高学歴だと就活で失敗しやすくなっている理由と対策

高学歴だと就活で失敗しやすくなっている理由と対策

『高学歴なのに就活で失敗する原因が分からない』

『高学歴なのに就活で失敗し、中小企業を志望する事になった』

『高学歴のせいで就活失敗。鬱になった』

 

 など高学歴だから就活では有利になると思っていたのに失敗続き。これが原因で自信を喪失し、今後どのように就活をすれば良いのか迷っている人もいると思います。しかし今の世の中、高学歴だと逆に失敗しやすくなっている時代になっているのです。

 

 実際、『高学歴なのにそんな事も知らないの?』『高学歴だけど期待していたのと違う』など高学歴という看板のせいで実際に会ってみると違いと不採用にされるパターンが増えております。

 

 それはどういうケースか?そしてそんな高学歴というハードルの高さを持っている場合、どのように乗り越えれば良いのか?ここでは高学歴だと失敗しやすくなる原因と対策について実際に就活相談を請け負う学生窓口の職員の視点で説明しております。

 

高学歴なのに就活で失敗する人の原因と特徴

高学歴なのに就活で失敗する人の原因と特徴

 

『高学歴なのに内定が取れない・・・』

 

 と就活終盤になって必ずと言って良いほど来る就活相談。就活生の中には学歴の高さを売りに『内定など余裕』と思っていた人も多く、その結果、希望が打ち砕かれて相談しに来る就活生がこの時期増えている。だからこそ就活生に対し、どのように高学歴という看板を持ちながら優良企業から内定を取れば良いのかその方法について教えなければならない。

 

高学歴であるメリットがなくなり始めている

 まず最初に就活生たちに対し 高学歴であるメリットが年々なくなり始めていると説明している。これを聞くと驚く人もいるかもしれないが、実際高学歴であるメリットはインターンシップや説明会、そして書類選考や面接などで学歴フィルターに合わないなどというメリットくらいだろう。つまり様々な選考の入り口まで案内してくれるけど、その後のアピール内容は就活生自身が考え出さなければならず、高学歴であればパスされると考えない方が良い。

 

 そして高学歴が失敗しやすくなっている原因として『この就活生は高学歴なんだから素晴らしいアピールをしてくれるだろう』と期待大にして待ち構えている面接官が意外と多い。そして実際に話を聞くと低学歴の人と変わらないと思われ失望する。

 

 実際、学生相談に求人票を出しに来る採用担当者から『最近幻滅する事が多い』と冗談交じりで言っているが、意外とそんな印象が原因で高学歴者は内定を得られないのだろう。大手から内定を取る高学歴の人達は将来起こりうる事を具体的に心得ていたり、それに対し、どのように対処すれば良いのか説明出来る人が目立つ。

 

 例えば将来求められるサービスとは?について語った場合、安い商品としか言えない高学歴者がいる。他にも『御社の役に立つ人になろうと思います』とか、『就職してから考えます』など志望先の業務に対する理解度も低いと思われる点も目立つ。

 

 もし内定を取る高学歴者であれば『食品業界は現在、卸売り先のプライベートブランドによって販売先が減っている為、自ら販売網を作る仕事が求められると思っております。私は御社の商品を通してレシピづくりに励んでいる為、それをもとに、将来御社系列の飲食店経営を立案し、御社の食品を活かした販売展開が出来るよう目指していきたいです』と言っている。まぁ、出来れば市場の動向、その上で求められる働き方まで述べられれば良い。まぁ、実際に働いた事のない人がそんな提案をする事は難しいが、どんな風に働いていくべきなのか?それはせめて理解し、アピールしないと内定は得られない。

 

 高学歴なのに失敗する人の特徴として大手に就職する事しか考えていないケースが多い。実際、高学歴だと高を括っていた場合『では就職した後、どんな風に働きたいと思っているの?』と訊かれて答えられない人も多い。だから就活で成功したいのであれば的を射た発言を如何に面接でするか?それが高学歴者に問われている。

 

実績があっても就活で失敗する高学歴者の例

 とこんな話をすると『私は学生時代、こんな立派な事をやってきました!!』と過去の実績を武器に内定が取れてもおかしくないと主張する就活生が存在する。確かに学歴で勝負していないし、実績の高さで評価されていないと不満を抱くかもしれないが、そういう高学歴者はアピールの仕方に問題がある場合が多い。

 

 事実、資格を沢山取ったとかの自慢話に聞こえたり、やる必要性が感じられない事をあたかもやって『成功しました』などと言う場合がある。これだと成功してもリスク管理や妥当性を無視したワンマンプレイヤーとして思えない為、起業家としてならまだしも組織の一員としては相応しくない。

 

 実際、グループディスカッションにて『言う事をきかない部下への対処法』という議題で討論した際、『言う事をきかせる為には罰を与えよう』とどんな罰を与えれば再発防止につながるのか議論しだす人がいた。無論、痛みによる解決はリスクが伴うし、上司がどんな指導をしているのかによって対応が変わってくる。要は上司がパワハラまがいな事をして、それに部下が反発して『言う事をきかない部下』なんて言われているリスクがある。だから問題を解決する上でも上司、部下、双方の観点から判断しないといけない。と物事の本筋を戻す人がいて、こういう人が内定を取る。

 

 高学歴者の中には見切り発車や表面上の対応しかせず失敗している人も多い。『高学歴などの結果が全て』と考える人もいるかもしれないが、最近ではその考えが通用しない。実際、学歴を主張する政治家は選挙で落とされたり、安い商品を卸しているアパレル企業の中には海外の子供を低賃金で働かせていた事が問題視され、不買運動が起こったりしている。今の時代、結果だけでなく、過程も求められている時代になっている為、成果を挙げる為のコンプライアンスも面接で見られている。

 

 だから高学歴の人にはちょっと難しい質問、例えば『どうやって周囲の人を説得したの?』『もしこういう反対意見が出たらどう対処する?』など協調性を見る質問を投げかけられたり、『君のやっている売上アップや資格取得、やる必要があった?』など妥当性について問われる質問をされる。会社の中で働く以上、協調性やリスク管理も重要である。しかも学歴を武器にする人の中には資格で人を見下したり、他人のせいにしたり、また他人の成功に嫉妬し無茶な挑戦をしたりする人もいる。無論、そんな人は人間関係で孤立したり、信用失墜の大問題を起こす末路が待っている。そんな人だと思われない為にも、的を射た活動をアピール出来るようにしておく必要があるだろう。

 

 

高学歴が原因で就活に失敗している場合、何をすれば良いのか?

高学歴が原因で就活に失敗している場合、何をすれば良いのか?

 

 上記のように高学歴者になると一般より高い返答が求められる為、面接官の期待に応える為にも情報収集の徹底が求められる。要は仕事で成果を挙げる為のノウハウを就活中に身に着け、『私だったらこんな風に結果を出します』とベテラン面接官を納得させるような提案が出来るよう目指さないといけない。

 

 そんな事が果たしてできるのか?就活生達は現状の難しさに圧倒されるが、今のままで成果を出せないのであれば、就活のやり方を変えるべきだと俺はアドバイスする。

 

 そして個人的に良いと思っている方法がリクナビのような応募型の就活サイトではなく、逆求人型のスカウト型の就活サイトの利用に変更してみるという方法だ。

 

 なぜならば高学歴の場合、当然、学歴の高さが目につき、多くの企業からスカウトされる事になる。そして面談の際『どうして自分に声をオファーをかけてくれたのですが?』と尋ねる事で、自分の魅力について実際に働いている人から引き出す事をする。

 

 実際、この活動が今後の方針を決定づける。1つの例として例えば居酒屋でアルバイトしていた就活生がいて、実際に会ってみると『居酒屋のアルバイトをした事があるのであれば、ビールをどのように販売すればいいのか心得ているのではないか?』と居酒屋向けにビジネスに自分は採用される余地があると分かる。

 

 そして内定を取る上でビールの魅力、販売方法を心得ておいた方が良いというのが分かるし、最近、コロナの影響で経営難に陥っている居酒屋も多いわけだから、国からの助成金や少ない資金でどのように生き残りをかければ良いのか?など様々な視点から提案出来る様になればそれでよい。実際、俺の知っている人の中にはこの話を聞いた後、バイト先の店長から『以前、銀行員からリニューアルオープンに向けての融資計画がありましたよね?どんな風に立て直そうとしたのか?その内容見てよいですか?』と言って、この現状を打破する為の市場分析や立て直し方を知る。そして別途の面接で『私ならこんな風に居酒屋のサポートをします』などあたかもさっき言った内容を自分で導き出したかのように語り、取引先のビジネスに貢献出来る高学歴優秀者みたいな形でアピールしたよ。

 

 まぁ、その人のやり方はどうであれ、高学歴就活生の場合、高いハードルの回答が求められる為、実際に働いている人から困っている事、これからやるべき事、そして今、活躍している人が具体的にどんな事をしたのか?その辺の情報を引き出す必要がある。上記の就活生は正に銀行員の提案書を自分のもとにして、社会のニーズに答えている就活生を演じられた。

 

 このように逆求人型のスカウト型就活サイトというのは、面接官がどのような人材を求めているのか?その理由について聞く事が出来る。リクナビの場合、最初から自分で用意した内容で一発勝負で挑むしかない。これだと的外れな意見を言っていた場合、気づかないし、答え合わせが出来ずに改善点が見いだせない。その為、自分のどの部分に強みがあるのか?そしてどんなアピールをしないといけないのか?その辺の情報収集を徹底したいのであれば。逆求人型就活サイトを利用して、話を引き出すというやり方に変えてみるのも1つの手だろう。