起業したいけど何から始めれば良いのか分からない状態から成功するまでの大学生の例

 

『大学生だけど、起業の始め方が分からない』

『大学生で起業して成功する人って何やっているの?』

『大学生の起業で成功するまでどんな事をしないといけないの?』

 

 終身雇用の崩壊や会社勤めをしても幸せになれない現実を見せているのに『では具体的にどんな事をすれば良いの?』という質問には答えてくれない人が大勢いると思われます。実際、テレビやネットでは『会社だけ頼りにするのではなく、自分で稼ぐ力を身に着けろ』と言っているけど、会社は副業禁止だったり、またはアフィリエイトや株は成功しないなどマイナス情報が多くてどのように動けば良いのか分からないなど、結局成功する方法が見つからずに終わると思われます。

 

 しかし実際、社会の変化が激しい以上、会社がその時代についていけなければ自分で場所を作りしかありません。その場合、最終的に自分で会社を立ち上げるところまでいかないといけませんが、『起業したいのですが何をしたら良い?』なんて質問すると『自分で考えろ?』『何がしたいのか決めろ』なんて言われて具体的な一歩を示してくれる人もいないと思われます。

 

 ここでは実際にそんな起業出来る力を身に着けたいと思っている大学生が、実際に起業して成功した先輩の2人の会話形式で、如何に起業したい気持ちを実現させれば良いのか?その方法について説明しております。

 

起業したい場合、大学生は何から始めれば良い?

「先輩、お久しぶりです。実は私も先輩のように起業して成功したいと思っているのですが、どうやれば良いのか分からず立ち往生しております。何も分からない状態から起業で成功する為には具体的に何から始めないといけないのでしょうか?」

 

実際に何かしら方法でお金を得る事をする、それが最初のスタートだと思う。ああ、もちろんアルバイトのような誰かの下で働いて稼ぐタイプではなく、実際に商品を売ったり、または相談などをしてお金を貰うタイプ稼ぎ方でお金を貰う経験をしてみたら良いと思う。

 

 なぜそれをしてみた方が良いかだって?それは俺の大学時代の話をするのだが、俺は当時、先輩から誘いでココナラのようなスキルシェアサービスを利用してWebライターの仕事をやっていたんだ。まぁ、具体的に言えば『車の記事を書きたいのだが、車の知識を持っている人が少ない。だからお前書いてくれないか?』と頼まれて、500文字以上で500円という契約でお金を稼いだよ。だからライターになって稼ぎ、暮らしていける方法なんて考えるようになったし、それで生活している人もいたから、起業意識が芽生えたよ。

 

 ただ1回500円だと、会社員の給料、20万以上稼ぐ為には最低400回やらないといけないだろ?しかし1回1時間と換算して400回となれば400時間になってしまう。国が定めている月の法定労働時間が160時間なのに対し、こちらは月400時間働かないと会社員以上の稼ぎにはならない。だったらお前だったらどうしないといけないのか分かるか?」

 

「なるほど、要は先輩は稼げるようになる為には、例えば1回の料金を1万円などにして月に20回、20時間程度で終わらせるように頑張るべきか、それとも作業時間を1分程度出来る方法を見つけて、400分(6時間40分)で終わらせるようにするかなど、価格単価や作業時間の短縮のどちらかに力をいれるべきかその場で考えて、稼げる力を身に着けていけ、という訳なんですね」

 

「その通りだ。『起業したいのですが、何から始めたら良いですか?』なんて言っても稼げる力次第でやり方が変わってくる。実際、ココナラでは絵を描く人が得意な人はイラストを描いて稼いでいたり、またビジネス経験者の場合、コンサルタント業務やビジネス代行作業なんてやっている人もいる。だから稼ぎ方は人それぞれであり、起業したいのであれば、先ずは自分の力で稼げる何かを身に着ける事、そして暮らしていける収入を作る為に、どうするべきか?その度に考えれば良い」

 

 

 

 

大学生の場合、一度就職してから起業を目指した方が良いのか?

「なるほど、先ずは何かしら稼げる経験を身に着けてから考えた方が良いって事ですね。貴重なアドバイス、ありがとうございます。しかし先輩は一度就職してから起業した人なんですね。世の中には『起業するなら先ずは会社に就職して、現場を知ってから起業した方が良い』なんて言う人もいますけど、先輩の場合はどうでしたか?」

 

「人によりけりだが、俺の場合は会社勤めせずに起業した方が良かったかな、と思っている。というのも俺の場合、Webサイトを立ち上げて稼げるようになりたいと思っていたから、ITスキルを身に着けたいのであれば、一度IT企業に就職して、ライバルの動向や将来性のあるITスキルを身に着けてから始めようと思い、先ずは就職した。

 

 しかし実際はあまり意味はなかった。というのもIT企業の新人が最初にやらされる仕事というのは先輩社員が作ったシステムが正しく動くかどうかの確認作業中心で、1日の初めにどんな作業を行うのかミーティング、そして先輩が改修したWebサイトを開いて『正しく動いておりました』と終日までに調べ上げる事をする。それは本当に子供でも出来て、面倒くさい作業だ。だって全てExcelで出来るんだぜ。てっきりWebサイトを正しく動かすために、どのようにWebサイトを開発すれば良いのか?そのノウハウを身に着けてから、と思っていたのが、実際は簡単なパソコン操作とExcelが出来れば出来る単純作業。開発に携われる人は入社前からシステム開発をした事がある人くらいで、つまり在学中にWebサイトを開発した人が重宝されてしまう現実を目の当たりにしたよ

 

「そうなんですか。てっきり就職した後に必要な知識が身に着けられると思ったのですが、そんなわけではないのですね」

 

「無論、新人教育に向け、1か月ほど研修を行う企業もいるだろう。しかし実際に現場に入ってみると現場で求められるITスキルって、Java、JSPサーブレット、MySQL、コマンドプロンプトなど、聞いた事がない名前だろうが、俺個人として半年以上は時間は欲しい。だから1か月の研修なんてたかが知れていて『先輩のシステムの動作確認をやっている最中、各自必要なスキルを身に着けてくださいね』というのが本来のスタイルだ。これは俺だけのIT企業ではなく、派遣として企業を転々としているエンジニアの人達の話からすれば『それが普通』なんて言うんだ。だから個人的にWebサイトで稼げるようになる為には独自でWebサイトを立ち上げて稼げるくらいになるまでのスキルを事前に身に着けた方が良い、という話になる」

 

「なるほど、会社を当てにするな、なんて言葉をよく耳にしますけど、確かに企業って教育を疎かにして、優秀な人材ばかり見つけて解決しようなんて雰囲気がありますもんね。今のお話を聞く限り、確かに在学中に少しは稼げる何かを身に着けておいた方が良い、というのは分かりました」

 

起業して成功する為には具体的にどのように磨いていけば良いのか?

「では先輩、更に聞きたいのですが、今の話を聞く限り、恐らくですが月に1万とか、恐らくですが、会社員が土日にやって稼げる副業レベルの稼ぎくらいしか出来ないのかな?と感じております。出来れば学生のうちに起業して会社に就職しなくても良いくらいの稼ぎが身に着けたいです。更に飛躍して稼げるようになる為にはどんな方法があるでしょうか?」

 

「もし大学生のうちにそれなりの金額を稼げるようになりたいのであれば、実際に稼いでいる人に会ってノウハウを学んだ方が良いと思う。俺が在学中に参加したイベントの中に起業ビジネススクールをやっている人がいて、そこで実際に起業で成功している人から経営の在り方や実際に仲間と組んでネットビジネスを立ち上げたり、学園祭で商品を販売するなどの3回の起業経験を積んで、起業スキルを身に着けた事があった。

 

 俺自身、数万円程度稼げるようになっていたが、小遣い稼ぎ程度の状態から抜け出せなかったので、学生起業に成功した人達と出会ってノウハウを身に着ける事を行ったよ。始めは何から始めれば良いのか分からなかったが、実際にWebサイトを立ち上げて稼いだり、実家が商品を販売する自営業を営んでいてそれなりのやり方を知っている大学生の参加者がいたからその人達とグループを組んで起業スキルを身に着けていったよ。

 

 実際にWebサイトってWordpressって言うのを使えば簡単にサイトが立ち上がるし、ドメインとかどういう風に取得すれば良いのか分からなかったけど、実際に立ち上げた場面を見れたから俺がネットビジネスが出来るようになったきっかけと言っても良い。

 

 そして何よりも俺を成長させてくれた要因は参加者の中に実際に起業して成功している人がいたんだ。そいつはWebサイトを開発しているプログラマのような人だったんだが、今の時代、素人でも簡単に作れるシステムが出来上がってしまったせいでWebサイトの開発需要が激減し、次の一手としてどうしたら良いのか?という名目で参加していた。

 

 結果的に起業で成功している人のアドバイスを貰い、地方の名店のビジネスに貢献して、Webサイトを立ち上げて集客を行い、ネット経由の成果に反映してお金を貰うという成果型ビジネスを新しく作り上げたよ。正直、ネット経由で成果を反映させるって専門的な内容で分かりづらかったが、そいつの近くで見ているとどのようにやるか分かるから、俺はクラウドなどで実際にそれが出来る人を見つけ出して、依頼する事をしたから、今の俺はプログラムが出来なくても、欲しいWebサイトを依頼出来るところまで成長した。

 

 そのおかげで俺は今、Webサイトの売買で稼げている状態だが、そいつはWebサイトを宣伝替わりで店に販売し、そして大きくなった店を転売するなんて事を行っていたよ」

 

「あの・・・先輩、話が壮大しすぎて分からないのですが、店を販売するってどういう事ですか?」

 

「世の中には高齢の為、自分の店の経営が出来ないという事で自分の店を売っている所が多くあるんだ。その人はそれを買って、自分のWebサイトで集客を集め、そして更にスキルのある人に高値で店を販売する事を繰り返して利益を稼いでいた。自分が今まで手塩にかけた店をお金目的で転売する事に反発などないのかな?と思っていたのだが、その店長からすれば『商品だけのうちの店を地元だけでなく、大勢の人に売ってもらえるようになってくれて、更にその商品を作れる人材を新しく呼んでくれた。この店を今のご時世でも生き残っていけるよう大きくしてくれたわけだから、こちらからしたら願ってもない』と言って、店を売り買いするというよりも、優秀な人に店を任せられるように成長させてありがとう、っと感謝される仕事をそいつはしていたんだ」

 

「す、すごいですね」

 

「学生でもそんな店の売り買いまで出来る事を知って、俺自身、その人の傍らノウハウを見て、Webサイトの販売程度までやっていけるようにはなっているよ。話は戻すが、やはり食べていけるほどの収入を学生のうちに手に入れたいのであれば、このように実際に稼いでいる起業家の人と会って、見て学ぶような事をした方が手っ取り早いと思っている。

 

 だから何から始めて良いのか分からない状態であるならば、この起業ビジネススクールというのは初回は無料だし、そこで参加している学生に声をかけて、自分のやってみたい、または出来そうな稼ぎ方を学んで起業家として成長していければ良いと思うぞ」