採用する気がないのに面接に呼ばれる就活生の例

「採用する気がないのに書類選考を通過させ面接までする会社ってどんな会社?」

「何のために面接に呼ぶのが理解できない!」

「採用する気がない面接は避ける方法なんてある?」

 世の中には空求人と言い採用する気がないのに求人を出す企業が存在します。そして中には書類選考で落とさず、面接にまで呼んでまで落とす企業も存在し、時間や交通費が無駄になるケースがあります。

 なぜそのような事が起こるのか?その主な理由として『本当は残り1枠だけど優秀な人材を確保したいから10人呼んでその中の一番優秀な人を採用する』など残枠より過剰な人数を応募したりするケースだったり、『求人掲載がタダでずっと掲載しっぱなし』など採用する気が無いのに掲載を取りやめない企業側の事情も存在します。就活生からしてみれば『せっかく履歴書を書いたのに初めから落とすつもりなら書類選考で通さないでほしい』と思うかもしれません。

 しかしこの手のやり取りは1社2社だけでなく、多くの企業で行われている為、時間や資金を無駄にしたくない就活生からすればこの手の企業の都合に振り回されないよう対策を練る必要があります。ではこのような空求人の被害を避ける為にも、具体的にどのように回避すれば良いのか?ここでは実際に空求人の被害に遭った就活生が人材斡旋会社で働く先輩社員との会話形式で、空求人の対策について説明したいと思います。

採用する気ないのに面接に呼ばれる例①

「先輩、どうして企業の中には採用する気が無いのに面接まで呼んで受けさせる企業が存在するんですか!?

「・・・一体どうして初めから採用する気がないって分かったんだ?」

「実はこの間、面接を受けたんですが、なんか面接官が嫌々入ってきて『では面接を始めます』とぶっきらぼうに言ってきたんです。はじめは圧迫面接で自分の面接でもはかっているのかな?と思ったんですが、こちらの顔を見ず、ずっと無愛想の表情でこちらの話を聞いていました。

 そして『・・・が出来ます。どうでしょうか?』と尋ねてみたのですが、『え~、ではあなたが学生時代に頑張った事はなんでしょうか?』とこちらの質問に答えず、次の質問をされました。明らかにこちらの話を聞いていなくて、形式的に面接をしていた事が分かりました。しかも本当は面接は1時間の予定だったのですが、15分足らずで終わり、そして後日不採用の結果を貰って、面接の前の段階で合否が決まっていたとしか思えませんでした。一体どうして初めからこちらの話を聞くつもりがないのに面接まで呼んだのでしょうか?はっきり言って理解不能です!!」

「・・・よくある空求人って奴だな。授業の中では残り1枠しかないのに、優秀な人材を確保するために、余計に人数を応募したりすることがよくある。だから残り1枠しかないのに、10名以上就活生が来るとわかっていても、残りの9名を平気で落としたりする場合がある。不幸なことに人手不足と言われている今、優秀な人材を確保することが求められている以上、必要以上の人数を募集して、そして少しでも優秀な人材を確保した方が、企業として今後生き残れる確率を高くできる。少なからずそーゆー就活生の都合考えずに採用活動した企業の方が生き残れてしまうのだよ」

「そんなの言い訳でしかありません。こちらからすれば履歴書を書いた時間や、その企業に行くまでの交通費や時間を無駄にしているわけです。初めから採用する気がないのであれば、事前に連絡して断ればいいのにどうして企業はそんな事をしないのですか?」

「そんなことしたら、ウチの社員の人件費がかさむし、時間の無駄になると言うのが本音だろう。お前は不採用にする理由を告げないのは就活生の時間と交通費を無駄にする、と言いたいかもしれないが、逆に不採用の理由を告げるというのは1種のクレーム対応で、ここでも時間と経費が発生するわけだ。しかも『必要人数枠を揃えたから採用しません』みたいな不採用理由を告げれば『だったら必要枠以上の人数を募集するな』と当然クレームを入れられる。そうなれば企業のブランドイメージが下がるし、悪い噂を流されたりする場合がある。そんなリスクを負うよりも実際に面接をして、後日不採用と通知した方が『なんで自分は落ちたのだろう?』とあたかも自分の力量に問題があるふうに受け取ってくれるかもしれないから、早いし、安上がりになる。仮に面接で初めから落とす雰囲気を醸し出していたとしても証拠がない。だから就活生の立場では泣き寝入りするしかないから、こっちの方が圧倒的にコストパフォーマンス的に良いわけさ」

「ひどいですね。自分たちの都合で、内定が欲しくてたまらない就活生の気持ちを疎かにするなんて。こんな理不尽がまかり通る世の中なのですか?」

「まぁ、時間もお金もあまりない就活生の立場からすれば怒りたい理由も分かる。ただ残念な事にこの手のやり口は社会に出てからよくある事だから、理不尽さを訴える事よりも、もはや必要悪として受け入れる、という風に考えた方が良いかもしれないぞ」

「どういう意味ですか?」

「例えば仮にお前がある企業に就職して商品を売る営業マンになったとする。そうすると毎日のように企業に電話して『この商品要りませんか?』とアポを取って面談を取る事になる。そして実際に何度かアポを取って面談をするのだが『残念ですが、御社の製品ではなく、B社の製品を採用致しました』と断りの返事をされる事がよくある。

 ビジネスというのは他の会社と比較して採用を決定する。更に初めから採用する商品を決めていても説得材料を持たせる為に他社の商品と比較して行われる事が殆どだ。他にも電話対応の人と決定権を持つ人の考えが違って誤って呼ばれたりする事もあるし、資金がないけど知識を得るために『話だけでも聞いておくか』というパターンもある。だからお前が商品やプレゼンを行う仕事をすれば大抵この手の事は遭遇するし、逆にお前が採用する気がないのに面接する場合がある。就活でも同じで残りの枠が1つなのに3人以上呼ぶなんてザラにある。だから、まぁ、不服かもしれないけど、これはあまりないし、タイミングの問題だから、ある程度、腹をくくった方が良いと思うぞ」

採用する気ないのに面接に呼ばれる例②

「ただ先輩、ウチが受けた面接の中には『君を採用するから待っててね。○日後に連絡するから』なんて言って期待しておいて結局不採用なんてパターンもありました。採用するって言っておきながら不採用にするって一体どういう事でしょうかね」

「多分それは面接官に採用する権限がなかったパターンじゃないかな。お前がどういうアピールをしたか知らないが、面接官の中には勝手に自分が面接の裁量権をすべて握っている。なんて勘違いしている人がいる。そんな人の中には共通の趣味、または英語が話せるなんて魅力的な部分に目が行ってしまい、後に社長から『英語が話せても、ウチで英語を使う場面なんてありますか?』などと言われてしまい不採用になってしまう。

 面接官の中には人の見る目がない人が多く、面接官からすれば合格でも会社からしたら不合格なんて事もよくあるんだよ。俺なんて経営者から『うちの面接官が”ゴルフが出来る”なんて理由で採用しようとしたんですよ。しかもその場で就活生と採用の約束をして』なんて内定の安請け合いをした人もいる」

「確かに今思い起こせば、面接って面接官だけでなく、その後『どうしてこの人を採用しようとしたのか?』その辺の理由について人事や上司に報告しないといけませんからね。面接の段階で全てを決めるなんてよくよく考えればおかしな事です」

「そう、世の中には他の面接官との状況連携が上手くいっていない企業が多くある。事実、社長が優秀な人材を見つけ中途採用していたのに、新卒採用で安請け合いした人がいて内定取り消しになったパターンも何度か聞いたことがある。お前の場合、その面接官はその場で内定を約束してしまっているし、他の面接官が他の就活生を見ているかもしれないのにその辺の考慮が足りてない。正直俺からすればその面接官は人事担当者として失格だね。就活では応募者を公平に判断しないといけない。だから最終決定が下されるまでの間は安易に即決してはいけない。これは採用する側からすれば常識だ。だから仮に今後面接で『君に内定を出すよ』なんて発言があっても、期待なんかせず、逆に『この人は何でこんな簡単に採用する、面接を通過させるなんて言えるんだ?』なんて疑ってかかった方が良いと思うぞ」

採用する気が無いのに求人を出す企業の例

「まぁ、面接まで呼ばれるケースもあるけど、一番注意しないといけないのは『採用する気がないのに求人を出している企業』の存在だ」

「・・・まぁ、面接まで呼ぶ企業ある以上、採用する気が無いのにその手前の書類選考や求人を出す企業も多くいるでしょう。書類選考や求人を出すのも手間がかかるはずのに、どうして企業の中にはそんな無駄な投資をする企業が存在するのでしょうか?

「まぁ、これは人材業界の悪習と言えば良いのだろう。リクナビやマイナビの場合、一度料金を支払えば13か月間、求人を出し続けられる仕組みになっている。つまり一度掲載してしまえば採用する意思が無くても求人を継続して出し続ける事が可能なんだ。だから必要人数に達した後でも求人があり、それを見て勘違いした就活生がその企業に応募してしまう事象がある。まぁ、その場合、説明会を開かないで無駄なエントリーを起こさせない方法もあるけど、やっぱり書類選考までさせて落とすところも多くある」

「ちなみに何で採用する気がないのに書類選考までさせるんですか?

「まぁ、色々あるけど、典型的な例としては採用する気があったけど、ただ女性や顔立ちがあまり良くない人は採用する気がないという差別的な理由で不採用にするパターンかな。その辺については書類選考で確認しないと分からないわけだし、この場合、差別的な企業に当たってしまい、運がなかったなんて考えるしかない」

「そんなの納得出来ません。はじめからイケメンや男性しか採用する気がないのであれば、その事を求人票に書くべきです。でないと就活生は履歴書を書くし、募集側だって書類選考で審査するわけですから時間と人件費の無駄です。その手の事は書くべきでしょう!」

「いや、それがな、その手の顔や性別などで応募を制限する表現は差別に該当し、求人票には書いてはいけないルールになっているんだ。例えば『健康な人』これも差別に該当する。なぜなら障碍者や病歴持ちの人を採用しない意味になるからだ。あと『山手線沿線に暮らしている人』など場所ごとに応募者を募集するのもダメだ。日本には昔、身分制による部落差別というのがあって、まぁ、暮らしている場所で差別する風習があったんだよ。だからその名残が求人票にもあって場所で採用する人を判断してはいけない事になっているんだ」

「色々とややこしいのですね」

「そうなんだ。そして男女の場合、日本では昔、女性に家事と育児を押し付ける風習。いや今でもあるけど、そんな悪習を改善する為、男女雇用機会均等法という法律が出来て、まぁ、本当は男性しか採用したくないけど『男性のみ』と求人表に記載できず、女性も応募出来るような求人票を作らないといけなくなった。

 しかしそれでその企業が女性が働ける企業になったのか?というと違う。どちらかと言えば『求人票で制限する事が出来なくなったから、書類選考の段階で落としましょう』という事になって書類を送られてきた女性のみ落とす事になる。しかしそれだとあからさまだから、時に面接も受けてそこで落とす事もやっている。書類選考だけで落とす形になれば『この企業の面接、女性は受けたことがない』という事実が出来てしまうからな。だから不幸な事に人材業界ならではの悪習が、採用する気のない面接を作らせてしまっているわけなんだよ」

採用する気がない企業に行かない為の工夫

「・・・そんな面接の段階で合否が決まっているのが当たり前のように行われている。そんな就活がある事とその事情がよくわかりました。ただ先輩、そうなりますとウチは今後、そんな雇う気がない企業に当たらないよう対策を練らないといけません。具体的に新卒就活生はどうやってその手の悪習に巻き込まれないようにすれば良いのでしょうか?

「この手の問題が起きる原因として書類選考を行わないと、学生の詳細な情報が手に入らないと言う点にある。だからはじめの段階で自分のプロフィールを公開しておき、そしてそれに関心を持った企業が学生に応募すると言う、スカウト型の就活が今人気になっている。

 これだとさっき言ったような今まで差別される要因でも性別、顔立ち、学歴などを踏まえた上で採用しようかどうか検討している企業が自分たちにオファーしてくれる。性別や学歴などで差別されている就活生からすると大変ありがたいサービスだ。

 更に逆求人型のもう一つの魅力として『どうして自分を採用しようとしたのですか?』と聞くことができる。従来の就活ではその手の質問を実際の企業の面接官から聞くことなんてできなかったからな。だから自分を採用しようと思った理由などを聞いて、他の面接などで自分の魅力をどのようにアピールすれば良いのか?その辺の検討材料になる。

 だからお前は今面接で苦労してるかもしれないが、どんな企業が、どうして自分を採用しようとしたのか?その辺の理由を聞いて、自分のアピール内容を改めるのも良いかもしれない。だから今面接でどのようにアピールすれば良いのか、そしてまぁ、学歴や性別などで差別されてしまうと心配しているのであれば、この手のスカウト型就活サイトなどを利用して、被害を免れるのも1つの方法だと思うぞ」

スポンサーリンク