年収400万を目指せる会社ってどこなのか?

 

『年収400万目指す為にはどんな企業に就職しないといけないのか?』

『年収400万で自分に出来そうな楽な仕事なんてない?』

『資格なしだけど、年収400万なんて目指せる?』

 

 就職活動を行っている人からすれば、年収というのは志望先を決める上で必要不可欠な要素だと思います。しかし残念な事に、求人票には年収400万と書かれていても、実際に入社した後『若いうちは低い給料で』と安月給で働かされる事があります。

 

 更には、仕事の出来具合で、いつまでたっても昇給されなかったり、業績が芳しくないとノルマ未達成分の商品を買わされたりなど、年収400万未満でずっと働かされたりする場合があります。

 

 このように当初聞いていた年収よりも低い年収で働かされる事がよくあり、志望先を選定する上では正しい年収が表示されている企業を見つける必要があります。そして自分のスキルでその企業に就職する事も必要で、結果どのように年収400万円以上の企業を見つけて就職すれば良いのか?ここではその方法について説明したいと思います。

 

求人票の年収400万円があてにならない時代

 転職活動、または新卒の就職活動を行っている就活生からすれば、リクナビやマイナビなどを見て、数多くの求人票を見て、年収の高い企業を目指していると思われます。ただ世の中の動きを見る限りその年収が嘘だという事に気づいている方もいると思われます。

 

求人詐欺という言葉

 人手不足だと言われている昨今、企業側出来る限り多くの人材を集める為に、魅力的な求人票を書いているところがたくさんあります。しかし不幸な事に日本の法律では求人票にいくら偽りの内容が書かれていたとしても法的拘束力がなく、その企業を罰する事が出来ません。

 

 その理由として『求人内容を決める時は確かにこのような内容になっていったけど、実際に掲載する時期になると色々と都合があり、変わってしまった』と言われます。つまり内容決定時と掲載時のタイムラグが原因だと主張してくるのです。

 

 言い訳にしか聞こえないかもしれませんが、例えば、東日本大震災や緊急事態宣言など突発的な出来事によって飲食店や工場が動かせない事がありました。そして被災した経営店の中には既に求人票を出している所もあり、なのに『求人票の内容と違うから訴える』となれは更に追い打ちをかける事になり、回避すべき事象と言えるでしょう。

 

 その為、応募者が気を付ける点は求人票の内容ではなく、雇用契約時に結ぶ雇用契約書の方なのです。雇用契約書は求人票とは違い、法的拘束力があり、つまり雇用契約を結ぶ段階で雇用契約書に書かれている内容と、実際に働く内容と乖離していれば、訴訟の対象になるのです。

 

 しかしこの話を聞くと『労働契約時となると、事実上内定後の契約になる。その時期になれば既に就活が終わっていて、やり直す事など出来ない。となれば仮に年収400万円じゃない契約内容になっていても選択の余地がないから、泣き寝入りするしかないじゃないか』と思われます。

 

 ただそのような詐欺まがいな事をすれば訴訟のリスクがあり、企業側に勝ち目はない。更に訴えが無くても直ぐ転職してしまう為、採用時の人件費が無駄になる関係上、よく使える悪法ではありません。その為、この手の詐欺まがいな事をする企業は少数と考えても良いと思います。

 

 しかし実際の正しい給料が雇用契約時に分かる関係上、出来る事なら志望先を選定する時に正しい給料を見つけて選べるようにした方が良い。その為、次の内容からは就職活動時に、如何に本当の年収を見出せば良いのか?その方法について説明します。

 

年収の高い企業を見つける為にはどのようにすれば良いのか?

 

 就活生でも会社の本当の給与の実態を調べる方法として転職会議という口コミ転職サイトがあります。

 

 なんで新卒の就活生に転職口コミサイトをオススメしているんだ?と思うかもしれませんが、このサイトは学生問わず、登録出来、更にこの口コミサイトには実際にその会社で働いた事のある人の口コミが書かれています。つまりどういう給料で働かされているのか?その生々しい情報を見る事が出来、本当に年収400万円で働ける会社を見つける事が出来るのです。

 

 実際、その口コミ転職サイトの中を見てみると求人票に書かれている内容と乖離してる部分が目立つ。例えばこんなパターンがあります。

 

年収400万と信じて入ったら、実は平均年収で20代は年収200万だった

 求人票には平均年収400万と書かれていたのだが、実際に就職してみると、20代、30代は年収200万円で、40代になってやっと600万になる給与体制になっていた。

 

 つまり39歳までは安月給で働かされるのです。

 

 その場合、奨学金が返済出来ない、持病持ちで通院費を払う事が出来ないなど、急な出費や借金返済でついていけずに退職を余儀なくされる人も多かった。

 

 と書かれていました。

 

年収400万は志望先で一番稼いでいた社員の年収だった

 更に別の例では、

 

年収400万と書かれてはいるが、それは歩合制、要は実際に販売した商品数で給料が決まる為、その年で1番売れた人の年収を求人票に掲載していた。

 

 実際は年収200万円台が大半で、嘘ではないが、語弊のある求人票としか言いようがない。

 

 また成果を出していない社員の場合、商品を売る為に接待費やノルマで足りない分を自分で補うなど、先輩達から圧力で手取りが少なくなる人もいた。正直、低収入な上、余計な出費までさせられる為、営業に自信のある人以外は弊社には向いていない。

 

 という内容も書かれたりしていました。

 

 他にも年収400万と書いておきながら、サービス残業を強要されたり、景気の悪化に伴い給与が下がり、未だに元基準に戻していないなど、求人票とかけ離れた内容が目立ちます。その為、本当に年収400万で働ける企業を見つける為にも、このように実際に働いた事のある社員の口コミを見て、志望先が本当に求人票と同じ金額の年収を支払ってくれるのか?調べておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

年収400万円以上の会社に就職する為にはどのようなアピールが必要なのか?

 

 このように実際にその会社で働いた事のある社員の口コミを見る事で、年収の高い企業を見分ける事は可能ですが、次の課題として問題になるのは、どのようにその会社に就職すれば良いのか?という点です。

 

 いくら良い企業を見つけたとしても内定が取れなければ意味がありません。実際、年収にこだわっている人の中には『では弊社を志望する動機をお聞かせください』と尋ねられた場合、どのように答えれば良いのか分からないかと思われます。

 

 仮に『年収400万だからです』と正直に言った場合、『この人はお金目的で就職先を決めているのか?』と思われてしまいます。採用する側からすれば、色々と教えた後、会社の戦力として働かせたい筈です。なのに世の中にはスキルを身に着けたら別の企業に転職する人も多く『更に上の給料の高い会社に転職出来ると分かったら辞めるのかな?』と警戒されてしまいます。

 

 おまけにこのように『お金の為』と赤裸々に語ると、取引先を指定する際に『あなたより向こうの方が儲かるから』などと人間性を疑うような発言をしてしまうと疑われてしまう。その為、志望動機などを語る上ではちゃんと社会性のある発言や目的でアピールした方が良いでしょう。

 

 ではどういう言い方をすれば良いのか?

 

 働きたい理由。これが難しいと言われる所以は本来、労働というのは辛い事であり、働きたくない理由なのです。

 

 しかし就活ではそれをあえて『やってみたい』と言わなければなりません。

 

 やりたくない事をやりたいと言わないといけない。そんな矛盾した質問を面接官が納得いくように答えなければならない以上。言い方を心得ないといけません。ではどのように言えば良いのか?その1つの言い方としては『労働』に対してやりたい、と言うのではなく、労働を通して『こんな事が出来る人になりたい』と言うのが良いです。

 

 例えば食品業界の場合、栄養面で人々の健康を支えているビジネスを行っている会社もあります。その為『御社の健康食品を通じて、生活習慣病などに困っている人達の支えとなる提案が出来るようになりたい』と言えば印象が変わります。実際、要介護のご高齢化の方々に向け、弱くなってしまった歯でも食べれるよう柔らかい食事に加工したり、かつ味も整っている食品を販売しているところもあります。食べやすい食品を世の中に広げる事で『ご高齢の方々でも快適に食事を楽しめる世の中を作りたい』と言えれば立派な志望動機になります。

 

 つまり『働きたい』というのではなく、働く上で成し遂げる成果。これを志望動機では強調するべきです。年収400万以上の会社で働きたい。そんな気持ちが強いせいで志望動機が利己的だったり、または金銭目的であったりなど立派な志望動機を作れない人がいます。その為、もし志望動機を作るのであれば、志望先が具体的にどのように社会に貢献しているのか?と、世の中を良くする、または社会貢献を目的した働き方をしたいと、思える志望動機を作成した方が良いでしょう。

 

年収400万の企業に就職する為のアピールはどのように作れば良いのか

 

 と、このように志望先の仕事に対して詳しければ例え関連資格がなかったとしても内定を取る事は可能です。事実、仮に食品関連の資格を持っていたとしても、志望先の仕事について正しく心得ていなければ年収400万の企業に就職する事は何時まで経っても出来ません。

 

 しかしそうなってくると課題になるのは如何に志望先の仕事の情報を仕入れるかです。

 

 仮にあなたが文系出身者でIT企業を志望する場合、全く専門知識のない状態でどうやって面接でアピールする内容を仕入れれば良いのか?イメージがつきづらいと思います。しかし世の中にはそんな事前知識や経験がない人でも就職出来る人がいます。その人達は具体的にどうやってアピールするべき情報を仕入れたのか?

 

 その答えは『実際に働いている人から意見を貰う』です。

 

 例えば実際にIT企業で働いているエンジニアと会う事が出来れば

『現在、Uipathという自動化エンジニアが人手不足なんだけど、そのエンジニアの数が足りない関係で、未経験の状態で現場に駆り出されている。ただUipathは普通のコードとは違い、パズルを組み立てるかのような作りになっているから、プログラミングなど専門的知識はいらない

 

 と聞ければ、未経験者でもITエンジニアとして働けるニッチの分野を知る事が出来るでしょう。

 

 その為、就職を有利にさせる方法として年収400万円以上の会社に勤めている人と『話す』事です。そして年収400万を出す場合、どんな働き方が求められるのか?どんな人材が今求められているのか?を聞いて、アピールするべき情報を仕入れれば良いのです。

 

 では具体的にどうやってその情報を仕入れれば良いのか?その方法は多岐にわたりますが、例えばココナラなどに参加している就職相談者やその業界で働いている人達から意見を貰ったり、本格的に相談したいのであれば、数カ月間、キャリアドバイザーとみっちり相談出来るPOSIWILL CAREERというのもあります。

 

 就活というのは情報戦であり、如何に面接官が欲しいと思えるアピールが出来るかが採用される1つの焦点となってきます。それ故に出来る事なら、志望先で実際に活躍している人から情報を仕入れる、またそれが無理であっても、専門家の人達から意見を貰うなどして見識を広めた方が良いでしょう。

 

 少なからず年収400万円の会社に本気で入りたいのであれば、実際に働いていて成果をあげている人達を知る必要があります。そうでなければ、いざ運よく入れたとしても仕事で結果を出せず、減給、または子会社に出向などの措置が取られ、減収されるリスクがあります。故に自分がその会社に勤め続ける為にも出来る人のノウハウを集める事が今後重要になってくるでしょう。