親のせいで就活終盤になっても内定が取れない場合の対処法

「親のせいで就活終盤なのに内定がない。どうしたら良い?」

 親が就活に対し口出しし、更に何でもかんでも否定するせいで、全く就活をすることができない。そしてそれが祟って就活終盤になっても内定が取れない。そんな理不尽な状況にいる人がいると思います。

 本来であれば親に責任を取ってもらいたいのですが、申し訳ないと思うどころか、逆に子供のせいにしてくる親もいて、そんな家庭の中にいる場合、何がなんでも就職して家から出れるようになりたいというのが本音だと思います。

 ではこの時期になっても内定が取れていない場合、具体的にどのように挽回すれば良いのか?そして今後親元から離れられそうな転職先とはどういうところなのか?ここでは実際に親の干渉によって就活がうまくいかずどのように対処すればいいのか迷っている就活生と、同じ悩みを持っていた先輩の2人の会話形式で、就活終盤から内定を取る方法について説明したいと思います。

親が過干渉で就活終盤になって困る就活生

「先輩、実は私この時期になっても全然内定が取れていません。うちの親が大手に入りなさいと、就職するのが難しい企業ばっかり選出して、さらに内定は一時期取れたことがあるのですが『そんな中小企業に入ることなど許しません』などと言ってきて、内定を取り消されてしまいました。そのため今も内々定の状態です。正直もう親には呆れて、もはや見切りをつけています。一体どうしたら良いでしょうか?」

「・・・なるほどなら先ず俺の話をしよう。実は俺も就活中に親の干渉が激しくて、就活終盤になっても内定が取れない状態が続いた時があったんだ。親に文句を言っても『人のせいにしても何も始まらないだろう』などと言ってきて、それを口実に『親がなんとかしないといけない』みたいなことを言ってきて、的外れなことをさせられて、せっかく内定が取れても取り消されるなどと言う悔しい思いをしたよ。

 挙句の果て、就活終盤になって、無職の状態で卒業するかもしれないとなると、もはや親は俺に失望して『ニートを育てる気などありません』と言ってきたから、こんな親の近くにいては自分の人生が潰されると内心すごく焦っていたのにもう親から離れるべきだと判断した」

「ですよね散々親の言われた通りにやっても結果が出ないのに、何でもかんでも自分のせいにされて、どうして親というのはここまで子供のせいにするんだ。みたいな気持ちでいっぱいでしたよ。おかげで就活終盤になって内定が取れず、ここからどうやって挽回すればいいのか迷っているのに、親は『就活で失敗するのはお前の自己責任』。みたいなことを言ってきて本当に腹が立ちます」

面接で親の事が言えない場合の対処法

「まぁ、だからといってその怒りを面接であらわにすると逆に不利になる。お前としては『なんでこの時期になっても内定が取れないのか?』と言うふうに面接に言われたら『親の干渉が原因で内定を取り消された』と言うふうに言いたいのは山々だろう。ただその言い方はやめといた方が良い。不幸なことに親が子供の就活に干渉してくると言うのは、企業からしてみれば『今後様々な仕事をやらせる上で親が干渉してくるかもしれない』と思われて内定を出さない可能性があるから、ここはぐっと堪えて、相手に親の過干渉を疑わせないような言い方をするのがベストだ」

「しかし先輩、もう今の時期とてもじゃありませんが『どうして今まで就活をして内定が取れていないの?』なんて質問は高い確率でされてしまいます。この場合一体どういう言い方をすればよろしいのでしょうか?」

「俺の場合『やりたいことが今日まで見つからなかった』という言い方をしているね。労働とは本来辛いこと。なのになんでみんなそれをやってみたいなって言えるのか?その辺の矛盾を解消することができずに、志望動機を書くことができず、正直就活する気が失せていました。みたいなことを言ったね。

 ただある日、先輩から労働と言うのは本来辛いもの。だからこそそれを代わりにやってくれてるからこそお金をくれるのであり、ビジネスと言うのはそういう互恵関係によって成り立っている。だから労働とは確かに本来辛いものだが、それを知った上でどんなふうに人から感謝されるような人になりたいのか?その辺を言えるようになることが大事なんだ。と言われて目が覚めました。というふうに言えば、自分の今までの就活に対する考え方が変わり、そして今こうやって就活に参加することができている。

 この時期になって内定が取れない就活生というのは、お金の為に働きたいだったり、就職しないとニートになって悲惨な人生を歩むかもしれないという後ろめたい理由が多いと思うから、この手の答え方をする就活生は中々いない。だから先のように労働を通してお客様を幸せに出来る存在になりたい、なんて答えられればお前に対する印象は変わってくるだろう。

就職後も親が干渉する場合の対処法

 あとは親が干渉しなさそうな就職先についてだけど。俺がオススメなのは、転勤族系の職業だと思っている。

 企業の中には様々な地域の仕事に精通するために地方に社員を派遣するような業務が当たり前のような業界がある。銀行、アパレル、小売業界などが1つの目安だ。だからお前が仮にその手の業界に就職すれば、数年後には地方に行かされて、親元から離れないといけない時が来るだろう。それが1種の親元から離れるチャンスになるはずだ。

 実は就職してからも親の干渉で苦しむ人たちが大勢いる。なんで定時に帰らないんだ。なんでこんなに給料が低いんだ。お前さっさと転職しろ。みたいに色々と無茶なことを言ってくる。社会に出ればそんな個人の勝手な都合で会社が動くわけでもないのに、あたかも当たり前のように言ってくる恐ろしい面がある。

 実家暮らしだともしかしたら口座やスマホの名義など親の管理下に置かれる場合もあるから、やはり親元から離れられる口実が出来る転勤族系の職種が1番妥当だと思っている」

「なるほどただ先輩、もしかしたらうちの親は就職先が転勤の多い業界だとすぐ悟られてしまうと思うので『転勤する前にどこか家に近い企業に就職しなさい!!』などと言ってくる可能性もあります。転勤族家も1つの志望先として頭に入れておきますが、他に何か役立ちそうな就職先というのはないでしょうか?」

「他にあるとしたら語学系の職業やIT系の職業が良いかもしれない。過干渉の親で怖いのは、自分の仕事にも親が口出ししてくる場合だ。そして営業系の職種についた俺の知り合いの話なんだけど、逐一発表する内容に親が口を挟んできて『こうしなさい』などと言ってくる親がいたらしい。お前の親はどうなるか知らないが、親が理解できそうな仕事だと口を挟んでくる可能性がある。だから親が理解できなさそうなプログラミング系や、または英語などの語学に関する勉強することで、子供のやっている仕事の内容が理解できず、口を挟むことができないと言う形に追い込むのも良いかもしれない」

「なるほど確かに頭の中にある知識であれば親は壊すこともできませんし、口を挟みたくてもできないメリットが生まれるわけですね」

「さらにもう一つメリットがあって、プログラミング系や英語の知識があると、副業ができる。つまり親に気づかれずにお金が貯められる手段にも使えるわけだ。今ではネット上でのスキルマーケットと言う形で、自分の知識やスキルを誰かに売って稼ぐと言う方法が一般的になりつつある。だからお前がプログラミング系の何かのスキルを身につければクラウドソーシングなどでお金を稼ぐことも可能になる。まぁ、プログラミングだけでなく翻訳の仕事やイラストを描く仕事もお金を稼ぐ仕事と言えるから、その手の分野が身に着けられる就職先を探して、親に気づかれずにお金を貯めていく事をしていけばよいだろうな」

「なるほど、IT業界も1つの親から離れられそうな就職先と言うわけですか。ただ私はITの知識なんて全く持ってないのですよ。そんな理系の知識が問われそうだ業界で、果たして文系の私がIT業界に就職することなんてできるのでしょうか?

「IT業界の場合、まず単体テストと言う部分から始めてITの知識を身に付けていく形になると思う。この単体テストと言うのは、実際に企業が作っているシステムが正しく動くかどうか確認する作業のことを言う。だからお前は例えば画面に値を入力して正しく次の画面が表示されるのか?正しく計算されて正しい数値が出てくるのかその辺のテストをしていくことになる。そしてその傍らデータベースをいじったり、または問題が発生した場合どの辺のプログラムで異常が発生しているのか、先輩の指導を受けながらどうやってプログラミング言語を理解していけばいいのか学んでいく。だからITの未経験者であったとしても、やれる事はあるし、その傍らプログラミング言語を理解していくスタイルをとっていけば良いと思う」

「なるほど一応未経験でもIT業界に携われる仕事があると言うわけですね。ただその単体テストをやっている最中にプログラミング言語を身に付けないといけないわけですから、不向きな人であれば、とんでもないことになると言うわけですね」

「そういうことだが、日ごろから親にひどいこと言われていると『親から何も言われないようになりたい。だから親がわからないプログラミング言語をもっと一生懸命勉強しよう』と言うふうになって、親の過干渉が一生懸命勉強するやる気になる。俺の知り合いもその辺についてがんばって、資料とかだけど図書館に行けばただで借りられるわけだから、その辺の知識を極力安く身に付けて、副業やIT業界に転職して、そして無事親から離れられるだけの資金を手に入れたんだよ。『もしかしたら親を介護する際、介護する傍らITのスキルで金を稼ぐこともできるかもしれないな』と介護離職の心配が少し緩和されたとか言ってたよ。まぁ、ITスキルは家で稼げるスキルでもあるから、介護離職の問題も緩和できるかもしれないね」

親だけでなくブラック企業に就職しない対処法

「なるほど、とりあえず今後の就活の対策や、志望先についてはなんとなくですが絞り込めると思います。ただ先輩これから就職活動するにあたって、多分ブラック企業がほとんど残っているかもしれませんが、具体的にどうやったらブラック企業見分けて就職することができるのでしょうか?」

「志望先の妥当性について正直子供であるお前が言っても『どうしてそんな事が言えるのよ!!』と言って聞く耳持たずだろう。だからこの手の過干渉の親のもう1つの対策として外部の情報を出来る限りに家の中に入れるという方法がある。

 俺の親のケースだけど、ウチの親は自分でネットを検索して、そして会社の評判を見たりしている。しかし検索の仕方が俺が志望している企業名、そしてブラックなどネガティブな情報に結び付くような検索をしている。だから俺がいざその企業を志望しようとしても『ここはブラック』なんて言ってくる。そして代わりに用意した企業の見つけ方はその手の志望先の同業界で、給料が高いなど自分にとって都合の良い情報しか集まらない形で検索している。

 つまり親というのは自分にとって都合の良い情報を自然に集めている傾向がある。だからそんな間違った形で情報を集めないようにする為に、子供である俺達が親が見ていない情報を集めるような事をしないといけない。そこで役立つのが口コミサイトだ。

 俺が使っている口コミサイトだけど、これは学生も登録する事が出来て、志望先の退職者が書いたコメントが中心に載ってある。だから親が志望先について言って来た場合、これを見て、自分の考えが正しいかどうかを確かめさせる事に役立てる。例えば俺の場合、『給料が高いからここにしなさい』と言って来たことがあったのだが、試しにその企業の給料明細を見てみると

 月額28万と書かれているのに基本給は12万足らず。ウチの母親もこれを見て『騙された』と言ってブラック企業を勧めてくるのを極力抑える事が出来たよ。やっぱり親の頭の中だけで考えさせると悲惨な目に遭うから、この手の志望先の内部事情について書かれた内容があれば考えが変わる事がある。少なからず余程酷いブラック企業に就職させられる事はないだろう。

 それにこの手のサイトは会社の働きづらさについても載っている。

 など、これがあると親がとやかく何か言ってきても、実際に働いている人達の声は何よりも説得力がある。それに

 など評価している人もいる為、この手の内容を参考に志望動機や志望先の選定をするのも良い。少なからず親と子供では、親の考えばかり押し付けられる場合がある。だからこの手のサイトになどに登録して、親と子供だけでなく、志望先の退職者のコメントを含めて、間違った就職活動を阻止する上でも役立つと思うぞ」

スポンサーリンク