志望動機を『お金を稼ぎたい』なのに内定を取る就活生の例文

『志望動機が『お金を稼ぎたい』のだが、これ以外良い例文なんてないか?』

『就職する以上、お金を稼ぐ事が働く理由なのに何で志望動機を書かないといけないわけ?』

『お金を稼ぎたい気持ちが本心だが、企業ウケの良い志望動機の例文なんてない?』

 など新卒の就職活動をしていると本心はお金を稼ぐ事なのに真っ当な志望動機を書かないといけない場面に直面すると思います。しかしそのまま本心を志望動機として書けば『お金目的か』と疑われ、内定が遠のく事は目に見えています。

 その為、私利私欲だと思われない志望動機を書くべきだが、働く事は本来、辛い事なのになぜ働きたいと言えるのか?どちらかと言えば答えれるはずのない質問をされて、立ち往生してしまい、企業ウケの良い志望動機とは何なのか?迷っていると思われます。

 ここでは実際にお金を稼ぐ目的しか思いつかず立ち往生している就活生の視点で、如何にお金を稼ぎたい気持ちを持ちながら大手から内定を取れば良いのかを説明をしたいと思います。

志望動機が『お金を稼ぎたい』だから書けない

 就職活動を始めて3か月。色々な会社説明会に参加してESを出さないといけない時期なのだが、全く持って書けていない。いや、ガクチカや自己PRなどは書けているのだが、どうしても志望動機が書けずにいる。

 なぜ書けないのか?それは簡単だ。お金を稼ぐ事が目的だからだ。ウチの家計は裕福な方ではない。どちらかと言えば学費を稼ぐために奨学金まで借りて、将来働いている傍ら、借金を返済しないといけない立場だ。だから給料の高い所に就職したい。それが何よりも本心だ。

 しかし当然ながらそんな理由で志望すれば『お金目的』『別の言い方が出来ないのか?』とモノの言い方を心得ていない人物として見られてしまい、お金を稼ぐ事が本心であっても、企業ウケの良い志望動機を書く方法を知りたい。

 そもそも働くというのは本来辛い事で、働きたいと言えないモノなのではないのか?朝早く起き、夜遅く帰る。サラリーマンのような労働者は自分達の時間をお金に換えて給料を貰う。もしそれが辛いモノでなければお金よりも仕事の方を優先して取り組むはずだ。しかし大抵の人達はサラリーマン人生を終え、老後を楽しもうとか言っているし、どちらかと言えば働かず遊んで暮らしたいのが大半の人の本音だ。もし仕事ばかりやりたい人がいれば、それは成果をあげて喜ぶ人間。成果をあげて報酬がついてくるから、お金の心配はないと喜べる人間だ。結局、辛い事を中心にするのだから、それをあえて『やりたい』などを書いて説得するなど、始めから嘘をついて面接を望むようなものだ。だから俺は志望動機はどちらかと言えば書けない代物であり、就活を失敗させる原因とすら思っている。

 しかし世の中には志望動機を書いて内定を取っている人がいる。実際に友達から志望動機を見せてもらったのだが『御社の仕事に感銘を受け』『私は御社の商品を愛用しており』などホームページの企業理念をコピペしたかのような内容になっていた。こういう書き方を『感銘志望』と言って、簡単に志望動機を作る方法として世間で認知されている書き方だと言われている。だから感銘志望で志望動機を書いても、面接で深く働きたい理由について訊かれるから、先輩方から『感銘志望は絶対に避けろ』などと言われている。だから自分の言葉で、そして働きたいと相手に思わせる内容を作らないといけない。しかし3日考えても未だに志望動機は白紙のままなので、このままではマズイと思い、色々なツテを通して、なんと大手人材斡旋会社で働くOBの人を紹介してもらえるようになったから、その人からどのように志望動機を書けば良いのか訊いてみる事にした。

お金を稼ぎたい気持ちをどのように立派な志望動機として書けば良いのか?

「というわけなので、この3日間全くもって志望動機が書けないでいます。一体、企業から良い印象を与える志望動機ってどんな風に書けば良いのでしょうか?」

「まぁ、確かに仕事は本来辛いモノで、そこに『やりたい』なんて書くのはい一種の矛盾しているのではないかと思われるかもしれない。しかし社会に出ると『御社の為に頑張りたい』『お客様の為』『世の中の為』と社会を良くするために仕事をする事をする。君はビジネスを一種のお金稼ぎと見ているかもしれないが、根本的な部分と言えば、ビジネスというのは世の中から必要とされるサービスを提供して、そのお礼として『お金を貰う』事をするんだ。

 例えば飲食店などを考えてみてくれ。あそこではおいしい料理、食事が出来る環境、または他の人と楽しく会話出来る場所まで提供している。家の中では味わえない何かしらのサービスが存在する。だから君達は『食事を楽しくする場所を提供してくれてありがとう』という意味合いを込めて、レジで家計を済ませる。だから働く側からすれば『お客様に食事を楽しむ場所を提供したい』という意味合いを込めて、店舗を改装したり、更においしい食材を用意したりする。だから働きたいと本心で言える人は”お客様を喜ばせたい”とか、”社会の役に立つ何かを提供したい”とかそんな思いがあってやるわけなんだ」

 これを聞いて、働く事に対する認識を改める。今まで『仕事=金稼ぎ』という認識だったが、確かに世の中から必要とされる事をする事で、感謝の意味を込めてお金を貰う。そんな互恵的な取引が行われているというのはしっくり来た。

 ただ理屈は理解出来ても、ではどの業界で具体的にどんな風に世の中の役に立つのか?その辺の深堀が足りないと思った。例えば食品業界の場合、『食べる事が好きだからです』という志望動機しか思いつかない。さっきの飲食店の話はヒントになるが、でも結局それは飲食店向けの志望動機だ。キッコーマンやミツカンなどの会社説明会に足を運んだ際は、自分達の商品が如何に海外の健康を支えているのか?人気なのか?その辺の話を聞いた。しかし実際に日本国内、しかも売り先であるスーパーや飲食店の人達からどんな風に評価されて自分達の商品を買っているのか?見えてこない。だから俺がもしその企業で働く事になったら醤油やお酢を持って『スーパーの店頭でこんな風においてくれれば儲かりますよ』なんてそんな提案が出来ないといけない。しかしそんなモノは思いつかない。だからどのようにアピールすれば良いのかその辺についても訊いてみる事にした。

「そうだな、もし食品業界で働きたいのであれば志望先でメインに扱っている食材の調理方法や食文化について調べてみると良い。例えば醤油の場合だけどお寿司屋や料理の味付けとして使われる。その料理にどんな風に調理すると良い味が出るのか?醤油ならではの調理方法などを宣伝して売り込む事をする。だから醤油ベースの調理を行う飲食店にどんな調理をすれば良いのかアドバイスしたり、スーパーとかであれば肉じゃがや醤油漬け料理が人気になる時期に売り込んで販売数を増やす事をする。

 分かりづらいかもしれないが、例えば醤油ではなくてチョコレートであればバレンタインデーになるし、鶏肉関連であればクリスマスのチキンとして販売する。食品業界はそんな食イベントに関して毎年企画を立てて売り込んだりするわけだから、その手の企画作りや宣伝などを行うのが主に食品営業マンの仕事だ。だから自分で企画をたててお客さんを喜ばせる仕事をしたい。そんな言い方が出来ると良いだろうな。志望動機を仮に作るのであればこうだ

私は学園祭などでは出店を開き、バイト先ではお客様に料理の魅力を伝え、食の魅力を伝える面白さを知りました。その為、就職先として料理や飲食店に関連する仕事に就きたいと思い、御社は食の魅力を世の中に伝えていく仕事であり、食のイベントを開く仕事もすると知りました。その為、営業を通じて食の魅力を伝えていく幅を広げ、大勢の人を食を持って幸せにする企画作りに携わりたいと思い、この度、御社を志望しました。

394文字

 とせめて食事や調理などで人を喜ばせた経験。それを旨に『だから食品業界に関心があります』と述べた後、『だから食の楽しさを伝える為に営業を通じて、食の提案の幅を広げ、そして将来は食のイベントを企画し、大勢人を喜ばせるような仕事をしたい』とそんな風に言えると良いだろうね」

 なるほど確かに地方では地元の名産品を通じて食イベントを作り、客を呼び込むイベントが良くある事を知る。地方では外部から人を呼び込む事が重要だし、地方は都会と比べ自然が豊かだ。だから観光だけでなく、食に関しても地元の発展に貢献しているわけだから、食のイベントは地元を良くする起爆剤になるわけか

 食品業界の志望動機の書き方は良く分かった。しかし世の中には金融、商社、IT業界など色々な業界がある。俺は奨学金を借りている身だ。出来る限り、クビにならず、かつ高給で働ける仕事に就きたい。この場合、この条件に該当する仕事はどういう所なのか?その辺について訊いてみようと思う。

給料の高い業界はインフラ業で、その志望動機の書き方と例文

「奨学金を借りているのか?となると借金返済に15年から20年くらいかかるね。そうなると結婚して子供も産むのも難しいだろう。若い人材の国の借金で潰れていくのは忍びない。だから出来る限り、長く勤められそうで、給料の良い所を説明してみるよ」

 そして結果的に金融かITになった。なぜこの2つかって?そりゃあ、給料の高い所に行きたいのであればインフラ業界、つまりJRや電力、そして石油関連企業を目指した方が良い。ただ俺の場合は学歴が無かった。奨学金を借りたけど、そんな偏差値の高い所ではない為、競争率の激しいインフラ業界を目指すのは難しいと思った。それに俺自身、インフラ業界は毎日の点検作業でつまらなく、体育会系が多い。つまり飲み会は多いし、俺の自身、何かしら独立しても食べていけるようなスキルを身に着けたいと思っていたから、金融知識を身に着けてコンサルティング業務か、ITスキルを身に着けて自分で稼げるようになろうと思っていた。

 まぁ、そんな事はさておき仮にインフラ業界を目指すのであれば下記のようなのが良い。

人々の生活を支える仕事がしたい。

私は豪雨被害にあった現場にボランティア活動をした経験があります。当時、電力や水が途絶え、不安を感じていた住民の方々を目の当たりにし、如何にインフラが人々の生活において必要不可欠なのか痛感しました。そして電力の復旧に伴い、避難者の方々が温かいご飯やお風呂などに入って喜んでいる姿を見て、電力を常に途絶えさせてはいけないという使命感も感じました。その為、私はインフラを途絶えさせない仕事に就きたいと思い、御社は全国で電力を届ける仕事をしており、日々の電力インフラの安定供給を目標に日々貢献している会社である事から、自分のやりたい仕事が出来ると思い、御社を志望しました。

298文字

 毎年の数十年に一度の豪雨被害によって、毎年インフラ業界、例えば電力や水力の志願者が増えている。一度電気や水力が断絶した生活をすると冷たい食べ物、暗い部屋、虫や湿気など体調被害にも遭う。一度体験するともう二度とあんな生活はしたくないって思うし、その結果、災害インフラの時に復旧に尽力してくれた作業員の方々に憧れてインフラ事業を目指す人が増える。だからこの手のインフラ業界を目指すのであれば、災害被害にあった人達以上の熱意を面接でアピールする必要がある。

金融業界の志望動機の書き方と例文

 そして金融業界、特に銀行、保険、証券、3種類あるから、各々の志望動機を説明する。まずは銀行だが

ビジネスの資金的なサポートが出来る人になりたい。

私は学生時代、個人経営店でバイトした事があります。そこの店長は『店を大きくしたい』という夢があり、2店舗、3店舗と店を増やす事を目指しておりました。しかし2店舗目を開く為の開店資金がなく、困っていたのですが、銀行員の方から色々とサポートを受ける事になりました。結果、融資を得る為の損益計算書や貸借対照表などの提出、そして2店舗目に必要な開店資金や調理に必要な設備の紹介、並びに融資の返済のサポートまでしていただき、無事2店目をオープンする事が出来ました。そんな資金的なサポートをしてビジネスの成功を後押しするシーンを私自身目の当たりにし、私もビジネスを資金的にサポートする仕事に就きたいと思うようになりました。そして御行はメガバンクの1つであり、信頼のある支援をしている事から、信頼のおける銀行員になれると思い、この度、御行を志望しました。

394文字

 と銀行というのは100万円貸して、110万円で返してもらうなど利子をつけて稼ぐビジネスを行っている。その為、如何に融資先が自分達に返済出来るかが課題になる為、『融資先のビジネス成功に貢献したい』『健全な経営の後押しをしたい』などそんな言い方が志望動機として向いている。

 証券の場合

人々の資産の後押しが出来るブローカーになりたい

私の家庭はお金があまりなく、本来であれば大学進学を諦め、高卒就職を目指す予定でした。しかし証券会社の方から教育資金を増やすお話を頂き、最初は不安でしたが、丁寧にサポートして頂いた結果、無事大学に行く為の資金を手にしました。これにより、その時に助けていただいた証券の方に感謝するだけでなく、私自身、お金がなく選択の余地があまりない方々のサポートが出来る仕事をしたいと思うようになりました。そして御社は教育だけでなく、株式、債券、社債など幅広く手掛けており、信頼のおける企業である事から、私自身、様々な提案が出来ると思い、この度御社を志望しました。

295文字

 証券とは銀行とは違い、お客さんが持っている資産を増やす仕事をしている。その為、今100万で売られている株を将来110万円になる可能性があるから、1000万円で10株買って、1100万円を手に入れませんか?と資産を増やす仕事をしている。だからお金がなくて困っている人達の助けになりたい。みたいな志望動機が理に適っている。

 最後の保険の場合

人の人生を守る仕事に就きたい。

私の学生時代に仲の良い友達が交通事故に遭いました。彼はバイトしながら学費を稼いでいた立場の為、長期休養は人生に響くものでした。しかし保険に入っていた事で無事治療代を入手でき、更に学生賠償責任保険も入っていた事で努力の甲斐もあり、無事卒業する事が出来ました。保険とはただ事故や災害に遭った際にお金が支払われるモノではなく、不幸な事故から人の人生を守る仕事でもあると知りました。その為、御社はあらゆる保険を扱っており、信頼のある企業だと思っています。そして御社に勤める事で多くの方に様々なリスク問題に対し、提案する事が出来る保険員になれると思い、この度に志望しました。

297文字

 と保険業界の場合、親が亡くなった場合や事故、災害被害に遭った場合の生活の補填をしてくれるサービスになっている。だから何かしらの被害に遭った場合、生活難になった人を少なくしたい。そんな仕事をしてみたいと言えるようになれば良い。

IT業界の志望動機の書き方と例文

 と色々と金融業界の志望動機について教わったが専門性の高い業界の為か、やっぱり難しい点がある。まぁ、それは入社する就活生の同じ立場なんだから、やっぱり今は就職するのに必要な知識を身に着ける事に集中しよう。という訳で次に専門性が高いと思われるIT業界についてはこうなる。

業務改善を目指すエンジニアになりたい。

私の父は夜遅くまで働く事が多かったのですが、新しいITシステムを導入した事で煩雑な業務処理を一瞬で終わらせる事が出来、長時間労働から解放されました。それ以外にも現場情報を収集する事で経営の見える化を行い、更に社員のコミュニティを円滑になった話も聞き、業務を改善していく事で経営や労働環境を良くしていくITの力に魅力を感じました。その為、私自身、IT業界で働いていきたいと思い、就活においてはIT業界を中心に見ております。そして御社は様々な企業で働けるSES企業であり、顧客の様々な要望に応えられるエンジニアになれるのではと思い、この度、御社を志望しました。

291文字

 IT業界の場合、あまりにも種類が多すぎる。Webアプリケーションだけでなく、インフラ、サーバー、フロント、最近では機械学習やDevopsなんて訳の分からないエンジニアが出てくるし、これを理解するだけで就活が終わってしまいそうだ。だからIT業界に就職する為にはどの業種でも通じそうな書き方が必要になってくる。その為、自分でWebサイトを開発してみたいとかではなく、志望先の仕事に貢献出来そうな『業務改善を目指すエンジニアになりたい』と書いて、どのシステム開発でも通じる言い方にした方が無難。

 と色々と教えてもらったが、これにより俺は何とか食品業界、インフラ、金融、そしてIT業界の志望動機を作る方法について心得る事が出来た。ただ1つ懸念材料がある。それは面接でこの手の志望動機について質問されたらどう答えれば良いのか?

 俺はしばらくの間、志望動機が書けない事ばかり嘆いたせいで肝心の面接対策について忘れていた。だからこの手の志望動機を書いた場合、具体的にどんな質問が来て、そして対策を練れば良いのか?その辺についても訊いておこうと思った。

お金を稼げる業界に就職する為のノウハウとは?

「面接でされる質問はごまんとあるから、正直、どんな質問が飛んでくるかは予想がつかないよ。だからもし志望動機における面接対策をしたいのであれば、やっぱり志望先の業務についてきちんと理解するように頑張らないといけないね」

 今回の金融業界でも分かったが、銀行が利子をつけて稼いだり、証券会社が資産を増やす業務を行っているって正直初耳だった。だから志望先の業務について正しく理解し、そして『自分はこの手の仕事が出来ます』と言えるようになる為にはやっぱり志望先の業界で働き、活躍している人の情報が欲しいと何よりも思った。だから就活中にそんな志望先の人達と会ってどんな風に働けば良いのか?本音で話し合える方法でもないかと冗談交じりで聞いてみたが、

「方法はなくはないぞ」

 と言ってきた。どういう意味かとリクナビやマイナビの就職活動の場合、働いたことのない学生が自分の頭で考えて志望先の業務を正しく理解した上で面接でアピールしないといけない。学生からすれば事前の情報で受かるか受からないか大きく決まる仕組みだから『働いたことのない学生でも自分の働いてみたい企業を正しく見つかるようにするべきではないか?』という話になっていて、現在就活のやり方を見直す形になっている。

 そして世の中にはOfferBoxのようなスカウト型就活サイトがあって就活生が載せた履歴書を見て向こうから声を変えてくれるサービスもある。これにより女性や低学歴を採用しない企業に運悪く応募して落とされるリスクが避けられるし、自分の何に興味を持って採用してくれるのか?その理由を訊く事が出来る。今まで自分の調べた事前情報で面接に臨み、そして不採用理由を訊けずにアピールの仕方の妥当性について確認出来ずに終わってしまうが、この手のサイトはそれを回避する事が出来る。

 更に『自分にどうして声をかけてくれたのですか?』と訊けるわけだから、例えば『居酒屋でバイトしている履歴を見て、弊社は居酒屋に○○のような商品を売っていて、だから居酒屋の働き方について知っている人が欲しい』と言ってくれる人がいた。具体的には居酒屋は日本文化の1つでもあるから、外国人観光客に人気で世界共通の通信端末や世界共通のクレジットカードが使える店が好まれる。だからその手の設備であるWi-Fi端末やPayPalなどの商品を居酒屋に販売出来る人材が欲しいから、外国人観光客の接待経験を確認している。という例をこの時に聞いた。

 そんな外国人向けのサービス会社だけでなく、ビールメーカーだったり、食品を販売する企業からも声を掛けられ、居酒屋でバイトしているだけでどんな企業がどんな風に興味を持ってくれるのか?分かる仕組みになっている。その上で志望動機も『外国人観光客を新たな顧客として呼び込める営業マンになりたい』とか言える。やはり『こんな人材が欲しい』『なぜ?』と採用側の視点を含めた会話が出来るのは貴重だと言える。ただやっぱり大変だな。と思ってしまうが、目の前の人材斡旋会社の人の話を聞くとやる気が出てくる。

「今の若者は大変だ。日本の借金が1000兆円あるせいでお金に苦労する人達が増えてくるだろう。世の中には若者の○○離れと言うが学生の2人に1人が奨学金を10年~20年かけて返済していくわけなんだから、子供を産んだり、また結婚したりする事も難しいだろう。それだけお金に苦労する人生を歩まざる得ないってわけだ。

 そして高い借金を背負って大学卒業しても給料の低い所に就職すれば借金返済どころか生活自体ままならない事になる。だからちゃんと良い給料を支払ってくれる企業に入るのは大切だ。更に酷いのは仮に給料の高い企業に入れたとしても、時代の変化の速さのせいで、どんな有名企業も倒産するリスクもある。東芝や銀行、その他有名企業も海外の安い人材やAIの発達、またはコロナウイルスの影響で大量解雇に踏み切っているからね。

 会社の都合だけでなく、介護離職や癌などで君達が定年まで働ける可能性が徐々に低くなっている。良い会社に入れても定年まで働ける終身雇用は崩壊しているわけだから、高齢になっても働けるスキルを身に着けないといけない。だから私は今回の就職先の候補としてIT業界も選んだ。人生100年時代、やっぱり老後の労働に関しても視野に入れておくべきなのかなと思ってね。だからその為にも先ずは情報収集だ。だから自分一人で考えるのではなく、実際に働いている人達と話して『御社に勤めた場合のキャリアプランはどうなっているか?』なども訊いた方が良いかもしれないな」

スポンサーリンク