三菱電機を辞めたい転職成功者の例

 

『三菱電機を辞めたい。しかし良い転職先はあるのか?』

『三菱電機から転職したら後悔する?』

『三菱電機を退職して良い企業に就職する人ってどんな人?』

 

 など三菱電機という大手に勤めたけど、成長性が感じない現場、または上司からパワハラまがいな仕打ちを受け続けると分かり、辞めたいと考えている人もいると思われます。しかし大手ある為、福利厚生やブランド力などでは優れている為、今の会社より良い企業に転職する事は可能なのか?と考える人もいると思います。

 

 しかし体を壊したり、またはリストラ候補となった上司を目の当たりにし、長い目で見ると今の時代に生き残れる人として成長出来る企業に転職した方が良いと思えている筈です。その場合、大手でなくても可能で、成長出来る企業、ならびにブラックではない転職先を見分ける事が重要になってきます。

 

 その場合、どのように転職活動をすれば良いのか?ここでは実際に三菱電機から転職し、優良企業に転職する事に成功した視点で、転職を成功させる為のノウハウについて説明しております。

 

三菱電機から転職する理由をどのように説明すれば良いのか?

 

『なぜ三菱電機から転職しようとしているのですか?』

 

 転職で面接を受けている時、面接官からこんな質問をされた。まぁ、大手である三菱電機から転職するわけだから、不思議に思うのは当然だ。この辺の説明が出来ないと『三菱電機で何かしら問題を起こしたから転職しようとしている』などと勘繰られる。その為、面接官が納得いくような体力理由を用意しておく必要がある。

 

 俺の場合だが以下の3つを説明した

1,安月給で長時間働かされ、労働環境が改善されない

2,自分のスキルが身につかず、非効率なやり方ばかり身についていく事への危機感

3,パワハラまがいな上司と5年間付き合う事になり転職を決意

 

三菱電機なので20、30代は年収200万円代で働く事になっている

 信じられない事かもしれないが、三菱電機は大手でありながら、20代、30代の年収が200万円代なのである。

 

 三菱電機の場合、年功序列の評価制度で年齢があがるほど年収が上がっていく。その為、若いうちの給料は低い。もしこれが20代後半から徐々に給料が上がっていくスタイルであれば問題ないのだが、30代前半の先輩の給与明細を見せてもらったところ、月給25万になっているが、税金など差し引けば未だに手取りは年収200万円だと知り、驚いた。

 

 先輩曰く『ウチの会社は40代になってから給料が一気にあがる。仮に高い地位についていなくても40代というだけで年収600万円になるから、三菱電機の場合、勤労年数によって評価が分かれるんだ』と言っていた。つまり求人票に年収400万円以上と書かれていたが、実際は200万プラス600万で、平均400万という数字を出し、年齢ごとに給料格差がある事が見えないような求人内容になっている。

 

三菱電機なのに長時間労働を強いる労働環境になっている

 と、給料の低さには驚くが、それでも大手というブランド力がある為、それだけで転職するには動機が弱すぎる。ただ恐らくここから転職した方が良いと考える人が出てくるかもしれないが、三菱電機の場合、営業が納期や予算を決める関係上、無茶なスケジュールで働かせる事が多く、長時間労働になりやすい。

 

 これは俺の例だが、配属されるプロジェクトを決まる際、事前に打ち合わせをするのだが、その話の流れは決まって『営業の○○さんが案件を取ってきたので、その案件に関わる事になります』と言い、そして納期や予算などが事前に決められている事を知る。まぁ、事前に決まっているのは当たり前かもしれないが、問題なのはその営業は現場経験者ではない為、納期や予算を正しい試算に基づいて計算されていない事が多い。

 

 これの何が問題なのか?これは営業の都合なのだが、現場エンジニアの意見を取り入れると『それだとライバルより高く見積もらないといけない為、案件が取れない』言い、案件を取る為にお客様から『このくらいの時間や予算でないと受けられない』と言われ、無理やり安い見積もりで請け負ってしまうのである。結果、無茶なスケジュールだと分かりつつ、案件を獲得する為に安請け合いをしてしまい、そのツケを現場の人達が支払う事になるのだ。

 

 この現場のプロジェクトマネージャーの人は『営業が安請け合いしてくるから、俺がいつもどうやってその予算と納期でプロジェクトを成立させるかスケジュールを組まないといけない。はっきり言ってこのスケジュールで成り立つわけないだろ』と愚痴をこぼしていた。しかも別のプロジェクトでも別のプロジェクトマネージャーが同じ事を言っていた為、正に三菱電機ではそんな無茶な案件での作業が横行していると見える。

 

 その結果、当然1日8時間勤務で到底終えられる仕事量ではなく、深夜残業や休日出勤などで時間を作り、プロジェクトを成立させるよう頑張らなければならない。

 

 俺自身、サービス残業、ならびに早朝出勤、またはクライアントに黙って仕事を自宅に持ち帰り行う事をして、何とか仕事を終わらせる事が出来た。しかし他の同期の人達によるとプロジェクトが間に合わず、更に納期の延長を許さなかった為、プロジェクト崩れが起き、クライアントに迷惑をかける事案が結構起こっている。体感的だが、三菱電機では長時間労働前提の案件が多く、サービス残業必須の仕事を求められる確率が高い。

 

三菱電機なのにパワハラまがいな仕打ちを受ける

 このように長時間労働が日常化していれば、1つの転職理由として妥当なのかもしれないが、三菱電機から転職したい理由は他にもある。それはプロジェクトによってパワハラまがいな仕打ちを受ける事がある点だ。

 

 俺もその中の一人なのだが、さっき短期でプロジェクトを行わないといけない関係上、上司から無理難題を押し付けられる事が多い。だから打ち合わせの会議の際は『いつまでに終わらせるの?もし失敗したらどうするつもりなの?』と質問され、仕事の詳細を聞く前からいつまでに終わらせますと言質を取ってくる。そして仮に遅れが生じた場合『何で終わらなかったの?この日に終わらせるって言ったよね?』と詰め寄られるのである。

 

 パワハラまがいと言ったが、実態は責任の擦り付けあいだ。

 

 遅れが生じた場合、その原因は自分ではなく部下のせいであると言えるようにする為に細かい内容は教えず、約束だけを先にさせ、そして仕事を教えるやり方をしてくる。俺の場合はそんな上司だったが、中には教えるのが下手で間違ったやり方を強要したり、お客様との調整がうまくいかず、遅れた分のツケを『今日までに終わらせないとこのプロジェクトが破綻するのは分かっているよね?』と厳しく言って部下に責任を押し付ける人もいる。

 

 これを聞くと面接官の中には『会社に労働環境の問題について訴えなかったの?』と尋ねる人がいる。確かに転職より改善を先にするべきだが、三菱電機の場合、改善される見込みが低い。実際、俺の上司だけでなく同期の上司も『俺は深夜遅くまで働いて、上司から厳しい事を言われ続けても頑張ってこれたんだ。だから俺のやっている事はおかしくない』と言い張り、上司に訴えても改善されない。そして無茶な案件ばかりやらせる事が多い為、時間的に余裕のない上司が多く、会社や上の人に訴えても改善されない。実際、今も上に訴えている人もいるが、一向に改善されず、その人達から転職を勧められるなんて事が起こっている。

 

 三菱電機の場合、マニュアルもなく、これと言った教育指導などはない。時間がない為、マニュアルを作らない、または必要な事が書かれていないなど、前の担当者が資料作りに手を抜いているケースが多々ある。その結果、正しい処理が出来ない、または次の担当者が独断で判断してしまい、間違ったテストをしてしまうなど、やり方が統一されていない。つまり直属の上司の指導次第で自分の受ける教育は決まる。そしてダメな上司の場合、大抵は無理難題、または非効率なやり方ばかり押し付けられる。そして責任を如何に擦り付け合いまで起これば、最早まともな仕事など出来ず、早く辞めた方が良いという話になる。

 

三菱電機の場合、仕事が出来る人の方が報われない評価制度になっている

 と、このようにパワハラまがいな事を日常的に受ける現場があるのだが、更に転職した方が良い理由として仕事が出来ない人の方が報われる点だ。

 

 さっきも話したが年功序列の評価制度のせいで年齢が上がれば上がるほど給料は上がっていく。更に問題なのはプロジェクトの成功是非問わず上がっていく為、降格などがなく、仕事が出来ない人も昇進、昇給する。

 

 プロジェクトを成功させないといけない以上、問題を起こしそうな社員には仕事を回さない。そして回されなかった仕事は出来る人に回して出来る人ほど仕事をさせられるのである。実際、無能な上司が定時に帰宅し、仕事の出来る部下に全て丸投げして帰るなんて事を良く目にしてきた。

 

 その為、出来る人は長時間労働が強いられ、体を壊したり、またはうつ病になったりして、退職を余儀なくされる。その為、無能な社員ほど会社に残りやすく、パワハラまがいな事をする上司、または仕事が出来ない上司の下で働く事になれば最低5年は我慢し続けなればならない。

 

三菱電機なのに非効率的なやり方ばかり経験する事になる

 そしてもう1つ転職した方が良い理由として『三菱電機で働いていても良い経験を積めない』という問題がある。

 

 上記のようにダメな上司ばかりが上に立つ事が多い為、人によっては非効率なやり方ばかり強要される事がある。実際、まるでタイムスリップしたかのように古いシステムで仕事をさせられる事が多い。例えば今ではMicrosoft2019など新しいバージョンがあるが、未だにMicrosoft2003で対応してくれ、と言ってくることが多い。その為、Outlookの場合、古いバージョンでメールのやり取りを強要される事があり、以前発生した情報漏洩の問題は、新しいウイルスに対応していないバージョンでやり取りしてしまったが故に起きたと言われている。おまけに転職時『君ってMicrosoft2019って使える?』などとスキルの低さを疑われる事がある。三菱電機の労働環境を知っている人からすると古いやり方で仕事をしている事を知っている為、やはり早く辞めて、将来必要とされるスキルを身につけられる企業へ転職した方が良い。

 

 そして三菱電機ではこの不祥事をきっかけに更に働きづらくなっている

 

 情報漏洩、ならびに不正により、以前より監視体制が強くなっている。具体的には今まで部下の独断で出来た事が上司の許可がなければ出来ない体制に変わった。その為、手続きが複雑になり、今でも無理なスケジュールで時間がないのに更に時間がかかる問題が起こっている。

 

 しかもパワハラまがいな上司の場合、大抵、確認する度に無茶な要求をしてくる。例えば仕事のやり方を見せる以上『もっとこんな機能追加できるんじゃないの?』と言われたり、スケジュールを決める際『もっと早くできないの?』と言われたりする。パワハラ上司と一緒に仕事をする場合、出来る限り自分の仕事は報告するべきではないのだが、三菱電機ではそれを許さない。何かといちゃもんつけて更に酷い要求をしてくる。俺の場合だが、上司から『5日で終わらせたのに、何で同じ仕事を今度は1週間もかかる事になっているの?』と言われる。この仕事は土日に仕事を持ち帰ってやっていた為、実際の労働時間は7日だ。しかし土日を抜かした5日で仕事をした事になっているから、更に短い時間で出来るのでは?と言ってくる。本当は土日持ち帰ったと言いたいが、情報漏洩の観点から外部に仕事を持ち出したと言えず、いつも以上の短い時間で仕事をさせられる。

 

 おまけに無能の上司の場合、古い考え方やツールを使って処理する為、またここで情報漏洩や不正などの問題に繋がる。要は解決しようとすればするほど不祥事が起こりやすい状態になっている。このような状況を目の当たりにしている事から、いつまたトラブルが発生し、パワハラを受けるのではと不安で仕方がない。

 

三菱電機を辞めた後はどのように転職すれば良いのか?

 

 と、このように転職の際、なぜ三菱電機から転職した方が良いのか?面接官に説明した方が良い内容を事を言ってきたが、では次の質問として『ではどんな企業で働きたいのか?』という質問に答える必要がある。

 

 転職で失敗してしまう人の特徴として『どんな企業で働きたいのか?』この質問に答えられないパターンがある。更に三菱電機という大手を退職する以上『ではどんな企業であれば良いのか?』と大手以外の働きたい理由について述べられないといけない。

 

 この辺の答え方のコツだが、今までパワハラまがいな仕打ち、長時間労働など不当な扱いを受けた事から、労働環境の改善をメインに行っている企業が良いと思っている。というのも三菱電機を辞める理由が労働環境に関する事なので『こういう理不尽な目にあったので、それを改善出来るようになれる人になりたい』という流れは転職理由として申し分ない。

 

 仮に就職した後、その事が出来なくても、就職したらその企業内で自分の出来る事を見つけ、方針転換すれば良い為、転職時に言った事をそのまま貫く必要はない。更に言えば、今、肝心なのは長時間労働で転職する機会があまりない中、転職で成功し、一刻も早く抜け出す事である。

 

 ただここで肝心なのは転職先が見つからないからと言って転職しなければ、また長時間労働で働かされ、転職出来るチャンスを失うリスクがある。いつまでも転職出来ず、無駄な経験ばかり積んでいけば、今後の転職で不利になっていく。その為、案件がひと段落し、比較的時間の余裕が出来た際に転職した方が良い為、早期の転職は必須

 

 その為、転職先として意識すべきなのは長時間労働などブラック企業ではないかどうかを見分けるだけにとどめ、その後、働いて自分にあったスキルを磨いていく方針を取れば良いと思う。では具体的にどのようにブラックではない会社を見分ければ良いのか?

 

 ここで俺がやった方法だが、実際にその会社の人が会社の労働についてコメントを書いている転職会議のような口コミ転職サイトを利用する事をオススメする。

 

 この口コミ転職サイトとは何なのか?例えば三菱電機の求人票を見てみると年収400万、更に福利厚生やら事業内容について書かれている。しかしその内容だけでは長時間労働や評価制度について書かれていない為、また気づかずに似た企業に就職するリスクがある。それを回避する為に実際に働いた事がある社員のコメントが書かれている転職サイトがあれば、志望先の内部事情を確認しながら良い転職先を見つけられる。実際、三菱電機の口コミを見てみると以下のような事が書かれている。

成長市場に三菱電機ならではの人気商品を販売するだけの会社になっている。正直、今までのやり方の延長線上である為、戦略性がなく、面白みもないし、ブランド力に頼っていて成長性を感じない。新しい事への挑戦を望んでいるが、保守的な組織体制である為、変革が難しく、リスクの高い事に関しては消極的であるとして感じない。

時代にあったスキルを身に着けられる会社ではないと思いました。不祥事の発覚に伴い、監視体制が現在厳しくなっているのですが、ハンコ文化が残っており、承認を得るのに時間がかかり、スピードが以前より格段に落ちました。新しい事を取り入れる事が難しいと感じていましたが、先のハンコ文化からペーパレスによる承認に変える話が出ていますが、3年経っても実現せず、もう諦めています。

おまけに現体制では個人の作業量を増やして会社の新たな方針に答える形になっている為、一人当たりの負担量が年々増え、最早、別途で新しい資格などを得る機会が無い。もう自分の足で歩けるようになる為にも会社から離れた方が良いと思い、転職を検討しております。

三菱電機すべてではないと思いますが、エンジニア軽視の傾向が見られます。実際、エンジニアとしてのスキルではなく、仕様検討、文書作成、マネジメント業務を重要視しており、肝心の開発は子会社に丸投げ、社員自身の開発スキルを身に着ける機会が少ないと思いました。

社員の教育システムに疑問を抱き、上司に何度も訴えましたが、今も変わらず、社会から必要とされる人材に成長する為にも社会で活路を見出した方が良いと思い、転職を決意しました。

 

 と、このように俺が今まで触れている部分についてコメントが書かれていた為、信ぴょう性がある。その為、もし三菱電機に就職する前にこの転職サイトを使っていれば少なからず別の企業を選ぶ、または覚悟を持って三菱電機に就職する流れになっていた為、社内内部の情報を収集する重要性を知る。

 

 更にこの口コミサイトを見てみると、長時間労働や評価制度以外にもその企業ならではの様々な問題も見える。例えば以下のようなモノもある。

・創業時より社長のワンマン経営で全ての方針は社長が決めている。組織全体のスピードに関しては早いが、一方で社長が全て取り仕切っている為、社員からの新しいアイデアは却下されて、下から新しい意見が出ない。酷い場合、現場の気持ちを社長が理解出来ず、的外れな指示をして、混乱させた後、その責任を現場に背負われるなんて事をしてくる。

・事業拡大に伴い、中間層のマネジメント人材が不足している。その為、現在現場に駐在している社員に会社からのサポートが受けられず、独断専行、または身動き転職が出来ない問題が生じている。

 

 など社長の存在や事業拡大に伴う弊害について書かれており、三菱電機で体験した事以外の会社の問題を見る事が出来る。その為、このように会社の労働環境に問題のない企業を口コミサイトで見つけて志望先を選定する上で間違いが起きにくい。

 

 更にこの口コミサイトでは働き甲斐やワークライフバランスについても載っている為、志望動機を参考にする際、実際に働いている社員のポジティブな意見を参考に書く事も可能である。実際、業務改善を謳う企業があり、営業の立場からお客様から提案し、内容を決めていく仕事にやりがいを感じているコメントが多数書かれている企業がある。

 

 少なからず三菱電機に勤め、長時間働いている関係上、転職活動の調査に時間をさけるのは行きと帰りの電車の中ぐらい。その為、スマホ1つで志望先の情報や志望動機として使えそうな情報を集めらえれる方法としては口コミサイトを閲覧し、内容を練るくらいだと思えるので、この方法を使用し、そしていざ時間が出来た際に転職活動を行えるよう、日頃から転職の前準備しておいた方が良いと思っている。