公務員試験に失敗しているのに民間企業から内定が取れ、就職出来る人ってどんな人?

『公務員試験に落ちた。今から民間企業の就職活動しても大丈夫だろうか?』

『今から民間企業を受けてもいい所がない。来年再挑戦しようか迷う。』

『もう就活終盤。俺の人生終わった』

 と公務員を目指していたけど、試験に失敗し、民間企業に就職するか、または来年再度公務員試験に挑戦するか、など考えている人がいると思います。ただ民間企業への就職においては、今の時期になると、大手の大半が選考を終えており、残っているのは知名度が低い大企業か中小企業で、正直『就職の道を選んでも良いモノなのか?』と迷うかもしれません。

 しかし一方で来年度のもう一度公務員試験に挑戦する場合、来年分の生活費や公務員試験の勉強がネックとなり『果たして来年は合格する事が出来るのだろうか?』とこちらでも迷う場合もあると思います。そして中には親の反対や経済的な理由で民間企業への就職を余儀なくされる場合もある為、ここでは公務員試験の失敗を機に民間企業への就職活動を行う人を対象とした内容にしております。そして気になるのは、

なぜ民間企業は公務員試験に失敗した人でも採用してくれるのか?

 という点です。通常、公務員を目指していたのに民間企業の就職活動を行っている以上、『公務員試験に失敗したから民間企業に来た』と採用側に疑われると思います。そしてそんな二番煎じのような理由で弊社に志望してくる人を不服に思う面接官もいて、話を聞かずに落とす人もいるのも事実です。しかし現実には公務員試験に落ちた人でも民間企業から内定を貰っている人は存在します。

 一体、その就活生達はどうやって民間企業から内定を獲得しているのか?ここでは実際に公務員試験に失敗した就活生と、実際に公務員試験に失敗したけど、民間企業から内定を取る事に成功した先輩社会人の2人の会話形式で、民間企業から内定を取る方法について説明したいと思います。

公務員試験から民間企業へとシフトする場合、どんな事をすべきなのか?

「先輩、お久しぶりです。実はこの間公務員試験を受けていたんですが、残念な結果に終わってしまいました。その為、民間企業への就職活動に切り替えたいんですが、どうすればよろしいでしょうか?

「とりあえず面接に慣れろ。公務員試験に落ちて絶望し、辛いかもしれないが、民間企業の就職活動というのは、どの企業でも3回以上面接が行われて、面接官との受け答えで内定が取れるかどうか決まる。だから聞かれた質問に対し、ちゃんと的を得た答え方が出来るか鍵になる為、面接に慣れるのが大事だ。ただ今のお前の場合、まだどんな質問を投げかけられるのか知らないだろうから、始めのうちは何処でも良いから面接を受けて、自分に来る質問を知った方が良い。そしてその質問に対し、どんな風に答えれば良いのかネットで調べたり、自分で考えたりして内定を取るしか方法はないだろう」

「しかし先輩、場数を踏めと言っていますが、そんなに民間企業の面接って数をこなさないとクリアできないもんなんでしょうか?

「例えば『なぜ公務員を目指したんだ?』と質問されたらお前はどう答える?公務員試験を目指す人の中には『給料が安定している』『公務員は民間企業と違って潰れないから』など、利己的な理由で志望する人が目立つ。だからこそ民間企業へ就職活動を切り替えた際、『投げやりな気持ちで民間企業に入ろうとしているのでは?』と面接官は疑ってくる。それ故に公務員試験に失敗した人は、どうして民間企業に就職しようとしているのか?その辺の説明が出来るようにならないといけない」

 これは面接で聞かれて嫌だと思える質問だけど、不幸な事にこの質問だけではない。例えば他にも『なぜ公務員試験に失敗したのか?』とその失敗原因についても訊かれる事がある。公務員試験に失敗した理由なんて本来なら隠しておきたい理由だ。しかしこの時期に志望してくる為、事実上、公務員試験に失敗したのがバレてしまう。だからなぜ自分は失敗したのか?その理由を答えられるようにしておかないと、何時まで経っても内定は取れないと断言する」

「公務員の志望動機と、失敗した理由ですか。確かに言いづらいですね」

「嫌な質問対策だけでなく、民間企業への就職活動の場合、自己PRと学生時代に頑張った事の2つについて訊かれる。つまり学生時代に頑張った事2つ分アピールしないといけないんだ。これはどういう事かというと、俺の場合、公務員になりたいからと言って、学生時代はずっと公務員試験の勉強ばっかりしていた。だからアピール内容もあまりなく、先の2つのアピール内容を用意する事が出来ずに苦戦する。だからお前も公務員試験に合格する為に勉強しかやってこなくて、お前も2つものアピール出来るモノがないと悩んでいるんじゃないのか?

「・・・正にその通りです」

「そう、だから民間企業の就活においては公務員試験の勉強以外にアピール出来るモノをもう1つ用意しておかないといけない。まぁ、俺の場合、この失敗理由とアピール内容で手こずってたんだけど、お前は運が良い。俺のように苦労した体験談を訊けるんだからな。だから今から、俺が去年、民間企業への就職活動をして苦労した点と、乗り越えた方法について説明する。だからお前はそれを聞いて、民間企業から内定を取る為にどんな準備をしないといけないのか?その準備が出来るようにサポートをしてみようと思う」

民間企業はなぜ公務員試験に失敗した人を採用するのか?

「ただ先輩、確かに民間企業の面接への対策はしないといけないと思っているのですが、1つ気になる点があります。私は試験に落ちた身なので、『公務員になれなかったからウチに来た』なんて思われているから、試験落ちの悪い印象を持った就活生が民間企業から内定を取るのは不可能なんじゃ?と思っているのですが、実際どうなんでしょうか?」

「いや、俺個人としては正直比較的優位な立場にいると思っているよ。何故ならこの時期に就職活動している人たちのことを考えてみると、何かしらのデメリット持ち、例えばコミュニケーション能力に問題があったり、学生時代に何もやっていなかったりなど、アピール出来る内容がないなどの就活生だろう。そういう人達は大抵面接で『内定が取れない原因は何だと思う?』みたいな質問に答えられないと思うから、公務員試験に失敗した人の方が未だに内定が取れていないのは納得するし、その手の理由より上の人達と言えば、海外大学の卒業時期は日本とは違って7月か8月になっているから、海外帰国生の人達、または就活資金が足りず、今から就活を始める人、または親が勝手に子供の内定を辞退させた、そんな3種類の人達くらいしか聞いた事がない。そして海外帰国組は大抵今ではなく、大手に就職する為、翌年の就職活動を行うのが常だし、他の2種の人達も多くはいないだろう。正直なところ、公務員試験に落ちた就活生の方が比較的他の人より有利な立場にいると思っているぞ」

「先輩、そうは言っても結局のところ、私は公務員試験に失敗したんですよ。公務員試験に失敗した人を採用する理由が思いつかないのですが、本当に私が思っているより悪い状況ではないのでしょうか?」

「さっきも言ったけど、この時期に採用活動を行っている以上、先ほどのデメリット持ちの就活生か、先の3種類の人達くらいしか就職活動を行っていないだろう。つまり企業側もそれなりに悪い就活生にあたる事は予見出来ているはず。それなのに採用するという事はよほど人で不足に悩んでいるか、または内定辞退者が続出し、必要ノルマに達していない企業のいずれかだろう。今の日本は少子化の時代。つまり人も簡単に集まらないようになっている。それ故、ノルマを達成する事は難しいだろうし、本当に優秀な人間は大企業に行きたいだろうから、恐らく今の知名度の低い企業には残らないはず。それ故、公務員試験に落ちたから採用しないなんて企業は正直あるかないかくらいの数だと思うぞ。

 それに公務員試験に落ちた人でも、逆に公務員試験に受かると思っている以上、学力に対して自信のある人で、業務の知識を直ぐに覚えられる人と捉えてくれる場合もある。だから、比較的優秀な人材なのではと期待している企業が多いだろうし、この時期に採用したい学生と言えば、公務員試験に失敗した人くらいしかいないだろうから、逆にお前は採用されやすい立場にいるのではないかと俺は思っているぞ」

『なぜ公務員試験を受けようと思ったの?』という質問の答え方

「先輩、ではもし仮に面接で『なぜ公務員になろうと思ったの?』と聞かれたら、どういう風に答えればよろしいのでしょうか?」

「その質問に答えるためにはまず、公務員試験と民間企業の働き方の違いについて心得なければならない。

 民間企業というのは自分の持っている資金を元手に世の中に役に立つような事をしてお金を集め、更にそれでもっと良いサービスを実現するという繰り返しを行う形になっているけど、公務員の場合、国民の税金、つまり国からの支給されるお金によって仕事というモノを生んでいるわけだから、利益を追求する必要がない。つまり公務員の仕事というのは民間企業のように利益を追及して働くのではなく、社会の暮らしやすさ、または社会問題の解決など、社会貢献を目的とした働き方をしたい人が志望すると言っても過言ではない。

 だからこそ『なぜ公務員になりたいのか?』と訊かれた場合、ボランティア活動や、その他のイベントで動いた結果、事態が改善されたという話をして、『だから社会が良くなるような仕事をやってみたいんです。』と言えれば妥当な志望理由になるだろう。

 ただこの『なぜ公務員になろうと思ったの?』という質問の中には『民間企業で働く気があるのかどうか?』とその辺を確認する隠れた質問でもある。これは補足としてなんだが、仮に『社会貢献がしたいです』なんて民間企業の面接で言えば、

『でも社会貢献って、言いかえればボランティア活動の事でしょ。ウチの場合、民間企業だから利益を得る事も必要なのだから、ボランティアのような無償でサービスを提供する事を望むのなら、また来年公務員試験を目指すべきなんじゃないのかい?』

 と民間企業で働く姿勢に疑いが生じる。しかしだからと言って『利益も追求しようと思っています。』なんて答えたら、『じゃあ何で公務員になろうと思ったの?』と訊かれてしまい、ここでも矛盾が生じてしまう。

 それ故、この手の質問に答える為には、ただ公務員になりたかった理由と述べるだけでなく、民間企業で働きたいという矛盾のない志望理由、つまり志望先のビジネスがどのような形で社会に貢献しているのか?その辺の人生設計を述べないと理解していないと真面な答えにならない。

 その為、利益と社会貢献を両立させる言い方について言わないといけないのだけど、その手のヒントとして、民間企業というのは確かに利益を追求する活動を行っているけれども、一方で客から支持されるような仕事をしていて、客から支持されているからこそ、その人達は自分達に対価としてお金を払ってくれる。要は公務員と同様に、社会から必要とされている事をしているわけなのだから、利益追求の事業であっても、根本的な部分は公務員と変わらないわけさ。だから仮に面接で『なぜ公務員ではなく、民間企業で働こうと考えているの?』と訊かれた場合、その辺について説明し、『お客様の為に頑張る事も一種の社会貢献なのではないか?と考えるようになりました。』と言えれば、民間企業でも働きたい理由として捉えてくれる。そしてその後、『だからこそお金を集める事は大事かもしれないけれど、でもそれ以上にお客さんから喜ばれるようなサービスを実現する、そういう働き方をしたいと考えております。』と言えれば、公務員を目指していたけれど、でも今は民間企業で働いてみようと思っていますと、矛盾のない意志を伝えるようになるだろう」

民間企業は公務員のように社会貢献を兼ねた仕事をする事が可能なのか?

「先輩、そうは言っても民間企業の本質はお金を稼ぐ事だと思っており、社会貢献のような形でビジネスをするとは到底思えません。何か社会貢献と思えるようなビジネスの例なんてないでしょうか?

「では松下幸之助の電球磨きの例を説明してみようと思う。この話は電球磨きをしている社員に対し、当時の松下電器(現パナソニック)の社長、松下幸之助が社員に『君、ええ仕事しとるな』と褒めたようなんだ。しかしその社員は『電球磨きは誰でも出来る仕事』だと言って、社長の褒め言葉は単なるお世辞としか捉えなかったようなんだが、その後、松下社長は

『子供たちが絵本を読んでいる。すると、外が暗くなる。家の中はもっと暗くなる。そうなれば、どんな物語も途中で閉じなあかん。

 でもな、あんたが磨いている電球一個あるだけで、子供たちのドラマは続行や。あんたは電球を磨いているんやないで。子供たちの夢を磨いているんや。
子供たちの笑い声が聞こえてこんか?物作りはな、物を作ってはあかん。

 物の先にある笑顔を想像できんかったら、物を作ったらあかんのやで。
子供たちの夢のために、日本中、世界中にこの電球を灯そうや』

 と言い、例え誰でも出来る仕事であっても、その仕事が人や町にどれだけの幸福をもたらすのかを心得ていれば例え誰でも出来る仕事でもやりがいを感じる話をしたんだ。だからこそ民間企業であっても、社会に貢献するような仕事をする事は可能なんだ。

 例えば食品業界においてもただ自社の食べ物をコンビニやスーパーに置く事が仕事であっても、『自分達の商品は安全で、美味しい。だから皆安心して食べられる』と家族や子供たちに安心安全な食を届ける事を誇りを持っても良い仕事でもあるし、IT業界で言えば、今までの事務的な計算や簡単な作業も機械が代わりに請け負ってくれた事で、スピードも失敗するリスクも少なくなる。納税も今までは税理士に高い金を払って計算して貰っていたけど、ITで専門的な計算も出来るようになれば、今まで以上に高い金を払わず、生活が楽になる。だからITのシステム作りにはもっともっと力を入れたい。などそんなやりがいを面接でアピール出来れば内定を大きく近づく。

 それ故、公務員を目指していた理由について訊かれた場合、

『人や社会の為に頑張るような人間になりたい』

『そして民間企業でも客の期待に応えるような仕事が出来るようになりたい』

とこの2つが言えれば良いと思うぞ」

公務員試験に失敗した理由について訊かれた場合の答え方

「あのー、先輩、私は一応公務員試験に落ちた身なので、多分面接で『なんで公務員試験に落ちたのだと思う?』と質問されると思っておりますので、その質問の答え方について心得たいのですが、どんな答え方があるでしょうか?」

「公務員試験を失敗した理由については正直に話した方が吉。余計な言い訳を言えば仕事でも同じように言い訳を使うと思われ、印象が悪くなる。まぁ、だからと言って悪気が無いように振る舞えば反省する姿勢が見えないとされ敬遠される。ただこの質問で考えるべきポイントというのは、無論失敗原因について述べるのも大事なんだが、次の『ではその悪い部分を無くすため、君はどんな事をするの?』という質問に答えられるようにする事が重要だ。

 つまり公務員試験から民間企業へ就職する1つのキーとして如何に失敗を乗り越える事が出来るのか、転んでもただでは起きない姿勢というモノが見せる必要がある。

 公務員試験に失敗する理由については、勉強不足、志望先の業務について正しく理解していなかったなど、少なからず目標達成に向けての算段が甘かったのが背景にある。企業でも同じように目標を立て、それに向けて成果をあげる事が求められる為、この公務員試験の失敗で、お前がどのように失敗を克服するのか見られるぞ。

 悪い印象を極力なくすため、ここでは親が折角払ってくれた公務員試験の費用を無駄にした事に申し訳ないという雰囲気を出しつつ、

『自分一人で出来ると思い、正しい業界分析を怠ったのが原因です』

 という自分1人で突っ走ってしまったのが原因という言い方が一番無難。というのも公務員試験だけに問わず、試験に失敗する人の特徴として、自分1人で黙々とやっていた、そして詰め込み式の勉強をしてただ覚えるだけの勉強をしてしまい、形式的な答え方しか出来ないのが主な原因とされている。つまり本来なら、この学んだ知識をもとにどのように就職先での働き方を生かすのか?その辺の考え方を身に着けるべきだったのに、ただ試験に合格する為だけに注力してしまったから、マニュアル形式の人間として評価され、悲惨な末路にたどり着く。だから面接で受かる為にもそんな一時的な知識としてではなく、実際に職員に話を聞いたり、公務員試験に成功している人の話を聞いてノウハウを身に着けるような事をするべきだったと、そういう反省の仕方をした方が良い。

 仕事をする上でも同じ失敗を繰り返す事は許されないから、失敗してしまった以上、面接官には『もうこの手の失敗は二度としない』と思わせるような言い方をしないといけない。となれば『自分1人で考えてしまった』という言い方は、まぁ、今度は自分1人で考えず、色んな人の意見を参考に正しい判断が出来るように頑張ろうと思っております。と簡単に済ませられる。

 まぁ、他の言い方としては面接での質問の際、結論から話さず、しどろもどろに話してしまったり、業務内容を正しく理解していない事を指摘され、黙ってしまったなど、色々な失敗に対する言い方がある。これも人と模擬面接のような問答をしていれば、自分の弱点を見つける事にもなった為、自分一人でやっていた事が惜しいというのも1つの手だろう」

公務員試験が原因でアピール出来る要素が少ない場合

「先輩、確かにその言い方なら、公務員を目指していたのに、今、民間企業を目指している理由や、公務員試験に失敗した悪い印象を払拭する事に繋がるかもしれません。ただもう1つの問題として民間企業の就職活動では自己PRと学生時代に頑張った事、この2つをアピールしないといけません。ただ私は学生時代、公務員試験の勉強に費やしていた為にアピール出来る内容が試験勉強の1つしかありません。しかも失敗しているのでアピールと言えるかどうかも怪しいです。その為、アピール出来る要素が少ない中、一体どうやって民間企業に向けてアピールすればよろしいでしょうか?あ、ちなみに試験費用は親が出してくれたので、アルバイト経験はありません」

「では学生時代に頑張った事を『公務員試験の勉強』にして、そして自己PRに関しては『卒論』の内容をアピールしてみてはどうだろうか?

 確かに試験に合格しようとしたが為に、学生時代に頑張った事が勉強のみという人は多いだろう。ただ学生時代に頑張った事として学業という面がある。大学を卒業する以上、卒論を書く必要があるだろうし、公務員になった時に備えて、予習としての就職後の勉強について語ってみるのはどうだろうか?

 何も学生時代にが出来る勉強が公務員試験の勉強だけとは限らない。例えば地方公務員の場合、結婚する人が減った事で少子化に移行したり、高齢化社会により介護施設への入居者が増えて介護士の数が足りなかったりなど、様々な社会問題がある。その為、それらを解決する為には一体どんな事をするべきなのか?お前が公務員になった際の対策として、それを卒論でまとめた体験があります。なんて言えれば一貫性があってアピール出来る内容になる。

 双方とも勉強についての話だが、社会人になれば志望先の商品知識、市場のニーズ、または販売や商品関連の法律に関しても覚えないといけなくて日々勉強という姿勢が欠かせない。それ故、同じ学業のアピールでも目的別でアピール内容を変えていけば少ないアピール要素を増やし、学生時代に頑張った事と、自己PRの2つをアピールする事が出来る。

 故に1つは試験に合格する為に工夫した事。そして2つ目は卒論の内容。これを視点に内容を考えてみてはどうだろうか?」

民間企業への就職活動の始め方

「先輩、色々と貴重なお話をしてくれてありがたいのですが、正直、民間企業の就職活動はこれが初めてですので、どう就活をすれば良いのか、教えて頂けないでしょうか?」

「もしこれから民間企業への就職活動をするのであれば、先ずは就活サイトに登録するべきだ。公務員試験の際は試験勉強に専念しているだけで良かったが、民間企業の就職というのはバイトと同じで履歴書を提出し、そして面接を受けて内定をもらう。そんな流れで行われる事になる。だからお前が仮に就職活動を始めるのであれば、先ずは就活サイトへの登録が必須となってくる。

 では具体的にどんな所が良いのか?実は就活サイトの中には既に募集が終了しているのに就職サイトにはまだ求人募集を載せている企業が存在する。この時期になると必要人数を採用し、募集を締め切っている所もあるのだが、新卒採用の求人サイトというのは13か月間載せる事が可能で、募集が終わっているのにそのまま載せている所がある。

 だからこの時期に就活を始めて応募しても『もう募集は締め切っています』などと二度手間を踏む場合が多く、出来る事なら掲載の終わっている企業に応募しないようにしたい。だから1つの新卒採用の就活サイトとしてOfferBoxというのがある。

 分かりやすく言うのであれば、まだ求人募集をしている企業がお前の経歴などを見て『ウチに興味ありませんか?』とオファー型の求人サイトだ。だから先のような募集が締め切っている企業とのミスマッチが起こる事もなく、スムーズに就活をすすめたいのであれば、この求人サイトは1つの候補になると思うぞ。

公務員試験に落ちてやる気が出ない場合

 あと俺の場合、公務員試験で落ちた後、意気消沈になっていた。つまり民間企業への就職活動を頑張らないといけないのかな?それとも来年公務員試験を目指すべきなのかな?と踏ん切りがつかず、長い間何も出来ない状態が続いていたんだ

 正直、試験に落ちたショックはその時になって始めて分かるが、ただそれで何時までも塞ぎ込んでいると何時まで経っても次に向けてのステップが踏めない。時間が長ければ長いほど『俺は今まで何やっていたんだ』と落ち込んで動きづらくなるしな。だからこの場合、1つの方法として内定が直ぐ取れそうなイベントに参加して気分転換してみるのも良いと思う。

 俺が知っている中にMeetsCompany という内定直結型イベントというのがある。簡単に言えば6社~8社までの会社を1度に面接する方法だ。これから就職活動を行う場合、具体的にどんな企業があるか調べないといけないわけだが、このイベントの場合、小売りやIT、そして不動産など様々な業界の人達と話せる立場にあるから、どの業界でどんな仕事をするのか知る事が出来る。それに運が良ければ内定が取れるかもしれないし、そうなれば来年公務員試験を受けるかどうかの心配も薄れる。公務員なんて社会人で転職して入る事も可能だから、社会人経験をある程度積んでから入るっていうのも可能だ」

「しかしその紹介してくれる会社、良い会社なのですかね?

「問題はそこだ。ただこの時期だと良い企業を見つけるのも難しいし、この手の紹介ビジネスって言うのはブラック企業ばかり紹介していると『あのサービスはダメだ』って噂が広がるから、極力離職率の高い企業は紹介しないようにするのがセオリーだ。

 それに問題なのはお前がこれから就職活動をどのようにすれば良いのか?その辺がまだ初心者だという点だ。このイベントには他に就活生が参加しているし、どんなライバルが残っているのか参考までに見る事が出来るし、良いアピールをしている人がいれば、そいつのをパクって今後の就職活動に利用すれば良い。少なからず、これから何をすれば良いのかわからないのであれば、先ず体を動かすという意味で、参加してみるのも1つの手だと思うぞ」

スポンサーリンク