就活の不安を解消する人ってどんな人?

『就活が不安。ストレス溜まる』

『就活が不安で怖い』

『不安と焦りで眠れない。鬱になる』

 就活というのは答えがなく、一体どのように行えば良いのか分からない点が多々あります。そしてアピールの仕方や面接の問答が出来ず、出口のない迷路の中で彷徨うような感覚に陥っているかもしれません。

 その為、就活においてはどんな不安を感じ、それを克服する為には具体的にどんな事をしないといけないのか?その辺の洗い出しについて、ここでは実際に就活の不安に苛まれ上手くいかなく就活生と不安を感じない就活生を例に如何に就活における不安要素を取り除けば良いのかを2人の会話形式で説明しております。

就活で不安になる就活生

「先輩、お疲れ様です。実は今、私就活をやっているのですが、就活ってほんと何をやったらうまくいくのかわからないんですね。おかげでどうすれば良いのか分からず、不安に苛まれています。正直、この不安から抜け出したいのですが、先輩ならどうやってこの状況から抜け出そうとしますか?

「就活と言うのは主にお見合いみたいなものだ。要は相手から気に入られないと内定なんてもらえないわけだから、相手がどのような人が好みなのかなんて企業によって違うわけだし、就活生の立場からそんな企業の内部事情なんて正しく判断出来るわけがない。だからお前の不安は一生解消されないぞ

「そんな勘弁してくださいよ。就活のストレスで眠れない日々が続いているので、何とかこの現状を脱する方法を知りたいのです。一体どうしたらこの不安から解消すれば良いのでしょうか?

「まぁ、待て、なら逆の視点で何故就活では不安を解消出来ないのか?その理由について考えると案外問題が解決出来る」

「不安を解消出来ない理由ですか?」

「そう、さっきも言ったが就活というのはお見合いみたいなモノで相手と自分の利害が一致してこそ内定を得られる。なのにお前は会う前から相手に気に入られないといけないと思っているせいで、そんなの世界中の人から愛されるみたいな凄技が出来ないと不安なんて解消されないし、逆にそんな出来ない事をしようとしているからいつまで経っても悩みは尽きず、ストレスが溜まっていくのだと思うぞ」

「先輩、確かに企業との相性を恋愛に例えて言う事はよく聞きます。しかし正直恋愛を例に行っても就活の不安解消法をどうすれば良いのか思いつきません。出来れば企業の気持ちに立って説明してもらわないと正直イメージがつきません。何故就活では悩みが尽きないのでしょうか?」

「ならお前の悩みが解消出来る状態とはどういう状態だ?俺が見る限り、志望先の選定、エントリーシートに書く内容、面接で話す内容など全て完璧でないと気が済まないのではないかと思っている。いや最早、全ての企業から内定を取る事が出来る、なんて思わない限り、不安なんて解消出来ないのでは?と思っている。そうだ折角だから、就活おいて良く言われる悩みというモノと挙げてみるか。

就活のやり方が分からない事による不安

 まず就活では初めてやることがいっぱいだ。就活はどのくらいの期間で、そしてどのくらいの費用がかかるのか?そうやって予想以上にお金がかかることをお尻、今からバイトをしても間に合うのか?と言う不安に駆り出させる。事実、学費や生活費を稼ぐためにバイトを優先しなければならず、アピール内容や説明会に参加する時間を設けることができずに、大手への志望を諦めた人もいる。

 そして就活について心得ている人たちは、就活が始まる前から準備をしている事を俺は知った。例えば1人は OB訪問を行い、金融、石油、ITなど自分とは関わりのない分野の企業に応募する場合、具体的にどんなアピールをし、どんな働き方をし、そしてどんな人材を求めているのか?事前の情報収集を徹底していた。そしてもう1人は就活をする時間を作るために大学1、2年の間にフル単で単位をとっておき、大学4年生には比較的余裕のある時間帯を作っていた。これでどの時間帯に説明会や面接が入ったとしても予定を入れることが出来る。

 その辺の事前準備の仕方を知らず、出遅れてしまったことに不安を感じる就活でも多くいる。リクルートスーツ、革靴、そして通信費や交通費など15万以上お金がかかることを知り、その辺の予算の見積もりを甘く見ていた就活生は途中で就活を断念する。ただそれでも夜遅くまでバイトをし資金を得ようとするが、睡眠不足で、更に体力的にきつく、学業やバイト、就活までも両立出来ず、うつ状態となって体調を崩してしまうパターンに入る。

志望先の企業が自分に向いているのかどうかの不安

 就活の事前準備に対し不安を抱えている人もいるけれど、準備が万全でも不安になってしまう人がいる。その1つが志望先の選定だ。世の中には働き方改革と言って、最低賃金、長時間労働、そしてブラック企業など労働環境の改善が叫ばれている。今の時代人手不足と言われているから、一人当たりの仕事量が昔と比べ増えており、それが原因でうつ病や過剰ノルマ、そして過労死などの問題を生んでいる。だからこそ就活生はホワイト企業への就職を目指すのだが、一体どれがホワイト企業なのかわからないでいる。

 飲食、介護、小売などブラックと言われている業界は避けているが、他にも転勤や、一般職、さらにAIによって仕事が奪われてしまう業界などの問題もある。だから俺は四季報などで平均勤続年数や離職率の高さなどを見て、ブラック度を調べているが、結局のところ自分が働きたいと思える環境が見つからない。

 銀行や、建築業界等は転勤が多いため、絶対都内で働きたいと言う人からすれば避けたいだろうし、逆に地元で働きたいと思っている人からすればローカルビジネスを展開している企業に就職したいと言うのが本音だろう。しかし志望先の業界がその働き方をしているかどうかわからないため、自分の志望先が妥当なのかどうか分からない

良いアピール方法が分からない事による不安

 そうやって志望先の選定に迷ってしまうのも1つの不安材料だが、それ以前に自分のアピールの仕方に不安を感じる就活生もいる。

 学生時代は遊んでばかりいたため、人様にアピール出来るものがなく、志望動機が書けない。さらに目標がないため、働く理由を見出せず、自信喪失につながり、自分は一体どうしたらいいのだ。と嘆いてしまう。

 自分に向いている仕事がわからない。それはエントリーシートに書く内容だけでなく、面接での受け答えにも悪影響を及ぼす。なぜなら面接では「どうして家を志望したの?」と大抵志望動機について聞かれる。だから御社に魅力を感じました。みたいな形で答えても、どうしてそんな風に思ったの?とさらに追求されてしまい、具体的な自分の気持ちについて答えることができず、黙ってしまい今後の自分の面接に対する受け答えに不安を感じてしまう

 更にもともと人と話すことが苦手な為、起承転結で答えることが出来ず、更に緊張してしまい、何を言っているのか分からなくなってしまう。さらに10月後半になれば圧迫面接と言うものがあり、自分の言い方を責められ、もう面接なんか受けたくない。と就活に対し拒絶感を抱いてしまうこともある。

 更に就活では顔採用や、学歴などで差別するケースもあるため、もともと低学歴な人だったり顔立ちの良くない人であれば、避けられてしまうと言う部分もある。そんな理不尽な採用方式に絶望し、場合によっては不眠症になって、病気持ちみたいな形になり更に不安材料が増えてしまう悪循環に陥ることもある。

内定が取れなかった場合の不安

 そして書類選考や面接などを受けていると当然ながら選考結果に対する連絡がやってくる。ただ酷いのは、面接結果を見る前にタイトルを見ただけで結果が分かってしまうようになっている。例えば面接で合格した場合、たいていは電話による連絡が来るのだが、不採用の場合、メールのタイトルは『面接の結果のお知らせ』となっている。そしてもし受かっていたら『二次面接のご案内』『最終面接のご案内』となっていて、このお祈りメールが正直腹立たしい。

 就活ではなんで自分が落ちたのか?その辺の採用理由について教えてくれない。だから一体自分の何が悪かったのか?それがわからないため、改善点を見出せず、自分が否定されたような感覚に陥り、メンタルの弱い人からすれば、人から拒絶されるこの感覚に耐えられない人もいるだろう。

 更に腹立つのは、採用の選考結果の場合、すぐには知らせず、1週間後に知らせたり、または何の連絡もないサイレントお祈りと言うものもある為、自分が通ったのかどうか?そしてどのように今後スケジュールを組むべきなのかどうなのか?その辺について考えることができないもどかしさを就活では感じることがある。

 そして就活がうまくいかず、大手の持ち駒がなくなり、中小企業中心に受けてもどこからも内定が取れず、卒業間近になれば、当然ながら内定が取れないまま卒業してしまうリスクについても考えないといけない。他の人達は内定が出始め、自分はまだ内定を貰っていない事に焦り始める。周囲からの視線、そして親からのプレッシャーなどで吐き気まで出そうになっている。仮に新卒採用で失敗してしまった場合、フリーターによる既卒の就職活動か、バイト生活でバイトを通じて正社員を目指すか?その手の道を選ぶのだろうが、正直新卒の人より険しい道となるだろう。

 もしかしたら俺はどこからも正社員になることができず、社会から必要とされないまま孤独死を迎えてしまうのでは?そんな末路を迎えるくらいなら死にたい。などそんな正直他人事と思っていたことが、自分のことのようになってしまうのではと不安になってしまい、正直将来の先行きが見えず、悲観的な運命しかない事に絶望してしまうのでは?と思った。

就活を不安に感じない就活生の例

「どうだ?聞く限り、お前の就活に対する不安なんて解消する事なんて出来るわけが無いって分かっただろ?」

「分かっただろ?じゃないですよ。正直、今の話を聞いて、不安が増大です。一体どんな気持ちで今後就活していけば良いのですか?」

「なに言ってる?就活でも内定を取るだけでもこんなに不安要素が沢山あるんだぞ。なら就職後も当然同様の不安材料もあるし、それも完全に取り除けない中、働くことになるんだぞ。例えばお前が何処かの企業の営業担当になったとしよう。すると就活とは違い、自分ではなく、商品を売り込む事をしないといけない。つまり結局就活と同様、とある人と面談して、何かをアピールする活動をこれから毎日しないといけないわけだ。そうすれば『一体どうやったら人から評価してもらえるのだろう?』という悩みは尽きない。だからお前が今就活で悩みを解消しようとしているけれど、正直そんなの一生解消される事はない。実際、ビジネスに答えなんてないのだし、6割の確率で成功するなら行け!なんて言われている世界だ。だから100%成功する方法なんて探さない方が良い」

「・・・しかし」

「では仮にお前の心配がなくなるほど、例えば全ての企業から内定を取る人について考えてみよう。

 俺は全業界の志望動機を全て言える。なぜなら俺はOB訪問を駆使して、金融、メーカー、商社、小売、IT業界、サービス、インフラ、広告、官公庁などすべての人たちに会っている。だからどんなふうに働き、どんな風に成果を上げるべきなのか?その方法を心得ている。だから面接でどんなふうに働きたいのか?と聞かれても、どのように答えれば良いのかわかっているし、成果の上げ方も答えられる。だから面接官から『この子を採用すれば絶対家にとって利益になる』と思わせることも出来るだろう。

 就活でアピールする内容も万全だ。なぜなら俺は英語、中国語、ロシア語などあらゆる言語を話すことが出来る。日本は小さな島国だから、食材等の資源は海外から輸入することが必要不可欠だ。だから海外から調達出来るような人材というのが今後求められるだろうし、実際俺は海外の農家の人たちとコミュニケーションを取り、コーヒーを栽培方法を教え、その栽培したコーヒーを日本のコンビニエンスストアに卸す業務に携わったことがある。そして俺はコーヒー豆だけでなく、カカオやバナナなどの農作物を日本に届ける手続きの仕方を全て心得ているし、商社に向いている人材と言えるだろう。更にプログラミング言語も書ける。だから面接で俺が作ったホームページを見せて、そしてどのくらい売り上げが上がってるのか、どのくらい集客力があるのかなどのインフルエンサーの力量をアピールし、御社に宣伝活動にどれだけ貢献出来るのか答えられる。 新規事業や、既存ビジネスの拡大などどのような業務だってやりこなしてみせる。

 そしてそれだけでは足りない。そんな個人の力量だけでなく、組織的な行動にも適していると印象づけるべきだ。例えば部下の教育や新たな人材の確保などを手掛けることも出来る。インターンシップで人材派遣会社で働き、そして実際に人を教育し、そして新しい人材を既存店へ派遣することをしている。そしてその人材が今第一線で活躍し、新たなビジネスを手がけている。

 正に俺は人、モノ、カネ、そして情報あらゆるものを手掛ける事が出来る。だから俺は就活における不安などなく、どの企業からの内定を取れる人材だと言えるだろう。

 なんてことが言えないと。恐らくだがお前の不安は一生解消されないだろう。果たしてお前はこんなことが出来るか?」

「出来るわけないでしょう。なんですかそのスーパー超人みたいな人材は?」

「まぁ、実際にこんな人材はいたとしても 1人位だろう。今からお前が努力して何とかなるモノでもない。それにさっきも説明したが、就活はビジネスのように不確定要素が多い。だから完全に不安を解消させようとすれば、一生問題は解決出来ず不毛地帯に陥って疲れ切ってしまうだろう。逆にある程度見切りをつけて、そしてある程度数をこなして、成功するまで頑張ると言う姿勢を貫く、そんなやり方をした方が良いだろう」

就活に対する不安を解消していく人の例

「先輩、要はあまり深く考えるなと言うことを言いたいのですね。確かに先輩の話を聞いて、就活には不安要素が多く、ただ全ての不安を解決するためには、さっきのようなスーパー超人みたいな存在にならない限り無理だというのは分かりました。ある程度見切りをつけて、就活に臨もうと思っています。ただ結局のところ今からどの部分から手をつければ良いのか分からないでいます。一体どうしたら内定が取りやすくなるような人材になれるのでしょうか?

「俺が意識している事として志望先の業界の働き方。これを正しく把握する事が不安解消のコツだと思ったいる。例えばお前が食品業界を志望しており、しかし中々就活が上手くいってなかったとしよう。

 まぁ、どんな企業であれ、まず内定が取れるほどのアピール内容を練らないと始まらないだろう。だからアピールの仕方に対する不安の取り除き方として、志望先の業界が一体どんな風に社会の役に立っているのか?そこから考えるべきだと思っている」

「なんでその志望先がどんなふうに社会の役に立っているのか?それをすれば不安解消へとつながるのでしょうか?」

「大勢の就活生が悩んでいる事として『どうして労働は辛いはずなのに、”やってみたいです”などあべこべなことが言えるんだろう?』と言う課題に突き当たる。今の時代、働き方改革が問われている中、『労働は辛いモノ』というのは全国共通といっても過言では無い。なのでそれをあえて『やってみたいです』なんて言うことなど、正直不可能だと考えている人が多い。

 ただ一方で俺自身、ビジネスと言うのは嫌なものだけれど、それをやってくれたからお客様から感謝されて、そのお礼としてお金をもらうやりとりだと思っている。つまり労働の対価は人から感謝されるモノだとね。

 実際、松下電器の創業者である(故)松下幸之助は、電球磨きをしている社員に対し、君が電球を磨いてくれるおかげで、暗い夜道は明るくなって安心して帰れるし、子供に絵本を読ませてあげて喜んでもらえる。君は人の笑顔を作り出す仕事をしているんだよ。と言って社員のやる気にさせたと言う話がある。

 働くことに関してやりがいを感じる。それは一言で言えば、苦労してでも他人の役に立ちたいこと。と言う意味なのかもしれない。だから志望動機を言う上でも『自分はこういうことで苦労して人を喜ばせるのが好きなのです。だから御社ではその手の仕事が出来ると思い、この度志望しました』みたいなことが言えれば面接官が納得する志望動機にすることが出来る。

 では具体的に志望先の業界が、どんなふうに社会の役に立っているのかを調べる方法として、俺の場合、スカウト型就活サイトや就活アドバイザーの意見を聞いて、そして自分の志望動機を作り出したことがある。

採用担当者と話して自分の不安を取り除いていく

 スカウト型就活サイトの場合、就活生が出向くのではなく、自分のプロフィールに興味を持った企業がこちらに声をかけてきてくれるシステムになっているから「どうして私に興味を持ったのですか?」と聞いて、自分の魅力について聞くことが出来る

 例えば俺の場合、居酒屋でアルバイトをしていたのだが、居酒屋のアルバイトなんて今の時代誰もがやっているバイトとも言えるだろ?しかしオファーをしてくれた企業の人の話を聞いてみると、その企業は居酒屋向けに商品を販売している企業で、例えば今東京オリンピックの影響で外国人観光客が増えているから、世界共通の Wi-Fiや、クレジットカード、そして翻訳機等を売っている企業からオファーが来た。居酒屋って日本独自の文化でもあるから、外国人観光客の需要が多くて、だから俺のように居酒屋のアルバイトで働いた事がある就活生に関心を持っていることを知る。

 他にもコンビニで働いていた時の場合は、陳列している商品に関係する企業からオファーがあって、どんな客層に人気で、そしてどういう風に使われているのか?その辺を心得ているかどうか聞いてきた。つまり自分たちの商品の魅力について心得ているかどうか?その辺について見てきたのだろう。

 正直単なるアルバイトだと思っていたが、企業の人たちからすれば、商品のニーズや、またはそのバイト先に商品を下ろしている企業からのオファーが結構目立つ。更に従業員も結構多く、法人相手のビジネスだから、就活生からすれば認知度は低いけれど、企業からすると案外給料が良かったりする。まぁ、まさに穴場の企業と言えるだろう。

 だから今の時期に、それなりの優良企業に入りたいのであれば、自分のアピールで、具体的にどこまで魅力的なアピールができ、そして最高どこまでの優良企業を死亡することが出来るのか?その辺がすぐわかるスカウト型就活サイトを利用してみるのも良いかもしれないぞ。

就活コンサルタントと相談して不安要素をなくしていく

 あとスカウト型の就活サイトを利用しても、やはりどのようにアピールすれば良いのか?自分で考えられないケースもあるだろう。

 俺の場合、もともと食品業界を狙っていたのだが、正直最初の頃は食べることが好きです。みたいな形でアピールしてて、それが原因で食品業界から内定が取れていないことに気づいていなかったんだ

 だから思い切って就活コンサルタントをやっている就活サービスを利用して、一体何が悪いのか見てもらうと言う方法をとったんだ。すると食品業界と言うのは、主に自社商品を飲食店やスーパーなどにおろす仕事がメインだから、食べることが主な仕事では無いと聞いた。

 例えば冷凍食品の場合、女性の育児と仕事の両立に貢献するため、早朝のお弁当の作る時間を短縮する商品が人気になっている。女性の働き方改革に貢献するような仕事をしてみたい。またそれを世の中に広めていく仕事をしてみたい。と言う人が結構いたりする。

 小麦粉や醤油など原材料を扱う食品メーカーの場合、健康意識している人に向けカロリーが低い食材を提供したり、または日本は高齢化社会だから、歯の悪い高齢者も結構いるわけだし、そんな高齢者でも噛みやすく、ちぎりやすい食材になっているなど、扱っている食材の特徴を生かし、特定の顧客層へのニーズを拡大する、そんな働きぶりが食品業界では求められている。なのに自分が食べることを意識した志望動機をアピールしても、全然面接官には響かないぞ、と言う話をされて、いかに自分が食品業界の働き方を正しく理解していなかったことに気づく

 アピールの仕方に不安を感じているのであれば、やはり今自分が興味を持っている業界に対し、正しいアピールの仕方をしているのかどうか?その辺を確かめることを事前にやっておいた方が良い場合がある。

 就活では自己分析や、業界分析について自分で色々とやっているかもしれないが、やはり的を得たアピール内容を練るためには、一体どのようにアピールすれば面接官が良いと思えるアピールになるのか?その辺のノウハウについて心得ている人から聞いたほうが手っ取り早い。だから不安で苛まれているのであれば、プロの人の意見を聞き、そして今後のアピール内容を固めていった方が良いと思うぞ。

スポンサーリンク