新卒エンジニアが大手IT企業に就職する為にはどうすれば良いのか?

 

『新卒エンジニアが大手IT企業に就職するにはどうすれば良いのか?』

『将来性のあるITホワイト企業の面接では何をアピールすれば良い?』

『IT企業を辞めたい新卒者が多いと聞く。それはなぜ?』

 

 など新卒で大手IT企業に就職したい場合、どんな風にアピールすれば良いのか迷うと思います。しかし新卒エンジニアの中には仕事についていけず、鬱になって辞める人もおります。またそれが使えない人材という意味ではなく、実力のある人もいる為、新卒就活をする上ではまともな企業に就職する必要があります。

 

 特に自社開発や受託開発を行うIT企業はどこで、どんな風にアピールするべきなのか?まだ見えないと思いますが、ここでは実際、大学時代にITを独学で勉強し、都会のIT企業に就職しようとしている新卒就活生の視点で、IT企業に就職する為のノウハウについて説明したいと思います。

 

新卒エンジニアになる為に地方から関東に出ようとしている就活生

 俺は地方大学に通う大学3年生だ。現在、東京のIT企業への就職を目指している。何で東京のIT企業を目指しているのか?それは俺の親父の影響が強い。俺の親父は地方の税理士をやっているのだが、ITの普及に伴い、大手のITツールに親父の仕事が奪われている現実を目にした。親父の仕事は悪く言えば、難しい計算式が求められるが、分かると単純作業になる為、高速で間違わずに計算出来るITツールに自分の仕事が奪われてしまっているのだ。

 

 そのせいか親父から『将来性のある仕事に就けよ』と言われ、最近、地方の活性化に向け、ベンチャー企業を誘致する自治体の政策もあり、俺はプログラミングの勉強に励んだ。最初はHTML、CSSなどホームページを作っていたが、やがて動的なモノも作りたいと思い、JavaでWebアプリケーションを自分で開発した。

 

 そして実際にネットにアップしてみたのだが、誰も利用してくれず、大勢の人達に利用してもらう為にはどうしたら良いのか?考える必要があった。しかし自分の頭ではどうしても思いつかず、最終的にこの町に誘致で来ていたITベンチャーの社員の方と話してみる事にした。すると

 

『これじゃあ、セキュリティの観点から利用者は出てこないよ』

 

 と言われた。要は自分のWebサイトに対して情報漏洩する危険性があると指摘され、この時、脆弱性診断やセッション、そしてサーバー側の処理など色々と教えられたのだ。まぁ、教えられたと言っても稼ぐ上ではもっと勉強しないといけない事が沢山あると教えられた。

 

 故に俺は先ずはIT企業に就職して、そして必要なスキルを身に着けようと思い、地方ではなく、レベルの高いITが勉強出来そうな都会に進出しようと思ったのだ。

 

新卒エンジニアになる為にはどんなアピールをするべきなのか?

 俺にはエンジニアになった1つ上の先輩がいる。その先輩から『東京での就職は苦戦するから大学生のうちに色々な知見を広げておけ』とアドバイスされた。

 

 どういう事かと言うと、どうやら先輩は自分でWebアプリケーションを作る事は出来るのだが、作れても『今後、どういうモノを作りたいのか?』『エンジニアとしてどんな目標を持っているのか?』今後のキャリアプランについて面接官から訊かれるらしい。しかし先輩は自分のWebサイトを作ってそれで臨時収入が入れば良いと思っていたから、その辺の質問が答えられなかったらしい。

 

 新卒でWebアプリケーションを作った経験があっても向上心がなければ不採用になるようだ。そして俺自身、自分の金を稼ぐ事しか考えていなかった為、ベンチャーの会社に頼んでどんな風に成長するべきか訊いてみる事にした。すると

 

「やっぱりITスキルを使ってどんな社会問題を解決したいのか?それを言えるようになった方が良いかな」と言ってくれた。

 

ITスキルを磨いて何を言えるようになれば採用されやすくなるのか?

 IT企業にも色々とある。自分独自のWebサービス・アプリを持っている自社開発企業や、大手業務系アプリを請け負って開発している受託開発系企業。またはSESのように開発スキルのあるエンジニアを派遣させて人材紹介ビジネスを行っている企業もある。

 

 ただ今後IT企業で働きたいのであれば自社開発か、受託開発を行っている企業に就職した方が良く、新卒でプログラミング経験があると転職より入りやすい。

 

 ではどんなアピールをすれば良いのか?外れがない言い方としても、

今後、業務用アプリ開発を詳しくなる事で、クライアントに様々な提案が出来るエンジニアになりたいです。

 

 という言い方が良い。なぜなら大抵、日本のIT企業で生き残っているのは資金力のある大手であり、大手が請け負っているITツールの改修が主なメイン業務になる。

 

 そしてその現場で開発しているのはお客様からの要望に対し、どのように開発していけば効果的で、かつプロジェクトもスムーズに進める事が出来るのか?開発とプロジェクト管理も兼ねた提案が出来るエンジニアなのだ。

 

 そしてIT企業はそんな提案出来る人材を求めている。というのもIT企業の報酬というのはエンジニア派遣や開発だけでなく、プロジェクトの管理をしてくれた方が助かるし、報酬が高い。だから将来は専門分野に特化したスペシャリストか、プロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーを目指している人材と言える。

 

 だから俺の場合、

金融系の業務アプリは2年に一度法改正が行われる為、その度にシステム改修が必要だと思われます。その改修の際にどんな改修をすべきか、また将来に向けてどんなアプリを開発するべきか?様々な金融機関に対して提案出来るエンジニアになりたいです。

 

 と言って、どの分野で頑張りたいか述べた。まぁ、金融以外にもECサイトの開発の場合、3、4年ごとに新しいECサイトをリニューアルする事が多い為、その際にどのように開発するべきか提案出来るエンジニアになりたい。というのも1つの手だ。

 

理想が高くても現実的な話をされて面接で落とされる新卒エンジニア

 ただ高い理念があっても落とされる事がある。例えばプログラミング経験を積んでいても面接で落ちる新卒生の中には

『動物を保護するWebサイトを立ち上げたい』

 と言ってくる人がいる。要はペットなどを捨てたり、殺処分される動物を守る為、動物が欲しいと思っている人とのマッチングサイトを作りたいと言ってくるのだ。新しい飼い主が見つかれば動物を守る事に繋がるし、ITを通じて動物を守る事をしたいのです。と言ってくる。

 

 確かに素晴らしい理念だが、これには大きな落とし穴がある。それは『ではそのサービスを通じてどうやってお金を取る予定ですか?』と言われた場合だ。

 

 確かに動物保護の観点からすれば良いが、企業に就職する以上、お金を稼がないといけない。だからペットを保護する利用者に対し、お金を取るのも変な話だし、逆に金儲けの仕組みが出来ればペットを捨てれば捨てるほどITサイト運営者が儲かる仕組みになり、逆に問題を悪化させる事に繋がりかねない。このように新卒就活生の中にはビジネス的な観点が抜けている事が目立つ。

 

 大手のIT企業に勤めたいのであれば、日本中の人が使いたいと思えるサービスを作るべきだ。そして利用者を増やし、収益を上げ、更に良い開発を行う。そんな好循環を作り出せるようになるのがIT企業の主な目標になる。だから1つの例としてコロナの影響で畜産農家の需要が減った為、余った食材を消費者に届けるマッチングアプリを作るとか、業務自動化システムを開発し、人件費を減らすようにするとかなど、衣食住に食い込めるようなアプリを作れるようになりたい、と言った方が良い。

 

 新卒エンジニアの中には『自分のwebサイトを作りたい』と言う人もいるけど、その場合、『ではそれを作ったら君は会社を辞めるの?』と訊かれてくる。単発で作って終わるサービス、またはフリーランスに外注した方が早く終わるケースなどもある為、この会社の柱となるビジネスを作る事を目標に頑張っていきたいと言えた方が良い。

 

新卒エンジニアが辛い理由

 と、そんなキャリアプランについて訊かれる事が多いが、他にもメンタル面をチェックしてくる事がある。先輩の話によると新卒エンジニアが最初にやる仕事は単体テスト。要は開発中のシステムがちゃんと動くかどうか確認する作業を行うらしい。

 

 無論、これはIT企業によっては違うかもしれないが、要件定義や設計書作成など上流工程を行う上ではクライアントの要望を引き出すスキルが必要で、新人だと力不足で信頼も築きづらい。

 

 おまけにITの職場というのは理不尽な事が多い。途中で仕様変更が出たのに締切はそのままで今まで作ったモノが無駄になったり、途中でMicrosoftやGoogleなどのアップデートにより動かなくなったのに自己責任論で片づけるクライアントだっている。

 

 他にもIT業界の人手不足も深刻だ。日本のプログラミング教育は始まったばかりで新卒エンジニアで使えないレベルの文系SEがよく現場に派遣される。だから優秀なエンジニアに仕事が回され、一人当たりの仕事量が過剰となり、長時間労働必須な状態になる。だからIT後進国の日本においては出来る人が報われない場面がよくあり、離職率が高い。

 

 場合によって『え?動いたの?やった!!』などテストが十分ではないのに、1回動いただけで喜ぶ職場があるらしく、リリースした結果、デグレやクレームが多く、そして作業のやり直しを何度もさせられるなど成長性の見込みがない現場でずっと働かされるなんて事がよくある。

 

 だからそんな低レベルの職場やダメなクライアントが相手であっても自分の強みを発揮し、うまく立ち回れるか?それを面接で見られる事がある。その1つの答え方として前向きに取り組む姿勢、例えば『私は仕事の合間、独学で勉強します』『出来る社員の方と仲良くなり、ノウハウを見せてもらうなど積極的に取り組みたいと思います』など、限られた時間の中で最大限の努力をしていく事を見せていけば良い。

 

新卒エンジニアが使うべきオススメの就活サイトとは?

 とこんな風に色々と新卒エンジニアになる為に必要な事を述べたが、では東京のような都会のIT企業に就職する為にはどうしたら良いのか?

 

 実は俺の先輩は『東京ならIT企業が多いし、いくつか受かるだろう』と高を括っていたが、かなり苦戦したらしい。実際、新卒就活サイトで有名なリクナビやマイナビを使っていたのだが、どうも話を聞く限り、仕事を紹介してくれる担当者やWebサイトの情報が役に立たないらしい。というのもWebサイトには『最近の技術を使っている』と書かれている程度で具体的にどんなスキルが求められていて、どの分野を中心に開発を進めていくのか見えない。これなら実際、志望先のHPを見た方が詳細な内容が載っている。

 

 おまけに新卒専用の仕事斡旋サービスも利用してみたが、担当者がITに詳しくないせいで『ご希望の年収は?』『得意な言語は?』と訊いてきて、求人サイトで普通に検索して出てくるIT企業しか紹介してくれない。酷い場合、Javaをやっているのに『ネットインフラの開発なんていかがでしょう?』と専門外のIT企業をすすめてくる。つまり開発するシステムが金融系なのか?医療系なのか?など細かくかみ砕いて志望先を選定したり、または志望先の内部事情を踏まえた上でアピールしないといけない内容を教えてくれないから、ITの知識を身についているサービスを利用した方が良い。

 

 だからIT企業を目指すのであれば、エンジニア就活のようなIT専門の就活サイトを使った方が良い。実際、この就活サイトではなりたいエンジニア毎(ITコンサル、プロジェクトマネージャー、スペシャリスト、新しいサービスを作れるエンジニア)という形でIT企業を絞り込めるし、IT分野における詳細な検索が可能だ。

 

 ただこれは文系SEのようなプログラミング未経験者向けのIT専門の就活サイトもあると言える。さっきも話したが、IT企業の中にはSESと言って大した仕事をさせてもらえず、単なるテスト用員として使われるIT企業もある。要はIT大手に派遣された際、『最初は単体テストなどの動作確認を行って、その間、先輩からノウハウを学んで身に着けていってくれ』と言われ、一向に開発業務に携わせない所もある。

 

 ITの元請けの中には人件費を抑える為に比較的安い人件費で済ませようとする所がある。要はIT企業内で働けるが、やらせるのは単純作業、システム開発において正しく動くかどうかのテスト工程の人員に割かせるだけで終わらせる所がある。実際、文系SEの場合、経験が浅いせいでテスト業務に携わせてもおかしくないし、ベテランではない為、安い人件費で済む。IT企業の中には一番やりたくない仕事を新人にやらせ続け、ひと段落ついたら契約終了とさせる所がある為、使われている本人達からすればたまったものではない。

 

 だからそんな使い捨て前提のIT企業には勤めないようにする為に、自社開発や受託開発を行っているIT企業に是が非でも就職する必要があり、そんな企業を紹介してくれる就活サービスを利用した方が良い。

 

 それをしてくれたと先輩が言っていたのはレバテックルーキーだ。先輩が最終的に就職先を決める際に使っていた新卒エンジニアサイトだが、ここの場合、自分のやってきた経験をもとに向いている企業を紹介してくれる人材紹介サイトだ。

 

 例えばWebアプリケーションの開発経験があれば、大手からベンチャーまでWebアプリケーションの開発を含む掲載していない企業も紹介してくれる。要は自分の強みが何なのかを判断した上で向いている企業やアピール内容の相談も行ってくれる。おまけに面接直前には企業側からどんな人材が欲しいのか?そしてどんな質問をしてくるのか?訊いてくれる。実際、採用する側も面接で話が弾んでしまい肝心な事を訊かずに終わってしまうパターンがある為、効率的に話を進めたいようなのだ。

 

 開発段階についても聞いてくれる為、開発が出来るエンジニアが欲しいのか、それとも詳細設計書などの作成が出来るエンジニアが欲しいのか教えてくれる。だから自分の求めるキャリアプランがはっきりしていると自分に向いているIT企業が見つけやすいサービスと言っても良いだろう。