休日出勤が多いので辞めたい派遣SEの例

 

『休日出勤が当たり前なのがおかしいし、拒否すると評価が下がる』

『休日出勤が多い業界なので転職したい』

『自分だけ休日出勤。辞めたい』

 

 と休日出勤が多い現場になると仕事のしわ寄せや長時間労働を余儀なくされ、不満を覚える所があると思います。もしこれが繁忙期であれば一時的な過多で仕方がない思うかもしれませんが、職場の労働環境に問題があればたまったものではありません。

 

 更に休日出勤ばかりさせる会社というのはビジネス的に非効率である場合が多い為、将来性のない仕事ばかりさせられ、そのやり方が常態化すると、自分にツケを回すのが当たり前のようになる場合があります。更に効率的な仕事を学べる機会が無い為、仮に転職して抜け出そうとしても生産性の高い仕事の仕方についてアピール出来ず、苦戦する人も存在します。

 

 今後、自分が良き人生を歩む為にもう少し良い企業に転職したい。そう思っているのであれば、具体的にどのように行動すれば良いのか?ここでは実際に休日出勤の多さから不満を抱き、転職して成功した派遣SEの視点で説明しております。

 

休日出勤が多いIT企業で働く派遣SE

 

『今週の土日、出勤って出来る?』

 

 これを聞いて俺は『またか』と思ってしまった。というのも、この1ヵ月、ほぼ土日に出勤している。まぁ、リリース間近のシステムにて作り直しが求められる程の重大なエラーが発生したのだから、休み返上で働くのはやむなしなのかもしれない。

 

 しかしほとんどのそのシワ寄せを俺のところに持ってくるのは一体どういう事だろうか?俺はこの会社で2年ほどこのシステム開発に携わってきた。しかし現在、クライアントから要件定義が大きく変更され、大規模な改修を余儀なくされている。つまり直前になって仕事が増えたという事だ。

 

 だったら本来、スケジュール的にタイトになる為、納期を遅らせるか、それとも人材を増やして一人当たりの負担を減らすなどやってほしいものだが、俺のプロジェクトリーダーはイエスマンでクライアントの言いなり。だから現場の苦労など無視するし、期待するだけ損。

 

 そして俺の場合、家族との付き合いが軽薄になってきている。通常、土日に家族旅行とか、親戚同士の飲み会などを行うのだが、俺だけ休日出勤が続き、顔合わせをしていない。俺の先輩は家族持ちで最近、子供と何処かに遊びに行く事が出来ず、代休の平日は子供は学校で中々触れ合う事はない。『ほんと家事・育児を手伝わず、金を入れているだけだな、俺は』なんて言っている事から、どうやら想定外のスケジュール変更で子供との約束も後回しになっている為、子供に嫌われているらしい。まぁ、仕事の事を理解しろなんて、あんな幼子に理解しろ、なんて無茶な話だよな。

 

 ちなみにウチの職場はちゃんと代休は出してくれる。世の中には代休すら出してくれない悪質な会社があるらしいが、それはちゃんと守っている。ただ納期次第では代休を先送りにし、リリース後に一気に代休を取らせるという方法を取っている。プロジェクトリーダーもそこでしか休みを取らない為、業務の関係上、皆一斉に休むこの時期に代休を一気に消化する事が恒例行事になっている。

 

休日出勤が当たり前のように多くなっていく職場

 だから先輩の場合、少しでも休日出勤の回数を減らす為、その長期の休みの間、VBAなどの自動化関連のITスキルを身に着け、現場な無駄な作業を無くしていくようにしていた。実際、先輩のおかげで現場の進捗管理も1クリックで見える化し、少なからず自分達の仕事の進捗具合は分かるようになっていた。

 

 その為、先輩はこの方法を会社全体に広げてみたら、と提案したのだが、プロジェクトリーダーは渋い顔。というのもプロジェクトリーダーなのに『クライアントの許可なしで勝手な事は出来ない』と言われ、子会社勤めの自分で業務改善の権限は持ち合わせていないと言ってきたのだ。

 

 その後も先輩は家族の為、チャンスがあれば提案していたのだが『ルールだから』『少し待って』と言って先延ばしされた。この話が現場に伝わったからなのか、なんか皆、諦めたかのように休日出勤が当たり前のように思うようになっていた。そして休日出勤したくないが為に他のメンバーは委縮してしまっていた。

 

 どういう事かと言うと、ある日『誰か休日出勤出来る人いるか?』とまた聞かれ、そして『○○は以前ミスしたから責任取って出ておけ』と過去のミスを理由に休日出勤者が決まる事があった。その為、他のメンバーはミスが明るみになれば長時間働かされる事になり、皆、ミスや不安点を隠すようになっていた。

 

 そして後にそのミスで問題が深刻化して、そのツケは仕事が出来る俺や先輩に回される。なのに皆と情報共有しなくなった為、休日出勤の回数が増えていった。俺は特に問題なかったが、先輩の場合、実は第二児を妊娠し、休日出勤を拒否するようになった。

 

 その結果、現場の人達の『忙しいのにむかつく』なんて小言が出たり、上司からも嫌われるようになっていた。そして契約更新時、俺は更新されたが、先輩は契約が更新されない事を知り、先輩は今まで貯めた代休を使って長期の休みを取り、転職した。

 

 これをきっかけに更に一人当たりの負担が増加。その為、ミスが皆必ずするようになり、そしてミスが多かった人が休日出勤という雰囲気になり、皆、マウントを取るようになっていた。責任の押し付け合いすら当たり前のようになってしまった為、人間関係は最悪。本来協力し合って解決する問題も解決出来なくなっていた。そして深刻化する問題が更に増え、休日出勤は全員でなんて変な風習になった。

 

 今まで自分と先輩だけだったので誰にも声をかけられず、仕事はスムーズに進んでいたのに、他の足手まといも来るようになった為、休日の労働も非効率になってしまった。そしてリリース直前でまたエラーが発生し、更に休日出勤が増えるなどという悪循環が起こっていた。

 

休日出勤が多いという理由で転職したらどうなるのか?

 と、そんな休日出勤が多い為、会社から『何でこんなに休日出勤が多いの?』など自分の仕事の在り方について指摘された。最早、会社も信用できなくなり、転職しようと思っていたが、休みがとりにくい現場なので転職する時間などない。だから次のリリース後の連続代休で転職するしかないと思っていた。

 

 ただ俺は前回、転職活動をして、この会社に入った身なので、もし次があるなら、もっと下調べしてから転職先を決めようと思っていた。しかし時間がない為、調べる時間がない。無論、休日はあるが、長時間労働が当たり前の現場なので休みの日は当然ベッドで横になって気づいたら出社時間、なんて事がある。だからまともな転職活動が出来ないでいた。

 

 そんなある日、終電を逃してしまい、仕方なく近くのビジネスホテルで泊まろうとしていたが、辞めた先輩から連絡があり、夕食を取っていなかった為、近くの居酒屋で一緒に食事をした。無論、仕事の愚痴にしようと思ったが、俺は思い切って『転職は成功しましたか?』と聞いた。

 

 すると先輩は『何とか』と言っていた。俺と一緒に働いた現場で長く勤めていたせいか、先輩は『どんな仕事が効果的なのか?』それを面接で言うのに苦戦したようなのだ。

 

 例えば新しいツールを導入する際、当然互換性の問題が発生するが、本来であれば『なぜ動かず』そして『どのように解決するのが効果的か?』とつき詰めながら原因究明を行う。しかしウチの現場の場合、手あたり次第動かして試し、挙句の果て、それを他の社員と別途で行い、別のやり方で行う事があ多々あり、動けばそれで良い、みたいな形になっていた。その為、どんな風にエラーに対しアプローチをかければ良いのか言えず、面接で苦労したようだ。

 

 このようにダメな現場に長く勤めていると社会で求める人材や思考などが疎かになってしまい、転職で苦労する現実を知り『早く良い企業に転職出来るよう頑張らないといけないな』と思った。

 

 ただ一方で先輩は『あの現場より良い企業など山ほどある』と言ってくれて、今より良い企業に転職する事は簡単だと言ってくれた。その根拠として転職では『なぜ辞めたのか?』という理由を聞かれる。そしてそれが『休日出勤が多くて』と話すと納得いく転職理由として受け取ってくれるらしい。

 

 というのも休日出勤と聞くと『繁忙期の期間が長いの?』と聞かれるが、非効率的な現場、例えば先輩の場合、VBAなど現場で実装されている自動化アプリを見せても『ルールだから』と断れたり、ミスが見つかると自己責任として残業や休日出勤を強いるとなると『それだと現場の士気が上がらないよね』と言ってくれて、なぜ長時間になっているのか?それは現場に問題があると受け取ってくれると言ってくれた。

 

 転職理由でもし前職における不満を話す場合『では君はその現場においては何か改善策をあげたの?』不満なのは分かるが、改善せずに逃げてきたのかな?と思われてしまう為、何かしら改善しようとした結果を言う必要がある。その為、改善策を提案し、古い考え方で取り合ってもらえず、更に契約切れになるという始末だったので、退職理由として妥当と言ってくれた。

 

 この僅かな情報だけでなぜ休日出勤が多いのか?理解出来る面接官の場合、その転職先は労働環境の改善を考えられる人が管理している場合が多い。そして先輩は『非効率の現場で苦労したので、私自身、今度は業務の改善や業務負担を減らす事が提案出来るエンジニアになってみたいと思っています』と業務系アプリの自社開発を行っている企業の転職を希望し、成功したらしい。

 

休日出勤が少ない等、ワークライフバランスが取れた企業はどこか?

 と先輩の話を聞く限り、どうやら転職先の選定は成功し、そして転職に成功したようだ。だが俺は転職に一度失敗した立場。だから転職先の選定をどうしたのか?その辺についてアドバイスを貰う事にした。すると先輩の場合、転職会議の口コミサイトを利用したようだ。

 

 先輩も最初の会社に就職する際、家族持ちの為、育児休暇などの福利厚生が載っている所に絞って就職したようだ。しかしいざ就職すると育児休暇制度はあるが、理解の無い上司の許可を取らないといけない為、事実上機能していなかった。

 

 その為、先輩は会社の内部事情を調べないと良い企業を見つけるのは難しいと思い、その会社の退職者の口コミが書かれている転職サイトを利用して、どんな会社か調べて志望先を選んだらしい。試しに俺もそのサイトを利用してみたが、その会社で働いた事のある人達が書いた口コミである為、生々しい会社の内部事情が赤裸々に語ってある。

 

 例えば

自社開発を行っているIT企業だが、現在規模の拡大に伴い、大量雇用をしてしまい、中間管理職がないせいで、営業が獲得した現場に矢継ぎ早に配属される方法を取っている。その為、自分の意志に関係なく専門外の仕事をやらされ、会社からのサポートも期待出来ず、クライアントの不評を買うなどを繰り返している

 

 というコメントがあった。他にも

 

人材の入れ替えが激しく、入社3年目になると派遣切りを繰り返している為、人が育たない環境で働いている。従来はそれで大丈夫だったがコロナの影響でリモートワークが求められ、情報流出問題が起こっている。その為、長期雇用を労働環境に切り替えようとしているが、人を育てる事をしていなかった為、方針転換が出来ていない状態。

 

 と給料や会社規模が大きいにもかかわらず、実際に働いている現場の人の意見を聞くと印象が180度変わる。他にも親子経営で後継者が別分野に興味があり、既存のサービスが廃れている。優秀なベテラン社員の退職にこの部門の活動が鈍っているなど属人的な問題もある。

 

 とこのように退職理由ばかり述べられているが、当然、働き甲斐や社風についても述べられている所もある。するとそこには以前、ブラック企業だと言われていたが、

 

人員削減により優秀な社員しか残らず、思い切って組織改革をした結果、優秀になるまでの評価制度が確立。更に時代に合わせて資格制度も変更したり、講師制度を導入し研修も行ったりしている為、成長しやすい職場になっている

 

 と書いている所もあった。他にも派遣SEの悩みの種として給料の低さがあるが、それは元請けから下請けに流れるマージンの低さに関係する。つまり下請けであればあるほど分け前が減ってしまうのだ。その為、3次、4次請けの場合、給料が低いから辞めておこうと考えていたが、複業OKという企業もあり、新しいキャリアプランを気づく上で助かっていると書いている場所もあった。

 

 他にも時短勤務OK、フレックスタイム制のおかげで保育園からのお迎えが出来るなど、福利厚生が機能している事を書いている為、自分が求める制度を見つけるのにも役立ちそうだ。

 

 おまけに先輩が『これを使って、御社では育児制度が充実していると書かれている為、志望しました』と言って志望先の選定でも納得してもらえたと言ってくれた。こんな口コミサイトに書かれている事を使って、志望理由としてあげるのも1つの手なので、俺は会社帰りの電車の中で趣味のように読む習慣が出来ていた。

 

 そしてお気に入りのリストにまとめ、いざ連続代休日が来た際、その企業に面接を受けようと思っていた。正直、いつも疲れて自宅に帰ってくるが、このように今より良い環境で働けそうな企業があると元気が出てくる場合がある為、俺の場合、休日出勤の多さだったが、この現状を変える為に、少しでも良い企業を見つける活動をしてみるのも良いかもしれない。