早期退職なのに転職に成功している人の例

tensyoku

早期退職なのに転職で成功している人はどんな人か?

 この記事を目にした人達の中には就職したものの、様々な事情で1年足らずで辞めてしまい、今後の再就職先がうまくいかない人達がいると思います。

 早期退職した場合、今後直面する悩みとして

・ 早期退職した理由をどのように言えば良いのか?

・ 早期退職した経歴でどのように良い就職先を見つければ良いのか?

 この2つが課題になると思います。では具体的にどのように早期退職しつつも、面接官が採用したいと思える人材としてアピールすれば良いのか?そして自分が良い再就職先を見つける方法としてどんな方法があるのか?ここではその2つを実際に早期退職して転職で成功する方法について説明したいと思います。

早期退職してしたのに転職に成功する人の特徴

「前職を入社して3か月で辞めてしまった」

 なぜ俺は従業員が1000人も超え、入社3年未満であるにも手取りが20万を超えている企業を辞めてしまったのか?

 就職に成功出来なかった人がこれを聞くと『なんてもったいない事をしたんだ』みたいに俺を批判するかもしれないが勘弁してほしい。なぜなら俺の就職先に当たった上司と言うのは完璧主義者で事あるごとに俺のミスを見つけ、非難する人だったんだ。

 どういう事かというと例えば資料の流れとか、言われた通りの手順で進めているかどうか?実はその人は自分のPCを見ておきながら、隣にいる俺のパソコンのPCが正しく操作しているのかどうか確認出来るほど、視野の広い人でもあった。だから一度手が止まると『お前なんで手を止めているんだよ?』と指摘されてしまう。

 正直仕事が出来る人だった。よく仕事の要領の良さを『1を聞いて10を知る』という表現があるが、正にそれに当てはまる存在だった。僅かな情報だけ本質的な部分を理解する力は凄いが、残念なのはその人は仕事の全体像を見る事が出来ても、部下の教育において成果をあげていなかったのである。要は『自分でも出来るのだから、他人も出来る』と要領の悪い人の気持ちを考えられない人だったのだ。

 こんな人なので新人で仕事の全体像が見れない俺に対しては『何でこんな事が出来ないんだ』と叱ってくる。無論『仕事が出来ない=顧客の信用を無くす』のだから、失敗したら叱られるべきだと思っている。ただ問題なのは失敗しないような指導が全くもってこの上司は出来ないのである。

 ウチの会社が扱っている申請用のシステム。実は手順書のようなモノがない。手順書がない理由としては『このシステム、不備が多くて毎回作り直しているから、逐一手順書を書き直す暇が無くて、いつの間にか作るのをやめてしまった』という事らしい。これにより業務上必要不可欠なシステムの動作は全て上司の説明が頼りになっている。つまり仕事が出来るかどうか直属の上司の指導次第というわけだ。

 そしてウチの上司は残念な事に『1を訊いて10を知る』実力者なので1の説明だけで終えてしまう。そして当然ながら曖昧な仕事をすると『なんでこんな事をしたんだ』と注意され、分からない部分を質問すると『このくらい、自分で考えられないの?』と嫌味を言われてしまう。そして説明されない事もしばしば。挙句の果てその質問に対する返事が1から2まで変わって程度で、10まで理解した確認していない。このように上司は『言うけれど伝えていない』状態であり、相手が理解しているのか?確認作業をせずに話を終えてしまうのだ。

 こんなやり取りを繰り返していたせいで、上司の自分に対する対応がずさんになってくる。例えば今まで画面名や項目名を含めて説明していたのが「あれ」「これ」「それ」など曖昧な言葉を乱用するようになってきたり、『どうせ理解出来ないんだろう?』みたいな接し方が垣間見えた。

 とまぁ、業務知識の理解不足で衝突してしまうというのであれば『独自で勉強し、または別の人から聞いて間接的に覚えていくしかない』という話にもなるだろう。それだけならパワハラを理由に転職したとしてはまだ物足りない。実際、俺がパワハラ被害を訴えた際、『周囲の人から助けを得られなかったの?』なんて質問される事があった。ただ俺の場合、上司の命令でミスが起こる事象も起こっていた。

 例えば俺が分からない部分があると『なんですぐ俺に聞かないんだ』と注意してくるが、次に俺が分からない部分があって尋ねてみると『そんなの自分で考えろ』と言ってくる。要は上司の言い分が時と場合によって矛盾しているのだ。

 無論、時と場合によって臨機応変に対応しないといけないわけだから、過去の命令と矛盾している点に関しては良くある事だ。気にするべき事柄ではない。ただ問題なのはその上司自身が過去のミスを毎回引っ張り出して、自分の評価を落としていくのである。どういう事かと言うと先ほどの『なんですぐ俺に聞かないんだ』と注意され、そして『そんなの自分で考えろ』と注意されれば当然次も同じ問題に直面したら、どっちを選べば良い?という状態になる。そしてどちらかを選べば『なんですぐ俺に聞かないんだ』か『そんなの自分で考えろ』のどちらかの叱責がくるのだが、更に上司は『お前前回も同じようなミスしたよな』と指摘してくる。つまり自分でミスを起こすような指示をしておきながら、部下のせいにし、更に毎回同じようなミスを繰り返すダメな部下と評価してくるのである。

 本当ならその辺について指摘して、上司に改善してもらえば良いのだが、こちらの言い分も『仕事で成果をあげてから言え』と言って聞く耳持たず。更に言い訳で見苦しいとまで言われ、ここまでくると改善の見込みがないと思い『別の職場で働いた方が良い』という話にようやくなる。

 その為、パワハラを理由に早期退職した理由を述べるのであれば、上司の仕事の振り分け方に問題がある。改善の見込みがない。そして今後更に悪化すると予想されたので転職を考えました。とここまで言えるようにしておく必要がある。

面接官が納得する早期退職の理由とは?

agreement

 上記のように早期退職した立場で転職する場合、例え自分に非がないとされるパワハラであっても自分に問題がないと面接で説明出来るようにならないといけない。

 早期退職をして面接官が1番警戒するのは『この子はなんで早期退職したのだろう?』という部分だ。早期退職する人は『忍耐力がない』『やめ癖がある』と採用しても直ぐに退職してしまうリスクがあると見られてしまう。だから面接では早期退職理由の妥当性を探ってくる面接になってくる為、早期退職の妥当性を如何に組むかが課題になってくる。

 上記のパワハラの例でも、面接官が次にする質問として『本当にその指導がパワハラまがいなモノだったのか?』について調べてくる。だからパワハラかどうかの妥当性を証明する為に先に説明した『上司は自分の考えが正しいと思っている』『命令の仕方が矛盾している』『こちらの言い分を聞いてくれない』『だから同じ過ちがあっても何度も同じミスを繰り返す人間と評価を下されてしまう』と説明し、上司の指導の仕方に問題があると説明する。

 そして『周囲の人の助けを得られなかったのか?』と思う面接官もいるだろうから『仕事上欠かせない人物だった為、言い返すこともなかなか出来なかった』『こういう人と今後一緒に仕事をしていきたいと思わない』と思い、退職を選んだと説明出来れば、もう組織体制に問題があり、改善の見込みがないと判断してくれて、早期退職による転職も妥当と考えてくれる。

転職する上で妥当ではない早期退職理由

 このようにパワハラ被害は早期退職で納得いく1つの理由になっている。しかし例外もある。例えば飲みニケーションや宴会によるお酒の強要は早期退職理由として弱い。というのも確かに上司の権限を利用して部下が苦手なお酒を強要するアルハラと言うものがあるのだが、面接官の中には『もし上司ではなくて、取引先のお客さんだったらどうするの?』と訊く人がいる。

 確かに上司からアルハラを強要させられたのであれば退職したいという気持ちは分からなくもない。ただ問題なのは飲みにケーションは会社内の社員同士だけでなく、取引先も含め行われる事がある。人付き合いもビジネスの1つである為、大事な商談の時に酒が飲めない事がバレて破綻しそうになったら一体どうするのか?という気持ちを面接官は抱くだろう。不幸な事に転職では時折、飲み会での忍耐力を調べてくる人がいる。日常的な問題に発展しない限り、確実な退職理由とは言い難い。

 このように妥当な理由で退職しても思わぬ質問で全てが水の泡になってしまうリスクがある。これを極力なくしていく為にも早期退職におけるリスクについて心得ている人と相談出来るようにした方が良い。

早期退職したのに転職に成功する人が利用する転職サイト

 上記のようにパワハラだけでも面接官がしてくる質問によって印象が変わってしまう為、早期退職した自分に対し、どんな質問が来るのか?その辺について考えられるようにしておく必要がある。これを自分の発想で思いつくのであれば、単独でやっていっても良いのだが、もし不安なのであれば転職のキャリアコンサルタントのサービスを利用した方が良い。

 というのも今のはパワハラの例だったが、これがもしブラック企業に就職して今すぐにでも転職した場合だったら、どのように準備をすれば良いのかイメージがつくだろうか?

 ブラック企業であれば転職する理由として妥当と考える人もいるだろうが、仮に面接で『就職先がブラックだったので転職したい』と面接で話しても、『どうしてブラックだと思ったの?』『どうしてそんな会社に就職したの?』『ではなぜ弊社がブラックではないと思ったの?』などこの手の質問が来るだろう。それに対しどのような返答をすれば良いのか?果たして思いつくだろうか?

 これは一例だが、仮に『どうしてブラックだと思ったの?』と質問されたら、『仲の良い上司が転職する事になってその理由が”ウチの会社、取締役になっても給料が○○でものすごく低いんだ。更に事業の失敗で収益が年々低下しているから、今後給料が改善される見込みがない。転職するなら今かなと思ったんだ”と言っていて、それ以降、上役の転職が目立ち、経営がまずいと思い、転職した』と話す。ここで重要なのが自分一人で判断せず、周りの人の印象を受けた上で判断している事を示した方が良い。仮に給料や仕事の在り方に不満があっても『ではなぜ他の人は今もその企業で働いているの?』と尋ねてくる可能性がある。改善の見込みの無さを示すのであれば、自分一人で判断せず、周囲の人の動向を踏まえた上で判断した方が良い。この場合、自分だけでなく、周囲の人も同様の傾向があり、更に上役の上司が会社を支えるのではなく、逃げる選択をしている。という話になれば『相当ヤバイ状態なんだな』と見てくれる。

 そして『どうしてそんな会社に就職したの?』と訊かれたら、『最初は月給20万と書かれていたのですが、残業代5万込みで、実際は手取りが15万だった』と求人内容と実際に支給される給料に違いがあった事を言う。世の中には求人詐欺と言い、求人の内容が異なっていても法律上問題がない問題が日本の法律上存在する。その為、知っている人からすれば知っている為、求人詐欺に遭ったと思わせる言い方が良い。

 そして『ではなぜ弊社がブラックではないと思ったの?』と思って訊かれたら『前回の就職活動の反省として自分一人で判断してしまったのが原因だと思いました。その為、今回は転職において詳しいキャリアコンサルタントのサービスを使って、第三者の意見を踏まえた上で転職先を選ぼうと思い、結果、御社を志望しております』と言えば良い。転職においてはどの転職サイトを使えば良いのか迷う部分もあるが、このように就職した会社を間違えた事を理由に『転職のプロに相談してみよう』という言い方も1つの手として使える。更に今の転職エージェントのサービスにおいては不採用理由や事前の準備方法について教えてくれ、更にLineによる相談も可能になっている。この手のサービスを受ける事で志望先への間違いを極力減らしていこうと思いましたと言えれば志望先の選定においてもプラスに働く。

 だから仮に早期退職したから転職に成功するのかな?と思うのであれば、早期退職者を多く扱っている転職サイトを使った方が妥当性としては増す。この場合、入社して3年で辞める人を第二新卒を言うのだが、第二新卒に特化した転職キャリアコンサルタントを利用した方が良いという話になる。その為、転職先の妥当性について検討したいのであれば『キャリアコンサルタントと相談した結果』と続けて言えるようにした方が良い。

早期退職した場合、どんな相談をした転職コンサルタントとした方が良いのか?

confirm

 転職エージェントからの恩恵は色々とある。先ほどのパワハラにおいても『どんなパワハラを受けたの?』と質問をされ、パワハラの妥当性について探ってくる。例えばその上司がスケジュールの組み方が下手で、本来1ヵ月かけてやる仕事を1週間で終わらせようとしているのに『仕事が遅い』と言われる。または逆に1週間で終わるはずの仕事を3ヶ月かけて行う話にしてしまい、スケジュールが空いてしまったのに『お前何サボっているんだ!?』と不当な評価を下してしまうなどパワハラにおいても色々なケースがある。

 だから面接においても『その状況を変える事が出来なかったの?』と当然訊かれるので『スケジュールを伸ばすように頼みましたが、”そんな権限は俺にはない”と言われ、更に口答えした思われたのか罰として仕事を多く渡されるようになりました』と過密スケジュールを組んでいるのに更に仕事を渡されるなど過労死と思える状態が起こり、この職場から離れる為、転職という手を打ちました。と言えれば早期退職の妥当性が認められる。

 パワハラの妥当性を示したいのであれば、自分が一応改善に取り組んだ姿勢は見せるべきで、その結果、改善されない、逆に目をつけられて会社に居づらくなった。と言えれば逃げとしての転職が認められる。キャリアコンサルタントと相談していると、上記のように如何に自分が悪くなかったのか、そして転職しか手が無かったのか?その辺の妥当性について色々と相談してくれる

 これは別のパワハラの例だったが、他に給料が低いという点においても『それは自分だけじゃなかったのか?』『何かしら自分に非があって給料が低いのではないか?』と疑われる可能性がある。だから給料の低さを理由に転職をするのであれば、他の人達も同様の待遇を受けていたのか?特に上司の人達も給料が低いと確認した事実もあれば、将来も低い給料で働かせられるかもしれないと言える。

 また『なぜ会社の給料が低いのか?』部分についても説明出来た方が良い。給料が低い原因が分からなければ面接官からすれば『なぜ給料が低いのか?』判断する事が出来ず、良いの悪いのか判断する事が出来ない。その為、せめて少しの可能性として『給料が低い理由は2次受け、3次受けと報酬の割合が低いから』または『事業に失敗し、コスト削減の為、社員の給料や福利厚生が下がっているから』と言えるようにしておいた方が良い。となれば会社の給料だけでなく、経営自体に問題があるのでは?と思い、もっと自分が飛躍出来る会社に転職したいというのも1つの転職理由として成り立つ。

 転職というのはより具体的に話せれば話せるほど良い。給料の面で言っても、最初は求人広告においては月給20万という話でしたが、実際に頂いた給料を見てみると残業代月40時間分を含めて20万と書かれていて、更に国からの所得税や厚生年金などの支払いを含めると手取りが14万にも満たない事が分かり、生活面で苦労する為、転職を決意したと言えれば尚の事現実味が増す。

転職先の不採用理由と求める人物像からアピール内容を練れる

 更にこの手の転職エージェントの場合、エージェントが転職先の採用担当者と話してくれて近年の不採用理由と求める人物像についても聞いてくれて、面接対策が出来る。例えば不採用になった理由として『何をしたいのか分からない』とコメント頂いているケースがある。早期退職者の場合、退職する事が目的になっていて『なぜ弊社に応募したのか?』その辺の考えを疎かになっているケースがある。

 その為、志望先によってどんな言い方が良いのか色々とサポートしてくれる。1つの例として『給料が低い理由として、他社製品を代理で販売するスタイルの為、利益を出してもマージンで多く取られる傾向がある。その為、自社で商品を販売している営業をやっている会社が良い』など転職理由から逆算して、志望動機を言えるようにしておくのが良い。

 転職エージェントと話していると、このように転職先から求める人物像や、近年不採用になった人の理由について訊けて、どのように答えれば良いのかサポートしてくれる。また面接官の視点に立って質問における対策もしてくれる為、一人で転職活動をしているよりも情報戦において有利に働く。その為、転職において不安を感じているのであれば、転職において相談出来る人を身近にいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク