新卒1年目で転職したい場合、どうすれば良いのか?

 

『新卒1年目だけど辞めたい』

『新卒1年目だと転職は厳しい』

『新卒で転職したい場合、やるべき事とは?』

 

 通常、新卒の場合、仕事に不満を感じつつも3年以上続けた方が良いと言われています。しかしそれでも後から考えれば『直ぐ転職した方が良かった』と思うパターンもあり、新卒1年目から転職したい場合、どのように判断すれば良いのか?

 

 世の中には実際に新卒1年目で転職した方が良い人もおり、実際にまともなアピールを面接で行い、無事、転職に成功する人がいます。果たしてその人はどうやって転職に成功したのか?ここでは実際に新卒1年目でありながら転職に成功するノウハウについて説明しております。

 

新卒1年目の状態で良い企業に転職する為の課題とは?

 

「これは転職した方が良いな」

 

 俺は大手家電メーカーに就職した新卒1年目の社会人だが転職を考えるようになっている。なぜ大手なのに転職?と思うかもしれないが、先輩達の仕事ぶり、そして身に着けられるスキル、ならびに自分が正当な評価を受けていないなど、様々な理由で別の会社で働いた方が良いのでは?と思うようになっているからだ。

 

 だが転職1年目からの転職はなかなか厳しい。

 

面接で『なぜ新卒1年目で辞めるの?』と言われる

 実際、新卒1年目の人が転職で来ると

折角、誰もが憧れる大手に入ったのにそれを1年で辞めるってどうして?

 と必ずと言ってよいほど聞かれる。更に親切な面接官もいたもので『仮に就職先の労働環境に問題があったとしても、やはり相手から見ると君は社会人1年目だ。それだと社会人としてのマナーや仕事のノウハウも心得ていない。早期退職のリスク、教育の手間などを考えると社会人3年目を採用した方が良い』と言われる。

 

 新卒1年目で辞めた事実、これが早期退職する人なのではないか?と疑われる。だから新卒1年目で転職で成功する為には辞めた方が良いと思わせる言い方が必要になってくる。

 

新卒1年目で退職した理由の妥当性を上げる為には?

 

 新卒1年目の退職理由を良くする為には

1、 会社の労働環境に問題がある

2、 やりたい事が出来た

 

 と、現在の会社の問題点を上げつつ、逃げだと思われないよう、やりたい事が出来たから御社を志望しました、と言えるようになれば良い。

 

 大抵の人は『会社の労働環境に問題があるから辞めた』と言えば通じる、なんて思う人が多いが、社会はそんなに優しくはない。個人的な理由で、少しでも環境が悪くなれば逃げる、と思われるから新卒1年目が転職で成功する為にはせめて『やりたい事があったから転職する』そんなアピールをしないといけない。そして面接官に『確かにそれならウチで出来る。意欲ありそうだし、早期退職者だけど検討してみるか』と思わせるようにしないといけない。ではどうすれば良いのか?

 

 ここで1つのテクニックとして『今の会社では当たり前の仕事が出来ない』と前置きしつつ、『だから普通にお客様の視点を考えて、お客様の求める提案が出来るような仕事をしたい』という言い方がある。

 

 実際、大手のブランド力ばかり頼ってばかりいた年配社員が定年間近になると何処の会社にも転職出来なくなるケースをよく聞く。だからそんな社員にならないよう社会から必要とされる人として成長したい、なんて言えれば、やりたい事として通じる。ではどんな言い方が良いのか?

 

新卒1年目で転職した方が良い会社とは?

 

 説得力を持たせる為に俺は今の会社の労働環境やキャリアについて分析してみた。いくら大手でもダメな働き方をしていると面接官の中には納得してくれる場合もあるし、実際、以下の3点だと転職も頷ける、と思ってくれた。

 

① 仕事の出来る先輩が辞める職場

② ビジネスモデルが古い

③ 改善の見込みがない

 

仕事の出来る社員が去り、仕事の出来ない社員が残っている

 面接官の中には

君は入社1年目でしょ?他の先輩達はどうしているの?

 と、早期退職の疑問から他の先輩社員達の様子を聞き、転職の妥当性を確かめてくる人がいる。その為、新卒1年目で転職した方が良いと思わせる為には先輩達も転職しようとしている、また残っている人達の待遇の悪さについて言う必要がある。だから俺の場合だが、以下のように答えた。

 

もともと仕事を教えてくれる憧れの先輩がいたのですが、その人が転職してしまいました。先輩自身、仕事を効率的にする方法を提言していただいたのですが、昔ながらのやり方(紙)にこだわる上司がいて元のやり方に戻されました。

 会社によっては年功序列制度が残っており、年を取って評価される仕組みになっている所がある。その為、20代、30代は年収が低いままで、40代になってから給料が飛躍的にあがるパターンがある。そんな会社に長く勤めるのであれば別の会社に勤めた方が良いのでは?という話になる。

 

 他にも面接官を納得させた話題として

① 承認を得るのに3人以上の管理職から許可を得る必要があり、ライバルにいつも先を越される

② 会議では進捗だけ話し、問題点や改善点には触れず『余計な事を言うな』と言われる

③ 長時間労働を美徳としており、定時で仕事が終わっても別の仕事が作られる

 

 などある。大手でも過去に起きた不祥事の影響で監視体制が強くなり、今まで一人で行っていた事を上司や複数人の許可を得ないと実行出来ない所がある。その結果、許可を得るのに時間がかかり、納品が遅れ、遅れた原因を追及されるのを恐れ、誤魔化すなどという悪循環が起こっている。許可を出す上司自身、中身を全て確認する余裕がなく、問題を表沙汰にするのを恐れている人もいる為、監視体制が形骸化している所もある。

 

 その1つの根拠として会議では仕事の進捗確認を行う事があるのだが『納期が遅れている』話が出ているのに、原因を追及せず、ただ遅れている事実を言って終わり。そして次の会議でも同様に遅れている事実を言って終わり。その為、上司に『遅れている原因や再発防止の検討などはしないのでしょうか?』と聞いたのだが『ウチの部署の仕事の進捗具合を見てみろ、それで責任問題になったらどうするんだ?』と言われ、見てみぬふりをする文化があると思った、なんて面接で言えれば良い。

 

 遅れている原因についてだが、長時間労働を美徳としているのが関係している。長時間労働を是正する風潮だが、昔ながらのやり方にこだわる社員が多い為、長時間労働もまだ残っている。仮に仕事を定時で上がっても『お客さんの視点で考えたのか?』と言われ、お客様から提示された要望以外にも値段が安い、または機能が良いモノなど、あらゆる可能性に対応するべきなのではないか?と言われ、最低でも3パターンを用意した方が良いと言われる。つまり定時に仕事が終わっても、その仕事の不安点について指摘され、その穴埋めを直ぐ行うよう要求される。

 

 おまけに仕事にやる気のある社員がいた場合、『Aさん、仕事が出来ないから代わりにやってくれない?』と上司から言われ、社内ニートが存在するのに、その人の分の仕事が出来る人に回される。つまり出来る人ほど、仕事が回され、事実上、長時間労働が当たり前になっている。

 

 その結果、不必要な仕事ばかりされる事に嫌気がさし、要領の良い社員が辞め、出来ない人が残る状態が続く。俺の先輩もその中の一人で、仕事が出来るようになると報われない会社の実態が見え、転職を検討するようになりました、と言えれば面接官も納得してくれる。

 

働き方改革が実現する見込みがない

 と、このように労働環境の問題について述べていれば、新卒1年目でも転職する事に納得してくれる人がいる。ただそれでも面接官の中には更に追及してくる人がいる。

 

労働環境に問題があるのは分かったけど、大手であれば働き方改革などを実施する部署だってあるでしょ?それはどうしたの?

 

 と、働き方改革が謳われる中、大手も当然、改革に打ち出していると考える面接官がいる。そして俺はそれが実現される前に辞めるのではないか?と疑われる。確かに労働環境の改善を謳っている部署もある。だが働き方改革と言っても大手だからと言って成功するわけではない。実際、改革をしようとしたが失敗し、更に事態が悪化したケースを述べると面接官は納得する。

 

働き改革の部署は確かに存在します。その改革案の1つとしてシステム導入を検討したのですが、それが失敗し、今では損失の埋め合わせの為、社員が働いて回収する話になっています。

 と、古い体質を改善する為、現状システムを最新化しようとしたが、失敗し、そのツケを今、払っている、と言えば、面接官は何も言わなくなる。

 

 実際、今ではDXと言われ、企業のデジタル化を推進する所もあるが、失敗するケースもある。その失敗するケースとして、社員が開発会社に全て丸投げしているケースがある。

 

 面接官が『なぜシステム導入に失敗したの?』と聞いても、『社内新聞によると、システム導入の担当者がシステム会社に全て丸投げしていたのが原因のようです。本来、システム開発というのは使用者の意見を聞いて、そしてプロトタイプのシステムを導入して、改善していくのですが、担当者の人は独断でシステム設計を要求し、いきなり導入するという形にしてしまったようです。先輩曰く、そんな自分達の仕事を理解していない外部の人間が推測で良いモノを作れるわけないだろ、と言っており、実際、機能が不十分、また必要なデータを入れられないなど不備があり、作り直しになりました』と言えば何とかなる。

 

 おまけにそのシステム導入時の反省として次は部署の人達と一緒に仕様内容を決める話になったのだが、今度は要望が多すぎて、まとまらず、予算内に収められないとの事で上の人達が勝手に仕様内容を絞り込んで、衝突が起こっている、と言えれば良い。実際、改革の為に頑張った事が原因で、部署同士の仲が悪くなり、更にシステムの導入が先送りにされ、いつ完成するか分からないとなれば、改善の兆しが一向に見えないとして、面接官も納得する。

 

 と、このように仕事の出来る社員が報われない環境、ならびに労働環境が改善されない事実を述べられるようになると、新卒1年目でありながら、別の会社に行きたいと思うのは仕方がない、または『そんな会社直ぐ辞めるべきだ』と言ってくれる人もいる。その為、もし新卒1年目で転職したいのであれば、社内環境の悪さを指摘し、そして『普通にお客様のニーズに答えられるビジネスマンとして成長したい』と、やりたい事を言えるようになれば問題ない。

 

新卒1年目で良い企業に転職する為の方法とは?

 

 とこのように新卒1年目での転職には様々な課題の乗り越え方について指摘したが、それでも転職で失敗してしまう人がいる。それは志望先の選定だ。

 

 今の自分だってそうだ、今の会社が良いと思ったから就職した身だ。しかし実際に入ってみると理想と現実がかけ離れた仕事ぶりをしている事を知る。だから新卒1年目が転職で成功する為には志望先の選定方法について対策を取らないといけない

 

 しかし実際に転職活動してみると分かるが、求人票には募集要項、給料や福利厚生など書かれているが、実際の労働環境については触れていない。あるとしても『明るい職場です』くらいが関の山。

 

 そして会社ホームページを見てみても、実際に社員が貰っている年収について触れているが、ダメな企業の場合、その会社の全盛期で1番稼いだ社員の年収について書かれている場合が多いから、平均的な数値ではない。実際、ウチの会社でも『平均年収は400万です』と言っておきながら、実際は20、30代の200万円代と、40代の600万円以上を足して割って400万と出しているだけだから『40代になるまで200万円で働いてね』と感じない求人票になっている。

 

 ただ嘘ではない以上、違法性はない。正直なところ、労働環境が悪い会社であればあるほど、見栄えのように内容になっている為、そんな情報がある中、立派な会社を見つけだして転職する情報リテラシーを身に着ける必要がある。では具体的にどうやって入手すれば良いのか?

 

 俺がオススメしている方法は退職者の口コミサイトなどが書かれている転職会議を利用してみる事だと思っている。

 

 評価制度とか、長時間労働の有無など転職サイトには通常載っていないが、この口コミ転職サイトの場合、実際に働いた人達のコメントが載っているから、会社内部の問題について容赦なく書かれている。この内容を見る限り、いったいその会社にどんな問題が起こっているのか?推測する事もできる為、実際俺も様々な口コミによってだめな会社を見る事ができている。

 

 例えば自分の会社の評判についてだが

開発部本の人達のノウハウが軽視されている傾向があり、仕様書、文書作成、マネジメントなど文書作成に時間が割かれ、開発自体を行う事は少ない。その為、エンジニアとして成長する機会は少なく、どちらかと言えば開発を下請けに丸投げして、責任を押し付ける、他人任せの働きぶりが感じられる。上司や先輩に労働環境の改善を訴えてきたが、年功序列で40代になってやっと恩恵を受けるようになった先輩達が決定権を持っている為、改革の兆しが見えず、限界を感じ、転職を始めました。

 

 というのが書かれている。実際、俺が感じた内容と被っている事も多く、更に他のコメントも同じように書かれている事から、会社全体で広がっている問題と見ても良いかもしれない。このように俺がもしこの口コミサイトを見ていれば、こんな報われない会社に就職する事を避けられた為、会社内部の情報が掲載されている口コミサイトを以降、俺は利用している。

 

 そしてこれは他の会社でも当てはまる。例えばとある大手食品卸売会社に勤めている女性社員の場合、こんなコメントが書かれている。

販売元であるスーパーやコンビニが自社製品の開発を行う事となり、他社である我々の食品を置いてもらう機会が少なくなりました。その為、現在、自分達で店を開き、自分達の商品を販売する方針に切り替えていますが、卸売のノウハウがあっても、店舗運営のノウハウを持っていないのが現状で、売上が減少傾向になっています。

 

 と異業種の口コミもある為、異業種という働いた事がない業界でも業界のトレンドを知るにも役立つ。他にも金融業界に勤めている男性社員の場合、こんなコメントを書いている。

ITインフラの普及に伴い、我々のようなコンサルタントの意見を通さず、消費者自身が自分で選べるようになる社会になっている。その為、利用者の数が最近減ってきており、現在はコスト削減に伴い、リストラや経費削減が横行。社員の士気は下がっています。おまけに出来ない社員を子会社に飛ばして、辞めさせるなどのやり方がある為、実力主義の会社である以上、仕事の出来ない社員に対しての待遇は冷たいです。

 

 と書かれている。この会社の場合、給料は月30万と高い方だから、魅力的に感じるが、実際はノルマがあり、ノルマをこなした前提で書かれているとコメントもあった為、仕事が出来ない場合、悲惨な目に遭うのが見える。

 

 このように志望先の選定においては、会社内部の労働環境、または働きづらさについて触れている口コミサイトを利用してみるのも良い。実際、ホワイトでなくても、ブラック企業を見抜く事にも役立っているし、今のトレンドも見える為、成長企業がどうかも見える。

 

 新卒1年目の場合、入りたての為、有休の日数をあまり貰っていない事から、転職出来るチャンスも少ない。失敗が許されない以上、ちゃんとした会社を見つける方法としてこの口コミサイトは結構便利だ。実際、仕事が忙しくても、電車の中で見る事が可能だし、これは転職を今から始めなくてもいつでも出来る。その為、転職する時間が出来た際、いつでも成功出来るよう、良い会社を日頃からリストアップしたり、アピール内容を練るなどやった方が良い為、日頃から転職サイトを見て、知見を広めておくのも良いと思うぞ。