やる気が無いのに内定を取る就活生

やる気の無い就活生
 

『学歴がないせいで就活のやる気が起こらない』

『面接で落ちまくる。やる気失せた』

『資格試験失敗。就活のやる気ゼロ』

 

 就活では働いた事のない人に『やりたいです』とやる気の高さをアピールしなければならなかったり、学歴や資格などやる気により成果に結びついたエピソードを語らなければなりません。

 

 その為、働きたくない、またはアピールするモノがない人からすればやる気の無さを疑われ、またご自身もやる気を出す事が難しくなります。

 

 しかし世の中には同じようにやる気やアピールするモノがないにもかかわらず大手から内定を取る就活生がいます。

 

 この記事ではやる気を失う原因である、働きたくない感情やアピールするモノがない課題などを克服する方法、ならびにやる気がないのに内定を取る方法について就活生のストーリー形式で説明しております。

 

就活でやる気が出ない場合、どうすれば良いのか?

 

「やる気が出ない」

 

 俺は現在、就職活動中の大学生だが、背広を着る度に『また就活か・・・』と思って、就活のやる気が削がれる。無論、その程度であればいつもの事だから気にしないが、俺の場合、以下の理由で就活のやる気を失う事が目立つ。

 

・ ESを書く際、志望動機が全く思いつかない時

・ 質問に対し、アピール出来るモノがない時

・ 書類選考や面接で不採用結果を貰った時

 

 と、こんな時にやる気が出なくなるのだが、人というのは自分の望むようにいかないと逃げる習性があるので、俺の場合『ESが書けない!』『面接官の質問に答えられない!』『何で落ちるんだ!』なんて就活あるあるみたいな事が起こると、がむしゃらに頑張っても結果が出ないと思ってしまい、やる気がなくなってしまう。

 

 だから就活でやる気を出す為にはこの手のES対策、面接対策、そして失敗した場合の立て直し方法を知る事が必須。だから俺はやる気を出す為に、就活の姿勢を改めてみる事にしてみた。

 

働きたくないせいでやる気が出ない就活の克服法

 それで俺は1つ目の課題であるES対策、特に働きたくないと思っている人に対し、どうやってやる気を出す、またはやる気があると面接官から思われるようにすれば良いのか調べた結果、丁寧な先輩からやる気を感じさせる言い方について教わる事が出来た。

 

 そもそも『働く』というのは本来辛いモノであり、そんな辛いモノを『やりたい!』というのは至難の業である。

 

 しかも俺のような就活生の場合、働いた事がないのだから

 

『働いた事がないのに何でやる気があると言い切れるの?』

 と確認されてしまう。

 

 だから働きたい、やる気があると思わせる為には

『労働は大変なモノですが、それでもたらせる成果は非常に魅力を感じています』

 

 と、働く事に対しやる気があるのではなく、働いて出した結果に魅力を感じている、という言い方をすれば、やる気のあると感じさせるアピールになってくる。

 

労働で社員のやる気を感じさせるエピソード

 

 この手の労働で社員のやる気を起こさせるエピソードで有名なのが『3人のレンガ職人』という話だ。

 

 レンガ職人というのはある大聖堂を作っている3人のレンガ職人の話で、旅人がその職人一人一人に『何をしているのですか?』と尋ねる。そして1人目の返事は、

 

『見て分からないのか?ボスの命令でレンガを積んでいるんだよ。ほんと大変だよ』

 

 と、他人の指示で働いていると返事をする。そして二人目は

 

『レンガを積むとこのくらいの報酬が支払われるんだ。これで何とか生活出来るよ』

 

 とお金の為、または生活の為に働いている、と返事をする。

 

 まぁ、就活をしてて分かるが、働いた事がない身だと大抵はお金や福利厚生などで志望先を選ぶと思われる。ただこの手の選定方法って他の就活生も当然やっており、そして面接官は本当にやる気のある就活生なのか色々と確かめてくる。だからお金目的ではない立派な志望動機を作らないといけないわけだが、これを作れずにやる気を見いだせない就活生は多くいる。

 

 それ故に本気度を確かめる為にやる気を感じさせる言い回しを心得ないといけない。そしてそのヒントとして参考となるのが3人目のレンガ職人の返事、

 

『偉大な大聖堂を作っているんだ。これで多くの人達が祝福を受けられる。素晴らしいだろう』

 

 と、自分のやっている事がどのように世の中の役に立ち、その為に頑張って仕事に励みたいです。という言い方がやる気を感じさせる1つの志望動機になる。

 

 そんなわけで、面接官にやる気のある就活生と感じさせる為にも各業界・各企業の働き方がどのように社会の役に立つのか?それを知るところから始めればやる気の伝わる志望動機が作れるようになるだろう。

 

食品業界でやる気があると思われる就活生の志望動機

 

 とは言うモノ、『では具体的にどうやって調べれば良いの?』とそんな疑問を抱くだろう。一番の理想はOBOG訪問をして情報収集するが答えだが、就活の時期は就活生との接触は青田刈りと判断され、OBOGはこの時期に就活生と会うのは避けられてしまう。だから別の方法が必要なのだが俺の場合、実際に内定を取った親友から聞いたので、その手のやり口を紹介してみたいと思う。

 

 例えば食品メーカーの場合、ただ醤油や小麦粉などをスーパーや飲食店に卸す仕事をしていると思われるかもしれないが、やる気のある社員の場合、

 

『醤油を通じて、様々な料理を家庭に届けたい!』

『今、タピオカがブームなので小麦粉を如何に調理すれば美味しい食事が作れるのか飲食店の店長に提案してみたい!』

 

 など商品を売る、というより、食を通じて美味しさを世の中に届けていきたい!という考え方を持っている。

 

 実際、やる気のある食品メーカーの人達は就職した後、自社商品の作り方を学び、どうやって社会から求められる料理作りが出来るのか勉強する。例えば生活習慣病に悩んでいる人には低カロリーの調理方法、また働くママ向けには調理に時間がかからず子供の健康に合う料理の作り方を伝授するよう考える。

 

 その為、自社のホームページには自社商品を如何に調理すれば美味しい料理が作れるのか?低カロリー、手間が少ない調理法など掲載し、また卸売り先であるスーパーや飲食店ではその手のレシピを紹介し自分達の食品を使ってもらうよう提案する。

 

 だからこの話を聞くと食品業界で働く為には俺みたいに『食べるのが好き』なんて言っているだけではダメで、なぜ消費者の為に自社食品を世の中に広げていこうと思っているのか?その辺について答えないとやる気が伝わってこない。

 

 んで内定者の話によると『子供の頃、体が不自由で、しかし栄養価の高い料理で今は運動が出来るようになった』とか『お母さんと食事が出来るよう、簡単、なのに美味しい料理が出来上がる御社の商品に助けられた』とか、食を通じて幸せになれた経験者がやる気のある人材として見られる。

 

 んでもって更にやる気のある人材だと感じさせる為に一般消費者向けではなく、今後は食の魅力を更に広げる為、大規模なイベントも展開したい、と長期的な視点で語れる人が良いとされている。

 

 例えば食品メーカーの場合、

『地元の名産品を使うと地元の人達が元気になる為、御社の食品とコラボし、地元の名産品と組み合わせた食イベントを展開し、知名度を上げていく仕事を将来したいです』

 

 と、各地方のブランド力を上げる為、イベントを定期的に開催出来る人になりたい、と言って、将来、イベント企画の仕事をやりたいという人がいる。

 

 他にも

『Facebookで海外の友達が多くおり、ただ一定の国には御社の食品が無い為、将来は日本の食文化を海外に広げていく仕事を将来したいと思っています』

 など未開拓地域も視野に食を広げていきたい、と10年後のキャリアプランについて語れると良いとされている。

 

 まぁ、確かに採用する側からすれば、定期的に大勢の人が自社の食品を使ってくれるイベントを開催してくれると知名度もあがるし、更に地元の人から喜ばれる為、大イベントを企画出来るようになりたいという言い方はやる気の高さを感じさせる。

 

 だから食品業界に対し、やる気のある人材だと感じさせる為には食を通じて健康や調理の手間を減らすなど一般家庭への貢献だけでなく、地域レベルでの食文化の貢献を実現したい、と将来の目標として面接で言えた方が良い。

 

金融業界でやる気があると思われる就活生の志望動機

 と、食品業界に対し、どのようにやる気のある人材なのか?と感じさせる志望動機の練り方について説明したが、今はどうやってその手の情報を収集すれば良いのか?という話をしている為、話を戻そうと思う。

 

 例えば金融業界の場合、銀行、保険、証券など複数の業種があり、専門用語を沢山使われ、どうやってやる気があると感じさせれば良いのか分からない人もいるだろう。

 

 だから一番良い方法として会社説明会などの社員懇談会に出て、実際に働いている人達に質問すれば良い。だが、まぁ、どんな質問すればやる気があると感じさせるネタを仕入れられるのかイメージしづらい筈。

 

 その点に対してなのだが、先ほどの食品業界のようにやる気があると感じさせる為には、志望先のビジネスがどんな風に役に立っているのか知って『私もそうなりたいです』と言えるようにしないといけない。だから質問の仕方として『御社のサービスがどんな風に社会の役に立っているのでしょうか?』という質問をすれば求める情報を入手しやすい。

 

銀行でやる気があると思わせる志望動機の例

 例えば銀行の場合、お客さんは資金ぶりに困っている企業になってくる。例えば店を開きたいが開業資金が1000万かかる為、銀行に頼んで1000万貸してもらう。そして銀行は数年後、利子付きで1100万で返してもらい、100万儲けるという利子で稼ぐビジネスをしている。

 

 だから銀行のビジネスは資金ぶりに困っている企業や新しい事に挑戦しようとする企業相手に資金的なサポートをしている。だから銀行でやる気のある就活生と感じさせる一例として

 

『資金的なサポートを行う事で融資先のビジネスに貢献する銀行マンになりたいです』

 

 という言い方が1つのやる気を感じさせる志望動機になってくる。

 

 だからやる気のある志望動機を作りたいのであれば『御社の仕事がどんな風に社会から求められているのか?』を確認する質問をした方が良い。

 

保険でやる気があると思わせる志望動機の例

 ちなみに保険業界の場合だが、保険というのは災害や事故などで損害を被った人に対し、被害に見合った保険金を支払い、生活再建に向けての資金的なサポートをする仕事となる。

 

 実際、保険業界の会社説明会に参加してみたのだが、やる気のある社員というのは保険の重要性について語れる人と良く聞く。

 

 大黒柱である夫が働けなくなり学校に通う教育費が払えなくなったとか、親の介護が急に必須になり仕事を辞めないといけなくなったとか、様々な想定外の出来事が起き、その際、保険に入っていれば学校の教育費を支払う事が出来たり、親を介護施設に入れる資金を得たりなど、事なきを得た、という話をする。

 

 その為、保険業界に向けてやる気のある志望動機を語りたいのであれば

『事故や介護など不運な出来事によって生活難に陥る例を良く聞きます。私はそんな人達に向け、保険の重要性を伝え、不幸を回避する事が出来る人になりたいです』

 

 という言い方が妥当になってくる。

 

証券でやる気があると思わせる志望動機の例

 そして証券の場合だが、あれは資産価値を上げるビジネスをしている。

 

 例えば『子供の教育費を蓄えたい』と言ってくる親がいた場合、貯蓄が100万ほどしかなく、これを300万まであげたいと、言ってきたとする。証券マンは持ち前の100万で、株を運用し、300万円まで増やし、その稼いだ金額分に見合った報酬を貰うビジネスをしている。

 

 だからやる気のある証券マンというのは子供に良い教育を受けさせたいという親や、老後の資金を増やしたい年配の方々に資金を増やす事で良き人生を歩めるようにするのが目標になってくる。

 

 よって証券に向けてやる気のある志望動機を語りたいのであれば

『持ち前の資金で如何に貯蓄を増やすのか?資金運用を提案する事で顧客に様々な選択肢を増やせる証券マンになりたいです』

 という言い方がやる気のある言い方になる。

 

 このようにビジネスというのはただお金を稼ぐのではなく、お客さんにとってプラスになる提案をする事でお金を貰う互恵関係が本来あるべき顧客への接し方である。

 

 だからやる気があると感じさせる言い方を知りたいのであれば、実際に働いている人達に対し『そのサービスがどんな風に顧客から求められているのでしょうか?』という質問をする事で、志望先に求められるやる気の形を探れば良い。

 

アピールするモノが無いせいで、やる気が出ない場合、どうすれば良いのか?

 

 と、このようにやる気のある志望動機の書き方を内定者から聞いて俺は喜んでいたのだが、自宅に帰って、いざESを書きあげようとすると、自分にはアピール出来る経験がない事を思い出し、それでいつもやる気がなくなっていた事を忘れていた。

 

 これは俺だけではないと思うが、世の中にはコロナの影響でバイトが出来なかったり、また資格試験に失敗してアピール出来るモノがない人がいると思う。

 

 ちなみに俺の場合、学生時代は遊んでばかりで、まぁ、他の人と比べて自業自得の理由でやる気が出なかった。

 

 だから就活当初、アピールする経験が無くてやる気が出なかったのだが、俺の知り合いで在学中に簿記1級、更にTOEIC990点の満点などアピール出来る経験が豊富な人が苦戦していた。というのも苦戦する原因として面接で以下の事を言われるからだ。

 

『ではそれが弊社の仕事でどんな風に役立つの?』

 

 就活ではアピール出来る経験の有無が問われるが、世の中には嘘の経験を語る就活生がいる為、実績の有無で内定の是非が決まるわけではない

 

 だから大手内定者の知り合いに確認してみたのだが、どれだけ凄い実績があったとしても、就職後の成果を挙げ方について語れなければ『ただ就活で有利になるからと思って資格を取った資格マニア』『偶然、結果を出せた人』と見られてしまう。

 

 だからアピールするものが無いからやる気が出ない、と悩むよりも、就職した後に成果を挙げる方法を調べ、それを面接で語れるようになれば良い。

 

 その辺のやり方については以下で記載

就活で何もしてない状態から内定を取る人ってどんな人?
『大学3年で就活何もしてない24卒です。どうしたら良い?』 『大学4年でもう10月。就活何もしてない。どうしよう』 『就活で何もしていないのにやばい』  学生時代に何もしていないせいで就活自体していない人もいるかと思われま...

 

やる気があると思われるガクチカ・自己PRの言い方とは?

 

 実績がないのに内定を取る代表例として文系なのにIT企業に就職出来る人がいる。

 

 事実、文系なのにIT企業に就職出来る人は以下のような事を行っている。

文系なのにIT企業から採用される新卒就活生ってどんな人?
「どうしてIT企業は文系でIT未経験者の新卒者でも採用するの?」 「ITで文系が向いている仕事や職業って何?」 「文系の人でもプログラミングスキルを身に着け、働けるようになるの?」  IT業界と言えば理数系の人が働いている...

 

 文系の場合、当然、情報学部に通っていたわけではない為、プログラミングやITのスキルの経験を持ち合わせていない。なのに世の中には文系なのにIT企業に就職し、更に開発経験を積んで最前線で働ける人がいる。その人は具体的にどうやって面接でアピールし、やる気があると思われたのか?

 

 例えば俺が知っている文系出身のIT企業に就職した人の例として以下のようなアピールをグループ面談の時にしていた。

 

『ITの仕事というのは今まで人がやっていた手作業をシステム化し、作業負担を減らしていく仕事だと認識しております。

 

 私の父もいつもは深夜帰りが当たり前だったのですが、新システムを導入して以降、定時で帰る事が多くなり、人手不足が深刻な昨今、労働環境の改善していく働き方に魅力に感じました。

 

 その為、私は文系出身者ではありますが、現場でシステム開発の経験を学ぶ事で、クライアントに業務改善提案が出来るエンジニアになってみたいと思っています。その為、配属最初の1か月間、開発の研修を受けられる御社の事を知り、この度、志望しております』

 

 このように実績がなくても、就職先ではどういう風に働けば良いのか、そして成果を挙げる為にどんな事をしないといけないのか?正しい段取りを述べられれば内定が取れる余地が生まれる。

 

 だからやる気があると思わせるガクチカや自己PRも書く為にも志望先で成果を挙げる為の内容を書く事が1つの重要な要素になってくる。

 

やる気があると思わせるガクチカの書き方

 だから俺の場合、ガクチカは卒論の話にしてアピール内容を練った。

 

 やる気の無さが原因で人生苦労しているので、やる気を出す為にはどうするべきか?その辺の話を卒論に盛り込んだ。例えば社員のやる気を引き出す為に『小さな成功体験を積ませる』『褒める』『自分の努力を数値化する』『競争原理を活用する』など様々な要素を書いた。

 

 この手のやる気の出し方は社会でも求められ、その手の有用性をアピールする為、かつて人気作品で話題となった『もしドラ』でも使われ、やる気の無かった野球部員達を小さな成功体験を積ませたり、またチーム分けする事で競争させ、やる気を起こさせ、更に自分の身体能力がアップしている事を見える化など、会社でも使えそうなやる気を出すネタを話す。

 

 更に信ぴょう性を持たせる為、実例も書き、代表的な例として稲森和夫氏が提唱したアメーバ経営というのがあり、その手の手法でかつて倒産したJALを再上場させた例を入れた。

 

 やる気があるガクチカを作る方法として、実際に社会に出てからも『この手の経験は弊社でも使える』と面接官に思わせる点にある。

 

 だから印象の良いガクチカを作る上では卒論を作った話をして、そのネタを社会に出ても通用しそうなネタを集め、実践的に使えそうな話が出来れば良い

 

やる気があると思わせる自己PRの書き方

 んでもって自己PRについてだが、これは志望先との相性の良さをアピールした方が良い。

 

 俺の場合、面倒な作業を円滑にしたり、効率化の徹底を考える性格だったので、IT業界はシステムを作り、作業の自動化や見える化などの効率化でビジネスに貢献している。

 

 だから自己PRのエピソードとして先輩にかつて事務的な作業を手伝わされた経験を持ち出し、んで作業内容がExcelへの入力処理だったので、プログラマーに依頼し、入力処理を自動化させ、先輩達には作業していると思わせて、先輩達の仕事に貢献し、喜んでもらえたエピソードを書いた。

 

 やる気を感じさせる自己PRを書きたいのであれば、自分の性格を元に成果を挙げていった話を書けば良いだろう。

 

 例えば食品業界の場合、料理好きをアピールするのも大事だが、食品業界の場合、健康を意識したり、仕事と家事を両立したいので料理の負担を減らしたいなど様々なニーズがある。その為、料理好き以外にも相手のニーズに合わせて調理法を変えて喜んでもらえたエピソードを語った方が良いだろう。

 

 また金融業界の場合、節約など経験や奨学金返済のエピソードなどを話し、同じようにお金で困っている人達にどのような手続き、節約法があるのか?様々な金融知識を身に着けて助けたエピソードをアピール出来れば相性の良い人として見られる。

 

 まぁ、俺の場合、作業の無理無駄を省いていくエピソードにして、この手のやり方はどの企業でも求められるスキルなので、こちらも使いまわし、ESを書く面倒くささを減らし、やる気を無くす機会を減らした。

 

経験がないのにやる気があると感じさせるガクチカと自己PRとは

 まぁ、もっとやる気があるガクチカや自己PRを書きたいのであれば、実際に成果を挙げた人達のエピソードを書くのも1つの手。

 

 例えば先のIT企業を志望した人の場合、インターンシップで実際に参加した友達の話をして、どのようにプロジェクト運営をすれば良いのか語ったようだ。

 

 その友達も文系出身者だったが、文系でもIT業界で働いている人が大勢いて、知識に優れていなくてもクライアントとの窓口となって、実力のある先輩を動かしたり、また文系でも出来る仕事は何なのかを知り、その手の業務の傍らスキルを上げていく段取りについて説明すると、他人事でもIT企業で働く上での立ち回りを心得ている就活生と見てくれる。

 

 つまり自分が出した結果でなくても、親やバイト先の店長などの他人の成果を聞いて、成果をあげる為のノウハウを知っている事をアピールするのも1つの手。

 

 俺の場合、バイト先の店長が大手の定年退職者だったり、またバイト先に訪問してきた営業マンがどのように交渉し、契約に至ったのか?その体験エピソードを書き、就職した後でもどのように立ち回れば良いのかをアピールして、面接を乗り越えた経験もある。

 

 その為、人様にアピール出来る経験がないせいでやる気が出ない、と悩んでいるのであれば、成果をあげている成功例を探して、それをあたかも『自分も出来ます』と言えるようになる事が、やる気問題を解決する1つの突破口になると思うぞ。

 

今からやる気があると思わせるガクチカや自己PRの作る為には

 

 さて、今までの話を振り返るにあたり、志望動機の場合、志望先の社会的ニーズを知り『私もそんなニーズに答えられる人になりたい』と言ってやる気を感じさせるアピールをすれば良いと語った。そしてガクチカ・自己PRの場合、卒論や他人の成功事例などを使って、将来どんな風に成果を挙げるのかイメージしやすい内容を書けば乗り越えられると語った。

 

 しかしそんな話をされても『就活の合間でそんな情報収集出来るわけないだろ!』と思う人もいる筈。

 

 実際、俺自身、成果を出せそうなネタなど探しても見つからないし、ヒントを得る為、会社説明会に参加しても、会社ホームページをなぞった内容しか紹介されない。だから途方に暮れ、結果、やる気が出ずに終わるパターンを繰り返される。

 

 ただ就活と言うのはやり方を変えただけで結構面白い情報が手に入る。

 

 例えば俺の場合、リクナビではなく、スカウト型就活サイトに切り替えてから、自分のプロフィールを見て、オファーが来るようになり、なぜこんな自分にオファーを出してくれるのか?自分の強みを知れる機会が増えた

 

 俺は当初リクナビを利用していたが、リクナビのような応募型の場合、相手が関心がないのに応募してしまうリスクがある。つまり低学歴だったり、成績証明書の成績だったり、場合によっては男性女性などの性別で不採用にされるリスクがあり、それが原因で自信を失い、やる気が無くなる。

 

 だから応募型ではなく、スカウト型になると自分のプロフィールを見た後に面接に進む為、差別される事無く、逆に自分を採用してくれる余地のある企業からのオファーしか来ない。そして面接では『なぜ自分にオファーを出してくれたのですか?』と自分の強みについて確認出来る

 

就活しながらやる気を感じさせるネタを見つける例

 例えば俺の場合、居酒屋のバイト経験をプロフィールに載せていたのだが、飲食業界以外からのオファーも結構あり、例えば大手ビールメーカーや大手通信会社からも来た。

 

 なぜ居酒屋のバイト経験で異業種からオファーが来るのか?

 

 会ってくれた担当者の人に確認してみると居酒屋のバイトというのは何も食品だけでなく、ビールや通信端末もあり『居酒屋でバイトしていた君なら我が社の商品をどのように売り込めば良いのか分かるのでは?』と、居酒屋で使用されている商品や機器などのニーズについて確認された。

 

 要は居酒屋にはビール卸業者が良く出入りしている為、居酒屋の店長とどんな交渉をしているのか間近で見ている可能性がある。だから俺にオファーを出した企業は、その卸売業と同じように別の居酒屋で自社ビールを売れる営業マンになれるのか?とテストされたのだ。

 

 そして通信端末会社の場合、居酒屋は外国人観光客が日本文化の1つとして訪れる事が多い為、世界共通のWi-Fiや国際クレジットカードを使えるようにする必要があった。その為、通信端末やクレジット決済端末の使い方を知っている学生が欲しいと考えている事を知る。

 

 このように居酒屋のアルバイト経験だけで各大手からオファーがあり、自分が今まで知る事の無かった強みを知る事が出来る。

 

 自分が採用されるかもしれない。これは日頃からやる気が出ない俺からするとやる気が出る要素であり、実際、俺は居酒屋の店長に頼んでなぜこのビールメーカーと取引する事になったのか契約を決め手について確認し、次の面接のアピール材料を探したりしていた。

 

 目標が出来るとやる気が出る、と良く言うが、正に自分の強みを知れ、自分を受け入れてくれる会社が見つかるというのはただ内定欲しさに頑張っている俺からすると自分を変える良いきっかけになったかもしれない。事実、居酒屋のバイト経験の利点を知っただけで同業他社の選考で通りやすくなったし。

 

 だから居酒屋だけで自分の今までになった視点を身に着けられる関係上、就活でやる気が出ないのであれば、スカウト型就活サイトを利用して、自分を受け入れてくれる企業は何処なのか?確認しながら就活をするのも1つ手だと思う。

 

 

 

3日坊主でやる気が出ない性格の場合、どうすれば良いのか?

 とまぁ、色々と自分の強みの見つけ方やアピールの仕方など偉そうな事を言ったが、それでもやる気が出ない人もいるだろう。実際、俺自身、夏休みの宿題のように最後の3日目にならないとやる気が出ない人間で、燃え尽き症候群に悩んでいる。

 

 だから時間的に追い詰められないとやる気が出ない性格なので、そんな就活生の場合、何かしら期限を設けて就活をした方が良いだろう。

 

 例えば1つの方法として就活エージェントサービスを俺は利用している。

 

 就活エージェントは就活に困窮する就活生に対し、自分に合った企業は何処なのか色々とアドバイスしてくれる無料サービスだ。

 

 俺の場合、やる気が出ない為、誰かに見てもらう、また『この日までにこれをやってください』と就活で成果を出す為に期限を設けるサービスとして利用した。

 

 実際、エージェントサービスを受ける為には当然、面談日など予約しないといけないから、当日になるとやる気が無くても体が動いた。

 

 ただその日に面談場所まで行くのは流石に面倒だったので、キャリセン就活エージェントだとオンライン面談でも良い、という事なので利用した。

 

 またサービスを利用して知ったのだが、エージェントサービスはESを見て感想を述べたりしてくれる事もあるのだが、面接前に志望先の企業が自分に関心があるのか聞いてくれたり、また不採用になってもなぜ不採用になったのか?エージェントが確認してくれるサービスにもなっている。

 

 だから学歴フィルターや顔フィルターなどで面接で差別される事もなく、また不採用理由についても確認出来る為、就活でやる気を失う『落ちた理由が分からない』問題を回避する事が出来る。

 

 事実、不採用理由についてはエージェントから以下の質問を聞かれた時の反応が良くなかったと言われた。

 

『やる気があるのは分かったけど、仮に君の望む部署に配属されなかったらどうするの?』

 

 と、確かにやる気の高さをアピールしたけど、希望する部署に配属されないケースについて考えていなかったので、この質問は適当に誤魔化した。

 

 んでエージェントサービスを利用していたおかげで面接に対する質問の問答の対策についても出来る。例えば先の例の模範解答としては

もともと営業でお客様が求める営業マンになってみたいと思っていたのですが、経理は会社の財務を支える重要なお仕事なので資金的なサポートを身に着けられると思っております。その為、将来、営業の部署に配属された場合、資金的な観点からサポート出来るのでは、と思いますので、当初の予定とは違いますが全力で取り組みたいと思っております。

 

 と、部署が変わっても熱意は変わらない、言い方が出来れば良いという結論になった。

 

 俺の場合、1人では考える事が出来ない、いや考えるのが面倒と思って、問題を放置していたと思う。だから相談出来るエージェントはダメな自分を改善する1つの手だと言える。

 

 話は戻すが、サボり癖のある就活生の場合、やはり誰かと一緒に活動した方が結果が出やすい。俺の場合、大手の面接で上手く答えられない時期が連続してしまったせいで、1か月以上も就活をサボってしまった事がある。

 

 一度サボり出すと『明日から頑張ろう』と思ってしまい、中々動き出せない。だからやる気を出す、そしてモチベ―ジョンを維持し続ける為にも誰かに監視されている状態になった方が得策。

 

 それ故にやる気が出ない場合、エージェントサービスを利用して、

・ 何時まで○○をやらないといけない。と期限を設けて無理やりやる気を出させる。

・ 今自分が志望出来る企業を知ってチャンスを無駄にしたいと感じさせる。

・ 面接前に自分に関心があるか確認し、落とされるリスクを減らす。

・ 不採用理由を確認し、対策を練れるようにする。

 

 などを行い、やる気を出し、サボり癖に負けない就活をするのも1つの手だと思うぞ。