求人が大卒以上ばかりで『なぜ?』と嘆く20代就職者の例

「求人に大卒以上が多いのはなぜなのか?」

「最終学歴が高卒のせいで求人に応募できない」

「なぜ大卒ばかり優遇されるのか?」

 大卒しか取らない企業が多いせいで職に就きたくても就けない人は沢山いると思います。高卒であっても自分はもう20代で更にバイトなどでそれなりの経験を積んでいる。だから大卒と高卒との違いにそれほどの差があるとは到底思えない。

 しかしほとんどの応募条件が大卒となっているせいで学歴で判断される世界なのだと絶望する。なぜこんな理不尽な目に遭うのか?そんな不満な気持ちをぬぐえず、日頃の生活でも表に出てきてしまう人もいると思います。

 その為、ここでは実際に求人が大卒以上ばかりのせいで就職に苦労する20代男性が、人事採用の仕事についている先輩と相談しながら『なぜ企業は大卒ばかり求めるのか?』その理由について訊くという会話形式で、今後高卒求職者がどのように正社員の職に就けば良いのか?その辺の説明をしております。

応募条件に『大卒』と書かれているせいで苦労する高卒求職者の例

「何で正社員採用の応募条件には”大卒”と書かれているものが多いんだ」

 そう、嘆く俺は高校卒業後の今日までの10年間、アルバイトで稼ぎながら生きてきた。当初はアルバイトだけで食っていけると思っていたが、30近くになってアルバイトの求人情報を見てみると20代のバイトはあっても、30代からのバイト募集がないということに気づき始める。俺のバイト仲間は次々と正社員の就職先を見つけたと言っていたが、そういう事かと、改めて30代からのバイト生活が難しいと言うことに気づき始める。

 だから初めて就職活動をやってみた。しかし求人情報を見てみると応募条件に大卒と書かれているのが殆ど。俺はもう20代後半、30近くのおっさんになるのも時間の問題。しかしそれなりの歳をいっているのだから何でこの歳になって高卒による学歴で差別されるんだよ!?

 求人雑誌にめぼしいモノは見つからなかった為、今度はハローワークに足を運んでみたのだが

『なんで大学に進学しなかったの?』

『その歳になってまで就職しなかった理由は?』

 など言われ、最後には溜息が入り混じった返事をするようになり、やる気が亡くなっているように見えた。最早、支援というか、自分の人生をバカにされたような気分だ。

 本来であれば俺のような求職者に対し、職に就けるようにするにアドバイスするのがあんたの仕事だろうに、何で『あなたは仕事が出来ない』みたいな事を言って終わりにするんだよ。これだから成績関係なくクビにならない公務員って言うのは逆効果なことをしてもお咎めなしで、助けにならない。本当に腹が立つ。

 そもそもあんなヤツの言い分が通じるのも、全てがハロワに頼らざる得ないシステムになっていて、大半の応募条件に大卒と書かれているのが原因だ。もう20代後半となった大人なんだから、18歳の高校生と同じと考えず、 1人の大人として見てもらいたいものだ。いまだにこの国は学歴で人を差別するということが起こっている。バイトで十分に働いてきた経験があるのに、学歴だけで差別してくる。何が人手不足だ、何が売り手市場だ。どちらかと言えばこんな働きたい意欲の溢れた若者に対し、十分な仕事斡旋が出来ないシステムの方に問題がある。

 だから俺は高卒で就職に成功したバイトの先輩、しかも人材採用の会社に就職したと聞いたもんだから、なぜほとんどの応募条件に大卒と書かれているのか?その辺の理由について詳しく聞いてみようと思う。そして先輩から高卒の状態から、正社員になれる方法について詳しく聞いてみようとも思う。

応募条件で『大卒』と多く書かれている理由

「と言うわけなんです先輩、ハローワークに行っても門前払い、さらに高卒と言うだけでどこの求人サイトも、大卒しか受け付けないと言うことで、就職できないです。なんでほとんどの求人は高卒者を受け付けないところが多いのでしょうか?

「まぁ、落ち着け。確かに求人募集の中には大卒と書かれているものが多いが、俺が人事の仕事に就いた際、大卒を指定するのは本当に18歳の高卒の学生が来る場合もあるから、それを避ける為にあえて大卒にしている節が大きい。

 18歳というのは日本で言えばまだ未成年の扱いだから、口座やスマホなどは親の許可が必要だし、車の送り迎えやお酒などの接待もできない。更に不正に手を染めても責任能力がないから、泣き寝入りせざる得ない場合もある。つまり未成年者は企業からすれば扱いづらい人材とも言え、だから未成年の可能性がある高卒者が来るのを避ける為に、あえて20歳以上の大卒にしている所が多いを俺個人では思っている」

「あー、本物の高卒者が来ないようにフィルタをかけてるってことですね。なんとなくですが大卒にする理由は分かりました。となれば高卒の俺でも20代後半だと電話で説明すれば採用してくれるのですかね?」

「そんな単純に考えない方が良い。無論、経験や熱意があれば採用してくれるところもあるだろうが、ただ不幸なことに、人事部と言うのははっきりってあまり権限がない部署と思っている。実際、俺のところに来る求人掲載希望者というのは社長や上層部の人ばかりで、電話窓口の担当者が来る事はない。つまり大卒にしている理由を知らない訳だから、お前が仮に電話しても『応募条件には大卒以上と書かれているのに、なんでこの人は応募しに来るのだろう?』と思われて、取り合ってくれない可能性が高い。だから高卒だけど20代後半なんて説明しても電話担当者の勝手な判断で『応募資格には大卒と書かれているので受け付けておりません』と言って終わらせることくらいは覚悟しておいた方が良いぜ」

高卒求職者が就職する為には?

「チッ、確かに人事部って営業などで成果を出せない人材の墓場みたいな印象がありますからね。となればそんな人たちが正しい判断なんて下せるわけないでしょうし、郷に従えのごとく、恐らく先輩の言う通り、マニュアル対応されて終わりになるでしょうね。ただそうなれば高卒者は一体どうやって正社員の職を目指せば良いのでしょうか?

「高卒で正社員を目指す方法としては色々とあるが重要なのは

1.大学に進学しなかった理由

2.卒業後、直ぐに就職しなかった理由

 上記の2つを答えられるようにしておく事が大事だ」

「先輩?私の話訊いていました?私はハローワークでその手の質問されて凄い不快な気持ちになったんですよ。それにそんな質問で良い答え方なんてあるのですか?」

「まぁ、ハローワークの人の話を訊く限り、配慮がないな。これでお前が活躍しても『あの時、あえて厳しい言葉を言わなければ君の為にならない』と言い出すだろうし、腹が立つよ。ただこの手の質問に答えられるようにしておくのは大切だ。正直、大学に進学しないリスクというのはあまりにも大きい。仮に高卒のままで生きるとなれば転職の際『大卒』ばかり求める企業が多いし、結婚相談所への登録条件にも大卒かどうか問われる。つまりブラック企業に就職しても更に良い転職先を見つけるのが難しくなるし、結婚したくても良い相手を見つける手段が限られてしまうってわけだ。それだけ高卒のままで生きる事は自分の人生を大きく狭めてしまう事と言える。だから面接では『なぜ大学に進学しなかったの?』という質問が高い確率で行われる。

 これは俺からのアドバイスだが大学に進学しなかった理由として納得いくモノが思いつく限り3つある。

大学に進学しなかった理由①:親の収入減

 高卒になってしまう人の例としては、当初大学に進むつもりだったが、在学中に親が降格、またはリストラや派遣切りになってしまい収入減。そして親は就職活動を始めたが、なかなか良い就職先が見つからず、大学進学の為のお金が足りないという話は大学進学しない理由の1つになってくる。

 最初から高卒就職を目指していたのであれば『では何故就職に強い高校に入らなかったの?』と訊かれてしまう。在学中に大学進学をあきらめる程の大きな問題が起きたという話でないと納得いく説明にならない。

 今の時代、少子化の影響で大学の連中は維持費を稼ぐために1人当たりの授業料を増やしている。つまり進学における学費は年々増加し低収入の家庭では到底払えきれない金額になっている。そして家庭の収入は個人情報の対象だから詳しく向こうは訊いてこない。だから大学に進学する事はそれだけお金がかかるし、生活難に陥るリスクがある。だから大学に進学するよりも高卒で就職して家族を楽にさせたいという言い分は1つの通じる言い方でもある。実際、大学に進学する為に奨学金で多額の借金をして就職に失敗して生活難に陥る人がいる。

大学に進学しなかった理由②:奨学金返済のリスク

 奨学金。大学に進学する為に日本学生支援機構からお金を借りるのだが、卒業する為の間に200万以上の借金を背負っている人が多い。その結果、就職で失敗したり、または奨学金って人によっては40歳になるまで返し続ける場合があるから、その間、病気や事故で失職。または低収入になって返済できない人も出てくる。奨学金って支払いを停滞させると延滞金と言って更に金を多く払わないといけないシステムになっているから、それが原因で自己破産に追い込まれるケースをよく聞く。つまり200万モノ借金を返済するまでのリスクが高く、その結果『リスクを背負うより、高卒で就職した方が良い』という風になる。

大学に進学しなかった理由③:ブラックバイトに引っかかる

 まぁ、奨学金返済のリスクもそうなんだが、他にもブラックバイトに引っかかり、勉強する時間を確保出来ず、単位を落として大学留年、または中退する理由も通じる。

 奨学金のリスクを知っていれば当然『バイトなどをして少しでも負担を減らす』と考える。ただ不幸なのはその稼ぎ方としてバイトを選び、そしてバイト先がブラックバイトでバイトを辞めさせてもらえず、長時間拘束され、講義に出席出来ず、単位を落とすなんて事もある。

 バイトなんて直ぐに辞めてしまえば良いと考える人もいるかもしれないが、人によっては店長に断れない人もいるし、先輩からの誘いで来ている場合があるから断りづらい。まぁ、そうでなくてもバイトをしないと学費が払えないし、勉強とか忙しく、疲労困憊状態で正しい判断が出来ない状態だったというのが良いだろう」

高校卒業、直ぐ就職しなかった理由

「なるほど、何となくですが、大学に進学しなかった言い訳の仕方というのは分かりました。ただ先輩、先ほど言いましたが『高校卒業後、直ぐに就職しなかった理由』は一体どんな風に言えば良いのでしょうか?」

もともと正社員で採用される予定だったのですが雇用先の経営が悪化して――という言い方が無難だろう。今の時代、求人詐欺と言って、正社員で雇用と書いておきながら、いざ契約の場に向かうと『先ずは契約社員で働いて結果を出してから』と言って、何時まで経っても採用せず『君、契約切れだから明日から来ないで』なんて言われて辞めさせるケースだってある。だからバイト先や派遣で正社員の道を目指していたが、向こうの都合で辞めざるえなくなったと言えれば今の時期になっても採用されない理由になりうるだろう」

高卒採用をしてくれる高卒就職サービスとは?

「なるほど”大学に進学しない理由”や”この歳になっても就職しなかった”言い訳については分かりました。ただハローワークでは門前払いを食らったので、正直どうしたら良いのか分からないのですが、高卒者が就職する場合、どんな風に就職活動をすれば良いのでしょうか?

「ハローワークの利用を諦めて、高卒募集をしている民間企業のサービスに切り替えた方が良いだろうな。実は今、高卒採用を検討している企業が増えている。その背景には人手不足の影響もあるが、政府が『18歳を成人扱いにする』と2022年4月から成人年齢の引き下げを正式決定した事から、若い人材を早く確保しようと青田買いを始める企業が増えているから、今の時期、高卒就職は追い風になっていると思っている。

 そして俺の知る限り2種類の高卒者を募集している就活サイトがある。1つはキャリアコンサルタント型の求人サイトだ。

キャリアコンサルタント型の高卒求人サイトとは?

 簡単に言えば求人サイトに登録するとキャリアコンサルタントから就いて、お前に見合った企業を代わりに見つけてくれるサービスだ。高卒就職の場合、求人が大卒ばかり求めてくるから高卒就職を応募している企業が少ないし『この時期だと募集していない』など求人が出されていても採用できない裏事情もある。

 だからキャリアアドバイザーから希望の就職先や、適性を踏まえた求人紹介。そして履歴書の添削をしてくれる求人サイトと言っても良い。またこの人材サービスビジネスについて調べた事があるのだが返済規定と言って、紹介した人材が早期退職をした場合、紹介料の大半を返済するというルールを設けている。つまりブラック企業をわざと紹介し、そして早期離職などが起これば、例えば100万の紹介料を貰っても90万を返済しないといけない事になるから、人材会社からすれば儲からない。つまりブラック企業を紹介すると儲からない仕組みをあえて設けている。だからお前がこれから高卒で、かつブラックではない企業を自力で見つけるより、これに任せてもらった方が圧倒的に早いと思うぞ。

研修型の高卒求人サイトとは?

 そして2つ目は研修型の求人サイトだ。これはどちらかと言えば直ぐに就職した人向けかな。簡単に言えば研修を受けながら職に就くサービスと言っても良い。俺が知っているサービスはジェイックというのだが、まず無料説明会から参加し、②個別面談、③就活講座、④集団面接会、⑤そして内定という流れで行われる。

 個別面談では主に担当アドバイザーと1対1でどこにどんな風に働きたいかを決め、どんな風にアピールするべきかを考える。その手の就活講座を1週間ほど行い、主にビジネスマナーや営業などのビジネスを行う上でのノウハウを覚える。そして6日目には実際に飛び込み営業のような実践連中も行う。その後、20社ほどの企業をジェイックが用意してくれるのだが、20社の経営層と直接面談で面接は1セット12分で行い、2日間かけて全ての企業と面接を行う。決め方は企業と就活生の双方が、面接した相手を◎〇×で評価し、双方が◎か〇をつけたらマッチングとなり個別面談へ進む形式になっていて、聞いた話では80.3%の就職率って言うから、サポートは充実しているって事だ。

 実際、この手のサービスを受けた事があるが、営業だけでなく、ITや販売などの業界も幅広く扱っている。だからこの手のサービスを受ける人というのは直ぐに就職する必要があり、そしてやりたい事が分からず、かつ仕事が出来るのかどうか不安を感じている人であれば向いていると思われるぞ。

スポンサーリンク