

② 受託開発『大手のシステム開発の一部を請け負って開発しています』

③ SIer『大手のシステム開発全てを請け負っています』

④ SES『大手に人材を派遣してシステム開発を手伝います』

 と4パターンになっている。

 

 この4種類の違いと年収との因果関係を説明すると

 ①の自社開発の場合、自社で開発しているが、年収はそのシステムの利用具合次第。要は無料でサービス提供しているシステムであれば収入が低く、社員の年収も低くなる傾向がある。逆に有料で利用者が多いのであれば収益率が高く、社員の年収が高くなりやすいIT企業って事になる。

 

 ②の受託開発の場合、開発工程のどの部分を専門として扱っているか次第でエンジニアの年収が変わる。要はシステム企画に携わっているのであれば、価格決定権がある為、年収が上げやすい。だから年収の低い受託開発企業の特徴として、テストや既に出来上がっているシステムの改修しかやらない場合だと比較的、報酬が低い仕事しかやっていない場合がある。だから開発のどの部分を請け負っているかが年収の高さを示す1つの指標になるから、面接などで『元請けで企画開発をどのくらい割合で請け負っているのでしょうか?』と聞いて、志望先の企業の実績を確認した方が良い。

 

 ③SIerの場合、これはシステム企画だけでなく、その企画した内容をどのようにシステムとして開発するか、川上から川下までシステムに必要な全てを担っている為、価格決定権を持っている場合がある。しかし問題なのはクライアントの方が立場が強い場合『今期はこの値段でやってね』と低予算で働かされる場合がある。完全にお客様に依存しているIT企業だと年収の低いIT企業である可能性があるから、大手の大口顧客も取引しつつ、1つの取引先に依存していないIT企業が年収の高いIT企業と言えるだろう。

 

 ④SESの場合、正直、これは滞在先で決まる。要はSESって言い方を変えればエンジニアの派遣ビジネスであり、使い捨てになりやすい業態と言っても良い。確かに報酬の高い案件もあり、飛躍的に高い案件を中心に派遣されるエンジニアもいるのだが、派遣先に恵まれず、スキルを身に着けられず、誰もやりたがらないテスト業務ばかりやらされるSEエンジニアをよく見かける。だからSESの場合、常駐先の案件で身に着けたスキル次第で自分の人生が決まるから、年収の高いエンジニアになれるかどうかは運次第で決まると言っても良いだろう」

 

年収の高いITエンジニアの特徴とは?

 

「先輩、色々と話を聞く限り、仮にシステム開発を中心に行っている企業に就職しても、取引先の経営状況や取引内容によって年収が低くなってしまうなど、収益性の高いIT企業に就職しても報われない現実があるようですね。」

 

「だからIT企業の特徴だけで年収の高さを決めない方が良いと思っている。実際、年収が低いとされているSESでも高い給料を貰っているエンジニアもいて、やっぱり年収を高く出来るかどうかは本人の立ち回り方次第になってくるな」

 

「となると年収を高く出来そうな企業に就職しつつ、そこで経験を積めるように頑張らないといけませんね。先輩ならどうやって年収の高いエンジニアになろうとしますか?

 

「俺なら就活エージェントサービスを使ってみるかな。普通にリクナビなどで就活するのも1つの手なのだろうが、エージェントサービスの場合、自分の相場に合った一番年収の高い順で企業を紹介してくれる。連中の報酬って紹介先の企業の年収によって決まるから、年収の高さに固執するならエージェントサービスを使った方が手っ取り早い」

 

紹介先の企業の年収によって報酬が決まるってどういう意味です?」

 

「俺のようなエージェントサービスの仕事は、お前のようなIT企業で働きたい人を企業に紹介し、その紹介料で儲けるビジネスをしている。要はお前が仮に俺が紹介した月給20万円の企業に就職した場合、給料の3か月分の60万円が俺の報酬として入ってくる。だから仮に月給100万のIT企業に就職した場合、俺の報酬は300万円になるから、出来るだけ給料の高い企業に就職してもらうようエージェントはサポートしてくる」

 

「なるほど、では私のような新卒就活生はその一番給料の高い企業に就職出来るよう頑張れば良いわけですね。では具体的に面接でどんな風にアピールすれば良いでしょうか?

 

『自分でシステム企画を立案し、提案出来るエンジニアになりたいです』ってアピールした方が良い。ITエンジニアの場合、年収の高いエンジニアの仕事として、上流工程である要件定義、ならびに設計の部分に携わり『このくらいの値段がかかります』と値段交渉出来るかが鍵になってくる。だから年収の高いエンジニアになりたいのであれば、お客さんがどんな悩みを抱えていて、それに対し、どんなシステムを作れば良いのか?考えられるエンジニアになりたい、って言うのがベスト」

 

「なるほど、要は自分で自分の値段を決められるエンジニアを目指すのが良いのですね?ちなみにそのシステム企画提案の仕事って難しいのでしょうか?

 

「費用対効果の観点から、恐らくだが顧客の仕事内容を正確に把握し、無駄を見つけ、『この部分をシステム化してヒューマンエラーや人件費の削減に繋がりますと、人間より機械の方がパフォーマンスが良いとお客様に説明し、納得させないといけない。まぁ、1億や2億などの提案もする事があるから、難しい仕事と言えるだろう。

 

 まぁ、新人であるお前がいきなりそんな仕事に携わる事はないだろうから、俺のオススメとして

将来は自分で考えてシステム作りを企画するエンジニアになりたいと思っている為、開発経験を積めつつ、企画提案に携わっている先輩社員の下で働けるIT企業に就職したいです。

 

 と、出来る先輩社員の下で数年間勉強し、将来、お客様にシステム提案が出来るエンジニアとして成長したいです。とエージェントに伝えておいた方が良いだろうな。そうすると新卒未経験でも研修制度が充実していて、かつ先輩社員からのサポートがある企業に就職してくれるから、自分の成長に結びつくIT企業を極力紹介してもらえるよう頑張った方が良い」

 

年収の低いIT企業に就職しないようにする為には?

 

「先輩、今の話を聞く限り、世の中には研修制度が充実していない、または先輩社員の下で働く事が出来ないなどダメなIT企業が結構あると聞こえるのですが?」

 

「その通りだ。世の中には人を使い捨てにするIT企業もあって、ただ人を集める為に『研修制度有』と求人票には書いているのだが、実際は市販されているJavaの資格本を1冊渡されるだけで『これで頑張ってね』と言われておしまい。なんて就職しなくても出来る研修で済ませるIT企業もある。

 

 他にも就職した後、いきなり現場に派遣されて『一人で頑張ってね』と言われる事がある。んでもって現場からは『初めは大変だろうから、資料整理やテストなどを通じて業務の理解力を深めていってね』と言われて、一向に開発業務にやらせず、役目を終えたら捨てられ、また新しい現場でも同じ目に遭うなどの繰り返しなんてのもある。ダメなIT企業の中には誰もやりたがらない仕事を専門に請け負うIT企業ってのがあって、社員を使い捨て前提の働き方をさせるIT企業なんてのもある。

 

 んでスキルが身に着かない仕事ばかりやらされているのに『お前、何で開発スキルが身に着かないんだよ』と、社員のせいにして一向にスキルアップが望める場所で働かせないIT企業もあるから、やはり志望先を選定する上では『先輩社員の下で働けるようになっていますか?』と面接などで聞いた方が良いだろう」

 

「酷いIT企業もあるんですね。となると立派な研修制度があり、かつ先輩社員から指導してもらう企業ってどうやって見つければ良いですかね?

 

「エージェントに頼んで紹介してもらうのが手っ取り早いだろう。実際、エージェントの仕事って言うのは紹介先の仕事について調べて、そして就活生に紹介する事をやっているから就活生以上に志望先の研修制度の内容や労働環境を正確に把握出来る。だから俺なら

 

研修制度ですが、私の先輩は新入社員に対し、2カ月間の実践研修してくれる所があり、主にプログラミングの基礎、ならびに実際にグループを組んでクライアントから要件を聞き、開発に携わる実践をしている所があると聞きました。そんな実践的な研修がある企業を紹介していただけないでしょうか

 

 と、具体的に述べる。するとエージェントとしてどこまでの研修制度を求めているか分かりやすいから、返事としては『会社内で3週間、専門のコーチに教わる』『会社が契約しているe-learningを受けてもらう』など具体的な研修内容を教えてくれる。だから研修の質にこだわりたいのなら、上記のように具体例を交えて確認した方が良いだろう」

 

「エージェントサービスって、面接を受ける前にどんな研修なのか事前に確認出来るんですね。ちなみに先輩なら事前にどんな部分をチェックしますか?

 

「やはり一番確認すべきなのは年収だろうな。エージェントサービスの一番の利点は求人とは違い、年収が正確だってところだ。実際、就活生に仕事を紹介する際、『求人票と載っている給与と結構違いますがどうしてですか?』と聞かれる事が多い。

 

 実際、求人票には年収600万と書いておきながら、俺がその企業を紹介すると年収240万なんて事なんてざらにある。要は少しでも人材を集める為、一番稼いでいる従業員の年収をあたかも平均年収と思わせるように書いたり、またボーナスがあった時など一番社員が稼いでいた時の年収をそのまま貼り出してくる所もあるから、低い年収で働かせようとする企業を見分けないといけない。

 

 だから実際の給与で報酬が決まるエージェントサービスを使うと本当の年収が分かって助かる。だから普通に就活するよりも本当に年収の低いIT企業を見つける方法としてエージェントサービスは助かる部分がある」

 

「なるほど普通に就活をしていると、就活生って求人票の内容が全てですからね。外部サービスを利用して本当の年収を知る機会を得るのも1つの戦い方になるわけですか」

 

「その通りだ。話は戻すが、新卒で年収の高いエンジニアになりたいのであれば、やはりやはり稼げる先輩の下で働けるようになるのが一番だ。となると研修制度が充実していて、そして新入社員のサポートが充実しているIT企業に就職するのがベストだ。

 

 SEとして生きていく場合、時代によってどんな働き方をすれば良いのか変わってくるから、その時代にあった働き方を見つけないといけない。実際、昔は『Javaを身に着けていければ大丈夫』と言っていたのに、今は『自動化だ』『ビッグデータだ』『DX』なんて言って、どれに注力すれば良いのか分からない。

 

 だからSEとして成功したいのであれば、出来る先輩の下で働き、それが将来独立して自分の会社を立ち上げるパターンなのか、それとも会社でプロジェクトマネージャーとして働いた方が良いのか?その時代で活躍している人の間近で働くのが一番だと言える。

 

 しかし就活生の立場だとそんな志望先の先輩社員の働き方や労働環境などを探るのは難しい。だから俺だったら、面接前にエージェントサービスにお願いして、どんな人材を求めているのか?その理由合どうしてなのか?事前確認してもらった方が失敗しにくい」

 

「なるほど確かに就活って面接で面接官と話して、初めて志望先の労働環境などが分かったりしますからね。面接前にどんな企業なのか知れる方法があるのは1つの強みですね」

 

「ちなみに俺なら『3年後に更に年収の高い会社に転職してキャリアアップを目指します』とエージェントにアピールするかな。

 

 さっきも言ったけど、エージェントサービスっていうのは、年収の高い企業に入ってくれればくれるほど個人の評価に繋がるから、将来有望の人材が自分のサービスを使ってくれるかもしれない可能性はエージェントをやる気にさせる

 

 お前はこれから面接を受けて苦労するかもしれないが、どのように立ち回れば良いのか個別のサポートが必要だろう。それ故に逐一充実したサポートをしてもらう為にも

『この新卒ではITスキルを身に着け、成長する事を重点において、3年後には更に年収の高い企業に就職したいと思っています』

 

 と言えば『今、この人に成長性のあるIT企業に就職させれば、また自分のサービスを利用してもらえるかもしれない。この就活生が成長出来るようサポートしよう』なんて考えるかもしれん。

 

 エージェントサービスって面接前に就活生のどの部分に関心があるのか教えてくれるだけでなく、不採用理由についても面接後の面接官に聞いてくれるから、自分のアピール内容のどの部分が悪かったのかも知れる。

 

 だから自分のアピールの仕方に問題があるのを改善したり、また本当に年収の高いIT企業に就職する為にもエージェントをやる気にさせる手を打つのも1つの手だろう。