自己PRのエピソードがないのに内定を取る就活生

『自己PRのエビソードがしょぼい』

『自己PRのネタがなく、何も書けない』

『自己PRのエピソードは高校時代のモノでも大丈夫か?』

 と自己PRに必要なエピソードがない為、白紙のままESを放置している、そんな人がいるかもしれません。就活と言うのはガクチカ以外にも自己PRも必要で、合計2つのアピール内容を用意しなければなりません。その為、比較的に書きやすいガクチカは書けても、自己PRの場合『一体どんな事を書かないといけないんだ?』と後回しにしていると思われます。

 その為、この記事を読む人はアピール出来るエピソードが1つしかない、またはガクチカと自己PRの違いが分からない為、自己PRが書けない状態だと思われます。ただ就活生の中には学生時代の経験が1つしかない状態でも複数のアピールを用意して、内定を獲得する人もいます。その人は具体的にどういう事をしているのか?ここでは実際に自己PR用のエピソードがない就活生が如何に大手から内定を取るのか?そのエピソードを載せております。

自己PRのエピソードがないと思ってしまう就活生

『自己PRが書けない』

 俺は机の上にあるエントリシートとにらめっこしながら、かれこれ30分ほど経っている。学歴やガクチカについては奨学金返済の為にアルバイトをやっていたから書けている。しかしもう1つの自己PRのエピソードはどう用意したら良いのか?と分からないでいた。

 無論、他の経験がないわけではない。一応サークルには参加していたし、学園祭の手伝いもやっていた。しかしサークルの場合、ただ参加していただけで学園祭の手伝いは先輩の指示された事をそのままやっただけ。傍から見ても誰でも出来そうな内容でどうでも良い内容と言わざる得ない。

 もっと言えばガクチカと自己PRってどんな違いがあるんだ?とその点も悩みの種だ。ネットではガクチカでは具体的な経験を書けば良いと書いてたりするが、自己PRはあなたの性格を元に成功した事例を、と書かれている。一体何が違うんだ?正直、2つとも成功した経験を書いて欲しいのは分かるが、ではどんな成功の仕方を書けば良いのか?その辺の違いを含めて書かないといけない。だが全く分からない。

 だから自己PRを書き上げる為には

・ ガクチカとは違う立派なエピソードを用意しないといけない

・ ガクチカと自己PRの違いを理解してアピールしないといけない

 上記の2つを考慮して書き上げないといけないといけないのに、一向に頭打ちにとなってエントリシートが書けない状態が続いている。そしてエントリシートの締め切りが迫っているし、この間、実は大手の志望を見送った。アピール内容が練れないせいでだ。沼に嵌って抜け出せない状態だから、もう面倒だけど、俺のOBの先輩に人材派遣会社、しかも新卒の採用アドバイスをしている先輩がいたので、連絡を取ってみた。するとなんと会ってくれると言うので、これにより俺は今抱えている自己PRがない状態でどのようにエピソードを用意すれば良いのか?相談出来るようになった。

自己PRのエピソードがない場合の対処法

「という事なんです。先輩、学生時代に頑張った事が1つしかない為、自己PRの分のエピソードが用意出来ないでいます。この場合、一体どうした良いのか、教えていただけないでしょうか?」

「となると大きく分けて3つの方法がある。それは以下の方法だ。

① ガクチカと同じエピソードで勝負する。

② 他のエピソードを盛る

③ 嘘八百で押し通す

自己PRがない場合、ガクチカと同じエピソードにする

「先輩、言われなくてもその3つは正直思いつきました。ただ上記の方法を取っても書けません。というより①のガクチカと同じエピソードにしても本当に内定が取れるんですか?」

「まぁ、同じエピソードをアピールして『この大学生はこれくらいの事をしか学生時代にやっていないの?』と思う面接官がいるのも事実だ。しかし今のお前はエントリシートが出せないほど内容に行き詰っている。だから同じエピソードでも評価される書き方を心得ておいた方が良いと思ったから紹介しておく。

 先ずガクチカと自己PRの違いについて説明させてほしい。というのもなぜ同じエピソードでも評価されるのか?というとガクチカでは成果をあげる為のノウハウを心得ているかを見て、そして自己PRでは志望先との相性。と別途で確認しているんだ。

 就活では就活生が入社三年以内に退職する確率が約3割もある。これは採用する側からすれば『育成の為に3年も教育費(1000万)を払ったのに他社に奪われる』と人件費が無駄になる問題を抱えている。そして大抵の退職理由は『こんな仕事だと思わなかった』『思っていたのと違う』と志望先の仕事を正しく理解していなかったのが原因の一位を占める。

 だから就活では『この子はちゃんとウチの仕事を理解しているのか?』と面接で確認してくる。その1つの方法が自己PRで就活生の性格を元に、自分達の仕事との相性を確認し、そして採用するかどうかを決めるんだ」

「その相性の悪さで退職まで決断する人がそんなにいるのでしょうか?」

「代表的な例が鉄道や電力などのインフラ業界だ。大抵の就活生は『若いうちに色々と活躍するぞ。先輩達のノウハウを盗み取って早く自分の実績を積もう』と考えている。しかしインフラ業界に入ってみるとノルマと成績など存在してなく、ただ機械に不具合がないだとか、客からのクレーム対処をするとか、そんな仕事ばかりやらされる。

 更に先輩方も笑顔でその仕事をやっていて『実績を積んで早く上に行こう。なんて考えないのですか?』と尋ねると『俺達の仕事は生活に必要なインフラが正しく機能しているかチェックする仕事をしている。だからノルマとかそんなのはなくて日々安全に機能している事に喜びを感じる仕事じゃないと務まらないぞ』と言われ、日々同じルーティンを繰り返す仕事だというのをこの時に初めて知る。

 つまりインフラ業界に向いている人は電力や水力、ガスなど生活に欠かせない代物を安定して届ける、そんな使命感を持っている人になる。一方で野心のある人からすれば『毎日チェックリストにチェックを入れるだけの毎日。つまらない』という事になって早期退職する事になる。実際、インフラ業界で頑張ろうとする人達って台風や地震などで水や電気が遮断されて苦労している境遇を目の当たりにしている人達が多い。だから生活に欠かせないインフラの重要性を心得ている人が多く、インフラ維持の徹底を意識している人が向いている。だから新しい何を作りだした人からすればこの業界には向いてなく、自己PRなどで志望先の相性の良さを示すのは重要ってわけさ」

「なるほど」

「そして話は戻すが、なぜガクチカと自己PRの内容は同じエピソードにして良いのか?さっきのインフラ業界の例で考えるとして、仮に俺が豪雨被害などで被災した現地でボランティア活動した時の話をガクチカと自己PRでアピールする。

 その場合、俺だったらガクチカでは豪雨被害に対しどのように対処すれば良いのか?災害被害に遭った場合の対処法をアピールする。そして自己PRにおいては『社会インフラを復旧する為にどんな手筈を整えないといけないのか?』と生活再建に必要なノウハウを全面的にアピールする。つまり同じエピソードでも災害復旧のノウハウを心得ているとアピールして、そして被災した人達のケアと別途アピールする」

「なるほど。つまり先輩は同じエピソードでも用途別にアピールを変えていけと言いたいのですね。インフラ業界であれば社会インフラの構築知識も必要ですし、その利用者の視点に立ったアプローチも必要になってくる。だから『技術的な面や営業のノウハウでも私は使えますよ』とそんなアピールが出来れば良いわけですね」

「その通り。仕事とは別に1つの用途を心得ていれば大丈夫というわけではない。営業や技術以外にも調査、仕入れ、管理、法務など様々な分野が存在する。だから同じエピソードであってもカテゴリー別にアピール出来れば評価されるってわけさ」

自己PRのがない場合、高校時代のエピソードを語っても大丈夫か?

「あと先輩、確認したい事があるのですが、アピールするエピソードが無い場合、高校時代に頑張った事をアピールしても大丈夫でしょうか?

「『一体どうして大学生時代にその成果を発揮出来なかったの?』なんて訊かれたらどう答える。就活生の中には大学時代、特にアピール出来るエピソードがないからと言って、高校時代の話をしようとする人がいる。しかし面接官が欲しいのはウチの会社に入ってもその手のノウハウを発揮出来る人間であり、高校時代に活躍しているのに、大学時代は不発に終わるって事であれば面接官は警戒心を抱くだろう。

 だから『環境に恵まれなかった』『その時の成功は偶然だった』など環境依存や成功の再現性がないのであれば評価されない。仮にそれが『高校時代に取得した資格の話』であれば、それを高校時代に取ったのではなく、大学時代に取った話にした方が良い。要は『私は学業とアルバイトをやっている傍ら、こんな風に時間を作り、3か月間の勉強の末、資格を取得しました』とタイムマネジメントや継続力をアピールした方が嘘でも評価される。

 就活というのは過去に挙げた結果で評価されるのではなく、就職後もその成果を挙げられると思わせた人間が評価される。だから例えば銀行や建築では取らないといけない資格は沢山あるから『本業の傍ら、このように資格取得の勉強時間を作り、業務に必要な資格を取りたいと思います』と就職後も視野に入れて語れれば評価の対象になるだろうな。

自己PRがない場合、他のエピソードを盛る

 あと就活生の対応をしていて思う事があるのだが、就活生の中にはサークル活動や学園祭の活動に参加しておきながら『大した事がない』としてアピールしない人が結構いる。正直、俺は折角アピール出来る経験があるのにアピールしないなんて勿体ないと思うぞ」

「しかし先輩、サークル活動や学園祭の参加なんて誰でも出来る内容ですよ。『私は参加出来ました』なんて言っても面接官は『それの何が凄いの?』と言われておしまいです」

「いや、それを大した事のない経験と感じている事が大事なんだ。確かにお前からすればしょぼい内容だと思うが、世の中にはそれを正しく理解出来ない人が多い。

 例えば就活生の中には『自分のおかげで成功した』と勘違いしている人が結構いる。俺の所に来た就活生の話だが『私はバイト先で売上を倍にした』とアピールする人がいたんだ。だから最初は営業や販売などのスキルがあるのではと期待したんだが話を訊いてみると、バイト先はケンタッキー・フライド・チキンで、その日は12月25日だと聞いた。ケンタッキーってクリスマスの七面鳥の関係で12月25日が1年の中で一番の売れる時期でもあるんだ。だからそこで売上を倍にしたと言われても『繁忙期にたまたまバイトとして採用された』としか思えないだろ?しかしその就活生は『早くチキンを作るのに苦労した』と言ってきて、自分の迅速な対応によって売上が倍になったと本気で思っていたんだ。

 この手の勘違いは他の就活生でもある。来客数を増やしたと言っている人がいたけど、実際は親戚を呼んで1日に何度も来させて来客数を水増ししてただけだったり、大会で優勝したと言っていたけど、実際は自分が補欠としてサポートしてただけだったりなど大した経験をあたかも自分のおかげと語っていた。

 この手の人間は社会人になっても存在する。部下からの提案をあたかも自分で思いついたかのように語る上司や、売上ノルマが達成しないという事で自分や部下に商品を買わせたりする人もいる。だから求める人物像として『では具体的にどうやってその成果をあげたのか?』妥当性が必要になってくる

「要は大した事がないエピソードでも、自分は使える人と思わせるエピソードを語るのが大事だと言いたいのですか?」

「もちろん理想論を言えば本当の事を話せればそれが良い。しかし就活では過去の実績よりも成果をあげるノウハウが評価される。だから盛り方にこだわるならそこだ。

自己PRがない場合、嘘八百を押し通す

 折角だからどんな内容が就活、特に大手から評価されるようになるのか?そのアピールの特徴について説明しておこうと思う。大手でも評価される為に以下の3つを意識して書くべきだ。

① 業界の特徴を踏まえた内容

② その業界で成功している人のノウハウを盛り込んでいる

③ その経験を学生時代で経験している

 上記の3つが徹底されていれば徹底されているほど内定に近づく。さっきのインフラ業界の例だが、①に常に同じ仕事をしていて、②自分達の仕事が日々の生活を支えているという高い意識を持っている。という形で説明した。では③の『②に該当する学生時代の経験』とは何なのか?1つの典型的な例として引っ越しのアルバイトだ。今の時代、物流は社会インフラの1つになっている。だから正確な時間に安全に荷物を届ける役割を持っている。だからアルバイターの中には『重い荷物と長時間運べる為に筋トレしている』『体を壊さないよう睡眠時間や健康の良いモノを毎日食べている』人もいる。インフラ業界でも同様だ。長時間外で作業する為、体力も必要だし、体調管理も必須だ。そのノウハウを鍛えているという意味ではプラスに働く。

 では学園祭やサークル活動は具体的にどんな形でプラスに働くのだろうか?学園祭の場合、店舗運営だ。要は焼きそばやお化け屋敷など様々な店を運営しているだろ?この祭りのような経験がどんな業界で役立つのか?1つは不動産業界だ。なぜなら今、地方では限界集落と言って人口減少の村は外部から人を呼び込む事をしないといけない。その1つの打開点として外部から有名な店舗を呼び、1つの祭りを作るビジネスを行っている。不動産業界ではこれをペナント事業と言って、有名店を誘致して、その場所代を貰う事で利益を得ている。だから不動産業界に志望する場合、『私は学生時代、大勢の人を呼んでイベントを成功させました』という経験は役に立つ。

 更にサークル活動でも人様を誘致する以上、『その場所で頑張りたい』と思わせるアピールが必要だ。『君の趣味と僕の趣味を合わせるとこんな事が出来るんだけど、学園祭で実施してみないか?』とね。ペナント事業でも似たような勧誘をしている。要は『君の食材とウチの加工技術を駆使して更に良いモノを作れる可能性がある。ウチで開催するイベントで実演販売してみないか?』とね。

 このように業界に合わせた役立ちそうな学生時代の経験。それを語れれば自己PRも語りやすい。さっきインフラ業界で責任感や使命感を意識したアピールを説明したけど。では他にどんな自己PRがあるのか?

 1つは自分で考えた企画を実現して成功を収めるタイプ。要は商品企画や顧客に新しいビジネススタイルを提案するコンサルタント業務に向いている人だな。メーカーなどで商品企画を行い、人気商品を作り出す、または金融や人材サービスなど、どんな資産運用、どんな志望先?などを顧客に提案する。要は人を惹きつけて良い商品を販売するタイプだ。だから学生時代、新しい顧客を確保したり、または自分で何かしら考えて販売しないといけなくなった経験があれば言いやすい。

 そして2つ目は対照的で自分で考えるというより、周囲の人を巻き込んで成功するタイプ。さっき言ったペナント事業や祭りなどのイベント。更に最近ではアプリ開発など共同で作業する場が問われている。いわば協調性やボトムアップタイプのやり方が求められるところがある。世の中には上記のように自分の考えを元に人を引っ張っていくリーダーシップのようなタイプもいる。しかし別の形として皆で意見を出し合い、皆で一緒に乗り越えた団結力で成果をあげる人がいる。だから何かしらの団体イベントでどのように皆を集め、そして意見を出し合い、成果へと導いたのか?その辺の段取り力を言えれば良い。

自己PRのエピソードがない問題を解決する為にすべき事

「なるほど自己PRも業界別にタイプを言い換えていけば良いのですね。となると志望先の業界でどんな働き方をするのか?その情報収集が要ですね」

「お前の言う通り、就活で成功する為には志望先の仕事の特徴や成功する為のノウハウなどを集めないといけない。俺の時は中国人の爆買いや東京オリンピックの影響で外国人観光客を呼び寄せる為に日本の魅力や異文化対応などの盛り込んだりしていた。しかし今はコロナの影響で事業を完全に見直す事が起こっているから、どんな風に業界別にアピールすれば見えない状況下にある。だからこれからの就活を制する為には如何に志望先の業務方針を知るかが鍵となってくる」

「しかし先輩、そんな内部情報、特に最近の情報なんて知る事なんて就活生の立場では出来ないと思うのですが、そんな事可能なのでしょうか?

「可能だ。と言うのも就活生が知る事が出来ないのがおかしいのだ。お前だって会社説明会などに参加して、どの企業でも行っているような企業の歴史や、どんな業績をあげたかなんて聞いても、どんな人材が欲しいのかどうかなんて分かるわけないだろ。なのに企業はそんなありきたりな事しか言わず、さらに面接を受けても不採用にした理由や採用した理由すらも言ってくれない。これでは就活生は『どんな人材が求められているのか』考える事が出来ない。そんな変則的な就活に対しノーと言った就活サービスが存在する。それがスカウト型就活サービスだ。

 最近リクナビやマイナビ以外で注目を集めている就活サイトなのだが、これは上記の2つは違って、自分の載せたプロフィールに興味を持ってくれた企業が就活生にスカウトする。そういう逆求人が他の就活サイトなんだ。だから自分のスキルにマッチしない企業の選考に参加してしまい、空振りに終わってしまう事は避け、自分に興味を持ってくれた企業のみの面談だけ受けて、就活を終わらせる事が出来る。そして何よりも1番魅力的な内容は『どうして自分を採用しようと思ったのですか?』と訊ける点にある。

 例えば居酒屋のアルバイトをしているだけだった人でも『居酒屋は日本文化の1つでもあるから、外国人観光客の行きつけの店でもあるんだ。だから我々の会社では外国人がよく利用する世界共通の通信端末Wi-Fiの販売や世界共通のクレジットカード対応のカードリーダーの販売も行っている。だから居酒屋の働き方を心得ている学生であれば、どんなふうにアプローチすれば良いのか分かるのではないかと思ってスカウトをかけたんだ』と言って居酒屋のアルバイトの利点について教えてくれる。

 それに他にも、趣味にアニメ鑑賞と書いてあっても『ゆるキャン△』を見ていた話をしたら、キャンプの魅力について心得ているのではないかとキャンプ販売店の企業からオファーがかかったり、また別の例では孤独のグルメを見ていたおかげで、どんなふうに飲食店や食べ物をアピールすれば良いのか心得ているのでは?と食品コンサルタント会社からもオファーがかかるなんて事もあった。要は自分にとってしょぼいと思っている経験でも、見方によっては欲しいと思える経験だと思ってくれる場合がある。結局、自分のどんな経験が、どんなふうに評価されるのか分からない。そんな自分の魅力について不透明であれば、実際にこの就活サイトを利用して、自分の魅力を再確認する意味でも役に立つのではないかと思っている。

 だから俺は今まで、自己PRを作る上では志望先の業界がどんな事を求めていて、どんなアピールをしないといけないのか?志望先の内部事情を踏まえた上で考えた方が良いと言っているから、この辺のサービスを利用して面談の際に『どうして自分に声をかけてくれたのですか?』と訊いて現状打開する方法とってみるのも良いと思うぞ。

スポンサーリンク